Amazonの新製品ティーザー動画があらぬ方向で話題に

Amazonが18日に何か新製品(3Dスマートフォンではないかという予想)を発表するらしく、製品をまったく見せずに、試用した人にそのすごさを語らせるというティーザー動画だけが公開されています。

じらして期待させるのは新製品発表の常道だと思うのでそれはいいのですが、この動画で新製品を使っている人たちがみんな、ずっと下方向を見つめながら感動したり褒め言葉を発したりしているため、「自分の下半身に初めて気付いた人たちだと思って見てごらん」という紹介と共に広まり、笑いを誘っています。

一旦それを意識してしまうと、「ワーオ」「なんてクールなんだ」「こんなの見たことないよ」「うん、これは新しいね」「これはずっと使うことになりそうだ」みたいな賞賛の言葉にも、笑いが止まらなくなってしまうのですが…

この流行のおかげか、動画の再生回数はすでに100万回に近づいています。ま、話題にならないよりもなったほうが成功なのでしょうけど。

ちなみに、製品の方は、動画の中の人のメガネに反射した画像から、タッチスクリーンを持つスマートフォンだろう、というのを突き止めた人がいるようです。

[追記 2014-06-19] 発表されましたね。アマゾンFire Phoneの立体効果「ダイナミック・パースペクティブ」解説。4カメラで顔追跡 – Engadget Japanese

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください