Ello – 新たなFacebook対抗ソーシャルネットワーク

Ello という新しいソーシャルネットワークサービスが招待者のみのベータ運用で始動しているのだとか。

今日あたりは、ツイッターやフェイスブック上の英語圏で「誰か Ello に招待してくれないか?」というメッセージが多数飛んでいるようです。

ello-beta-top

招待されてないので中には入れていませんが、マニフェストによれば、Ello は「広告主に支配されていないソーシャルネットワーク」を目指すもののようです。

「投稿・友達・フォローのすべてが追跡・記録され、広告主がそのデータを買い取るようなソーシャルネットワークでは、あなた自身が売買される商品なのです」というのは、Facebookなどについて良く言われるところです。

Ello は利用者が商品にならないネットワークを目指すということ。現在は広告が載っているフェイスブックやツイッターなども、最初は広告が無かったではないか(=人気が出たら広告載せるんでしょ?)という想定質問に対しては、広告が嫌いで Ello を始めたし、ユーザーページには大きく「アカウント削除」ボタンを置いてあるので、Ello の方向性が望ましくない方へ変わったと思ったらいつでも退会してほしい、と言っています。

では広告やデータ販売無しにどうやって運営するつもりなのか、ですが、有料での追加機能を販売することを検討しているようです。ユーザーに合わせたさまざまな異なる小さな機能を売ることで、大多数のユーザーが無料で使い続けられるようにしたいとのこと。

過去のFacebook対抗ソーシャルネットワーク

「フェイスブックの良くないところを解消した新しいソーシャルネットワーク」はいくつも出てきましたが、一番ニュースになったのは Diaspora でしょうか。ニューヨークの学生4人がクラウドファンディングで立ち上げた Diaspora は、利用者のプライバシーを尊重するという触れ込みで多くのニュースで取り上げられました。オープンソースベースで開発が続けられ、今はコミュニティ管理となっているようです。複数のDiaspora サーバを建てて、それを既存の Diaspora ネットワークにつなげる分散型です。

OneSocialWeb は、開発はアクティブではないが、続いてはいる模様。こちらも分散型のネットワークです。

Anybeat (旧 Altly )は匿名性を売りに立ち上げられましたが、CEO のdmitry Shapiro さんがGoogle の Google+ チームに移籍し、閉鎖。ドメインは別のスタートアップの予告サイトに転送されてしまっています。

プライバシー重視、広告無し、匿名性保証など、フェイスブックに対する不満から対抗サービスを作るというのは定期的にニュースになりますが、ここまで多くなったフェイスブック利用者にとって、既にそこに友人たちのネットワークが存在するという点を考えると、そのためだけに別の新しいネットワークに移るのはなかなか難しいでしょうね。プライバシーや匿名性などについても、それほど気にならないとか、仕方が無いと思っている利用者が実は多数派なのかもしれません。

さてこの Ello は伸びるのでしょうか。もしそれなりの人気を博すことがあったとしても、日本に入ってきた時には名前で困りそうだなあ。

「Ello – 新たなFacebook対抗ソーシャルネットワーク」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。