全部倒したのにストライクにならないボウリングのハプニング

incredible-non-strike

アブダビでの世界ボウリング選手権で、アメリカチームのビル・オニールさんが投じたボール、どうみてもストライクなのにストライクじゃないという不思議な結果になっています。

non-strike-strike-bowling

ご覧のとおり、最後のピンも倒れてるように見えて、オニールさんも振り返ってしまうのですが、見てないうちにこの最後のピンが不思議なことに…

こういう時にどういう扱いなのか知らなかったのですが、ルール上も、これは9本なんですね。

via Geekologie

「全部倒したのにストライクにならないボウリングのハプニング」への1件のフィードバック

  1. ほう / 最後のピンも倒れてるように見えて、オニールさんも振り返ってしまうのですが、見てないうちにこの最後のピンが不思議なことに… / “全部倒したのにストライクにならないボウリングのハプニング | 秋元@サイボウズラボ・プログラ…” http://t.co/BS7iMRQkEK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください