グーグル検索に見つかったら、ただちに自身を削除する自動消滅掲示板

Matthew Rothenbergさん(@mroth)によってGithub上に公開されているUnindexed (=インデックスされない)は、markdown形式などで書き込めるシンプルなウェブ掲示板のスクリプトですが、ページがグーグルの検索結果に登場したことを検知したとたんに自分自身を削除してしまいます。

unindex

グーグル検索が気づいた瞬間に「この掲示板は自動的に消滅する」ように作られていて、このスクリプトのデモとして実際に公開されていた掲示板は、公開後22日で検索結果に現れるようになり、デモサイトも410エラーで終了となっています。

掲示板にコメントした利用者は、積極的にそれをシェアすることを勧められますが、シェアすることによってグーグルのインデックスに載りやすくもなり、最終的にはサービスごと、すべてのコメントが消えてしまいます。

そもそもグーグルに「インデックスしないでくれ」と指定することは可能なので、本当にそれが目的であればこんな作り方をする必要は無いのですが、ご本人によるプロジェクトの解説によれば、「ウェブの持つ儚さとしつこさという性質の実験」ということだそうです。

via Waxy via Boing Boing

「グーグル検索に見つかったら、ただちに自身を削除する自動消滅掲示板」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。