野良WiFiで政治家らのサボり状況を収集した海賊党若手リーダー

スウェーデン海賊党は、スウェーデン国内の議会の議席は今は失っていますが、欧州議会には議席を持っているぐらいの、実在する政党です。

そのスウェーデン海賊党の26歳の青年部会(youth wing)代表グスタフ・ナイプ氏が仕掛けたのが、セキュリティ・防衛関連のカンファレンスでのWiFiハニーポット。

誰でも繋げる無線LANスポットをカンファレンス会場で作成し、それを見つけて接続し、使ってしまった100名ほどの政治家・軍人・ジャーナリストなどのアクセスログを記録してしまったのです。

彼らがカンファレンス中にこのハニーポットWiFiに接続して送ったメッセージやメール、アクセスしたサイトのURL、などの中には、たとえば、軍事・セキュリティの第一人者が「休日」や「森歩き」といった検索をしていた履歴などがあったということ。給料を貰って「仕事としてカンファレンスに参加しているはずの人たちがそういうことをしていたとは恥ずかしいことだ」とはナイプ氏の評。

同意無しにログを集めたことに対するソーシャルメディアでの批判も出たようですが、ナイプ氏としては個々のユーザーのプライバシーを暴く目的ではなく、全体として統計処理をしてジャーナリスティックに扱うことに問題はないはずだ、というスタンス。むしろ罪があるとすれば、政府のサーバ等につなげられるような人が野良WiFiに接続してしまうことの方では、と辛辣です。

海賊党といえば、著作権や特許などの権利が強すぎる、もっと弱めるべき、といったネットユーザーの主張から始まった政治勢力で、「海賊」という名前も「海賊版」から来ているわけですが、著作権強化への反対だけでなく、個人のプライバシーを守ることや、インターネット上の監視や検閲を無くすことも主張していて、今回の活動はそのアピールの一つのように見えます。

インターネット上に流れるデータを政府や軍は監視可能であるべき、といった安全保障上の主張に対しても、海賊党は反対の立場を取っています。今回の行動は、必要があるから自由に監視して良いのだ、という主張をする人に対する皮肉な反撃となったようです。

まあやってることは際どすぎるようにも思うのですが、日頃「監視せよ」「監視したい」と主張している立場の人が今回のWiFiに繋げてネットアクセスをしていたら、肝を冷やしているかもしれません。

via Ars Technica

「野良WiFiで政治家らのサボり状況を収集した海賊党若手リーダー」への13件のフィードバック

  1. 野良WiFiで政治家らのサボり状況を収集した海賊党若手リーダー | 秋元サイボウズラボ・プログラマー・ブログ(はてぶ)http://t.co/KigVIkmRER

  2. 野良WiFiで政治家らのサボり状況を収集した海賊党若手リーダー http://t.co/83UZjXprk2 @akkyさんから MIXIの国際海賊党連盟コミュニティーでも転載させて頂きました。よろしくね!Swedish Pirates friend hacked WIFI!

  3. グスタフとは海賊党の国際会議で何度かお会いしていますが、とっても楽しい青年です。あっきぃさんもお会いになったらキット意気投合されることと思います。海賊党については、以下に詳しいですよ。併せてよろしくお願いいたします。
    Renewal of the “Study of the Pirates Parties”.海賊党研究が第 …
    ppt.3rin.net/ppinternational/renewal%20of%20the%20-study%20of%20t
    2014/03/14 – What is the libertine? 1.3 突然成功を収めた海賊党(ドイツ連邦共和国)p.304. Sudden Success in Germany 国際組織への参加問題p.309 とりとんの海賊党インターナショナル加盟問題でなにが問題か。 なおも低迷する支持率 二〇〇九年 …

  4. 「誰でも繋げる無線LANスポットをカンファレンス会場で作成し、それを見つけて接続し、使ってしまった100名ほどの政治家・軍人・ジャーナリストなどのアクセスログを記録」

    野良WiFiで政治家らのサボり状況を収集した海賊党若手リーダー http://t.co/B9DN4uzwY9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください