ShootingTracker.com – アメリカの乱射事件データベース

ShootingTracker.com (射撃追跡.com)は、アメリカにおける大量射殺事件のデータベース(DB)です。

2013年からの銃を使った乱射事件のデータが、ネットユーザーからの報告ベースでまとめられています。

shootingtracker.com

巨大掲示板redditの中の「GunsAreCool(銃は素晴らしい)」という、名前からして明らかに活発な論争を巻き起こしているテーマコミュニティ(subreddit) の中で、提唱されてまとめられているこのデータは、「世界でただ一つのクラウドソース型銃乱射事件追跡サイト(the world’s only crowd sourced mass shooting tracker)」として、各メディアでも取り上げられているということです。

ニュースなどで報じられた銃による乱射や大量殺人事件を、ウェブのフォームやtwitterで知らせてもらい、それをまとめることで網羅的なデータベースができ、それを逆に参照して記事に使うメディアも出てきています。

そもそものDB化の動機は、メディアがよく使う”Mass Shooting”(大量射撃)という用語の定義がはっきりしないことにあったようです。

古いFBIの”Mass Murder”(大量殺人)の定義は、「一度の事件で4人以上を殺すこと」。この定義を銃での”Mass Shooting”にも援用するなら、途中に間隔を置いての4人以上の銃撃殺人や、実際に2012年に起きた18人に乱射したけれど死亡者は1人だった事件は、「大量射撃」ではない。ということにもなります。

DBの管理者はまた、アメリカでの大量銃撃事件のメディアでの報道は「十分でない」と考えているようです。メディア側には、報道することで真似をして同種の事件が増えるという主張もあるようなのですが。

このデータを実際に使って、ワシントンポストがインタラクティブな可視化ツールを公開しています。

mass-shootings-visualized-by-washington-post

あなたの考える”Mass Shooting”が、m人以上の死亡者とn人以上の負傷者なら「大量だ」と思うのであれば、それをこのフォームで選ぶと、2015年に発生した条件にあう乱射事件が、その件数とともにリストされます。

FBI式であれば、2015年にはこれまでで40件の”mass shooting”が起こっていた、ということになりますね。どんな定義で数えても、日本では考えられない件数ではありますが。

このようなまとめデータは、実際に起こっている問題の規模や、それがメディアや政治等で過剰・過小に扱われたりしていないかをチェックするためにも有用なように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。