Google曰く 「Google.comはちょっと危ないよ」

Hacker News に出てた小ネタ

危ないスクリプトなどを実行させようとするような危険なウェブサイトを見つけたり警告してくれたりするセーフブラウジングの機能で、自分自身のドメイン google.com に「一部のページに不正なコンテンツが含まれています」という警告が出てしまっているようです

google-transparency-report-on-google-com

「このウェブサイトの一部のページが、訪問者のパソコンに不正なソフトウェアをインストールしています。」とか「このウェブサイトの一部のページが、訪問者のパソコンに不正なソフトウェアをインストールする 危険なウェブサイトに訪問者をリダイレクトしています。」とか。

google-transparency-report-on-google-com-enlarged

多数のサービスで膨大なページを提供していますし、ユーザーが作ったコンテンツを公開するようなサービスも多いですから、google.com のどこかでは、怪しいファイルが混入することもあるかもしれないですよね。

それをきちんと見つけて警告しているとしたら、むしろうまく仕組みが動いているのかも。すぐに対策が取られて除去されるのではないでしょうか。

google.co.jpをチェックすると「危険ではない」とでますので、とりあえず .co.jp の方を使えば安全? (違うって)

「Google曰く 「Google.comはちょっと危ないよ」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。