Dice by James Bowe

「ギャンブラーの誤謬」ダイスプログラム

「ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)」と呼ばれる言葉がある。コイン投げで表、表、表と連続して表が出ると、次は裏が出そうな気がする心理傾向である。実際は何回表が連続して出ようとも、次に表が出る確率は1/2である。なぜなら、コイン投げは、毎回独立事象(前回の結果と次のコイン投げは無関係)だからである。

ギャンブラーの誤謬 : カイジに学ぶ

現実のサイコロをまっとうにプログラムで再現すれば、乱数を使って毎回同じ確率で出るようになりますが、あえてギャンブラーが間違うような結果を出すサイコロを書くこともできます。Javascript で書かれたギャンブラーダイス

このダイスクラス、コンストラクタで与えた数字の面のサイコロとなります。6ならD6, 20ならD20。物理的な制約がないのでD7でもD13でも何でもできます。

このダイスでは、6面サイでたとえば1が出ると、次回は1が出にくくなります。何度も1が出れば、次に1が出る確率はどんどん下がっていきます。「これだけ1が続いたから、次は1は来ないだろう」というギャンブラーの思い込みが、本当に再現してしまうわけですね。

ボードゲームでこのようなダイスを用意するのは大変ですが、コンピューターゲームなら、こういった判定機を使うことで、プレイヤーがギャンブラーの誤謬のせいで「こんなはずはない」「騙されている気がする」と感じにくいようにすることもできるんでしょうね。実際やってるゲームがあるのかも。

via Hacker News
image credit: Flickr James Bowe

「「ギャンブラーの誤謬」ダイスプログラム」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。