ダークウェブ上の麻薬の売人が、世界ヒゲ選手権参加のため渡米して逮捕される

Tor など匿名化技術を使ってアクセスする「ダークウェブ」内のeBayのような売買掲示板 Dream Market においてビットコインと引き換えに麻薬をオンライン販売していたフランス人が、初めてのアメリカ入国を試みて到着した空港で米麻薬取締局(DEA)に捕まった、というニュースが流れてきました。

面白いのは、アメリカに行った理由が「世界ヒゲ選手権(The World Beard and Moustache Championships)」に参加するためだったというところ。

サイトによれば、今月9月の月初めに、テキサス州オースティンでたしかに大会が開催されていたようです。

逮捕の経緯

マイアミヘラルド紙によると、この38歳のフランス人ギャル・ヴァレリウス氏(@vallerius)は、アトランタ空港の入国管理において逮捕され、没収されたPCからは闇掲示板でのユーザー名OxyMonster(管理者権限のあるもの)、Torブラウザ、Dream Marketへのログイン/パスワード情報、そして$500000(5674万5000円) の価値のあるビットコイン、が見つかったという事。

空港で逮捕できたのは、当局が既にこのヴァレリウス氏を特定できていたからです。OxyMonster によってフランスからアメリカに送られた麻薬の対価として支払われたビットコインのほとんどが、取引所 LocalBitcoins の彼の口座に流れていることを特定し、続いて彼の Twitter や Instagram アカウントを検索、これら表の顔の書き込みと、ダークウェブのフォーラムでの裏の書き込みの文章から、語彙や文の区切り、書き方の癖や時々入ってくるフランス語、など、多くの共通点を発見したと。

アメリカに来るとわかった時点で、逮捕の準備はできていたということですね。

世界ヒゲ選手権

本人がどれぐらい危機感を持っていたのかは、裁判もまだなのでわかりませんが、ガーディアン紙によれば、2年前のオーストリアでの大会にも参加していたということ。ツイッターのプロフィールには、この時の「ヒゲ世界8位」や今年の「ヒゲ欧州5位」が誇らしげに書かれています。

今年の大会主催者によれば、面識はないものの、ヒゲ者としてオンライン上での存在は認識していたそうです。Beard Wars(ヒゲ戦争)というオンラインアプリ上の投票コンテストで、こちらは”Barba”というニックネームで参加していたそうですが、会員同士の投票で決まるランキングで、後から参加したこのユーザーBarbaが、ぐんぐんと得票を伸ばし、1,2位をぶっちぎりで逆転したことがあったそう。この Barba のヒゲ写真と不自然な得票数について良く覚えていた主催者は、逮捕されて大会に来られなかった「コンピューターに詳しいであろう」逮捕者が Barba だとすぐ思い当たったのだということ。Tor まで使ったかどうかはわかりませんが、おそらくダミーアカウントを量産して自分に投票させたのでしょうね。

気になる世界ヒゲチャンピオンですが、こちらが結果ページになります。ヒゲのスタイルによって27ものカテゴリーがあるそうで、

逮捕された彼が参加する予定だった「自然なアゴヒゲ、30.1-45cm部門」の上位者は、こんな人たちでした。

# リンク先ではアニメーションgifで動いているので、もっと面白いですよ

ということで、ダークウェブの犯罪の話から、思いもかけずヒゲの立派さで世界を争う人たちのことを知ってしまいました。27の部門ごとに上位3名のヒゲが見られるのですが、なるほどいろいろな種類のヒゲがあるもんだなあ、と。

via Miami Herald

「ダークウェブ上の麻薬の売人が、世界ヒゲ選手権参加のため渡米して逮捕される」への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。