dockerizeコマンドで他のDockerコンテナの立ち上げを待つ

「Docker で動くようにすること」(to dockerize)じゃない、ツールの方の dockerize (jwilder さん作)を使って、同じDocker network 内(setup_remote_docker したもの)に立ち上げ中のコンテナの準備ができるのを待たせる方法。

# 名前が紛らわしいのは検索性を低めてると思いますが

どうせならツールも自力でセットアップせずに docker hub にあるものを呼べばよいということで、

docker run jwilder/dockerize -wait http://sample.test/ -timeout 3m -wait-retry-interval 5s

上は、http://sample.test/ が応答を返すまで、最大3分間、5秒おきに問い合わせ。

CircleCI の中で待ちたかった(コンテナの立ち上げが終わってからテストを流す)ので、ターゲットのコンテナと同じ Docker network でこれを呼ぶと、.circleci/config.yml は

    - steps:
       (中略)
      - run:
          name: Run Docker Containers
          command: docker-compose up -d
      - run:
          name: Wait until the target docker container fully set up
          command: |
            docker run --network my_network \
              jwilder/dockerize -wait http://my_service/about/ -timeout 3m -wait-retry-interval 5s
      - run:
          name: テストとか

こんな感じでいけました。

CircleCI公式のDocker image には dockerize も入ってる

しかし、その後、CircleCIの用意してくれているDockerベースのDocker Container を使う場合、そのコンテナには Docker だけでなく Docker Compose や Dockerize も含まれているということに気づきました。

「あれ? じゃ上のコード無意味で、直接 dockerize を呼べばいいだけでは?」と思い直し、これを試してみたのですが、

      - run:
          name: Wait until docker container fully set up, from the same docker network
          command: |
            dockerize -wait http://my_service/api/doc -timeout 3m -wait-retry-interval 10s

ネットワークが違うのでアクセスできません。そりゃそうか。CircleCIの中で立ち上がったDocker MachineのIPアドレスが取れれば、それでアクセスできそうだけど。

ドキュメントにありました。同じコンテナか、同じネットワークのコンテナからのアクセスとするのが正しいやり方のようです。CircleCIが使ってるprimary のコンテナにはもう Dockerize コマンドの実体があるので、同じものを再度リモートから取得するのはもったいない気もしますが。

sleepでwait

CircleCI のドキュメントのサンプルでも

      - run:
          command: |
            git push heroku fan-in-fan-out:master
            heroku run rake db:migrate
            sleep 5 # sleep for 5 seconds to wait for dynos
            heroku restart

みたいなことが書いてあって、”sleep 5″って、それいつでも大丈夫なの? と思ったので調べました。まあサンプルはサンプルなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。