ロンドンで一番ひどいバス停を見つける – ビッグデータ活用事例

ビッグデータ解析サービスの英コグニシオ社(Kognitio)が公開している、ロンドン最悪のバス停(The worst bus stop in London)は、ロンドン交通局の運営するバス運行に関する膨大なデータを使って、運行状況に関して優秀なバスやひどいバスを見つけるというプロジェクトです。

対象となるデータの規模は以下。

  • データ数 4,938,534,706
  • バス停の数 19,687個
  • バス路線数 675本
  • バスの台数 9,641台

ロンドン交通局のオープンデータというページがあるので、ここから入手できるのでしょうね。

これらのデータから、たとえば、7つの運行ゾーン毎に、「バスがとても遅れるバス停」「時刻表より前にバスが来がちなバス停」などのランキングが求められています。

これは「ロンドンで最も出発が遅れる路線」。走ってて遅れるのではなく出発が遅れるってどういうこと? と思いますが、運転手が遅刻するとかそういうのもあるんでしょうか。

こちらなんかは良い方の結果で、最も時間に正確なルート。路線のバスのうち85%が時刻表から外れずに走っているそうです。

郵便番号でランキング

バスが正確な地域、不正確な地域をランキングするには、郵便番号(の上3桁)が使われています。

なんで郵便番号? と思うかもしれませんが、イギリス(や西洋の多く)の住所は通りの名前+番号なので、おおまかなエリアを示すには郵便番号が便利なのかもしれませんね。

ロンドンで最も使えないバス停は

すべてを総合した、ロンドンで最悪のバス停は、ヒースロー空港近くのリングウェイ(Ringway)バス停だそうです。時刻表通りに来るバスの割合は全体の4%、25本に1本しかないのだとか。

ロンドン交通局自身も、いろいろとデータ処理して同様の情報は持っているのかもしれませんが、こうやってオープンデータとして公開することで、第三者が検証したり改善提案してくれたりするのはいい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。