AgentMaps – 地図上で多数の人が動くシミュレーションを作るためのライブラリ

AgentMapsは、JavaScript 上で地図ベースの社会シミュレーターを作るためのライブラリです。

インタラクティブ地図作成のライブラリ Leaflet.js 上に構築されていて、

  • 道沿いに建物を建てる
  • エージェントを地図上に配置
  • エージェントの建物間の移動をスケジュールする
  • エージェントの見た目を変える

などができるということ。町の中を行き来する住人のモデルを作って、住人間でうつる病気とその伝染率を定義すれば、伝染病がどのように広まっていくか、あるいは一定の範囲でとどまるか、といったことをシミュレーションできます。

こちらのデモでは、人々の移動の速度や、病気の伝染しやすさのパラメーターをスライダーで変化させて、全体の様子がどうなるかを観察することができます。

ツールの使い道ですが、たとえば、イベントで多数の人が集まってきた時に出店や通路を人がどう動くか、とか、ゾンビ物のお話を作る時に、感染が広まる様子をシミュレートしてそれを基に書くとリアリティが高まったりするのかなあ、とか、どうでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください