メジャーリーガーが多用する英語表現は?

ワシントンポスト紙が、過去21年間、7000本ものプロ野球選手へのインタビュー記事を解析して、選手がインタビューで多用する表現は何かを調べた記事が面白いです。

Python製の自然言語解析ライブラリNLTKを使い、4・5単語以上のフレーズで7回以上登場したものから抽出した「インタビューで良く出てくるフレーズ」。

何百回も出てくるフレーズは、記事中で解説されています。たとえばこういったもの

  • ここに立てて幸せです (I’m just happy to be here)
  • 一日一日やるだけです (we gotta play ’em one day at a time)

実はこれらは、映画「さよならゲーム」で、ケビン・コスナー演じるベテランが、若手投手に教える「これさえ言っておけばなんとかなる」というインタビュー用フレーズなのです。しかし、実際のメジャーリーガー達もこれらを何百回と使ってしまっているという。

また、以下のようなフレーズは、日常ではあまりないが野球では多用されるということ。

  • バットをボールに当てに行く (put the bat on the ball)
  • ストライクゾーンをぶちぬく (pound the strike zone)
  • いいピッチングはいいヒッティングに勝る (good pitching beats good hitting)
  • なんとかやりぬく道を見つける (find a way to get it done)

記事の末尾には、メジャーリーガーが良く使うフレーズが、「よくあるフレーズ」「慣用句」「野球用語」の三つにわけて紹介されています。

フレーズの上にマウスを置くと、実際にそのフレーズを使った野球選手のインタビュー抜粋が表示されるので、どんな風に使われるのかもわかるようになっています。

「よくあるフレーズ」「慣用句」は、たぶんアメリカで話す時にも良く使われているのでしょう。良く使われているフレーズを勉強することは、生きた英語を身に着けることにつながりそうです。

また、「野球用語」のところもしっかり勉強すれば、野球選手の通訳がうまくできるようになるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください