Visual Studio 2019インストーラの完了画面が「緑帽子」問題で修正される

プレビュー版が出ている Visual Studio 2019 ですが、ちょっと変わったバグレポートがでて話題になっています。

「VS2019をインストールしたら、ウェルカムページに緑の帽子をかぶって自転車に乗った男性の絵が表示されます」

ふむ

「しかし、緑の帽子は中国では侮辱的とされています」

何だって!?

「緑の帽子をかぶる男性は、妻や彼女に浮気されているという意味なのです」「Bingで検索してみてください。これは真剣な話です。帽子の色を変更してください」

百度百科で検索するとそれらしい情報が出てきました。中国で緑の帽子にそのような意味があること自体は本当のよう。

マイクロソフトの対応はというと、

2日後「エンジニアチームへフィードバックを送りました。チームがこれから調査をします」

4日後「内部的には修正が完了しました。」

11日後(本日)「修正版が公開されました。製品改善への貴重なご意見ありがとうございました」

この間、「私も中国人だが、この絵で帽子が緑であることは侮辱的でもなんでもない。馬鹿馬鹿しい」とか「こんな修正だけ修正が素早いのな」「次は有色人種への侮辱として白いTシャツを禁止するか?」「自転車に乗ってるのが男性なのは女性への差別では?」といったように、コメント欄が荒れています。

内部での「調査」がどんなものだったかわかりませんが、マイクロソフトのような大企業に中国人や中国系なんて何百人と在籍しているはず。本当にこれが侮辱的だと思ったわけではなく、事なかれ主義で差し換えただけなんではないですかね。

修正の結果差し換えられた画像はこちら

オレンジや紫の帽子が、別のどこかの文化を侮辱してないといいですね!

via Hacker News

「Visual Studio 2019インストーラの完了画面が「緑帽子」問題で修正される」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください