All Articles by Akky Akimoto

2497 Articles

ネットで発音記号を再生させる方法

IPAの発音記号が与えられた時に、それがどういう音なのかを個々の発音記号の知識がなくてもオンラインで調べたい、と思い、やり方を調べてみました。(ツールをインストールしても良ければ espeak でできるようです)

結論としては、過去にいくつかあったサイトは今は無くなっていて、昨年末に公開された Amazon Polly を使うのが良さそうに思いました。AWSのアカウントを作る必要はありますが。

Amazon Polly のコンソール版を開く。

現時点ではPollyがまだ東京リージョンにはまだ来ていないので、北米や欧州でPollyが提供されているリージョンのサービスページを開きます。たとえばオレゴン

SSML形式で、発音記号を与える

プレーンテキストではなく、SSMLのタブを開きます。Polly でのSSML の説明はこちら

フォームに、SSML の形式で IPA発音記号を入れます。


<phoneme alphabet="ipa" ph="ə'dʒʌks">Ajaxの間違った発音</phoneme>


<phoneme alphabet="ipa" ph="'eidʒæks">Ajaxの正しい発音</phoneme>

言語で「英語(米国)」などを選び、「音声を聴く」で再生されます。

英語の「正しい」発音を聴きたい場合は、英単語をそのまま Google 翻訳なりに貼りつけて再生ボタンを押せばいいのですが、IPA発音記号で間違った発音が紹介されている文章で、「どんな風に間違っているのか知りたい」という事があり、発音記号を音声化する方法を調べました。

東京日本橋500円ランチガイド 2017年版

2016年に書いた2つの日本橋ワンコインランチ記事 東京日本橋 500円ランチガイド, 続・東京日本橋500円ランチガイド を2017年版としてまとめなおしたものです。記事を一つにして、無くなった店を外すなどしました。

順番は個人的なオススメ順です。(サイボウズ=日本橋駅からの行きやすさも加味してます)

  1. アロヒディン日本橋店
  2. 桃乳舎
  3. 酒膳茶屋FFクラブ
  4. 立ち飲み1・2・3
  5. 居酒屋福笑 人形町店
  6. Standing Bar Gyo-BAR
  7. もつ千 (日本カレー)
  8. よもだそば (インドカレー)
  9. スパゲッティ マリアーノ
  10. ボーノボーノ
  11. 立ち呑み 呑んき
  12. あぐらし
  13. 食味鮮
  14. 中国家庭料理 王様
  15. 銀だこ 八重洲口店
  16. ちゃい九炉 八重洲口店
  17. カレーT&M
  18. 喫茶アウトリガー

アロヒディン日本橋店

トルコ・ロシア・ウズベキスタン料理。窓から首都高が見えます。

週替わりのカレー的な何かが500円(700円から値下げ)。日替わりの煮込み等が700円(900円から値下げ)。

もともと味も良く量も十分なのに、異国情緒あふれるランチが何種類もある好きな店だったのですが、2016年のいつかに全メニューの値下げが行われ、ワンコインでも食べられるようになりました。

値下げ後もランチの質は変わってないように思います。700円になってしまいますが、鶏、牛、羊のランチのどれもが美味しい。

ランチメニューも、トルコ・ロシア・ウズベキスタンのそれぞれの料理が含まれています。

値下げ前はいかにもユーラシア系な風貌のお兄ちゃんたちで回していたのですが、値下げ後は厨房もサーブも日本人の女性になってます。ランチ全品200円以上の値下げというのは穏やかじゃないし、ここが無くなってしまうのは惜しいので、ぜひみなさん行って食べてみてください。

価格(税込): 500円~900円
量: 普通~やや多め
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 5分 永代通りを東に、昭和通りとの交差点を越えて次の道を右折。左側
オフピーク対応: 12時台だといっぱいのこともあります
タバコ: 不明

アロヒディン日本橋店

桃乳舎

洋食屋。昔はミルクホールだったという(店名はそのため)から相当歴史が古そうです。

日替わりランチ エビフライとメンチカツ

日替わりランチ チキンカツ定食

店内には、ジャンプ・マガジン・サンデー・チャンピオンが何週間分も置いてあります。新しい号は数冊ずつ。

500円の日替わりランチは、13時頃に売り切れていることも多いですが、500円以下の通常メニューもあります。

カツカレー・カツハヤシの550円もオススメ。

サイボウズからは永代通りを東へ。茅場町交差点で左折、東京証券所を左にみつつ川を渡り(&首都高をくぐり)、交差点を左折、次の路地を右折で左側。

外からは店内の様子がほとんど見えず、どんな店かわからないので初めては勇気が要るかもしれません。

価格(税込): 470円のハヤシライスから、500円の日替わり、-700円ぐらいまで多数の洋食メニュー。喫茶メニューも
量: 十分。おかわり無し
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 10分
オフピーク対応: 4人掛けテーブルばかりなので、混んでれば基本相席。13時過ぎなら並ぶことはないけど相席は起こりうる。
タバコ: 煙たい

桃乳舎

酒膳茶屋FFクラブ

まさに「食堂」。首都高の脇にある、昭和の香りがする魚メインの定食屋。

写真は+50円の味噌汁つき。つけるとワンコインを越えてしまいますが、具が多くてオススメ。

メニューは毎日黒板に書かれます。焼き魚・煮魚など魚定食中心に、15種類ぐらい? 刺身定食が500円のことも。

主菜のほかに、レジ手前にある小鉢から好きなものを一つ選ぶ仕組み。主菜も小鉢も、13時過ぎあたりからどんどん売り切れていき、13:40ぐらいになると各一種類になったりもします。

店内はテレビがついていて、長居できない感じの背の高い丸テーブルとイス。テーブルの下には漫画雑誌や週刊誌が置いてあります。

サイボウズからは、永代通りを東へ、首都高をくぐったらすぐ右折して、同じぐらい歩きます。右手に首都高を渡る次の橋が見えたら、その手前右側。途中に店が少ないのであまり行かない方面かもしれませんが、そんなに遠くありません。

価格(税込): 500円を中心に600円、700円 と多種
量: 普通。お代わりは無し。味噌汁別売り50円
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 6分
オフピーク対応: 外のホワイトボードには15種類ぐらいの定食が書いてありますが、中のホワイトボードで消されている料理は売り切れです。13:30だと2,3種類しか残ってないこともあります

東京都中央区日本橋兜町11−13 酒膳茶屋 FFクラブ

立ち飲み1・2・3

海鮮丼が500円で食べられる立ち飲みのお店。ランチは基本海鮮丼弁当ですが、その弁当をお店の中でも食べることができます。店内で食べるときは味噌汁と水がつきます。

海鮮丼のネタは毎日違い、指定することはできません。そのため、嫌いなネタや食べられないネタがある人には向かないかもしれません。

サイボウズからは、永代通りを東へ、江戸橋一丁目交差点で左折。江戸橋で川を渡り正面の首都高(上野線)脇をまっすぐ北へ。大きな交差点(本町二丁目)を右折。一つ目の路地を右折してすぐ左。(慣れると大きな交差点までいかずに手前から右折→左折で行けます)

価格(税込): 500円
量: 普通。おかわり無し
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 8分
オフピーク対応: 13時前にも材料が無くなって閉まることがあります。12時から持ち帰りの人が列を作るので、そのちょっと前に行くのがいいかと

東京都中央区日本橋小舟町3−7 立ち飲み1・2・3

居酒屋福笑 人形町店

人形町の富沢稲荷神社の近く。ビルの1Fにある居酒屋のランチ。500円のメニューが4種類。

豚トロ丼500円 サラダとスープに副菜もついてこれは安い。

こちらはモツ煮込み定食。豆腐とコンニャクも入ってますが、モツがとにかく大量です。

ホワイトボードにある他のランチは「トリテリヤキ丼」「ベーコン入り玉子丼」

ランチのピーク時に行くと客がいっぱいで待たされることも多いとネットの評判にはあります。豚トロは注文してから焼いていたので、作り置き等しないのが待たされる原因なのかもしれません。逆に言えば、ピークを外せば作り立てのおいしい料理が格安で食べられるということ。

サイボウズからは、川を渡り、人形町の駅を越えて久松警察署の近く。歩いていくには遠いかな。

価格(税込): 500円
量: 十分。サラダと副菜、肉ダシの効いたスープもつく
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 15分
オフピーク対応: 11:30-12:00 の間に入店する分にはまったく問題なし。13:00以降は売り切れで閉まる可能性があるということ
タバコ: 昼禁煙とある。ピーク時でも禁煙というのはうれしい。

東京都中央区日本橋富沢町6−8 居酒屋福笑人形町店

Standing Bar Gyo-BAR

八重洲方面の裏路地にある立ち飲みバーのランチ。

丼ものが3,4種類。弁当として持ち帰っても中で食べても同じ。ランチ時は椅子があります。

メニューは毎日違うよう

価格(税込): 500円
量: おかわり無し。多くはない
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 4分
オフピーク対応: 弁当は4,5種類あるが、13:30だと1,2種類しか残っていない。

東京都中央区八重洲1丁目5−10 Standing Bar Gyo-BAR

もつ千

カレーとハヤシが500円。特に書いてないけどモツがいっぱい入ったモツカレー。店名にもあるので夜はもつ焼きの居酒屋なんでしょう。

料金追加で4段階サイズが選べますが、500円の普通でも十分多いと思います。

カウンターから一番遠くの窓際からは、証券街の裏道が見下ろせます。

モツ好きなら要チェック。

八丁堀にもお店があって、この店でしか食べられないココナッツミルクカレーがあります。

価格(税込): 500円 (前払い, セルフ)
量: 多め。福神漬け・ラッキョウはセルフ取り放題
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 6分
オフピーク対応: 1:00過ぎぐらいにはもうガラガラ。1:30で他に誰も居なかったりも

東京都中央区日本橋兜町9−2、兜町第二ビル 2F もつ千

よもだそば (インドカレー)

立ち食い蕎麦屋なんですがインドカレーです。なんだかよくわかりませんがここのインドカレーは知る人ぞ知るメニューのようです。

カレーライスとカレーうどんがどちらも490円。チキンカレーの味がインドカレーしてます。辛うまい。

食券機の膨大なソバの種類をかき分け、カレーを探します。

「本格」とまで言われてはしょうがない。

地下鉄構内を通りA7出口から出ると、雨の日・暑い日・寒い日でも楽ちんです。

価格(税込): 490円~
量: 普通
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 4分
オフピーク対応: 朝から夜までずっとやってます。少し外しても混んでたりしますがすぐ空く
タバコ: 不明。狭くて人だらけで吸ってる人もいません

よもだそば日本橋店

スパゲッティマリアーノ

サイゼリアの新業態店。パスタのファストフード。ここで実験してるようで、うまくいけば全国にできていくのかもしれません。

スターバックスのアイスコーヒーで使うようなプラスチックのカップのでかいやつにスパゲッティが入って出てきます。 [2017-06 更新] カップは浅型の紙製に変更されていました。コンビニで売ってるパスタみたいな容器。

内装も食器も女子受け狙いなかんじ。どうでもいいけど、フォークが見た目はどうみても金属なのに持ったらプラスチックで、その似せる技術にびっくりしました。 [2017-06 更新] 食器もよくある白いプラスチックに変わっていました。見た目だけ本物に似せるよりこれでいいかと思います。

量は少しものたりません。600円の大盛(グランデ!)を頼めばいいのか。しかしパスタの「グランデ」…

セルフのコーヒー/紅茶がお代わりし放題で、食べ終わったあと最後の一杯を持ち帰るのも大丈夫なようです。ランチの後に必ずカフェに行くような人にはいいのかも。

価格(税込): 500円~
量: やや少ない
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 8分
オフピーク対応: 大丈夫そう
タバコ: 禁煙っぽい

Spaghetti Mariano 日本橋茅場町店

このマリアーノが最初にあった角に、また別の500円パスタの店ができてるんですがどうなってるんでしょう。前はマリアーノがこの角に再度戻るみたいな告知があったので、もしかしたら両方同じ会社で売り方の比較実験でもしてるんでしょうかね。

ボーノボーノ

茹で置きの麺を料理に絡めて出すロメスパの店

ロメスパは「路面」+「スパゲッティ」から来てるそうです。

茹で置きなので10分とか待たなくていいのはランチ向きなのかも。

茹で置きだから味がどうこう、というのはわかりません。

量は多いです。券売機に「うちは普通が大盛です」的なことが書いてあり、それを信じないで大盛を頼むとえらい目にあいそう。

店は山手線のガード下。東京駅の近くなのに夜はかなり寂しい雰囲気に。

価格(税込): 500円~
量: とても多い
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 10分
オフピーク対応: 12時台だと並んでることも。夜までやってるようなのでランチタイムを逃した時にも便利
タバコ: 不明だけどカウンターのみでゆっくりする感じではないので大丈夫そう

東京都千代田区大手町2丁目 ボーノボーノ

立ち呑み 呑んき

東京駅北西側のガード下にある立ち飲み屋のランチです。立ち飲み屋といっても、ランチ時は折り畳み椅子があるので、座れます。

刺身盛り定食

フライ盛り定食

サイボウズからは、永代通りをひたすら西へ。山手線ガードをくぐったら左折して3軒目。なか卯の手前

メニューはワンコインランチが5,6種類。

価格(税込): 500円
量: おかわり無し。足りない人は100円のトッピングを足して調整
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 8分
オフピーク対応: 13:30だと5,6種の選択肢のうち半分は売切れ。14:00より前にランチ終了の看板が出ている

東京都千代田区丸の内1丁目7 立ち呑み 呑んき

あぐらし

三越前と人形町との間に居酒屋のランチです。テーブル、座敷、カウンターと広い店で、一人だと基本カウンターです。

サバの南蛮漬け

サイボウズからは、北に行き日本橋(橋のほう)を渡ったら右折、まっすぐ歩いて左手の大きなみずほ銀行を過ぎたら左折、すぐ右手。

メニューは充実。日替わり以外のほとんどが800-900円のレンジで、日替わり以外にはミニそばもつきますが、日替わりとの価格差が大きいです。

スタンプカードがあり、貯めたらさらにサイドメニューをつけてもらったりもできます。

早めに行った時に、ワンコインランチが12時前に品切れになるのを見てしまいました。そのすぐ後には、2番目に安い650円の唐揚げ定食も切れていました。12時ちょっと過ぎに行くと、「500円のつもりが800円以上のメニューしかない」という状態になることも結構あるのかもしれません。品切れになっても、店の前や路上に出ている看板ではワンコインランチが載り続けているので、ちょっと不親切かなあと。

価格(税込): 500円
量: ご飯、味噌汁、漬物、生卵がおかわり自由
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 9分
オフピーク対応: 売り切れが早い。 全席に灰皿あり。13:00以降はコーヒーがつく。

東京都日本橋小舟町9-4 あぐらし

食味鮮

店名変更と改装で最近ちょっと小ぎれいになったところ。店員がみんな中国語で会話してる、最近いろんな街でよく見かける、赤い看板に金色の字の中華料理です。

日替わりで500円の麺類があります。100円で半チャーハンつくそうですが、麺だけでも結構な量。

他の定食は600円、700円。

サイボウズからは、茅場町方面へ歩き、首都高をくぐったらすぐ左折。高速脇のビルの1階。店外では350円お弁当とかも売っています。

価格(税込): 500円
量: 多め
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 5分
オフピーク対応: 確かめてないけど2時過ぎでも空いてるのかな

東京都中央区日本橋兜町10-6 食味鮮

中国家庭料理 王様

八丁堀にある中華料理。600円の定食が13時を過ぎると500円になる、ということで、ランチタイムがずらせる人にとってはワンコインです。

ご飯はお替わり自由だけど、そもそもの盛りが多めです。回鍋肉は肉がやたらと多かった。塩味強め。

お客のグループやお客と店員が中国語で喋ってることも多いです。日本人客だけでなく中国系のお客も来てる中華店は味が当たりなことが多いように思います。

サイボウズからはちょっと遠いかな。もっと近ければローテーション入りかもとは思います。

店の前の弁当は、遅い時間で売れ残っていると割引がすごいことに。

価格(税込): 日替わりランチ600円だが、13:00-15:00は500円に
量: 多め。ご飯とスープお替わり自由
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 13分
オフピーク対応: むしろオフピークしかワンコインにならない。15:00までランチあり
タバコ: 普通に食べている横で喫煙されるので運まかせ。

東京都中央区八丁堀3丁目18−11 中国家庭料理 王様

銀だこ 八重洲口店

チェーンのたこ焼き屋銀だこ。八重洲の店では500円ランチをやってます。

カツカレーやガパオライスが500円。

開口部の広さやハイスツールが、春先などのいい時期にはいい感じ。

価格(税込): 500円~
量: 普通
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 6分
オフピーク対応: 問題なし
タバコ: 不明

銀だこ 八重洲口店

ちゃい九炉 八重洲口店

500円の「ピリ辛鶏そぼろ丼」がありますが、まだ試していません。

これは650円の串揚げ定食。

でかでかと「500円」と出てますが、500円なのは一種類です。

価格(税込): 500円~
量: 普通
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 5分
オフピーク対応: 不明
タバコ: 不明

ちゃい九炉 八重洲口店

カレーT&M

カレーライス450円から。カレーにコロッケなど何かが乗った日替わりランチがちょうど500円です。味噌汁つき。

色の濃い、ドロッとしたルー。

旧オフィスはカレー激戦区の神保町にも近かったのですが、神保町界隈のカレーで例えるなら、満天のカレーに似ています。油の多いこってりしたルーや、揚げ物中心なことや、価格帯も。

ここも歩いていくにはちょっと遠いか

価格(税込): 日替わり500円
量: おなか一杯になります
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 16分
オフピーク対応: ランチは14:00まで。店は日替わりランチが無くなるだけでその後も空いているよう

東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目37−9 カレーT&M

喫茶アウトリガー

奥の席にマージャンのテレビゲーム筐体が置いてあったり、「昭和か!」というようなビールと水着美女のポスターが貼ってあったり。細長い店の片方に2人がけテーブルが多数並んでいて、反対側の壁にはカラオケセットが。夜は飲み屋でカラオケなのかもしれません。

店の人は歳の頃6,70代と思われるマスターとその奥さんらしい二人。

テーブルの真ん中にドーンと灰皿。他の客も座るなりタバコを吸い始める喫煙者にとても優しい店です。

ランチはカレー、ピラフ、焼きそばなど5種類。すべて500円。注文してから作り始めて5分ぐらい掛かってました。混んでるとたいへんだろうなあと思いましたが、12時過ぎでも客は3,4人しか居なかったので混まない店なのかもしれません。

注文時に強く(勝手に感じただけかもしれないが)ドリンクの注文を訊かれました。ランチにつけると200円引きになるので、コーヒー200円ぐらいなんですが、ワンコインランチとして入ってるので断ります。初めてではない他の客はみんな飲み物を頼んでいたので、700円でのんびりランチタイムを過ごすのが常連の作法なのかもしれません。

高度成長期から働いてるようなおじさん(60代以上?)にはとても心地良いんだろうなあという印象。

料理の量は少なめ。「えっこれだけ?」と思ったけどお昼はいつも蕎麦、みたいなおじさん向けだとこんなものなのかも。

「ワンコイン」を押し出してます。この手書きの感じが

補修されまくっている螺旋階段で2階へ

500円ランチで選択肢も多いんだけど…

価格(税込): 500円
量: 少ない
サイボウズ本社からの所要時間(片道): 4分 地下鉄出口B6~A7経由で、10メートルぐらい走れば雨の日でも傘無しで行けます
オフピーク対応: 12時台に客3人とかだったので、あまりピークはないのかも
タバコ: 隣の客が座って一本、食べ終わって一本、と自然に吸ってました

(有)アウトリガー, 〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目4−7

2016年版から消えた店

他にもワンコインで食べられるお店

僕の場合、外食ランチは、移動時間も含めて気分転換や頭の休憩という面もあるので、チェーンの牛丼屋や立ち食いそば屋など「どこにでも有っていつでも食べられる店」にはあまり行きません。

とはいっても、非チェーンのお店は13:30から14:00ぐらいにはランチを終了する店がほとんどなので、お昼を食べるのがすごく遅くなった時はチェーン店がありがたいです。チェーン店の場合、「場所が日本橋だから高い」なんてことが無いのがいいですね。

  • 中華 莫龍 (一番安い肉野菜炒め定食が500円) – 同じビル一階の食味鮮(既出)の方がいいかな
  • 天狗 日本橋店 (すごい近い)
  • テング酒場 八重洲一丁目店 (ここも近い)
  • さくら水産 茅場町店
  • まごころキッチンみな美(うどん。セルフ) – 250円から!
  • 名代宇奈とと 茅場町店
  • 名代宇奈とと 八丁堀店
  • 各種立ち食いソバ
  • はなまるうどん日本橋店
  • 各種牛丼店
  • さかなや道場 八重洲口店 (ここは550円)
  • ガスト日本橋店 (外税分オーバー)

まとめ

ここまで出てきた店を全部あわせると、毎日違う店に行きながらも一か月のランチを全部ワンコインで済ませることもできそうですね。

載ってない情報や閉店情報、メニューの変化などあったら、ぜひ教えてください

すべての病死が治ると人類の寿命はどうなるか? を試せるサイト

自然死が根絶したら平均寿命はどうなるか? (Life expectancy if natural death was eliminated)というサイトでは、老衰を含むあらゆる病死に治療法が見つかったとしたら、人は何で死ぬのか、どれぐらい長生きするのか、という思考実験を実際に試すことができます。

[Start]ボタンを押すと、開始時からの経過年(Year)がすごい勢いで増えていき、黄色の笑顔マークの中から、少しずつ事故で死ぬ人が現れます。マークの下の数字は、その人が死んだときの年齢。

事故の種類は下のアイコンで列挙されていますが、左上から右に、交通事故、銃で撃たれる、火災、階段からの落下、溺死、銃の事故、はしごから落ちる、飛行機事故、大竜巻、洪水、犬の攻撃、地震、落雷、です。

現在のそれぞれの死因の発生率を基に、ランダムにそれらが人生に降りかかってくる、というモデルで再現しているようなので、実行するたびに結果は変わります。しかし、何度かやってみたところ、最も長生きする人の寿命はまず数万年になりました。

自然死を外してみると、何の事故死が問題か見えやすい

どんな病気でも、老衰すらも治療する医学上の大発展があれば、という仮定の話ではありますが、それ以外の原因で事故死する人たちを救うには何が必要か、というのも考えさせられる結果となるようですね。自動運転車の登場は多数の死因である交通事故を劇的に減らしてくれるでしょうし、銃が社会に与える問題(アメリカでのデータなので)の大きさもわかります。他にも心配されることが多いであろう飛行機事故や地震などより、これらの大きな問題を解決した方が、効果的だということです。

長い事みていると、その試行での平均寿命(Average life length)がわかります。

Chess.com のiPhone版が32bitオーバーフローで動かなくなる

オンラインのチェス対局コミュニティChess.comのスマートフォン版が、プログラムのバグによって動かなくなる事件が発生していたそうです。

13日に公式フォーラムでiOS版ユーザーから「動かない」という声が上がりはじめ、開発チームが調査したところ、これまでにchess.com 上でプレイされたゲーム回数が 21億回を超えていたことが判明。正確には 2,147,483,647 回越えで、プログラマーならピンとくると思いますが、2^31, 符号付き32bit整数の最大値です。

サイト全体が動かなくなったのではなく、2013年以前のiPhoneを使っているユーザーだけに不具合が起こっていたので、運営もなかなか気づけなかったということ。運営ではみんなが新しいiPhoneを使っていたんですね。

32bit版のiOSを使う古いiPhone や iPad では、chess.com サーバから送られてきた JSON の解釈が、なぜか元と異なる値になってしまっていた、と。

開発チームは、クライアント側の修正とサーバ側の修正の2案を用意しましたが、テストチームのテストを通した後、ハック的でその場しのぎなサーバ側の修正は反映せず、Appleのアップストア側のアプリを新バージョンに更新することで修正としたそうです。

記念すべきオーバーフローを最初に引き起こした対局がこちら

Hacker News やIT系のニュースで多く取り上げられたことで、「これまでの対局が21億回もある」という点がクロースアップされ、サイト的には良い宣伝にもなったようです。

via Hacker News

犬トランプの発送を手伝う犬がえらい

artiphany 社の犬トランプ(Pack of Dogs Playing Cards)は、犬が何かをしているイラストがトランプの数字カードになっているというデザイントランプです。

カードのデザインもなかなか良いと思うのですが、この Pack of Dogs トランプの発送作業を手伝う犬の様子が動画で上がっていて、これが面白い。何を手伝っているかは見てみてください。

トランプは$9.50(1054円) で、日本への送料を入れて$20(2219円) 以下のようです。

via Bored Panda

Caveday – 集中するためにスマートフォンを取り上げてくれるワークイベント

ニューヨークのCAVEDAY(=洞窟の日)というコワーキング・イベントでは、「先延ばしをやめよう」を合言葉に生産性の高い仕事をするための集まりを開催しているそうです。

「雑音に邪魔されず、個人的な仕事を集中して達成するために」参加するこの Caveday イベントは、何かを集中して完了させたいという同士が集まって作業をするための、日帰りの集会。作業内容は「脚本を書き上げる」「メールボックスを空にする」「礼状を書く」「ビジネスアイデアをまとめる」などなんでもあり。

朝食、ランチ、コーヒーやスナック、生産性向上のためのツール(スポンサー提供のネット遮断ツールや、集中できるBGMアプリなど)やアドバイス(主催者たちは生産性に関するエキスパートということ)、ポジティブな雰囲気、クリエイティブなサポート、がついた上に、参加者のスマートフォンを預かって使えないようにしてくれるこのイベント、費用はたったの$65(7214円) 。貴重な日曜休日の早朝から夕方まで楽しむ?ことができるそうです。

参加者はお互いに「何を終わらせるか」を宣言し、合図にあわせて一定時間のスプリントに取り掛かる、というのを一日中繰り返すようです。

FastCompanyの記事では「好評につき$40(4439円) の参加費が次回は$45(4994円) に」とありますが、サイト上で案内されている最新の6/25のイベントは$65(7214円) にまで上がっているので、このイベント、本当に人気がありそうです。このまま人気が広がるなら、別都市に展開したり、常設で毎日参加で来たりするようになるのかもしれません。

早朝から一か所に集められて、朝は当日の達成目標を大声で発表、電話も掛けられず、外へも出られず、ご飯を一緒に食べて、8時間頑張ったら夕方には達成できたかどうかをみんなに報告。ブラック企業だってここまでやれば給料をくれるのに、日曜に同じようなことをやるために自らお金を払う。なんという頑張りでしょう。

イベントを紹介するニュースでは、「大人のためのベビーシッター」「大人の保育園」など厳しい言葉も出ていますが、管理されないとさぼってしまう人にとっては、お金を払ってでも集中できる環境がほしいということでしょうか。

日本でも流行るかもしれないですね?

via FirstCompany and TheNextWeb