All Articles by Akky Akimoto

2706 Articles

Nefarious LinkedIn – リンクトインに監視されてるブラウザ拡張を確認できるツール

ビジネスSNSの LinkedIn のサイトが、ユーザーの使っているブラウザ拡張を監視する JavaScript のコードを埋め込んでいるそうです。

発見者のダン・アンドリュース氏(Dan Andrews, GitHub @dandrews)は、これがユーザーのプライバシーを侵害した、スパイ行為だと書いています。

Hacker News のコメントでは、スパイ行為というより、LinkedIn のユーザー情報を集めてスパムを送ろうとする悪質な業者の拡張をリストする、つまりユーザーを守るためにやっているのではないか、という反論もあります。

リンクトインのビジネスモデルの一つは、有料ユーザーになると他の多数のメンバーに直接連絡が取れるというものですから、ユーザー情報を抜き出して直接連絡されては商売の邪魔だ、という指摘もあります。

リンクトイン側が問題なのか、各ブラウザ拡張の提供側が問題なのかはわかりませんが、リンクトインがブラウザ拡張の存在を知るためには2つの仕組みが使われているそうです。

一つ目は、拡張が使うリソースの存在から調べるという方法。ローカルに展開された画像などのリソースにアクセスしてみて、そのファイルが存在すればブラウザ拡張がインストールされているとわかる、というものです。

二つ目は、監視対象の拡張が動作することで使われるデータを調べる方法。たとえば、html のid や class の存在を読んでみて当てるというもの。

リンクトインのウェブサイトは、これらの情報から監視対象のブラウザ拡張の有無を調べ、localStorage に拡張名を暗号化した上で保存しているようです。

ブラウザ拡張でチェックされているものを確認

アンドリュース氏が作成したChrome拡張 Nefarious LinkedIn は、LinkedIn が存在を追跡している Chrome拡張のリストを表示してくれるというものです。現在は、38個のブラウザ拡張がチェックされているよう。

インストールして LinkedIn を開きログインすると、右上のアイコンから実際に監視されている拡張のリストを表示することができます。

via Hacker News

Hacker Tab – GitHubのtrendingプロジェクトをブラウザの新規タブに表示するChrome拡張

新たに公開されたHacker Tab Chromeブラウザ拡張は、ブラウザの新規タブで表示されるページを、Google検索ではなく GitHub のホットなプロジェクト(trending)に差し替えてくれます。

プログラミング言語/集計期間を選んで絞り込むこともできます。

拡張機能のソースコードはこちら。GitHub の trending の取得にはこちらのスクレイピングライブラリを使っているようです。

ブラウザのタブが表示されるたびにチェックすることになるので新たな面白いオープンソースプロジェクトの発見につながるかもしれませんね。

フェイスブックで「女性の友達の写真」は出るのに「男性の友達の写真」は出ない

友達の検索ではなく一般の検索の方ですが、検索ボックスで「女性の友だちの写真」(Photos of my female friends)と入力するとつながっている女性の友人のアップロードした写真が出てくるのに、

「男性の友だちの写真」(Photos of my male friends)と打っても男性の友人の写真は出てきません。

代わりに、何らかの検索した結果の写真が表示されました。

ベルギーの Facebook ウォッチャー、Inti De Ceukelaire さんがツイッターで紹介したこの謎現象

TheNextWeb も書いてますが、Facebook が今の形になる以前の大昔(2004年)、まだ名前が Facemash だったころ、ハーバード大の女子学生の顔に点数をつけるサービスだった、という過去を思い出させるバグです。さすがに今わざとやったわけではないでしょうけど。

… たぶん。

via TheNextWeb

ボードゲーム専用バックパック

「究極のボードゲームバックパック(The Ultimate Boardgame Backpack)」という名前のバックパックです。

利用例として、以下の10個の「定番ボードゲーム」はすべて入ると書いてます。

  • ドミニオン
  • グルームヘイブン
  • トワイライトインペリウム
  • チケット・トゥ・ライド
  • マジック・ザ・ギャザリング
  • カタンの開拓者たち
  • パンデミック
  • 禁断の島
  • 禁断の砂漠
  • 世界の七不思議

「あのグルームヘイブンすら入る!」と書いてあるので、グルームヘイブンが一番大きいのかな。

防水生地に、ゲームの箱を守るためのクッション性のある内枠。もちろんダイスや拡張パックを入れる小物スペースもあり、水筒やノートPC、サングラスを入れるスペースもそれぞれあるそうです。

ただ大きいだけでなく、機内持ち込みに収まるようにサイズ決めされているようで、多数のボードゲームを持って飛行機で遠征することもできますね。

ボードゲームは嵩張るので持ち運びも大変ですが、ボードゲーム専用にデザインされたこのバックパックなら、多少は大変さも軽減されるのかもしれません。

ThisPersonDoesNotExist.com – 「実在しない人物」の写真を作ってくれるサイト

thispersondoesnotexist.com にアクセスすると、ページいっぱいに一枚の顔写真が出てきます。リロードするとまた別の人の顔が出てきます。

これだけだといったい何のサイトかわかりませんが、実は、この表示された顔写真、実在する人物ではなくプログラムで合成されたものだそうです。

Phillip Wangさんが、NVidia の研究チームがSylte-Based GAN の論文で発表し、オープンソースで実装を公開したStyleGANの利用例として作ったデモです。

リロードすると、たまにアクセサリー周りや肩のあたりなどに変なところが出てきますが、ほとんどは驚くほど自然で、これを例えばアイコンにしても、実在の人物だと信じさせることができてしまうでしょう。

これは、左顎のところに不自然さが出た例

論文紹介の動画はこちら。

複数の特徴量を増減させることで、写真と写真を掛けあわせたような新しい写真、それも自然な写真を作る様子が見られます。

顔写真以外のデータで遊んでみている人も多いようです。

via reddit/technology

カーネルサンダースは死して皮を残す。皮はバレンタインプレゼントに

米KFC が reddit でバレンタインデーにちなんだプレゼント企画を開催していたようです。その名も「カーネルサンダースの毛皮ラグ(Colonel Sanders Bearskin Rug)」争奪戦

KFCがバレンタインデー用に特別に製作したこのラグ、redditers の3名だけが入手できるようですが、その条件は

  1. この画像のフォトショップ改造コンテスト (psd形式の素材も提供)
  2. この画像をテーマに素敵なストーリーを書くコンテスト
  3. 抽選

の三つ。

当選者は、この素敵なラグの他に、フライドチキン一式、好きな動画サービス購読のためのギフト券$160(1万7507円)、一年間の間、毎月一回 KFC でデートする権利、も貰えるそうです。

KFC のチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)は、The Daily Meal に対し「私はデートのエキスパートではありませんが、バレンタインデーにフライドチキンを食べるよりもロマンティックなことがあるとしたら、人類史上最も偉大なチキンのセールスマン、カーネル・サンダースの人造毛皮の上でフライドチキンを食べることでしょうね」と答えたそうです。うっかり「人造」って言っちゃてますが、最近は本物の毛皮を使うことに風当たりが強いですから、マーケティングとしても無難なところでしょう。

日本でもKFCの店頭に剥製が飾ってあるのを見かけますが、毛皮のラグは見たことありませんでしたね。

via The Daily Meal