All Articles by Akky Akimoto

2704 Articles

Google Base が使えるようになってる

Google Base

トップから辿れる、すでに格納されているデータの例

映画レビュー

中古車販売 – ベンツ

求人 – 化学

求人 – プログラマー

登録されたアイテムは、Google Base 内にある場合もあれば、直接外部のサービスに飛ぶときもある。

新しいベースの作成については、トップページの右側からスタートできるようになっている。既存のテンプレートとして、仕事やレビューなどが選べるようになっているのは以前に流出した画面と同じ。ただし、独自のアイテムを作ることもできる。

一つ登録したアイテムは、「公開まで 15-60 分かかります」という状態になっている。Google が人力審査をやるはずがないと思うので、プログラムによるチェックをしているということなんだろうか。

既に公開されている他のアイテムにも、スパム等を報告するためのモデレーション機能が組み込まれており、ユーザが自由に情報を集積できる、というのと、それによる場の荒れや違法なコンテンツを排除する仕組みが準備されているようだ。

さて、自分としては、RDB をそのままマップしたようなサービスを予想していたのだが、ちょっと違っていて、新しい項目を作る際に、きっちりとしたフィールド設計をする必要はない。

データには日本語が入るが、フィールド名のところに日本語を入れようとすると入力エラーになってしまう。item と label に英語しか入れられない。また、タグのほうも、スペルチェックで英単語以外ははじかれる。folksonomy みたいな新語は受け付けなかった。

ここから考えると、Google Base は、自由に増減できるフィールド名をタグとした Folksonomy + データベースなんだろうか? item や label を英語に限定する理由は、やはり集合操作、ばらばらなデータの再利用をしやすくするためのような気がする。

フィールドは自由に設定できる、とはいえ、プルダウンにはお仕着せのフィールドセットが多数あり、レビューや売買広告を書く分には、わざわざオリジナルのフィールドセットを作成する動機は無い。そうすると、同じジャンルのアイテムは自然と検索/抽出できるようになっていく。

また、フィールド名さえ合致していれば、異なる設計で作られたアイテムでも関係なく検索できる。

多数のデータをまとめて流し込むこともできるので、すでに自分のサイトで持っている求人や不動産の情報を大量登録した業者がいるようだ。今 Google Base 内を検索すると、それらがひっかかってくる。

(参考) Google Base サービスイン関連の日本語記事


Google Base、ついに姿を現す–実態は「何でも共有サイト」か – CNET Japan

My RSS 管理人 ブログ: Google Base 公開:早速レビュー

HepCat Dev and Test: 不動産物件情報とXML(Google Base)

[mini速報] Google Base登場! – Speed Feed [ITmedia オルタナティブ・ブログ]

Google Base、ついにスタート

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Web 2.0 新語集

via threadwatch.org

「おいおい、Wikipedia に advercasting (広告キャスティング?)なんて新語が登録されてるよ」、というブログ記事を受けて、「だったらこんな新語はどうだ」とヤケクソ気味にいろいろ提案している。

Reblog リブログ

他のブログへの内容を、追加も洞察も意見もなしに反復するだけのブログ

Splinks スプリンクス

ブログに置かれた/張られたスパムリンク

Stags スタグス

タグを使ったタグ検索に対するスパム

Blag ブラグ

コンピュータ自動生成によるブログ

Alog アログ

A list ブロガー (A ランクブロガー)

Gaagle ガーグル

Google 教信者

Blord ブロード

ブロガーを大勢抱えたブログ領主(lord)たるパブリッシャー

Blerf ブラーフ

Blord のためにブログを書くブログ奴隷(Serf)

Advercasting を持つ主要ドメインはあらかた取られている。ほとんどはこれらのブログ記事を見て最近取得されたようだが、.com は前から取られているので、この advacasting.com のオーナーが自分で Wikipedia に登録したんじゃないの、という気もする。

Web2.0 自身もそうだし、Ajax や Podcasting などもだが、新語を作ってその新語で商売する、みたいなビジネスが流行ってるといえるかも。Arax とかもそう?

大々的に打ち上げても広まらない新語のほうが圧倒的に多いだろうけどね。

# 今現在、Wikipedia から Advercasting は消えている。Advercasting を定着させたい勢力と、消したい勢力のせめぎ合いが起こっている模様

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

del.icio.us が見つけた Web2.0 の定義

いいかげん飽きてきた気もするが Web2.0 の話題。

del.icio.us の中の人ブログで del.icio.us でつけられたタグの統計を基に Web2.0 とは何かの分析をしている

del.icio.us のブックマーク全件の中で、23万件の URL が、7000 個の他のタグと共に “Web2.0″ で登録されている。”Web2.0” タグと同時に出てきた他のタグを多い順に並べると、

  1. ajax 9.9%
  2. blog 6.1%
  3. social 4.2%
  4. tools 4.1%
  5. software 3.3%
  6. tagging 3.3%
  7. javascript 2.8%
  8. internet 2.6%
  9. programming 2.5%
  10. rss 2.5%

ということで、「タグが付けられて、RSS を提供するソーシャルブログを、Ajax を使ってプログラムしたソフトウェアとして提供。便利ツールも同時に公開」すれば Web2.0 間違いなし!

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Java One で気になったトピック (1) サーバサイド編

JavaOne Tokyo 2005 でいろいろ仕入れてきた知識のまとめ。

全体的に、「Java SE 5 の Annotation 取り込みました。結果楽チンになりました」というものが多いけど、実際にコードサンプルを見せられると、威力は明らか。C# の人とかからすれば「いまさら」なんだろうけど。

EJB3.0

  • Annotation で、すごく簡単に書けるようになった -> コードサンプルを見た感じ同意
  • Hibernate などからいいところを見習った

Shale

JSF の拡張。Struts の反省を生かし Struts の McClanahan が作っている新フレームワーク

JAX-WS2.0, JAXB2.0

StAX

  • DOM, SAX に続く第三のパーザ
  • 軽い処理、一部だけを抜き出す処理が楽に書けそう

Java EE 5

EJB3.0, JSF1.2, JAX-WS2.0, JAXB2.0 なんかを含む。これまでの反省から、各技術要素のばらばら感を減らすようにインテグレーションを深めているとのこと。20061Qリリース予定。

Project GlassFish

  • Sun がメインで作るオープンソースアプリケーションサーバ
  • Java EE 5 を先取りして遊べる

Sun Java Studio Enterprise 8/Sun Java Studio Creator 無料公開

こんなん無償にしちゃっていいのかね。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

勝手に片付く机

Katazuke は、いつもキレイに片付いた状態になる机

なるほど。これなら机の上はいつもキレイだ。ってオイ。

右側の画像をクリックすると動画が見られる(音あり)

今月と来月(2005/11, 12月)に横浜でやっている BankART 1929 という展覧会に出展されている作品らしい。日本語でこの「Katazuke」の説明が見当たらないんだけども。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

JavaOne Tokyo 余談

JavaOne Tokyo 2005 の感想を書きたいが、立て込んでいて(3日フルに行ったからなあ)ちょっと書けない。とりあえず一点、Java と直接は関係ない話だが。

arclamp.jp の鈴木雄介さん(いつもブログを読ませていただいている。Java の最新技術や開発技法に興味のある人はチェックして損はないブログ)の発表で、プレゼンテーション中のソースコード片の中に発見してしまった。 “regist” は間違い。詳しくはこちら「regist という英語は無い」を。

発表自体はとても良かった。Ajax, Web2.0 界隈とサーバサイド Java の関係って、他のスクリプト言語に比べて距離を感じることがある(特に日本で。英語圏には物があるけど日本に紹介されないことも多い)が、Java でも当然 mash up はできるし、使う技術をうまく選べばけっこう楽にできそう。

プレゼンとソースの regist は、あっという間に修正していただいた。小うるさい指摘につきあっていただいて感謝。

ブログには書かなかったが、先月も同じ東京国際フォーラムでの別の展示会で、デモプログラムのボタンに”regist”と書かれていてその場で指摘。毎月のように regist に遭遇している。

まったく英語がわからない人なら辞書を引くだろうけど、updater から update を、creator から create を類推できるような英語勘のある人のほうが引っかかる落とし穴なんではなかろうか。

# regist 問題については僕のライフワークだと思っている。いや、冗談抜きで。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません