「スマートフォン」カテゴリーアーカイブ

何が嫌いかで自分を語れよ! 嫌いで繋がる出会いアプリHater

2月8日にリリースされたiPhoneアプリ(Android版は開発中) Hater (=憎むもの)は、自分と似た相手を探すよくある出会い系マッチングサービスですが、(自称)世界初の嫌いで繋がる恋人探しサービスです。

2000個の項目の中から表示されるお題を”Love”か”Hate”でスワイプしていき、ユーザーの中から同じものを嫌う人を探して紹介してくれるということ。


(カーゴパンツは嫌い?)

2000個の項目には、たとえば、「ドナルド・トランプ氏」「グルテンフリー」「大麻」「冷蔵庫のものを直接食べる」「ソーシャルジャスティスウォリアー」「マンスプレイニング」など最近の新しいネット用語まで色々なものが揃えられいるようです。

好きなもの、興味のあるものを訊ねて似ている人を紹介する、というのはこの手のマッチングアプリでは常識的に備えている機能で、Hater はそこを逆張りして目立とうとしているところはあると思います。

しかし、New York Magazineによれば、社会心理学者Jennifer Bossonさんによる2006年の研究で、「初対面の人に会う時には、好きなものが同じ時より嫌いなものが同じ時のほうが相手との距離を近く感じる」というのもあるそうで、これが正しいとしたら共通の「嫌い」がある人と会えるというのも価値があるのかもしれません。

Hater - The Best Dating App - Hate. Love. Meet.

カテゴリ: ライフスタイル
言語: EN
機種: iPad2Wifi-iPad2Wifi, iPad23G-iPad23G, iPhone4S-iPhone4S, iPadThirdGen-iPadThirdGen, iPadThirdGen4G-iPadThirdGen4G, iPhone5-iPhone5, iPodTouchFifthGen-iPodTouchFifthGen, iPadFourthGen-iPadFourthGen, iPadFourthGen4G-iPadFourthGen4G, iPadMini-iPadMini, iPadMini4G-iPadMini4G, iPhone5c-iPhone5c, iPhone5s-iPhone5s, iPadAir-iPadAir, iPadAirCellular-iPadAirCellular, iPadMiniRetina-iPadMiniRetina, iPadMiniRetinaCellular-iPadMiniRetinaCellular, iPhone6-iPhone6, iPhone6Plus-iPhone6Plus, iPadAir2-iPadAir2, iPadAir2Cellular-iPadAir2Cellular, iPadMini3-iPadMini3, iPadMini3Cellular-iPadMini3Cellular, iPodTouchSixthGen-iPodTouchSixthGen, iPhone6s-iPhone6s, iPhone6sPlus-iPhone6sPlus, iPadMini4-iPadMini4, iPadMini4Cellular-iPadMini4Cellular, iPadPro-iPadPro, iPadProCellular-iPadProCellular, iPadPro97-iPadPro97, iPadPro97Cellular-iPadPro97Cellular, iPhoneSE-iPhoneSE, iPhone7-iPhone7, iPhone7Plus-iPhone7Plus
価格: 無料
バージョン: 0.6

開発者: Hater Inc.
公開日: 2016年12月15日
評価(全バージョン): 評価なし
評価(現バージョン): 評価なし

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3

アプリを使ってみているYouTuberの動画

via New York Magazine

Aestheticam – 世界一ひどいiPhone用カメラアプリ

A E S T H E T I C A Mは、”The World Worst”を自称する新しいスマートフォン(iOS)カメラアプリです。

「iOS上での最低のカメラ体験ができることを目指した」 というこのアプリ、起動画面は謎のスターリンの写真だったり、撮影したら画面が謎の遷移をしたり、普通ならわかりやすくと工夫するところをわかりにくくしています。

aestheticam-demo

なお、カメラ名である “aesthetic” は、「審美眼のある」という意味。

SwiftによるソースコードがGitHub上で公開されており、オープンソースの力を生かして、世界最低がさらに下を目指して改悪されていくかもしれません。

「日本一まずいラーメン」とかと同じで、怖いもの見たさで使ってみる人は増えるかもしれないですね。アプリのレビューも★4.5と好評で、「どの友達に見せてもキマッテルって言うよ」とか「売り文句通り、過去最低の体験だ!」など好意的なレビューが並んでいます。

Aestheticam - The World's Worst Camera App™

カテゴリ: Photo & Video, Lifestyle
言語: EN
機種: iPad2Wifi-iPad2Wifi, iPad23G-iPad23G, iPhone4S-iPhone4S, iPadThirdGen-iPadThirdGen, iPadThirdGen4G-iPadThirdGen4G, iPhone5-iPhone5, iPodTouchFifthGen-iPodTouchFifthGen, iPadFourthGen-iPadFourthGen, iPadFourthGen4G-iPadFourthGen4G, iPadMini-iPadMini, iPadMini4G-iPadMini4G, iPhone5c-iPhone5c, iPhone5s-iPhone5s, iPadAir-iPadAir, iPadAirCellular-iPadAirCellular, iPadMiniRetina-iPadMiniRetina, iPadMiniRetinaCellular-iPadMiniRetinaCellular, iPhone6-iPhone6, iPhone6Plus-iPhone6Plus, iPadAir2-iPadAir2, iPadAir2Cellular-iPadAir2Cellular, iPadMini3-iPadMini3, iPadMini3Cellular-iPadMini3Cellular, iPodTouchSixthGen-iPodTouchSixthGen, iPhone6s-iPhone6s, iPhone6sPlus-iPhone6sPlus, iPadMini4-iPadMini4, iPadMini4Cellular-iPadMini4Cellular, iPadPro-iPadPro, iPadProCellular-iPadProCellular, iPadPro97-iPadPro97, iPadPro97Cellular-iPadPro97Cellular, iPhoneSE-iPhoneSE, iPhone7-iPhone7, iPhone7Plus-iPhone7Plus
価格: 無料
バージョン: 1.1

開発者: Nicholas Lee Designs, LLC
公開日: 2016年7月14日
評価(全バージョン):
(41人のレビュー)
評価(現バージョン):
(9人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2

via Digital Trends

スマホの広告ブロックブラウザ Adblock Browser がリリースされたので試してみた

Chromeブラウザ用のアドオンとして有名な、見ているウェブサイトから広告を消し去ってしまうというAdblock Plus 拡張の作者が、iPhone や Android 向けに同等の広告ブロック機能を搭載したスマートフォンブラウザ Adblock Browser を正式リリースしたというニュースが入ってきました。

adblockbrowser.org-top

スマートフォンでの広告ブロック

パソコン版のブラウザではブラウザにちょっとした機能を追加する「ブラウザ拡張」機能がサポートされていて、ちょっと詳しいユーザーが拡張機能を追加でインストールして改造する、というのが一般的です。Adblock Plus拡張は自称「300万ダウンロード」ということで、ちょっと詳しいユーザが使うツールとしてはたいした普及率です。

その一方で、スマートフォンでは、単に閲覧する以外の機能はパソコン版に比べると抑えられていて、拡張機能を入れられるブラウザも少数派だったために、広告ブロック機能についてもこれまではそれほど利用されていませんでした。

しかし、AppleがiOS の次期バージョン iOS 9 上の Safari ブラウザに、広告ブロックを搭載できる機能を用意しようとしている、ということが少し前に話題のニュースとなっていたように、スマートフォンの利用者にも、広告を見たくないというニーズがあるのは確かです。広告によって閲覧体験が損なわれる度合いはもともとの画面が狭いスマートフォンの方が大きいでしょうから、要望が多いのも不思議ではありません。

今回の Adblock Browser は、Chrome拡張で既に定評のある作者が、OSレベルで対応しようとしているApple よりも先に、アプリとして出して来たということで注目されます。

iOS/Android 版ともに無料ということで、Android 版を入れていくつかの有名サイトを試してみました。

Yahoo! Japan

日本最大のウェブサイトヤフー。

まず スマホ版 Chrome ブラウザでの見え方。スマホ版では、もともとスクロールしない範囲に広告が出てないですね。

chrome-yahoo

こちらが Adblock Browser。

adblock-broswer-yahoo

ブラウザのUser Agentの判別か、スマートフォン版に直打ちでアクセスしてもPC版に連れて行かれてしまいます。広告枠についても、小さくてゴチャゴチャしてますが、PCで見たのと同じのがそのまま出ているように見えます。

asahi.com

asahi.com は、トップ下に(僕の環境では)Yahooのバナー広告。記事の後ろにもバナー広告

adblock-broswer-asahi-1

adblock-broswer-asahi-2

Adblock Browser では、これらの広告が消えて見えません。

chrome-asahi-1

chrome-asahi-2

ネタフル

個人ブログのサンプルとしてネタフル

Chrome ではトップページに(僕の環境では)Adsense と、記事タイトルの間にバナー。

chrome-browser-netafull-1

chrome-browser-netafull-2

広告が消えて、広告の上に書いてあった「スポンサードリンク」の文字だけが残る形に。

adblock-browser-netafull-1

adblock-browser-netafull-2

アメブロ

アメブロのトップに載っていたブログ。画面の下のバナーが一定時間毎に膨れて切り替わるというアグレッシブな広告。

ameblo-chrome-1

ameblo-chrome-2

Adblock Browser で見ると、この動くバナー、一瞬見えたりもしたけど消えてます。

ameblo-adblock-1

バナー広告が消えても、ブロガーの張ったクリックランキング的なブログパーツのボタンが多数残りますね。これらは広告という枠に入るのかどうか微妙ですし、海外製の Adblock アプリが対応できてなくてもあまり不思議ではないです。

ameblo-adblock-2

Chrome拡張もそうですが、数百万ユーザーといってもネット全体から見れば広告ブロックしているユーザーはごく一部です。また、広告ブロックしているようなユーザーは、もともと広告が表示されていてもクリックしない人が多いでしょう。

iOS9 の機能の件も、広告ブロックできるようなアプリを作れる、程度の話で、いきなりiPhone上のブラウザで広告がオフになるというわけではありません(そういう勘違いで煽ってたブログもあったみたいですが)。

そういう意味で、サイト運営側が脅威に思って何かしらの対策をするかどうかはまだわからないと思います。

Adblock Browser

カテゴリ: Utilities, Productivity
言語: AR, BN, BG, CA, HR, CS, NL, EN, FR, DE, EL, HE, HI, ID, IT, JA, LV, NB, PL, PT, RO, RU, SR, ZH, SK, SL, ES, TH, ZH, TR, UK
機種: iPad2Wifi-iPad2Wifi, iPad23G-iPad23G, iPhone4S-iPhone4S, iPadThirdGen-iPadThirdGen, iPadThirdGen4G-iPadThirdGen4G, iPhone5-iPhone5, iPodTouchFifthGen-iPodTouchFifthGen, iPadFourthGen-iPadFourthGen, iPadFourthGen4G-iPadFourthGen4G, iPadMini-iPadMini, iPadMini4G-iPadMini4G, iPhone5c-iPhone5c, iPhone5s-iPhone5s, iPadAir-iPadAir, iPadAirCellular-iPadAirCellular, iPadMiniRetina-iPadMiniRetina, iPadMiniRetinaCellular-iPadMiniRetinaCellular, iPhone6-iPhone6, iPhone6Plus-iPhone6Plus, iPadAir2-iPadAir2, iPadAir2Cellular-iPadAir2Cellular, iPadMini3-iPadMini3, iPadMini3Cellular-iPadMini3Cellular, iPodTouchSixthGen-iPodTouchSixthGen, iPhone6s-iPhone6s, iPhone6sPlus-iPhone6sPlus, iPadMini4-iPadMini4, iPadMini4Cellular-iPadMini4Cellular, iPadPro-iPadPro, iPadProCellular-iPadProCellular, iPadPro97-iPadPro97, iPadPro97Cellular-iPadPro97Cellular, iPhoneSE-iPhoneSE, iPhone7-iPhone7, iPhone7Plus-iPhone7Plus
価格: 無料
バージョン: 1.5.1

開発者: Eyeo GmbH
公開日: 2015年9月8日
評価(全バージョン):
(428人のレビュー)
評価(現バージョン):
(37人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4

via TheNextWeb

gTool PanelPress があればiPhone 6plusが曲がっても大丈夫

お尻のポケットに入れて座ったりすると曲がる、いわゆる bendgate が話題になった iPhone 6 plus ですが、出荷数は記録的に多いようですし買う人はそれほど気にしていないのかもしれないですね。

ライバルのGoogle からも 6インチのスマートフォン Nexus 6 が発表されましたし、スマートフォンは大きく長いのが最新の流行なのかもしれません。

とはいっても、実際に曲がってしまったユーザーは困っているでしょう。そんなユーザーのための便利ツール、曲がったiPhone 6 plus (でも 6 でも 5S でも)を直すのが、Gモバイル・テクノロジー社による gTool PanelPress です。

gtool-panelpress

使い方も簡単で、iPhoneの液晶カバー部分を外してから、大きなネジで押さえつけて固定して、もう一つのネジを同じようにギリギリと回すだけ。

gtool-panelpress-2

gtool-panelpress

お値段は$299.99(3万4522円) 。「ただの万力じゃねえの?」という気もしないでもないのですが、iPhone のサイズやアルミニウムケースの材質に合わせて精巧に作られた逸品という可能性もあります。

こちらに動画もあります。

via gTool PanelPress Unbends iPhone 6/6 Plus – Technabob

セルフィー(自分撮り)の次に来るのはドロニー(ドローンから自分撮り)?

英語圏での2013年の流行語 selfie (セルフィー、自分撮り)は、スマートフォンで撮影した自分の写真をソーシャルメディアなどにアップロードする行為を指すものです。

カメラ付きスマートフォンが自分撮り写真をネットに溢れさせたように、次はラジコン操作や自動操縦できる空飛ぶドローン(drone)の今後の普及が、ドローンでなければ撮れないような写真の流行を生み出すのではないか、というのがVentureBeatの予想

有名ブログKottke.org のJason Kottkeさんが、サンフランシスコの丘の上でドローンを使って取ったグループ写真4月に公開し、drone からもじって dronie (ドロニー)と呼んでいます。

他にも、いくつかの写真や動画のドロニーが公開されつつあるようです。

https://twitter.com/Quintin24/status/475937767403573248/photo/1

スマートフォンカメラに比べると、まだほとんど誰もドローンなんて所有してはいないので、セルフィーほど流行するかは疑問ですが、いち早くドローンを所有しているような新し物好きの人たちにはソーシャルメディアでも影響力の強い人も多いでしょうから、これからビックリするような構図のドロニー写真がいっぱい出てくるのかもしれません。

via One step beyond #selfies: Here come the #dronies | VentureBeat | OffBeat | by Dylan Tweney

特定の写真を撮らないと止まらないiPhoneアラームアプリ Sleep If U Can

Sleep If U Can(アラーム) – 世界中、一番うるさいアラームは、アラームの止めかたに新機軸を導入したiPhoneアプリです。

このアプリを使うには、まず準備として、任意の場所で写真を撮っておく必要があります。

アラームが鳴った時には、その撮っておいた写真とまったく同じ写真を、新たに撮らなければ止めることができません。

[アプリid:609598558] 指定されたアプリケーションが見つかりませんでした。削除されたのかもしれません Embed iPhone/iPad App

例としては洗面台の写真が使われていますね。アラームを止めるために洗面所に行って、写真まで撮れば、もう目も覚めてしまって二度寝はしないかもしれません。

まあ、iPhone自体の電源を切る等で止められるんじゃないか、とも思いますけど。同じ風景を撮ることでロックを外す、というアイデア自体は、何か他のアプリにも使えそうな気がします。

via Alarm Clock App Makes You Take Exact Same Picture As Previously Set To Turn It Off | Geekologie