「データ可視化」カテゴリーアーカイブ

ベルリンのビルを建築年代別に見せるインタラクティブ地図

ベルリン-ビルは古いか新しいか?(Alt- oder Neubau? So wohnt Berlin)は、ベルリン市のビルを古さ別に表示できるインタラクティブな地図です。

「どの建物にも新築だった時があります。この地図では、どの街区やビルがどの年代に建てられたものかを見ることができます。都市のある部分やあなたの近所がいつごろ形成されたものなのかを見てみてください」

ページを下にスクロールしていくと、それぞれの年代に建った建物と、右側にはその時代の解説(ドイツ語ですが)が表示されます。

1900年以前に建てられたビルが、いまでもこんなに残ってるんですね。石造りが多くて地震が少ない国は違うなあ。

最後、すべての年代を重ねたのがこちら。右側には建築年代別の割合のグラフも出ています。2度の大戦期にはさすがに建築数が減っているのですね。

ページ右側の”Karte aktivieren”をクリックすると、すべての年代の建物を表示して、クリックしたところのデータを個別に見られるモードに変わります。

via Maps Mania

格子間の移動距離をGoogleマップに聞くことで作られた等時間地図 Route Times

Route Timesは、ある地点から同じ時間で行けるところを表示する、いわゆる等時間地図のサービスです。

とはいっても、どこに対しても求められるわけではなくて、あらかじめデータが用意されている5つの都市の特定の地点だけが出発点として選べるようになっています。5つの中には東京の新宿都庁(ただ”Tokyo”で検索するとここがでてきますね)が選択肢にあるので、これを選ぶとこんな感じで出てきます。

中央高速道路やアクアライン沿いだと、60分以内で相当遠くまで行けますね。手動でGoogle Mapsで検索すると、都庁から中央道の談合坂サービスエリアまで60分掛からないようなのですが、これはAPIを呼んだ日時に渋滞があったか、グリッドのところだけを計測しているところからうまく最長になりそうな地点が選ばれなかったか、のどちらかではないかと思います。

GitHub にて関連するプロジェクトであるShinyTravelTime のソースコードが公開されていて、これを自分で走らせるか、こちらのデモサイトに「自分の」Google Maps API key を与えれば、自己責任でGoogle Map に多数の問い合わせをかけ、自分が緯度経度で指定した好きな地点からの等時間地図を描くことも可能です。

Google Maps API の呼び出し回数には上限があるので、ルートを求める格子の数を増やすほど、無料でできる広さは限定されてしまいますね。有料版APIの契約をすれば、自宅や職場を中心とした、ある程度細かい等時間地図を作ることも可能そうです。引っ越し先を検討したりするのに役立つかもしれません。ただ、東京の場合はこのツールのような車での移動時間ではなく、公共交通機関で求めた結果の方が役に立つかもしれません

via Maps Mania

イギリスの交通違反の悪質な地域を可視化したインタラクティブ地図

イギリス交通違反多発地域(The UK's Driving Offence Hotspots)は、交通違反のデータを基に、どの地域(警察管轄)で交通違反が多いかを可視化した地図です。

上は、速度超過違反を選んだ場合。運転手1万人あたりの違反件数が多いほど、濃い赤色で表示されるようになっています。

7つのカテゴリー別の地図と、全部を合わせた総合の地図を選ぶことができます。総合で1位となったのは、南西部のエイボン・サマーセット地域。個別にみるとスピード違反で1位の地域のようですが、スピード違反の件数が他の違反よりも桁違いに大きいのが効いているように見えます。

免許不携帯と不注意運転の両方で1位なのはスコットランド。運転中の携帯電話利用はロンドンが1位、あたりは、なんとなくイメージからわかる気もします。信号無視の件数が2位以下を引き離して多いレスターシャーは、なんかあるんですかね。

2016-2017年度のデータを各警察署などから集めたということで、データも公開されています。公開データを使った可視化で、注意喚起としてもいいですね。

via Maps Mania

ロンドンで一番ひどいバス停を見つける – ビッグデータ活用事例

ビッグデータ解析サービスの英コグニシオ社(Kognitio)が公開している、ロンドン最悪のバス停(The worst bus stop in London)は、ロンドン交通局の運営するバス運行に関する膨大なデータを使って、運行状況に関して優秀なバスやひどいバスを見つけるというプロジェクトです。

対象となるデータの規模は以下。

  • データ数 4,938,534,706
  • バス停の数 19,687個
  • バス路線数 675本
  • バスの台数 9,641台

ロンドン交通局のオープンデータというページがあるので、ここから入手できるのでしょうね。

これらのデータから、たとえば、7つの運行ゾーン毎に、「バスがとても遅れるバス停」「時刻表より前にバスが来がちなバス停」などのランキングが求められています。

これは「ロンドンで最も出発が遅れる路線」。走ってて遅れるのではなく出発が遅れるってどういうこと? と思いますが、運転手が遅刻するとかそういうのもあるんでしょうか。

こちらなんかは良い方の結果で、最も時間に正確なルート。路線のバスのうち85%が時刻表から外れずに走っているそうです。

郵便番号でランキング

バスが正確な地域、不正確な地域をランキングするには、郵便番号(の上3桁)が使われています。

なんで郵便番号? と思うかもしれませんが、イギリス(や西洋の多く)の住所は通りの名前+番号なので、おおまかなエリアを示すには郵便番号が便利なのかもしれませんね。

ロンドンで最も使えないバス停は

すべてを総合した、ロンドンで最悪のバス停は、ヒースロー空港近くのリングウェイ(Ringway)バス停だそうです。時刻表通りに来るバスの割合は全体の4%、25本に1本しかないのだとか。

ロンドン交通局自身も、いろいろとデータ処理して同様の情報は持っているのかもしれませんが、こうやってオープンデータとして公開することで、第三者が検証したり改善提案してくれたりするのはいい感じです。

もし地球がバスケットボール大だったら? 地図上で太陽との距離を確認できるwebサービス

太陽系の大きさを、身近な地図上で実感するためのサイト Soalar System Maps

もし地球がバスケットボールの大きさだったとして、東京日本橋のサイボウズ本社に太陽があったとしたら、

太陽の大きさがこんなで、

バスケットボール大の地球は、国会議事堂あたりを回っているかもしれない、と。

サイトでは、他の惑星を選ぶこともでき、またバスケットボールだけでなく「もしテニスボール大だったら」も選択することができます。

天文学的な距離や大きな量を卑近な例に縮小することで感じる、という教材はよくありますが、自分の家や良く知っている場所を太陽にできることで、さらに理科への興味を持ってもらったりすることもできそうですね。

Angular で書かれたソースコードはこちらで公開されています

サイトの作者が「この動画からインスピレーションを得ました」と紹介している、もし太陽がサッカーボールだったら各惑星(存在の可能性が言われる第9惑星も)はどこ? も面白いです

[可視化] ヨーロッパ各国で「子供の恋人が○○人でも気にしないか?」を訊ねた結果の地図

reddit の地図セクションで bezzelford さん発表したヴィジュアライゼーション。

この地図は、「あなたの子供が黒人と付き合っていたとして、問題ない(comfortable)と思いますか?」に対する回答で、問題ない人の割合が高いほど緑に、低いほど赤に塗り分けられています。

緑が濃い国ほど、気にしていないということですね(あるいは「気にしてないように振る舞う」可能性もなくはないですが)。同じヨーロッパと言っても、8割は気にしないスウェーデンやイギリスの寛容さと、7割が気にするチェコ・スロバキア・ブルガリア等では大きく違うことが見て取れます。

ヨーロッパで黒人がどう扱われようと、日本人の自分には関係ない? ではこちらはどうでしょう

「あなたの子供がアジア人と付き合っていたとして、問題ない(comfortable)と思いますか?」への回答。

黒人とアジア人の許容度の差は平均で5%ぐらいなので、「子供の交際相手として黒人はだめだがアジア人ならOK」という人の割合は、ヨーロッパ人が20人いる中で1人ぐらいということなんでしょう。人種差別の少ない社会は、日本人にとっても助かる社会と言えるのでは。

reddit のコメント欄では、「国によってその国の言葉で訊ねただろうから、翻訳のニュアンスが違うせいでこんな差がついたのでは?」と言った意見も出ています。「さすがにこんなひどくないだろう」という人もいれば「私も○○人だが、○○人の多くはレイシストだ」みたいな人も。

また、「アジア人(Asian)と言っても国によってさまざまで、たとえばイギリス人ならインドやパキスタン人を最初に思い浮かべるのでは?」とか、「そんなことはない、中国人や日本人をまず思いつく」という議論もありました。

元の投稿では、イスラム教徒、ユダヤ教徒についての地図もあります。

元データについて

このデータ、適当なアンケート結果ではなく、EU が実施した「EU における差別 2015年」という大きな調査 [pdf] の中の一部のようです。

24ページ目に、地図を塗り分けた元データの表があります。

東欧諸国の方で興味深いのは、「子供の恋人が白人だったら?」という質問ですら、「問題ない」が90%を割るところがいくつもあるところで、仮定の質問でも子供の恋人なんて考えたくない、のかもしれません。(ちなみにEU平均でも92%)