「ネットの事件」カテゴリーアーカイブ

Chess.com のiPhone版が32bitオーバーフローで動かなくなる

オンラインのチェス対局コミュニティChess.comのスマートフォン版が、プログラムのバグによって動かなくなる事件が発生していたそうです。

13日に公式フォーラムでiOS版ユーザーから「動かない」という声が上がりはじめ、開発チームが調査したところ、これまでにchess.com 上でプレイされたゲーム回数が 21億回を超えていたことが判明。正確には 2,147,483,647 回越えで、プログラマーならピンとくると思いますが、2^31, 符号付き32bit整数の最大値です。

サイト全体が動かなくなったのではなく、2013年以前のiPhoneを使っているユーザーだけに不具合が起こっていたので、運営もなかなか気づけなかったということ。運営ではみんなが新しいiPhoneを使っていたんですね。

32bit版のiOSを使う古いiPhone や iPad では、chess.com サーバから送られてきた JSON の解釈が、なぜか元と異なる値になってしまっていた、と。

開発チームは、クライアント側の修正とサーバ側の修正の2案を用意しましたが、テストチームのテストを通した後、ハック的でその場しのぎなサーバ側の修正は反映せず、Appleのアップストア側のアプリを新バージョンに更新することで修正としたそうです。

記念すべきオーバーフローを最初に引き起こした対局がこちら

Hacker News やIT系のニュースで多く取り上げられたことで、「これまでの対局が21億回もある」という点がクロースアップされ、サイト的には良い宣伝にもなったようです。

via Hacker News

デルタ航空がオーバーブッキングで乗れない人数を最小に、しかもコストも少なく済ませている仕組み

ユナイテッド航空がオーバーブッキングの影響でベトナム系アメリカ人医師を強制排除した動画がネットで大炎上した事件をうけて、オーバーブッキングの話がニュースで多く取り上げられていますね。

航空会社はどこも、予約をしたけど乗らない人の率を予想して、実際の座席数より多めにチケットを売っています。乗らない人を除いたらぴったり満席になるのが一番儲かるので、ギリギリになるようにこの多めの予約(オーバーブック)を調整するのですが、たまにこの予想が外れることがあります。そうすると、満員から溢れた誰かは予約した飛行機に乗れなくなってしまうことになります。

今回のユナイテッドの炎上は、1. どうしても後の飛行機では困る人を強制的に選んで、2. 不十分な補償をオファーした上に、3. 警備員を使って暴力的に降ろそうとした、ことで発生した、(願わくば)特殊な事例だと思います。普通は、急いでなくて金銭やホテル等の補償が多ければ譲ってもいいという人が現れて、なんとか定員に収めて飛ぶわけです。(また、今回の事件は、搭乗させる前の段階で調整せずに、全員を飛行機に搭乗させてしまった後で調整しようとしたこともボランティアを得られなかった原因かと思います。一回乗っちゃって落ち着いてから降りるのは、よりキツイですよね)

ユナイテッド航空は、オーバーブッキングで降ろされる割合が比較的多い方

補償に賛同して他の便への振り替えに同意する人をvoluntary(自発的な)乗れない客、同意しないけれど何らかの優先順位の結果乗れない客をのことを、、「involuntary(望んでいない)搭乗拒否 」と言うようですが、アメリカ拠点の各航空会社で実際にこの乗れなかった人たちがどれぐらい発生しているか、という統計がありました。2017年3月のレポートの34ページに、2016年一年間の実績が載っています。

問題のユナイテッド航空は、表中の0.43が示すように、乗客100万人につき43名が、手を上げたわけでもないのに乗れなかった客ということになります。それに対して、同じような規模のデルタ航空は、0.10、つまり乗客100万人につき10名にしか、このような事に巻き込まれていません。実に1/4です。

# なお、ユナイテッドの炎上の後にソーシャルメディアで流れまくった、サウスウェスト航空のロゴに「私たちはあなた(客)ではなく競合をやっつけます」という非公式なジョークがありましたが、サウスウェスト航空の同じ統計は、ユナイテッド航空よりはるかに多いものでした。まあ、それでも警備員が殴って降ろしたりはしてないでしょうけど。

デルタ航空のシステム的な工夫

PBSの解説によると、デルタ航空は2011年から、とある仕組みの導入によってこの率を低く抑えた上に、オーバーブックから漏れた顧客への補償についても低く抑えることに成功しているのだということ。

その仕組みはというと、空港の自動チェックイン機やネットでのオンラインチェックイン時に、「もしオーバーブックで乗れなくなったとしたら、あなたは幾ら貰ったら協力したいと思いますか?」とあらかじめ訊いておく、というもの。

このシステムのおかげで、ゲート前に搭乗客が集まった時点で、デルタ航空は安く手を上げてくれる顧客のリストを持っていることになります。リストの上位から順番に呼び出して同意を求めていけば、たとえ「チェックイン時には$*00ドルならと言ったけど、気が変わった」という人が何人かいたとしても、どこかで必要な人数を確保できそうです。何しろ自己申告で本人が一回言っている額なのですから。

また、このやり方にはもう一つのメリットがあるそうです。他の航空会社のように、搭乗ゲート前で全員に対してボランティアを募集すると、それに対する客の温度感がお互いわかってしまいます。慣れている乗客なら、募集の様子からどれぐらい切実に席を開けないといけないのか(=どれぐらい高額の補償が出そうか)も推測できたりするのかもしれませんし、係員が元々「あと〇人の協力者が必要です」などと手の内をさらしている場合もあるでしょう。手がなかなか上がらないようなら、応募してもいいかなと思っている顧客たち同士が「もうちょっと様子を見ると金額はまだ上がるかもしれないぞ」などと牽制しあうかもしれません。それに対して、デルタのように個別にあらかじめ訊いておいた金額では、顧客側にはどれぐらいの補償を取れそうかという予測のための情報がありませんし、顧客間での協力も起こる余地がないので、全体としての補償のコストも低く抑えられているということです。

ボランティアの発見に掛かる時間も減らせるので、離陸の遅れも減るでしょうし、そもそもこのような喜ばしくない体験をする顧客の割合を少なくすることは、企業イメージの維持にも寄与するでしょう。何から何まで良い結果を生んでいるというわけですね。良い数字が実際に出ているのだから、他社も同様の手法を取ればいいような気もするのですが…

via Inverse

Drupalコミュニティが中心人物の一人をSM趣味を理由?に追放

Drupalコミュニティから広がって今議論となっている事件について、日本語の情報ではわかりにくいところがあったので調べてみました。

要点

PHP製のオープンソースCMS として人気のある Drupal のコミュニティが、長年のコントリビューター ラリー・ガーフィールド氏(Larry Garfield)をコミュニティから追放。背景に男尊女卑SF小説のファンコミュニティやSM愛好コミュニティへの参加があるということ。

個人の無関係な性嗜好でコミュニティから排除することに反発の声が上がっている。

登場人物・用語

ドリス・バイタルト氏(Dries Buytaert)

Drupalの設立者。

2016秋来日時の記事

個人ブログ

ラリー・ガーフィールド氏

ハンドル名Crell

バイタルト氏も突出した(prominent)と認めるDrupalコントリビューター。コミュニティ歴12年

Drupal 7のDBアーキテクト、Drupal 8 のwebサービスリーダー

Twitter @Crell

クラウス・プーラー氏 (Klaus Purer)

Drupalコミュニティメンバー。ガーフィールド氏が黒幕と見ている。

反地球シリーズ (Gorシリーズ)

ジョン・ノーマン氏による1966年から現在まで続くSF小説シリーズ。

エドガー・ライス・バローズの「火星シリーズ」に影響を受けた宇宙SFだが、特徴の一つとして男尊女卑的な価値観の強さが挙げられるということ。

今でこそ、SFやファンタジイやホラーの中で、かなり過激なセックス描写がある、なんてのも、それほど珍しくはなくなったけれども、このシリーズが出た当時は、「SFではなくSMだ」とか、かなーり本国アメリカで物議をかもしたそうだ。

手当たり次第の本棚

日本語への翻訳はシリーズの途中で止まっている。

ファンコミュニティでは、小説に影響を受けて「片手で拍手する」「”be well”という文で会話を切り上げる」などの奇癖があり、ガーフィールド氏もそれらを実践している。

Gorシリーズ公式サイト

1987年公開の映画 Gor – IMDb

時系列

2016/10頃 要登録のコミュニティ(登録者500万人)でガーフィールド氏が7年前に主人(D/)仲間の結婚式に寄せたコメントのスクリーンショットを誰かが外で流し始めた(ガーフィールド氏による推定)。

2016/10-11 複数のDrupalコミュニティメンバーから、Drupalのコミュニティ・ワーキング・グループ(CWG)にこの件での問い合わせが送られる。議題に上がるもCWG「問題なし」との結論。CWGはバイタルト氏へ報告。

11/24-27 プーラー氏、チェコのプラハで開催されたDrupalイベントIronCampでガーフィールド氏とこの件について(非好意的に)話す。

プーラー氏、前期のBDSMコミュニティサイトや同種の出会い系サイトに登録し、ガーフィールド氏の過去の投稿を探して記録し始める(ガーフィールド氏の推測)

1月 プーラー氏とガーフィールド氏、Google Hangoutで(非好意的な)会談。プーラー氏はDrupalコミュニティでの役職やリーダー的役割から降りることを要求。

2/24 バイタルト氏がガーフィールド氏に電話し、「プロジェクトの価値に反するところがある」という理由でDrupalプロジェクトを去るよう通告。(ガーフィールド氏は2/27のDrupalConに出ないことを期待してのことと推測)

2/27 メーガン・サニッキ氏(Megan Sanicki)から、「バイタルト氏との会話の結果、」DrupalCon イベントのスピーカーから外したとガーフィールド氏に伝える。

3/22 ガーフィールド氏がブログ記事「情報が多すぎる(TMI About me)」で公開反論。コミュニティが私生活の情報を基に自分を排除しようとしていると述べる。同時にSM愛好(主従関係の恋愛, hierarchical relationships)の趣味があり、BDSMのコミュニティとGor愛好家(Gorean)のコミュニティに所属し、特に規模の小さな後者で活発に活動していることも。

3/23 バイタルト氏がブログ記事を公開。「ガーフィールド氏の私生活を尊重して非公開で解決しようとしたが、本人が公開し議論もされているので」と。ガーフィールド氏がブログで述べた件が追放の原因ではない、決断のための証拠を広く公開することはないが、とも。

3/23 Drupalがコミュニティとしても声明を発表。こちらも「ガーフィールド氏の私生活や個人的な信条でカンファレンスから降ろしたわけではない」と述べています。
しかし判断の基となった秘密情報については、関係者を害するかもしれないので公開しない、と。

reddit の/drupalでの議論(400+コメント)

reddit の/phpでの議論(200+コメント)

3/23 Drupalコントリビューターの一人Mikkel Høgh氏(mikl)、Drupal Association への不信任をブログで表明

3/27 「Drupalイベントに昔『奴隷』を連れて来ていた」というreddit上での指摘にガーフィールド氏本人が回答しています。この自閉症の女性とは合意の上で主従関係にあり、家に住ませていた時期もあると。プログラミングに興味を示し、Drupalのパッチ書きも手伝ってくれたが内向的で自分ではコミットしなかった、とか、シカゴ周辺のカンファレンスにいくつか連れて行った、とか

また、ガーフィールド氏自身にもCWGがDrupalのボードメンバーに渡した「証拠」は共有されていて、そこにはバイタルト氏らがほのめかすような秘密の証拠は含まれていなかった、と。それら「証拠」とされる過去のネット上での書き込み等でも、実在の人物を傷つけたりするような行為はまったくない、と反論しています。

[追記 4/14]

4/9 バイタルト氏のブログ記事「Drupalコミュニティへの謝罪」。「BDSMなどのコミュニティに属する人が攻撃されたと感じていたら申し訳ない」と語り、今回の件はガーフィールド氏個人についてのことでしかない、と。

ガーフィールド氏の事件については特に新しい情報はありません。

4/10 同ブログの次の記事Drupalのガバナンスを進化させるための次の一歩で、1. バイタルト氏一人によって何かが決定されないようにすること、2. 「行動規範(Code of Conduct)」をもっと明瞭なものに直すこと、が宣言されました。このためにオンラインおよびオフラインでのミーティングを開催するとのことです。
ガーフィールド氏の事件については特に新しい情報はありません。

4/13 100人を超えるDrupalに関係する起業家・役員・コアコミッター、オープンソース開発者らが、サイト DrupalConfessions.org(Drupalの告白) を公開。バイタルト氏に対しての意見を述べています。寛容と非差別を求め、ガーフィールド氏の内心を問題とし、違法に収集した証拠を基に追放したことへの抗議集です。「前の二つのバイタルト氏のブログ記事で書かれた対策で問題が解決するとは感じられない」とも語っています。「バイタルト氏が協力しないならば、この中の相当数はDrupalコミュニティを永久に去ると考えてもらっていい」との言葉も。

(続報があれば追記します)

考察

バイタルト氏は、「ガーフィールド氏がブログで自己弁護したところではない何か他の問題を起こしている」ように書いていますね。しかし、証拠は被害者に迷惑が掛かるので一般公開できない、と。

しかし、一般公開しなくても第三者に検証などしてもらわないことには、何の証拠もなくガーフィールド氏を貶めようとしているだけと言われても仕方がないところもあります。

また、バイタルト氏は、Drupal コミュニティの方針としてGorの小説内の価値観を受け入れられない、などと述べているところもあり、フィクションの嗜好で他人を罰するという問題に陥っているようにも見えます。いろいろな趣味嗜好を持つ人もいるであろうプログラマー界隈でこれに反発する声が上がるのも仕方がないのではとも思います。

via Slashdot

Google Homeがディズニーの新作「美女と野獣」の頼まれない広告を流す

家庭用の音声アシスタントとしてAmazonエコーと競争中のGoogleホームですが、ユーザーが望んでもいない新作映画の宣伝を勝手に始められた、という話がネットに流れて問題となっているようです。

あるユーザーが撮影した動画がツイッターに上がっています。

「OKグーグル、今日の僕の予定は?」と語りかけると、時刻、天気予報、職場までの予想通勤時間、を話した後に、「ところで、ディズニー映画『美女と野獣』は本日公開です。今回は(父親の)モーリスではなくベルが発明家です…」から、ベルについてもっと知りたければ質問して、と続けています。

ユーザーがディズニーや美女と野獣について質問した結果話しているのではなく、今日の予定の後に勝手に宣伝を始めているように見えます。reddit では、これに不快感を覚えた人たちが議論しています。「Amazon Echo とどっちを買うべきかはっきりしてよかった」などというコメントもあります。

ITブログVentureBeatがGoogle社に問い合わせたところ、「これは広告ではありません。我々のパートナーをゲストとして迎え、彼らのお話をシェアしてもらっただけです」という返事が来たのだと。

VentureBeat によれば、現地の午後3時過ぎには今日の予定を聞いても美女と野獣については話されなくなったということ。また、消息筋の話ではグーグルとディズニーの間に今回お金のやりとりは無かったようだとの話も。

「お金が動いてないから広告ではない」とは思いませんが、テキスト検索の横に広告を出して儲けるのが本業の会社ですから、音声アシスタントの会話に広告が混ざってくるのもある意味既定路線なのかもしれません。近未来の家の中は多少なりともこんな感じになっていくのでしょう。

ウェブサイトの横に出てくる広告は無視できても、音声で喋られると無視は難しいし、購買行動に何らかの影響は与えられるかもしれないですね。

Googleがロシアのスパマーからɢoogle.comドメインを奪取

昨年末に話題になっていた、google.com の先頭の “g” が小さいけど大文字の “ɢ” に置き換えられたニセドメインに関する係争が解決しました

ICANNに委託された仲裁機関 Forumに掲載された採決は、この ɢoogle.com ドメインを使って世界中のサーバのログにURLを残し、アクセスを通じてマルウェアを配布しようとしていたロシア人 Popov Vitaly 氏から、Google 社がドメインを取得できる、という結論になっています。

採決はおりたものの、当該のドメインはまだ旧所有者の手にあり、アクセスするとGoogle社を批難するロシア語の主張が掲載されたページに遷移しますのでご注意を。

今回の場合、Chromeブラウザでは ɢoogle.com は怪しいドメイン名と判定されて、そのままではなく Punycode 形式で表示される仕様になっていたようです。他のブラウザでも同様の機構はあり、ブラウザで見ている分には騙されることもなかったのだろうとは思います。

しかし、今回仕掛けが見つかったサーバログの閲覧ツールとかアプリ内でドメイン名だけを切り出して表示するなど、そこまで親切なフィルタが無かったり効かない場合もあるので、この良く似た字を使ってなりすます行為も簡単には無くならないでしょう。

via Mareeg

「マラソン探偵」、有名フードブロガーのマラソン近道をすっぱ抜く

「ハーバード大で学び」「米ハフィントンポストにも寄稿し」「3万人以上のインスタグラムのフォロワーを持つ」24歳の有名フードブロガーが、ハーフマラソン大会で2位の好成績を収めたものの、ネットからの指摘によってコースのショートカットをしていたことが暴かれ赤っ恥をかく、という事件が起こりました。

問題のブロガー、ジェーン・セオ氏は、先週末19日に開催されたフォート・ローダデール・ハーフマラソン大会において、女性2位でゴールしました。

後半のタイムのあまりの加速っぷりに、ゴール直後に運営とも話し合いをしたそうですが、それも切り抜けて2位として表彰台に。当然ながら彼女はその写真もインスタグラムで多数のフォロワーに公開しました。

しかし、ネットでマラソンcheater(不正者)を見つけるのを趣味としているビジネスアナリストのデレク・マーフィー氏(Derek Murphy)は、この怪しげな記録を見逃しませんでした。

セオ氏の当日の記録は、最初の10kmのペースが 7:09分/マイル、残りの11.08km のペースが 5:25分/マイル、と、後半の方がずっと速くなっています。

セオ氏はレース後に移動スポーツの記録を共有するサービス Stravaにタイムを投稿しますが、その投稿はGPSによる走行記録がついてない手動投稿だというコメントがつきました。

しかし、午後遅くにはGPSデータがアップロード、公開されます。


(Strava screenshot via Marathon Investigation)

このGPSデータ上は、彼女の午前中のマラソンのコースに沿っており、またその各ポイントの記録(後半が加速した記録)にも合うものでした。ですが、マーフィー氏は、データに添えられた走行のケイデンスが、マラソンランナーのそれよりも自転車でのそれに見えると、セオ氏の過去のマラソンでのデータと比較しながら指摘します。

さらにセオ氏のゴール後の写真(調査のために、マラソン公式サイトから写真を購入してます)を拡大したマーフィー氏は、セオ氏が腕につけている Garmin の記録デバイスの表示から、彼女の走行距離が 11.65マイル(18.7km)と、ハーフマラソンの距離から1マイル以上足りないことも見つけます。

これらの一連の疑惑を指摘した記事を公開してほどなく、セオ氏のインスタグラムには不正をしたことの告白と謝罪が掲載されることとなりました。マーフィー氏の推測通り、レースの後にGPSをつけて自転車でコースを回ることで、不正の隠ぺいを図った、ともありました。

「気分が優れなくてついコースを省略してしまった」と謝罪の中で述べているセオ氏に対し、マーフィー氏は「気分が優れない人が、ハーフマラソンを走った午後に自転車で同じ距離を走り回れるものだろうか」「ゴール時の写真や表彰式での写真を見ても、調子が良くないとはとても見えない」と手厳しいです。

セオ氏のハフィントンポストへの寄稿は2015年で止まっており最近は寄稿してなかったようですが、皮肉なことにその最後の記事は「とあるレースでマラソン大好きになった私」”How I Learned to Love Running, One Race at a Time”というマラソンに関する記事

というわけで、とあるマラソン大会での個人の不正が一つ、正されたわけですが、それにしても興味深いのはこのマーフィー氏のサイトです。このサイトは、マラソン大会での不正を見つけて公開するという唯一の目的のために運営されているようです。

マラソン探偵の正体

マラソン探偵としてのマーフィー氏を紹介するNBCの記事がありました。先月のものです。

マーフィー氏がNBCに語ったところでは、ショートカット以外にも、ビブスをたすきのように次々と元気な人に回して好タイムを叩き出したり、追跡用のタグだけを足の速い夫に渡して同時にゴールしたように見せたり、市民マラソン大会ではいろいろな不正の手段がまかり通っているということです。

氏は趣味としてこのマラソン探偵をやっているようですが、サイトでは活動を支えるための小口の寄付を募っています。この寄付を使って、怪しいとにらんだランナーの写真を買うなどされている模様。

氏は昨年末のホノルルマラソンでも、通過記録が欠落していて、不自然な高速ペースで走り、好成績を収めている13人のランナーを抽出しています。

GPSや心拍系など多数のデータが公開共有されるようになってきたので、昔よりも不正をするのは難しいのでは、とも思いますが、それもデータにおかしな点がないかチェックする仕組みがあってのことですね。

個々の参加者を疑ってチェックするのはスポーツマンシップとはかけ離れた考え方かもしれませんが、ネットで称賛されたい、褒められたい、という動機で不正を考える「スポーツマン」もまた、増えていたりするのかもしれません。マラソン探偵の活躍する機会はまだまだ増えそうです。

via Miami New Times