「ラボ」カテゴリーアーカイブ

Amazonが「全員が時短勤務のエンジニアチームを作る」実験を開始

シアトルのテレビ局King5の報道によると、シアトル発の巨大IT企業アマゾンが、新たに週30時間勤務の社員だけで構成した「時短チーム」を作る計画を進めているということです。

この特別チームは、エンジニア、他の技術職、そしてマネージャーまで含めた全員が、週30時間働く時短社員となります。月曜~木曜の午前10時から午後2時までがコアタイムとなり、それ以外の勤務時間は各自が決めるフレックスタイム。

給与は30時間に合わせて減りますが、保険等のベネフィットは週40時間勤務のフルタイム社員とまったく同じものが得られます。

このプロジェクトにあわせた新規採用の募集イベントも開催されているので、採用の一環としての実験といえるでしょう。既にアマゾンで働いている社員がどれぐらいこのチームに移籍したりするのかはわかりません。

この実験には、優秀なソフトウェアエンジニアをIT企業が争って採用しているというアメリカの状況が背景にあるでしょう。フルタイムは働きたくない/働けないという優秀な人材をどうやって惹きつけるか、活用するか、ということでしょう。アマゾンの担当者は、特に「子供が学校に通っている労働者にアピールするでしょう」とコメントしています。

アマゾンはちょうど一年前の2015年8月に、ニューヨークタイムズに現役社員や元社員の「ブラック企業体質」の証言を集めた記事(日本語による説明)を書かれ、そのワークライフバランスの悪さが糾弾されたような企業でもあります。

チーム内の個人個人が違う勤務時間でも回るならもっと良いとは思いますが、チーム全員が同じ時間の時短勤務、というのも、チーム内で自分の勤務時間が短いことに気を使ったりしてしまうような人にとっては一つの解決法かもしれませんね。

King5によればアマゾンの全従業員数は27万人弱。30時間で働きたい人が一チーム作れるぐらい存在していても特に問題となるとは思えません。この実験が上手くいけば、アマゾンと採用を争う他のIT企業でも時短勤務チームというコンセプトが広まるかもしれませんね。

週30時間勤務

僕自身も週30時間、月・水・金の週三日勤務で働いて8年目になります。元々は自分のプロジェクトや副業をやるために会社と取り決めたものでしたが、その後子供を持つことになり、育児のもろもろについてもこの時短勤務を大きく活用させてもらってきました。

調査やブログという独立性の高い仕事をしているからこそできている面もあるので、ホワイトカラーといっても仕事の内容によっては時短でいろいろと難しくなることもあるでしょう。チームの全員が時短、というのは、チーム内の不均衡に起因する問題を減らせる可能性はありそうです。

そんなわけで、時短社員の自分にとっても、この実験の行く末は非常に気になるところです。

(image credit: Richard Stephenson CC BY 2.0)

今週末のスタートアップ・ウィークエンド東京の審査員を務めることになりました

Swtokyo_logo_gew
他の参加者とその場でチームを組んで、2日ちょっとで起業してしまおう、という世界的なイベントStartup Weekendの東京版Startup Weekend Tokyoが、今週末に東京・恵比寿で開催されます。
Startupweekendtokyoimage
今回、イベントの最後にできあがった新ビジネスの審査をするパネルの一人として参加させていただくことになりました。パネルにはソーシャルゲーム最大手Zyngaの日本法人CEO、ロバート・ゴールドバーグさんらもいらっしゃいます。
昨年の第一回のレポートがテッククランチjpに載っているので、イベントがどんな風かはそちらを読むのが一番良いかと思います。昨年は「プレ」で時間短縮版だったようですが、今回のイベントはきっちり土日フルで開発をする時間があります。

世界同時で、世界につながっているコンテスト

このスタートアップ・ウィークエンド東京は、先週末と今週末に世界各地23ヶ国で行われる同様のスタートアップイベントと連携して、「グローバル・スタートアップ・バトル」という大きなイベントとなっています。
Globalstartupbattlelogo
各国のイベントで最優秀賞を取ったチームのピッチ(売り込み)ビデオが集められ、その中での最優秀賞が決定されます。世界一になったチームはサンフランシスコに招待されて、シリコンバレーの著名な起業家や投資家らとのミーティングの機会が与えられるということです。
参加イベントの国・都市は以下。
レバノン ベイルート
ボストン
シカゴ
クリーブランド
ダラス
デトロイト
インディアナポリス
ポルトガル リスボン
ニューヨーク
ポートランド
シアトル
ブルガリア ソフィア
タルサ
ギリシャ アテネ
シリコンバレー
メキシコ チワワ
アイスランド
ロシア カザン
レキシントン
マイアミ
ブラジル サンパウロ
ミネアポリス・セントポール
そして
日本 東京

締め切り近し

金曜夜には始まりますが、まだ参加申し込み枠はあるようなので、今週末が空いている起業家・デザイナー・エンジニアは、参加を検討してみてはどうでしょうか? その場で作ったビジネスプランとプロトタイプから本当に起業してしまうこともあれば、同じチームかどうかにかかわらず、同じく起業を目指すパートナーを探すにも良いイベントとなるかと思います。

未踏プロジェクト畑PM・勝屋PM合同成果発表会のお知らせ

僕の上司であるサイボウズ・ラボ社長の畑がプロジェクトマネージャーを勤めている「未踏IT人材発掘・育成事業」の今期の成果発表会が7月24日(金)に開催されることになりました。

Mitouhatasitescreenshot_2

畑とIBMの勝屋さんの二人のプロジェクトマネージャーが指導した未踏プロジェクト6件の成果発表と、次に未踏プロジェクトや未踏ユースプロジェクトのプロジェクトマネージャーになるSun->グーグルの藤井さん、東工大の首藤さんを交えたパネルディスカッションが行なわれます。
懇親会の予定定員だけでも100名ということで、未踏に関わる人やソフトウェア研究者の大きな集まりになるのではないでしょうか。興味のある方はチェックしてみてください。

ですます調にします

ブログサーバの移転はいい機会なので、これから「である調」をやめて「ですます調」にしたいと思います。
4年前に会社ブログを始めた時は、会社なんだからお堅い感じでと思って「である調」にしたのですけれど、個人ブログ等を見ていただいてもわかるように、個人としては「ですます調」がぴったりくるし、「である調」で書くことがたいへんというか、自分自身と距離を置いて書いてるような難しさは感じていたんです。(それが良かった、ということもあるかもしれませんけど)

移転しました

サイボウズ・ラボのブログシステムの移転に伴い、アドレスが変更になりました。
RSSリーダー等で当ブログを購読されている方は、この記事が読めていればそのままでも問題なく読み続けられます。もしアドレスの移転に追随していないリーダーがあれば、お手数ですが再度この新アドレスから購読を行なってください。
過去のブログ記事は、ブログや各種ソーシャルサイトからリンクを受けているものも多いので、旧ドメインのまま残ります。