「工作」カテゴリーアーカイブ

Raspberry PiベースでNintendo DSサイズの超小型自作ハンドヘルドPC

サイズの形もタッチスクリーンもNintendo DSっぽい小型ラップトップを自作した@n_o_d_e_さん

DIY Nintendo DS sized pocket computer (Raspberry Pi)

制作動画では、i3ウィンドウマネージャーなど利用されたソフトウェアや、Raspberry Pi 2を以下に小さく分解したかとか、キーボードやケースの入手や組み立て、などが解説されています。

形がこれなので、Gameboy エミュレーターを入れた話とかも。

小さいとはいえRaspberry Pi自体が一台のコンピューターですから、PCを作ったというよりはケースに入れたとか周辺機器をくっつけたという事になるのかもしれません。しかしそれでも、個人でこういうのを作れるようになってきているのはすごいですね。

via reddit

音声入力自動タイプライター

Windowsの音声入力機能を使えば、喋った内容をメモ帳アプリに書き込むことは簡単にできます。でももっと「伝統的な」出力が欲しかったら?

Zip Zapsさんがユーチューブで披露したのは、話した内容を打ち込んでくれる、口述筆記タイプライターシステム。タイプライターの手前に設置された多数のアーム(というか機械指?)が、古き良きタイプライターのキーをカタカタと叩きます。

タイプライターの後ろ側にあるのは、リターンアームを動かして復帰改行をするための機械。タイプライターの時代には、自分で次の行に変えないと、同じ行に上書きして書いちゃいましたからね。

dictational-typewriter

タイプライター本体は何もいじってないということなので、設置の調整さえすれば、他のタイプライターでも使えそうです。

Windowsのほかに、Pololuのサーボコントローラ、Big Easy Driverのステッピングモーター、Arduinoを使っているそうです。

via Technabob

ルービックキューブを1秒ちょっとで解くロボット

動画で公開されています。

動画に出てきた数回の中では、1.019秒が最短。

機械で解く系の早解き競争も、だんだん力技な感じが強まってきましたね。コメント欄で指摘されていますが、この手のロボットで解くルービック・キューブは、速く回転できるように内側に潤滑剤を塗ったりしているそうです。

動画のタイトルにWorld’s Record とありますが、世界記録については申請中だと動画中で語っています。

ちなみに人間の記録は、昨年11月に動画が話題となったLucas Etterさんの4.9秒

写真から似顔絵クッキーなどが焼けるクッキー型を作ってくれる Copypastry

コピー&ペーストをもじってCopy+Pastry(焼き菓子)というクッキーカッターが、海外ハンドメイド通販サイトの Etsy で一個 $49.01(5490円) で売られています。

copypastry-cookie-cutter

copypastry-face-cookie-cutter

画像ファイルを受け取って、3Dプリンタで作っているそうです。ハンガリーのブダペストから発送ということ。

copypastry-dog

自分の顔のクッキーを焼いてプレゼントするのはちょっとどうかなと思いますが、結婚式で配るとか特別な状況ならこういうのもありかもしれないですね。

via Geekologie

平手打ちで起こしてくれる目覚まし時計を作ってみた人

シモーヌ・ギエーツさんの発明工作・slap(平手打ち)で起こしてくれる目覚まし時計です。

The Wake-up Machine VLOG - YouTube

物理的な攻撃を受ければ、単なるアラーム音などよりも起きられるような気はしますね。

動画では、回転部分に髪の毛が巻き取られてひどいことになったりもしていますが。

実用化に関しては、いかにして頬っぺたの場所を正しく叩けるかが鍵になりそうな気がします。

こちらは過去のギエーツさんの動画。

朝食を作ってくれるロボット

自動歯磨きマシン

via Tastefully Offensive