「技術者と英語」カテゴリーアーカイブ

effinという英単語の意味

そんな単語があることすら知らなかったのですが、とあるFacebook絡みのトラブルのニュースから知ることになりました。

問題が発生したのは昨年末、2011年11月なのですが、アイルランド、ライムリック州のEffinという村の人達が、出身地をEffinに設定しようとしてもできないという問題が発生していたそうです。Effin村のFacebookページを作る試みも、「侮辱的(Offensive)だから」と却下されました。

日本語のブログで書いてもあまり問題にならないと思いますが、いわゆるfで始まる4文字言葉、”f*ck”の動名詞”f*cking”から、”f-ing”を「エフーイング」と読み、それをもう一回アルファベットに戻して”effin”、これが、”f*cking”を婉曲に言うときの英単語、らしいです。へー。基の単語の意味からすると、「とんでもなく」とか物事を下品に強調する表現なんでしょう。

こちらが、「Effinを故郷として登録できるようにして」というフェイスブックページ。500人ぐらいの人が集まっています。

この騒動に乗って、Effinの歌を作った歌手も登場したとか。その動画でEffin村の風景を見ることができます。

その後、1月にはFacebookも態度を変え、Effinの使用を認めたということ。実在の地名なのだから当たり前ではありますが。

婉曲表現もOffensiveだ、とFacebookから認定されるぐらいにこの単語はキツイ言葉なんですね。オリジナルは海外のバラエティ番組でも「ピー」で伏せられていますけど、エフィンでも伏せられるんでしょうか。

via The Daily What

英単語の発音をYouTubeの動画で確認、聴くことができる辞書サービス

“How do you pronounce English words and use them?”は、Embed Plusの新サービス。英単語を入力すると、その英単語を実際に使っている動画の使っている場面を探してくれるという単機能の検索エンジンです。
Embedplushowtopronounce
ボックスに英単語を入れると、右側にYouTubeの動画が複数出てきます。クリックすると、その単語が使われている場所のちょっと前から再生してくれるので、その単語がどのように話されているかを確認できるというわけ。
Pronounceinmovie
例として“honcho”を入れると、honchoを使った動画が二本、提示されました。
単にその単語だけの発音を知りたければ、電子辞書やGoogle翻訳の再生ボタンで聴いたり、オペレーティングシステムや付属ツールでも聴けたりしますが、「どのような文脈で使われていて、前後含めてどんな発音になるのか」といったことが確認できるので身にもつきやすいかもしれませんね。

Yublin 主要単語600語を1,2文字に圧縮した短縮英語

カナダのJonathan Aquinoさんが新たに提案したのは、「一番よく使われる英単語600語を1文字か2文字で書くことにすれば、英語の文章はすごく短く、速く書けるんじゃないか?」というアイデア。これをYublinと名付けたそうです。
Yublindictionaryscreenshot
これは辞書の一部(全部はpdfでこちらに)。なるべく元の単語にある文字を残しながら、よく使われる単語を2文字以内にあてはめています。また、2文字以上短くならない単語はそのまま、600文字以外の単語もオリジナルのままというルールです。
肝心の例文が無いので、辞書をひきつつ簡単な文を書いてみました。

これはペンです : T is a pen.
英語を話せません : I cn sp English.
無料のランチはない: Th are no su hn as a zm lunch.

また、コメント欄からは、少し意図が違いますが、日本なら誰でも使ってる日本語変換IMEのようなものを英語でも使う、というツールや記事への紹介がされています。彼らはもともと思ったままのキーを打つだけなので、IMEのような発想が新鮮なのかもしれないですね。

100万単語目の英単語は「Web2.0」

以前ご紹介した、増え続ける英単語の100万個目が決定したようです。それは、

Web2.0

なんだかがっかりですね。
グローバルランゲージモニター社のプロモーションの一環、お祭りであろうということは前の記事でも指摘しましたが、それにしても今「ウェブ2.0」を持ってくるとは宣伝のセンスも無さすぎる、と思うのですが。
ちなみに、Web2.0と100万個目の英単語を争ったのは、999999番目がヒンドゥー語の「やったー」から英語に入ってきたジャイホー(Jai Ho)、No. 999998がネットのスラングで初心者のことを表すヌーブ(Noob)、999997個目がスラム街の子供達のことを指すスラムドッグ(slumdog)、などでした。その前は「クラウドコンピューティング」「スローフード」などの言葉も。
また、続く100万と1個目には、われらが日本語から持ち込まれた単語を含めた、経済的な津波(Financial Tsunami)が選ばれています。
via NetworkWorld

英語チャットを理解するための50個の新単語

「親が知っておくべき50個のインターネット単語」というタイトルでnetlingo.comが公開した50個の単語。

英語圏のウェブ、チャット、SMSなどで若者や子供に使われているという。「親が知っておくべきもう50個の単語」とあわせた中から、あたりさわりの無いものからいくつか紹介する。(リンク先のリストには卑猥なものや違法な単語も多数含まれている)

143

「愛してます」(I love you)。”I”, “love”, “you”がそれぞれ1文字、4文字、3文字だから

182

「あなたが嫌いです」(I hate you)。1は”I”に似ているから。8(eight)2(two)は”hate you”に発音が似ているから

459

これも”I Love You”。こっちは携帯電話で”I”, “L”, “U”の書いてあるキーを押すと4,5,9になるから

CD9, P911

どちらも「親が近くにいる」という警告

MOM

“Mom Over Shoulder”。「母親が肩越しに見てる(ので注意)」

LMIRL

“Let’s meet in real life”。「実世界で会おうよ」

NALOPKT

“Not A Lot Of People Know That”。「それについて知ってる人はそんなに居ないよ」

2nite

今夜。tonight

AWGTHTGTTA

“Are We Going To Have To Go Through This Again?”「もっかい最初から全部やらないといけないかい?」 たぶん、議論が堂々巡りになったときに使う?

BRB

“Be right back” 「すぐ戻るよ」

BRT

“Be right there” 「すぐ行くよ」

CWYL

“Chat with you later” 「後でまたチャットしよう=後でね」

E123

“Easy as one, two, three” 「(1,2,3と数えるぐらい)簡単さ」

C-P

“Sleepy” 「眠い」 理由不明。発音から?

J/C

“Just Checking” 「今チェックしてる」

LMK

“Let me know” 「教えてよ」

NM

“Never mind” 「気にすんな」, “Nothing much” 「たいしたこと無い」, “Nice move” 「いいぞ」のどれか

ROTFL

“Rolling on the floor laughing” 「床を転げまわってワロタ」 LOL(大笑い)の強いやつ

SO

“Significant other” 「大変重要な人=彼氏・彼女」

WFM

“Works for me” 「こっちでは動いたよ」

WTF, WTH

「なんてこった」

他にも、PAL, PAW, PIR, POSなど「親が見てる」、「親が近くにいる」系の略語が非常に多い。それから出会いに関する隠語も。

via Fox via Digg

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

英単語100万語の達成が近い

グローバル ランゲージ モニター社(The Global Language Monitor)によると、来月6月10日には英語の単語が100万個に到達するのだとか。

今GLMのサイトにいくと、カウンタが回っていて、999,456個となっている。

global-language-monitor-counter-screenshot.png

他の言語に比べて圧倒的に単語数が多くなったのは、いろいろな言語から単語を取り入れてきたからだということで、最近は特にアジアで生まれた英単語が多いらしい。ここのところでは、98分に一つのペースで新しい英単語が生まれているのだとか。

ネットなどに登場しているけれどまだ英語の単語と認められていないものの中には、

  • ネットゲーム等で初心者を表す “noob”(ヌーブ)
  • ソーシャルネットワークで友達関係を解消するという “defriend”(デフレンド)/”unfriend”(アンフレンド)
  • twitterでフォローをやめるという “defollow”(デフォロー)
  • 企業が環境にやさしいことをアピールする、という意味の “greenwashing”(グリーンウォッシング)
  • 景気後退時のファッションという意味の “chiconomics”(チコノミクス)
  • マネージャー業もこなすタレントの母親、という意味の “momager”(ママージャー)
  • 大企業に所属しながら起業を目指す “intrapreneur”(イントラプレナー)
  • 悩みすぎて出来た眉間の皺 “elevens”(イレブンス)
  • 多くに読まれて影響力のあるツイッターユーザ “twitterati”(トゥイッテラティ)

などがあり、このあたりが記念すべき100万個めの英単語となる可能性もあるのだとか。

何が英単語になったと認めるかは、このGLM社独自の基準で、メディアへの登場回数が25,000回を超えたときに認定しているということだ。なので、違う基準では違う個数になるだろうけど、ある意味先に言って盛り上げたもの勝ちという側面もあるかも。

# 100万といえば、関係ないがはてな100万人おめでとう!

via “Noob” could be the one millionth English word

[参考]

ジャップリッシュってどうよ@タイムス – 今日の覚書、集めてみました グローバル・ランゲージ・モニターの2006年ニュース記事を紹介している

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません