「アジャイルメディアネットワーク」カテゴリーアーカイブ

「AMN読者アンケート」のお願い

当ブログも参加しているブログネットワーク「アジャイルメディアネットワーク」で、今年も読者アンケートが開催中です。
ブログ毎の結果集計もしてくれて、僕の方に結果がきますので、当ブログの読者のみなさまには5分ほどお時間をいただければ、たいへんありがたく思います。
AMN読者アンケート for 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ
よろしくおねがいいたします

AMN読者アンケートにご協力ください

当ブログも参加し、ページの上部や右側に広告が出ているアジャイルメディアネットワークで、各ブログの読者層を把握するためのアンケートが呼びかけられています。今回で3回目になります。

お時間のある方は、あなたがどんな人で、どんなサービスに興味を持っているか等、答えられる項目だけでいいので回答いただけると助かります。

第3回AMNブログ読者アンケート

このブログから回答いただいたアンケートの集計結果は僕の方にもいただけることになってますので、いただいた結果を参考に、今後どんなところを書いていこうか考えたいと思います。

よろしくおねがいいたします。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

アルファブロガー・アワード2008の推薦

bnr_aba2008_midflow_150_001.gif

アルファブロガー・アワード、今年は記事で投票するということで、昨年何を読んで感動・感心したかを思い出そうとしたけど、なかなか難しいね。毎日たくさんのブログを読んでるけど、流れさっていったものは個別には思い出しにくいというか。

一人三票までなのだけど、とりあえず二本、思い出して投票したのでご紹介。

モノローグとしてのSBM / Rauru Blog

ソーシャルブックマークで半議論みたいなものを始めてしまい、それが人気コンテンツになる日本のネット文化について、どうしてそうなるのか(英語圏のソーシャルブックマークとまったく違ったものになるのか)ということが、明快に解説された、と思ったブログエントリ。

私たちは「子どもに触れさせたくない表現」に触れながら育った / H-Yamaguchi.net

ネットや携帯の子供向けフィルタリングに関して。大人は自分がもう一度子供をやることはないので、過剰な規制に走りたがると思うけど、我々自身はそんな過剰にフィルタされた環境で育ったのか、そうでないとしたら我々はおかしく育っているのか、という疑問を投げかけていて、面白かった。

あと一本は引き続き自分のブックマーク等をあさって思い出すことにする。

締め切りが2月8日と近づいて来ている。中間発表でこれまで多く推薦されたブログ記事が紹介されているが、「こんな釣り記事で賞はないだろう。もっといいブログ記事を見たよ」みたいに思った人は、2008年に感心したブログ記事を投票してみてはどうかと。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

アジャイルメディアネットワーク・読者アンケートのお願い

amn-logo.png

当ブログも参加している、タレントブログや政治家ブログではない、一般人ブロガーによる広告ネットワークアジャイルメディアネットワーク(AMN)で、読者層を知るためのアンケートが開始されています。

結果は、今後のAMN広告(このブログの上や右に貼られているもの)や、AMNが精力的に行なっているブロガー勉強会のテーマ選びなどに反映されるのではないでしょうか。よかったら答えてあげてください。

アンケート回答ページ

ちょっと項目多いかなと思いますが、書きこむタイプではなく選択式なので所要時間は3分ぐらいではないかと思います。

集計期間は

5月13日(火)~6月2日(月)

ということです。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません