「Android」カテゴリーアーカイブ

スマホの広告ブロックブラウザ Adblock Browser がリリースされたので試してみた

Chromeブラウザ用のアドオンとして有名な、見ているウェブサイトから広告を消し去ってしまうというAdblock Plus 拡張の作者が、iPhone や Android 向けに同等の広告ブロック機能を搭載したスマートフォンブラウザ Adblock Browser を正式リリースしたというニュースが入ってきました。

adblockbrowser.org-top

スマートフォンでの広告ブロック

パソコン版のブラウザではブラウザにちょっとした機能を追加する「ブラウザ拡張」機能がサポートされていて、ちょっと詳しいユーザーが拡張機能を追加でインストールして改造する、というのが一般的です。Adblock Plus拡張は自称「300万ダウンロード」ということで、ちょっと詳しいユーザが使うツールとしてはたいした普及率です。

その一方で、スマートフォンでは、単に閲覧する以外の機能はパソコン版に比べると抑えられていて、拡張機能を入れられるブラウザも少数派だったために、広告ブロック機能についてもこれまではそれほど利用されていませんでした。

しかし、AppleがiOS の次期バージョン iOS 9 上の Safari ブラウザに、広告ブロックを搭載できる機能を用意しようとしている、ということが少し前に話題のニュースとなっていたように、スマートフォンの利用者にも、広告を見たくないというニーズがあるのは確かです。広告によって閲覧体験が損なわれる度合いはもともとの画面が狭いスマートフォンの方が大きいでしょうから、要望が多いのも不思議ではありません。

今回の Adblock Browser は、Chrome拡張で既に定評のある作者が、OSレベルで対応しようとしているApple よりも先に、アプリとして出して来たということで注目されます。

iOS/Android 版ともに無料ということで、Android 版を入れていくつかの有名サイトを試してみました。

Yahoo! Japan

日本最大のウェブサイトヤフー。

まず スマホ版 Chrome ブラウザでの見え方。スマホ版では、もともとスクロールしない範囲に広告が出てないですね。

chrome-yahoo

こちらが Adblock Browser。

adblock-broswer-yahoo

ブラウザのUser Agentの判別か、スマートフォン版に直打ちでアクセスしてもPC版に連れて行かれてしまいます。広告枠についても、小さくてゴチャゴチャしてますが、PCで見たのと同じのがそのまま出ているように見えます。

asahi.com

asahi.com は、トップ下に(僕の環境では)Yahooのバナー広告。記事の後ろにもバナー広告

adblock-broswer-asahi-1

adblock-broswer-asahi-2

Adblock Browser では、これらの広告が消えて見えません。

chrome-asahi-1

chrome-asahi-2

ネタフル

個人ブログのサンプルとしてネタフル

Chrome ではトップページに(僕の環境では)Adsense と、記事タイトルの間にバナー。

chrome-browser-netafull-1

chrome-browser-netafull-2

広告が消えて、広告の上に書いてあった「スポンサードリンク」の文字だけが残る形に。

adblock-browser-netafull-1

adblock-browser-netafull-2

アメブロ

アメブロのトップに載っていたブログ。画面の下のバナーが一定時間毎に膨れて切り替わるというアグレッシブな広告。

ameblo-chrome-1

ameblo-chrome-2

Adblock Browser で見ると、この動くバナー、一瞬見えたりもしたけど消えてます。

ameblo-adblock-1

バナー広告が消えても、ブロガーの張ったクリックランキング的なブログパーツのボタンが多数残りますね。これらは広告という枠に入るのかどうか微妙ですし、海外製の Adblock アプリが対応できてなくてもあまり不思議ではないです。

ameblo-adblock-2

Chrome拡張もそうですが、数百万ユーザーといってもネット全体から見れば広告ブロックしているユーザーはごく一部です。また、広告ブロックしているようなユーザーは、もともと広告が表示されていてもクリックしない人が多いでしょう。

iOS9 の機能の件も、広告ブロックできるようなアプリを作れる、程度の話で、いきなりiPhone上のブラウザで広告がオフになるというわけではありません(そういう勘違いで煽ってたブログもあったみたいですが)。

そういう意味で、サイト運営側が脅威に思って何かしらの対策をするかどうかはまだわからないと思います。

Adblock Browser

カテゴリ: Utilities, Productivity
言語: AR, BN, BG, CA, HR, CS, DA, NL, EN, ET, FI, FR, DE, EL, GU, HE, HI, HU, ID, IT, JA, KO, LV, LT, MS, ML, NB, FA, PL, PT, RO, RU, SR, ZH, SK, SL, ES, SW, SV, TA, TE, TH, ZH, TR, UK, VI
価格: 無料
バージョン: 1.5.2

開発者: Eyeo GmbH
公開日: 2015年9月8日
評価(全バージョン):
(451人のレビュー)
評価(現バージョン):
(12人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4

via TheNextWeb

Androidの「今週の無料アプリ」第2弾はヘアカット体験アプリ。300円のアプリが無料に

先週突然始まった、Google Play での This Week Free App (今週の無料アプリ)ですが、2週目になって別のアプリが無料提供されています。

2週目に無料で入手できるAndroidアプリは、ヘアサロンの美容師を体験できる子供向けの職業体験アプリ Toca Hair Salon 2

普通にアプリの提供ページを直接開くと、通常価格300円(3ドル)(実際にはドル建ての価格をその時のGoogle Play内部のレートで円に変換した金額)のままですが、

toca-hair-salon2-300-yen

「アプリ」から「ファミリー」カテゴリーのトップへ行き、「今週の無料アプリ」のバナーをクリックすると、0円インストールのダイアログが出てきます。

toca-hair-salon2-free

ここでアプリの紹介やレビューが読めないのは先週と同じ。インストール前に詳細を確認したければ、一旦アプリの単独ページを見に行く必要があります。

先週の無料アプリ Daniel Tiger Grr-ific Feelings はすべて英語でしたが、今週の Toca Hair Salon 2 は日本語も対応していて日本語のレビューもたくさん付いているアプリです。

Google社からの公式のアナウンスが無かったため、先週の時点ではこの「今週の無料アプリ」が本当に毎週続いて出てくるのか不明でしたが、どうやら続くようですね。また、1,2週とも「ファミリー」セクションで出てきたため、全ジャンルでのプロモーションではなく家族向け・子供向けのアプリのみのプロモーションなのかもしれません。

うちはちょうど小さな子供がタブレットを活用しているので、毎週有料のファミリーアプリが無料で入手できるのはとてもありがたいですが。

それがGoogle社の狙いでしょうけれど、週明けにGoogle Playをチェックするのが習慣になりそうです。

Google Playが「今週の無料アプリ」を開始。第一弾は知育アプリ Daniel Tiger Grr-ific Feelings

時限性でAndroidの無料アプリを入手できる、というとAmazonのアップストアが有名ですが、Androidを作ったGoogleの Google Play も似たようなプログラムを開始したようです。

google-play-family-this-week-free-app

今現在、Google Playの「ファミリー」アプリカテゴリーを表示すると、「今週の無料アプリ」というバナーが大きく出てきます。これをクリックすると、Daniel Tiger Grr-ific Feelings という350円(3ドル)のアプリが0円でダウンロードできるようになっています。(PC版のGoogle PlayでもAndroid上のGoogle Playでも同様)

google-play-discount

販売しているのは PSB Kids という、アメリカ合衆国の公共放送(PBS)の子供向けブランド。

daniel-tiger-android-screen1

さて最初の無料アプリ Daniel Tiger Grr-ific Feelings ですが、いくつものミニゲームを解いていくことで子供が考えて遊ぶというものでした。たとえば、路面バスを指で動かして指定されたマークを取りにいき、一つ達成するとクイズを解く、を繰り返すコーナーや、内蔵の歌を一緒に歌う、といったコーナーなどがありました。

全部英語で日本向けではないですが、日本からも問題なくインストールできました。とりあえず今日帰ったら子供にも遊ばせてみようかと思います。

Android Policeによれば、Google Playでは一度無料にしたアプリを有料に戻すことはできなかったそうで、この無料ディスカウントのオファーはこれまでなかった仕組みだとのこと。以前に10数個のアプリが一日限定謝恩セールで売られたこともありましたが、その時は10円(0.09ドル)だったと思います。

このDaniel Tiger Grr-ific Feelingsも、普通にアプリのページを開くと350円(3ドル)と有料のままで、特定のバナーから辿り着いた時だけ0円でインストールできるように見えます。

Google公式の発表が無いので、「今週の」無料アプリが来週からも続くのかはまだわかりませんが、単なる一回きりのプロモーションで「今週の」とは書かないような気もします。

もしこのようなキャンペーンが続くとすれば、無料で配った分は当然 Google がアプリ販売者に補填するのでしょうから、Google がAndroidアプリ界隈を活性化させるために本気を出してきたという可能性もあります。

via Android Police

Fairphone – 社会にやさしいスマートフォン

フェア(公平な、正しい)電話という名前の新しいスマートフォン Fairphone は、Conflict-Free (衝突・葛藤から自由な)なケータイと名乗っています。

fairphone-top

このFairphone、スペックだけを見ると4.3インチ液晶、クワッドコアCPU、両面カメラの、特に変わったところのない普通のAndroidスマートフォンですが、こだわりはスペックではなく、社会との関わりにあるようです。

fairphone-pitches

  • (紛争地域ではない)コンゴ民主共和国産のスズ・タンタラムを使用
  • 工場従業員の昇給や作業環境改善を意識した中国の工場で生産
  • 売り上げの一部を発展途上国の電子製品ゴミ回収に寄付
  • 将来は古くなったFairphoneの中古買取を計画
  • SIMの二枚挿しが可能 – プロバイダー選択の自由度や、発展途上国での長期利用に貢献
  • バッテリーは自分で取り外して交換可能 – 長期利用やリサイクルにもつながる
  • ルート権限開放 – 好きなOSを入れられる
  • 制作・コストの透明化 – 部品代や部品メーカーの内訳を出来る限り公開

ざっと見た感じ、既存のスマートフォンに対するアンチテーゼとしての存在を目指しているようです。

バッテリー交換をできなくして儲けを増やそうとしたり、発展途上国の劣悪な工場で子供まで働かせて作らせたり、独自の改造OSで他キャリアで使えなくしたり、といった既存の携帯電話の色々な問題点に不満がある人たち向けに、じゃあどんな電話だったらいいのか、というのを考えて組み立てていった製品なんでしょうね。

5000台の注文が入ったら生産を開始する、というクラウドファンディング形式で、既に2000台以上の注文が来ているようですね。社会貢献のところを差し引いても、SIM2枚挿しや最初からroot化されているところは面白いかなと。

価格は325ユーロ(43,000円(387ドル))、6月上旬までの注文で初回の注文を締め切り、この秋に届くそうです。残念ながら初回のはヨーロッパのみで販売ということ。

via Fairphone – Conflict-free Smartphone | FreshnessMag.com

スマートフォンのドックを3Dプリンターで自作し、データもウェブで共有

nexus-4-dock-by-3d-printer-2

グーグルのNexus 4には、置くだけで充電できるワイヤレスドックWireless Charging Orbの発売が予定されているそうなのですが、昨年の発表から未だに発売されていないそうです。

Wireless Charging Orbの発売を待ちくたびれたよ、というMicah Ganskeさんは、3Dプリンターでドックを自作してしまいました。その3DモデルをThingiverseで公開しているので、Nexus 4と3Dプリンターを持っている他の人も、ダウンロードすれば同じドックが手に入るというわけ。

nexus-4-dock-by-3d-printer

今のところ、ダウンロード数は20件。

待たれているオフィシャルのドックと違い、当然ワイヤレス充電機能はついていません。また、ドックにNexus 4を置いた際にUSBケーブルがスムーズに刺さるように、位置を調整して固定したり、ドックの安定感を増すために印刷したドックの下部に重りになるものを埋め込んだりすることも必要ではあります。

nexus-4-dock-by-3d-printer-3

ドックにNFCタグを貼ることで、置いたらアプリを起動するとかシンクさせるといったことも可能に。

スマートフォンを買い換えるごとに、(標準でついてないなら)ドックも買い換えないといけませんが、ドック自体は中に電子機器を満載しているわけでもなく、安定して置きやすい形であればいいわけです。今はまだ、3Dプリンターに投入する素材の方が高くつきそうですが、将来3Dプリンターが普及したら、小さくて輸送も簡単な接続部分だけを売り、かさばる残りは3Dプリンターのデータを配布(あるいは販売)する、みたいなことを公式が行ったりする時代もくるかもしれません。

実際、今回公開されているデータは、Nexus 4を裸で置く場合と、Nexus 4にケースをつけたものを置く場合の2種類のデータが提供されています。また、作って使う人が素材を選ぶわけなので、色や素材は利用者が自由に選べます。3Dプリンター向けのデータを公開することで、個々の購入者の違うニーズに細かく答え、大量販売で少量のバリエーションを提供している現在よりも、嬉しい未来が来るかもしれませんね。

via Free Nexus 4 Charging Orb (if you have a 3D printer) | The Verge Forums

[更新 2013-02-12] 元々望まれていたNexus 4のドック、発売開始されました。Nexus 4本体がまだ売られてないのでこちらも日本のGoogle Playからは買えませんが。

Androidの初代マスコットDandroid。あの緑のヤツ(バグドロイド)以前にもマスコットが居た事が明らかに

グーグル社員で、Android発表以前から開発者向け担当をしていたDan Morrillさんが、Android OSの一般公開前に使われたという、今の良く知られたBugdroidではない、別のマスコットDandroidsのデザインを公開しています。

red

これらのキャラクターは、2007年11月5日のAndroid OS発表前に、DanさんがInkscapeで作ったもの、だそうです。

green

グーグル社員向けの内部公開イベント(イベント名はR2-D2だそうで)でのプレゼンテーション資料に華を添えるために急遽作られたマスコットは、ダンドロイドという名前が付けられるぐらいのちょっとした人気を集めたものの、その後本職のデザイナーIrina Blokさんが作ったらしい今のバグドロイドが素晴らしく、短期間でマスコットキャラクターの座を譲ることになったのだと。

yellow

blue

ちなみにBugdroidはこちら。バグドロイドという名前があるのは知りませんでした。単に「Androidのマスコット」だと思っていました。

android_logo

「プロによるものではない」ということですが、これはこれで味があるキャラクターですよね。もしこれがAndroid公式マスコットとして世に出ていたら、Androidのイメージやコミュニティも、少し違ったものとなっていたかもしれません。

via The first Android mascots were terrifying | The Verge