「fun」カテゴリーアーカイブ

これがホントのドレスコード

柄に使われているコードはminify された Lodash らしいです。

redditによると、このミニスカートを含めた同ブランド monokai の服やグッズは naughty {gits] というオンラインショッピングサイトで売られていて、上のミニスカートは $44.95(4821円) ということです。

普通のスカート、タンクトップ、レギンス、等も同じ柄でありますが、パーティードレスは無さそう。

プログラマーの多いパーティーがあればウケるかもしれません。

ニュージーランドがない世界地図

blocks で公開されたスニペットMaps with New Zealand(ニュージーランドのある地図)は、ページの右下に常にニュージーランドを表示するというJavaScriptコードです。でもなんのために?

ニュージーランドのない地図(Maps without New Zealand on them) という名前の reddit 掲示板があり、ここではニュージーランドを描き忘れている世界地図の事例を、様々な人が報告しています。

「日本で見た」というのもいろいろと出てきます。

日本だって端っこの島国なので、仲良く両方ないケースも。

毎日のように投稿があるのがすごいですね。毎日世界のどこかで、ニュージーランドを忘れた世界地図が見つかっている。それぐらい忘れられている(笑)。

この reddit グループについてはBBCニュースも過去に取り上げています。このreddit掲示板を元ネタに、イギリスの街頭で人々に「この世界地図に欠けている国があります。さあどこでしょう?」というクイズを出す様子を伝えているのですが、とてもイギリスっぽい企画。

さらには、ニュージーランド政府自身のサイトで、存在しないページを表示しようとすると、エラーページとしてこんなのが表示されます。

「申し訳ありません。何かが足りないようです…」 一緒に表示されるのは、ニュージーランドのない世界地図…

忘れられることが多すぎるから慣れちゃっているのか、忘れられてしまうような遠くて小さな存在であることを逆に特徴として楽しんでいるのか。やたらに怒ったり抗議したりするのとは一味違う対応ですね。

via Maps Mania

ソースコードコメント – 引継ぎ者への警告


// Dear maintainer:
//
// When I wrote this code, only god and
// I knew how it worked.
// Now, only god knows it!
//
// Once you are done trying to 'optimize' this routine,
// and have realized what a terrible mistake that was,
// please increment the following counter as a warning
// to the next guy:
//
// total_hours_wasted_here = 25


// 引き継いだ人へ:
//
// これを書いたとき、なぜこれが動くのか理解してるのは神と自分だけだった。
// そして今、知っているのは神だけだ!
//
// このコードを「最適化」 しようとし、それがどんなに愚かな間違いだったか
// 気づいたときは、下のカウンタを増やして次の担当者への警告とすること
//
// ここで_無駄にした_時間 = 25

こんなコメントの入ったコードが回ってきたら嫌だなあ。

GitHub に、このtotal_hours_wasted_here が含まれるソースコードが結構あって、書かれてる時間も1から200超までいろいろとあるようです。

via QDB and reddit

1980年代のアマゾンがどんなサービスだったかを紹介する動画

「ワールドワイドウェブ(WWW)の不思議」という1980年代のテレビ番組で、当時の Amazon 社のサービスを紹介している動画が見つかったようです。

「パソコンで行けるデパート」であるアマゾンを使うのに必要なのは、モデムとインストールディスクだけ。

初回はお店のデータベースのダウンロードに、モデムをピーガーと言わせながら15分ほど掛かりますが、2度目からは1分以内に起動するそうです。

アマゾンのトップは、アドベンチャーゲーム風のエレベータ。買いたいもののカテゴリーを選ぶと、そのカテゴリーのページに移動できます。

各メニューのタイトルの一文字目がブリンクして、そのキーを押すと移動できる、というあたりのギミックも昔懐かしい感じ。商品の型番を手で入れないと見られないのは、マウスとリンクが当たり前の今の時代からみたらだいぶ不便そうです。

アマゾンといえばユーザーレビューは外せません。ちゃんとレビューを見ることもできます。ヤニー・ローレルさんはこのテレビが気に入らなかったようですね。

3:30 頃からは、アマゾンprime の紹介(あったんだ!)。送料無料やレンタルビデオ店で使えるクーポンの他に、音声応答サービス Alexa が紹介されています。

Alexa の番号に電話を掛けると、なんでも答えてくれるそうです。デモによると、掛け算の答えを訊いたり、今の大統領の名前を訊いたり(ロナルド・レーガン!)、モーニングコールを予約したり、テレビ番組がどのチャンネルでやってるかお訊いたり、音声でいろんな手伝いをしてくれるようです。

# Amazon の前身である Cadabra.com 社の創業は1994年、ウェブの登場は1991年です。念のため

via Laughing Squid

スマートフォン/タブレットが17台挿せるシャワーカーテン

タイトルですべてお伝えしきった感じがありますが。Amazon で本当に売っています

バスタブの中で体を洗ってしまう西洋式の風呂では、タブの外側は防水ではなかったりするのでシャワーカーテン重要ですね。そのシャワーカーテンに現代のながらスマートフォンのための機能を追加した感じでしょうか。

すべての透明ポケットはシャワーと反対側についているので、自然と防水となります。普通の人は17台も持ってないし一斉に使わないでしょうけど、サイズとか縦横とか見やすい位置とか、個人によって違う需要をたくさんポケットをつけることで一気に解決しようとした野心的な製品です。

米アマゾンでの価格は $24.95(2629円) 。類似の商品、で出てきた単なる透明シャワーカーテンは $6.5(657円) なので、あとの差額がポケット代ということなんでしょう。

「この製品が出る前はいったいどうして暮らしていたっけ?(You will wonder what you did before you had this.) 」と思うことでしょう、とは販売者の弁。

via The Awesomer

変形してテーブルにもなるドイツの棚

ドイツの German Smart LivingSWING Schwarz/Wildeicheは、棚⇔テーブルの変形家具。

普段は棚として飾りを置き、必要になったらテーブルにする、といった2通りの使い方ができます。棚に物を満載してしまうと変形もできなさそうなので、あくまで余裕のあるオシャレな使い方が必要そうではありますが。

狭い日本の家でこそ活用されそう。値段は599ユーロで、3種類の色があるようですね。

via DudeIWantThat.com via Geekologie