「fun」カテゴリーアーカイブ

ハットピン・パニック – 20世紀初頭の「帽子ピンで痴漢を刺しましょう運動」

安全ピンで痴漢の指を刺すのは正当防衛か過剰防衛か? という話がツイッターで盛り上がっていますが、同様の話がビクトリア朝時代のイギリス、アメリカ、オーストラリア等で100年以上前に発生していたそうです。

credit: Europeana Fashion

ハットピン(hatpin)とはこういうもの。大きな帽子を頭に止めておくために使われた大きなピン。19世紀中頃に、それまでの帽子紐に代わって、女性がより活発に動けるよう登場した長いピンで、大きな帽子を髪にしっかり固定するようになります。

その後、産業化に伴う公共交通機関の発達により、鉄道などで単独で旅行する女性が現れました。と同時に、単独で移動する娼婦以外の女性の扱いを知らなかった男性旅行者たちが、キャットコール、じろじろ見る、触ってくるなどのハラスメントをかましてきたと言います。

image credit: oukas.info

そんな中、帽子にハットピンを使っていた「新しい女性」たちは、ハットピンを武器にして、触ってくる男性に対抗したそうです。

1900年の秋には、(翌年にはアメリカ大統領となる)ニューヨーク知事セオドア・ルーズベルトの街頭演説で、自分だけ良く見ようとガードレールによじ登り視界を遮った男性に対し、「ハットピンで刺しな!」と後ろの女性たちから声が上がり、実際にハットピンで刺して追い払ったというエピソードが残っているのだとか。ルーズベルト知事はこれを「いかに勇敢な男でも、ハットピンを持つ腹の座った女性には立ち向かえない」と称賛したとシカゴ・トリビューン紙が伝えています。

しかし、1910年代になると、間違ってハットピンで刺したり、警官に逮捕されそうな女性がハットピンで逆襲したり、といった報道が増えてきて男性を危険にさらす可能性(女性の実害はさておき)、(現代でも根強く残る)「女性が誘っているのが悪いのでは?」論、などから、米国や豪州、欧州の各都市で規制、たとえばシカゴの「ハットピンの長さは9インチ以内」といったもの、が成立したのだそうです。

そうこうするうちに、大きな帽子自体が次世代の女性ファッション、ボブカットやクロッシェ帽子の流行に取って代わられてしまい、ハットピンが使われなくなったことから、ハットピンによる女性の逆襲も歴史の波に消えて行った、のだとか。

絵文字のナンバープレートが登場 – オーストラリア

オーストラリア・クイーンズランド州で3月から、絵文字入りのナンバープレートが購入できるようになったそうです。

プレートの番号は「アルファベット3文字 + 数字2文字 + 絵文字1文字」という組み合わせのみとなっていて、絵文字も5種類の顔マーク(大笑い・ウインク・サングラス・ハート目・笑顔)だけの選択という制限はあります。

サイトで希望の組み合わせを入れてみて、それが実際に使えるかどうかはボタンを押してチェックする仕組みになっています。先着順で誰かが取っているという理由や、番号の組み合わせとして不可なものがあるのかもしれません。

ナンバープレートの利用方法の一つに、事故を起こして逃げた車を特定するというのがあると思いますが、絵文字を含めて一意になってるとすると、目撃者はちゃんとどの絵文字か見分けついたりするんでしょうかね?

via news.com.au

Lookout -「スマホ見過ぎ問題」を解消する新コンセプト・スマートフォン

アレックス・コーネルさん(@alexcornell)が発表した新スマートフォン Lookout は、画面を見過ぎで目の前で起こったことを見てないという現代の問題を鋭く解決する可能性を秘めています。

Lookout のカメラは斜めにせり出せるようになっていて、スマートフォンが下を向いていてもレンズは前方を向くことができます。

カメラに映った前方の景色は、スクリーンの上方に常時表示させておくことができるので、スマートフォンから目を離さずに、前にいる人を見て会話することができるというわけです。コロンブスの卵的発想ですね。

テニスもドライブも観光も、スマートフォンで情報チェックしながらこなすことができる。このへんは動画を見てください。

「人々はスマートフォンを見下ろしてばかりだ、と批難されるが、問題なのはそこではなく、(スマートフォンから目線を切って)見上げる必要があったことにあるのではないでしょうか?」

Pythonによる自動化の結果、ニューヨーク中でタダメシが食えるようになったエンジニアの話

いかにして私はPython/自動化/AI/インスタグラムを使いニューヨーク市で無料の食事をできるようになったか(How I Eat For Free in NYC Using Python, Automation, Artificial Intelligence, and Instagram)という記事が面白かったのでご紹介。

ニューヨーク在住のデータサイエンティスト、クリス・ブエッティさん(Chris Buetti)が明かした、3万フォロワー超の人気アカウントを育てた秘密。

データサイエンス/ソフトウェア開発の知識、自由な時間とインスタグラムの知識があれば再現可能だといいます。

Instagramを育てる

Pythonスクリプトで、毎日、一日に数回、ニューヨークに関する写真をInstagram に自動投稿させます。ブログ主によると、Instagram の「発見」ページに掲載してもらうにはこれが大事だそう。一日も欠かさず、何週間も続けることで掲載されやすくなるそうで、ほとんどの人力Instagramer はこれで競争から脱落してしまうということ。

人気が出そうな写真を機械学習で選ばせる

投稿内容の画像ですが、当初は、他のInstagramユーザーの新着投稿から画像をスクレイプし、オリジナルへのリンクをつけて投稿していたそうです。

ニューヨークの写真を投稿している50人のInstagramユーザーのページをスクレイプし、写真だけでなくキャプションやイイネの数も保存します。

キャプションから宣伝目的と思われる文章、「購入」とか「限定」といったものがあれば外し、再生回数やイイネの数が多いものをフィルタすることで、質の高い評判を呼んでいる写真だけを選び取らせます。

また、コメントが投稿できなくなっている投稿については、写真を取り込まないようにしたそうです。コメント欄が閉じられている投稿は、リスクが高いと判断してとのこと。

当初はルールベースでやっていたこのフィルタを、さらに機械学習に置き換え、自分で目視で良い/悪いのデータセットを作ったりの手間も掛け、結果として「より人気を得る写真」のみを転載するボットが完成したということ。

他人の写真勝手に再利用するのは問題なのでは、と思いますが、スクレイプ元にリンクをして「問題があれば言ってくれれば消します」と書いておくと、ほぼ苦情は来なかったそう。

また、最新版のボットでは、他のInstagrammer の写真をコピーするのは止めて、ロイヤリティーフリーの素材サイトをスクレイプした画像を投稿するように変更したそうで、今後は著作権侵害だと言われるリスクも減らしているよう。こちらは十分な独自のフォロワーを確保した後だからこそ可能なのかもしれませんが。

コメントやタグを機械学習で作らせる

写真に添えるコメントは、当初、どんな写真につけても通用しそうな文章のパターンをリスト化し、それをランダムで出していたそうです。

例として「ここどこか知ってる?」「ニューヨークで好きなバーをコメントして!」「死ぬまでニューヨークを楽しめ」みたいなコメントが出ています。

次にクレジット。出典を示すことで画像を再利用したことへの苦情が減ると考えたのか、誰の写真かというのをコメントに書くことに気を配ったようです。まずは引用元のアカウントを書きますが、引用元のアカウントが撮影した写真とは限りません。そこで、引用元のコメントにあるクレジット情報を正規表現で抽出したり、写真にタグをつけたユーザー名を抽出したりすることで、可能性のあるユーザーを列挙しているようです。これも自動です。

写真をコピーされたことへの苦情どころか、「シェアしてくれてありがとう!」という反応すら来るようになったのだとか。

ハッシュタグは、一枚の写真に最大30個がつけられるそうです。知らなかった。そして、おそらく、良いタグをつけるほど広まるのにも有利なのでしょう。ということで、100個のタグ候補リストを作り、そこからランダムで30個を選びつけさせています。これも手動ユーザーにとっては面倒で徹底できないところでしょう。

また、公開後にはつけたタグとイイネの相関も調べて、人気がでそうなタグを探すということもしているとか。

成果を刈り取る

インスタグラムのダイレクトメッセージやメールで、「メインディッシュ無料にしてくれたらポジティブなレビューを投稿するよ」と提案すると、ほとんどのレストランが無料の食事やギフト券を確約してくれるそうです。多くのレストランではこういったプロモーションのための予算が取ってあり、あまりにうまくいったものだから友人や家族で手分けして食べに行ったりしたそうです。

現在は、レストランに売り込みして無料サービスを受け取るDMやメールを送るためのスクリプトも動かしているそうで、こちらも自動化達成されていますね。

さて、実際にどんな Instagram アカウントなのか気になると思いますが、@beautiful.newyorkcity がそれ。現在は3万人を越えたフォロワーがいるようですが、無料の食事にありつくにはこれぐらいで十分なのですね。

コメント欄はいつも同じような当たり障りのない事を、しかも何度も繰り返しているだけなのですが、多数のアカウントをフォローしている人は読んでないか、気にもしていないのかもしれません。「みんなが見てるよ。みんながイイネしてるよ」という状態が、さらに多くのイイネを呼び、それをプラットフォームが推薦することでさらに成長のスパイラルが加速していく、といったところでしょうか。

先週、『Instagramが「いいね!」数公開を中止を検討、群衆心理の抑制を狙う』という記事が出ていましたが、ソーシャルメディアのイイネ/Like の数は、今やこういった操作のターゲットになってしまっているのかもしれません。

via Eater

ブラウザのファビコンでライブストリーム

ファビコンでアニメーションとかは以前からあるネタなので、その延長にあるアイデアというか。ファビコンでカメラが映した映像を表示させるというプログラムです。

作者の方がツイッターに動画を上げています。

ウェブカムに向かって手を振ってる様子がわかるでしょうか?

自分で試したい場合、こちらのサイトをChrome/Firefoxなどで開き、カメラへのアクセスを許可する必要があります。

# Safari では動かないというレポートがあります

ソースコードはこちら。短いですね。

via Hacker News

ブラウザのアドレスバーをイコライザーっぽく

URL のハッシュ部分を書き換えることで、ブラウザのアドレスバーをグラフィックイコライザーにするというアイデアです。

これのソースコードがなんと2ツイートに収まるサイズ。

MediaDevices.getUserMedia()でマイクからの音声を取り込み、

動いた!

しかし、ブラウザの履歴がたいへんなことに!

replaceState()を使った、履歴が壊れないバージョンも提案されています。