ephemeral – AWS Lambdaで古いツイートを自動削除

1年半ちょっと前にノマド・フリーランサーとなったビッキー・ライさん(Vicky Lai, @hivickylai)が公開したのは、過去のつぶやきがひたすら溜まっていくツイッターを、最近書いたことだけが共有される場所に作り替えるスクリプト ephemeral 。しかも、AWS Lambda の無料枠で動いてしまいます。 ephemeralは「束の間、短期間の」といった意味の単語で、発信した内容が後で消えてしまうようなサービスを形容するのにもつかわれますね。共有した写真が消える Snapchat もそうですし、つい先日発表されたGmail の「自動消滅メール」機能なんかもエフェメラルと言えそうです。 ライ氏はブログ記事Why I'm automatically deleting my

Salieo – レスポンシブ・いい感じに画像を切り出し表示してくれるサービス

Salieo は、Javascript で画像ファイルから写真の重要そうなところを切り出して表示してくれるというサービスです。サイトのキャッチはinstantly, intelligently, responsive(即座に、賢く、レスポンシブに)となっています。 ユーザー登録してAPIキーをもらってみました。同じ一つの写真がこんな風に自動でクロップされて表示されます。 比較のため、スクリプトをオフにすると以下のようになります。横長でも縦長でも、元の画像がそのまま縮むので、車の形がゆがみますね。 # 物があるところをうまく切り出してくれる、ということなのですが、この写真はちょっと例には良くなかったかな。 ユーザー登録した上で、申請したドメインやURLパターンに合致した画像だけが変換の対象となります。変換できる画像の数や変換の回数によって料金が変わりますが、一番下の無料枠でも10画像、月25,000回までの呼び出しができるようです。 先行の類似サービスとして、imaggaやImageKit.ioが見つかりましたが、どちらも無料枠は無いようです。Salieo の無料枠もお試し用という感じの枠ではありますが、実際に試せるのはやはりいいかと。 これらのサービスを使えば、切り出しについて特に考えずに元の画像一つをアップロードしておけば、サイトで表示した時にその時の縦横比にあわせて動的にクロップされるわけです。あとは写真から重要そうな場所を切り出す判定部分の精度が良ければ、画像が表示される際の縦横比を固定しにくいサービス運営者からは、有料でも嬉しいサービスとなるかもしれません。 via Hacker

IDEA – イケアのマニュアル風にアルゴリズムを説明

IKEA の組み立て家具の説明書のような形式で、言葉を使わずにコンピューターの各種アルゴリズムを説明しようというサイト IDEA です。 もともとサンドル・フェケトさん(Sándor P. Fekete)が作っていたものに、セバスチャン・ムーアさん(Sebastian Morr)とセバスチャン・スティラーさん(Sebastian Stiller)が参加し、教師や学生、その他興味のある人が使えるように公開するようになったということです。 マージソート、クイックソート、ボゴソート、二分探索、平衡二分木、公開鍵暗号、一筆書き、グラフ探索、の8種類が、言葉を使わずに絵だけで説明されています。 元のアルゴリズムについて一度は学んでいないと、図だけで何のことかわからない、というものもあるとは思いますが、なんとか簡単に図でおさめようと努力された工夫が見て取れ、面白いものとなっています。 これらの図は、クリエイティブ・コモンズ4.0 by-nc-sa の条件の下で、改変したり配ったりして大丈夫だそうです。 via

Smash – サイズ無制限を謳うファイル転送Webサービス

Smash は、ブラウザベースの巨大ファイル転送サービスです。日本でいうところの GigaFile とか宅ふぁいる便みたいなサービス。 今風のデザインで、ファイルをドラッグするだけでアップロードできます。 個人は無料で、追加サービスやチーム利用でお金を取るビジネスモデルのようです。無料でも広告なしで、ファイルサイズの制限もなし、と良いことづくめのようですが、ファイルを扱うサービスでは当初Unlimitedと売り出しても後日軌道変更を余儀なくされる事例が多いので、さてどうなるか、というところ。 こんな感じでメール等でURLを送って相手に大きなファイルを送ることができます。 # 上のテストは7日で消えるはずです。 via

ゼロ幅文字にエンコードした隠し情報で、文書をリークしたメンバーを特定

とある会員制掲示板からの文書の流出に困った運営者が、ユニコードの見えない文字「ゼロ幅文字(Zero-Width characters)」を使って流出させたユーザーを特定した、という話が出ていました。 数年前の話、Tom さんが所属していた競技ビデオゲームのチームでは、ログインが必要なプライベートの掲示板を使って連絡していました。その掲示板に書かれた秘密情報や戦術に関する重大アナウンスなどがしばしば掲示板外のウェブにコピペされ、チームにとって大きな問題となっていたそうです。 外部ユーザーの攻撃で中身が漏れたというよりは、メンバーの誰かがコピーしているのでは、と考えた Tom さんは、当時気になっていたユニコードのゼロ幅文字を使ったトリックを仕掛けたそうです。 ユーザーを特定する情報を、見えない文字に変換して埋め込む ログイン中のログインユーザーのユーザーIDを、一定のルールによってゼロ幅文字の並びに変換します。そして、この文字列が、掲示板のコメントを表示する際に文章の間に埋め込まれるようにします。 コピー&ペーストされた外部の掲示板等を見ると、目には見えませんがそちらにもこのゼロ幅文字を組み合わせた文字列が含まれているので、そこから逆への変換を適用することで、コピーをしたユーザーのIDがわかる、というわけです。 GitHub 上で公開されたデモコードがこちら。動くデモがこちらです。 1 で入れたユーザー名が入っていないように見える2 のテキストをコピーすると、コピー先の 3 から、元のユーザー名が取り出せていますね。 データ列をASCII文字64個でエンコードすれば Base64 ですが、このデモでは 4種類のゼロ幅文字を使った ZeroWidth4 とでもいうべきエンコーディングですね。 元ブログ記事では、この手法を掲示板に組み込んで新しい情報を流したところ、数時間でコピーされた文章からユーザー名を回復し、流出者を特定できた、と語っています。 この場合はうまくいきましたが、この仕掛けを知った上で無実の他人のユーザーIDに書き換える、といった反撃も考えられるので、ユーザー名をそのまま組み込むとかではなく、改竄があればわかるような形にするのがより良いだろう、とも述べられていました。 自衛ツールの登場など この記事が広く読まれたので、Chrome拡張が早速登場。ゼロ幅文字を絵文字に変換して表示する拡張で、こういうのを入れておくと何かが埋め込まれているな、というのを見つけられますね。急いで作られたせいか、ユーザーが能動的にクリックしないと絵文字表示されないなど、実用するには今一つですが。 それと、英語のテキストでやってる分には問題ないですが、そもそも役割があって文章中にゼロ幅文字が含まれている言語もあるので、一律に除去したり警告したりするようなツールでは不十分だと言えそうですね。 情報を守る立場からすれば、このような追跡手法をいくつも持って仕掛けておくことは有用でしょう。 逆に、内部告発など悪事を暴く活動として秘密情報をコピーする立場から見れば、このような仕掛けがないかを確認したり、同定されないよう過剰と思われる情報を切り落とすツール等を使うなど、ある程度のリテラシーが必要となってきそうですね。 via

Ajax は難しい? AHAH ならどうだ

AHAH は Asynchronous HTML and HTTP の略で、Ajax の Javascript と XML の部分を素の HTML に置き換えた、Ajax のかけそばみたいなものだ。

AHAH (アハー、と読むのだろうか)は、Ajax の簡略版と言える。提唱者の主張するその特徴は、

  1. XML スキーマとか考えないことでデザインが高速にできる
  2. 現行の HTML を再利用でき、新たにウェブサービスを作る必要が無い
  3. すべてのデータはブラウザで見える形でやりとりされ、デバッグやテストが簡単
  4. HTML はページの DOM に直接埋め込める形で返されるので、パーズが不要
  5. HTML なので、デザイナが CSS で直接フォーマットできる。XSTLT でプログラマーが整形するよりいい
  6. 処理はサーバ側で行われるので、クライアント側でプログラミングは無い

サーバ/クライアント間のデータ転送を、無駄に XML や JSON などで行っているケースは、Ajax の利用ページの中でもそれなりにありそうだ。この AHAH のようなケースも、Ajax の一例と言ってしまっていいと思うが、もっと楽できるところは楽しようよ、という提言としての意義があるのではないか。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

銀座アップルストアで Goodpic さんの講演を聴く

第八回XML開発者の日 の懇親会も興味あったのだけど、夜は別の用事を入れていたのでそちらへ移動。隣の駅だったので歩いて移動したらちょうどよい時間だった。

いつもブログを読ませていただいている Goopic さんのブログで始める自分のための情報整理という講演。

XML 開発者の日では平田さんがお話され、夜の講演では goodpic 金子さんと上ノ郷谷さん(Hinagata の人。Six Apart に入社されているとは知らなかった)、と、Six Apart 社づくしの日だった。このブログも MT で書いてるし。

場所が場所で、一般の人も多そうだったので、講演の内容はブログに関する基本的な紹介が中心。MT + Bloglines + del.icio.us の組み合わせで情報収集してブログ書いてますよ、というお話で、これは僕もまったく同じ組み合わせなのだった。金子さんの del.icio.us の URL が紹介されたのがよかった。Bloglines で購読しようかな。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

第八回XML開発者の日

第八回XML開発者の日 に行ってきた。

メモは取ったのだが、すでに詳細なものが上がっているので略。そちらを読まれるといいだろう。

今回 REST と Atom PP がお題だった。ちょうど、サービスの API 公開はどうやってするのがいいのか、といったあたりをラボで調査していたため、他の人がどう考えているか、どのような選択肢があるか、といったことを聞けてよかった。

海外では Movable Type がそれほど圧倒的ではない、という話に驚かれている方も多かったようだが、Trackback を受け付けるブログがほとんど無い、というほど無いとは個人的には思えなかった。このブログでは引用元が海外のブログでも気にせずトラックバックを打っているが、日本ほどではないけどトラックバックを受け付けているところもそこそこあるという印象なので。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Google AdSense の新機能は電話との連動

via problogger

まだアメリカの一部地域でしか現れていないということだが、Google AdSense に緑の電話マークが出ることがあるらしい。Google のヘルプページにも、この Google Click-to-Call に関する説明が登場している

AdSense のリンクをクリックすると広告主のページに飛ぶわけだが、この電話アイコンをクリックすると、自分の電話番号を入力させられるようだ。電話番号を入れたら、広告主から自分宛に電話がかかってくる、という仕掛け。

電話代は Google 持ち、というか最終的には広告主持ち。自分の方には電話代はかからない。(アメリカの携帯電話は受信側もお金がかかるので、携帯で受ける場合はタダにはならないが)

この時入力した電話番号は、広告主に直接明かされることはなく、電話が終わったら Google のシステムからも消去されるとのこと。であれば、これを使って商品説明などを受けたからといって、そのあとしつこい営業が続いたりすることはない、ということになる。

最初に AdSense と電話という組み合わせをみたときは、てっきり Google Talk を活用してその場で話をするものだとばかり思ったが、通常の電話を使うものだった。

この Click-to-Call に対応できるのは、24 時間運営の電話センターを持てるような、よほど大きな広告主だけだろうとは思う。でも、今だってテレビや雑誌経由でフリーダイヤルに電話させようとする業者はたくさんいるのだし、ウェブからもその流れを確保する、という今回の新機能、目のつけどころはいいし、ネット外の既存競合に与える影響も大きいのではないかと思う。

あと余談だが、企業からコールバックさせる、ということだと、サイボウズ本社でもサポートにこんなメニューがある。必要な人に意外と知られてないみたいなので紹介しておく。

僕のような理系人間からすれば、メールサポートのほうが気楽だと思うんだけど、電話で話せることはメールやウェブサイトでの案内よりも高級なインタラクションなのかもしれない。サービス提供側の人件費からいえばもちろんそうなんだが。Google 検索やはてなの人力検索みたいなのを電話で代行受付してお金を取るサービスみたいなのも、今後富裕層向けに出ないとも限らないのかなあ。

[追記] 2006.10.08 「Google Click2Callはうまくいかなかったのでやめました」というエントリがGoogleの公式ブログのRSSで流れてきたと思ったら、すぐに消えた。続報によると、どうやら公式ブログが外部からクラックされて、嘘の情報を流されたということらしい。(公式ブログでの訂正情報)

最初にこのエントリを書いたときは、AdSenseのClick-to-Call機能、と書いていたが、AdWordsのClick2Callという呼び方が正式のようだ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

早くも RSS-SSE の実装例が登場

昨日紹介した新 RSS 拡張 SSE 、それほど難しい規格ではないとはいえ、発表の翌日に実装を出してくると目立つなあ。

AppleScript を使った、Max 用の RSS リーダー NetNewsWire の購読リストを SSE でエクスポートするツールが登場した。

実際にエクスポートされた SSE の例も公開されている。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

RTC勉強会第7回 Web2.0 参加

RTC勉強会 『Web2.0』 -ビジネスへのインパクト に参加してきた。

「ちょーちょーちょーいい感じ」の保田氏近江商人JINBLOGの上原氏が主催する勉強会。今回で第7回ということだが参加ははじめて。

技術者向けではない、と念押しされていたが、むしろ技術者以外の人は Web 2.0 喧騒をどう見てるのか興味があって参加した。会場は100人近くの人で埋まり、S:G比 (スーツ:ギーク比。今作った)は 8:2 といったところ。

Feed/Web2.0 について話したのはどこかで見たことのあるこの人。用があるとかで講演後そのまま去られたのが残念。

会場からの質問が、技術系の会合と色合いが違って面白かった。

また、最後の締めにおこなったグループによるディスカッションでも、いろいろと気づき、特にブログネタ方向で、を得ることができた。今回一番記憶に残った話は、RSS が溢れ出るネットになったときに、どうやって自分の RSS を購読させるか、という話で、現実世界での利益をインセンティブとして与えることでそれを実現する、というあたりがスーツ的発想でよかったと思う。それ以外にもアイデアの種的なものをいくつか貰ってくることができた。

名刺交換が苦手なので、会の後の大名刺交換会にはあまり参加できず。しかし前から注目していた芸能証券(発想が面白くて好きだ。芸能に興味ないので自分では遊んでないけど)の人やガ島通信の中の人と話ができたのはよかった。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

akky's work blog