Galaxy S8の虹彩認証、早くも写真で突破される

目のパターンを読ませて本人しか使えないようにする虹彩認証、自分の体でスマートフォンをアンロックできるのでとても便利そうな機能ですが、サムソンの新機種 Galaxy S8 の虹彩認証が、写真とコンタクトレンズで突破できてしまう、という検証動画が公開されてしまいました。 カオス・コンピューター・クラブ(Chaos Computer Club, CCC)なるグループが公開したこの動画では、誰もが手に入る道具だけを使っての再現方法が紹介されています。 正面写真の撮影は夜間モードで。 プリンターで印刷した本人の写真そのままではなく、上にコンタクトレンズを置いてます。レンズの球面が効いてるんでしょうか。 指紋認証の時も、寝ている人の指紋を型取りして、なんていうハックがあったかと思いますが。普通に正面から写した写真でアンロックできてしまうのでは、単体の鍵としてはあまり使えないかもしれませんね。認識の部分の改善に期待したいところです。 via

中世ファンタシーの城郭都市を生成するジェネレーター

小さな町から大きな都市まで、中世ファンタシーに出てくるような架空の町の地図を作ってくれるというジェネレーターです。 こちらは小さな町。城、市場、商人街、職人街、場外の農場、などが毎回違う配置で生成され、マウスのホバーで種別を確認できます。 大都市になると、為政者、貴族やスラム街などの場所も生成されます。 Haxe言語で動くOpenFLフレームワークで制作されており、今後も改良を続ける予定ということです。 via

AmazonエコーとGoogleホーム、友達になる

AmazonエコーとGoogleホームで無限ループ会話から半年、二人は友達になることができたようです。 https://www.youtube.com/watch?v=jsLGe00rIsU 人間 「OKグーグル、アレクサに挨拶して」 Google Home 「うれしいです。彼女に質問があります。アレクサ、私の友達になってくれる?」 Amazon Echo 「もちろん私たちは友達になれます。あなたはとても良さげに見えます。」 アレクサの答えがちょっと消極的ですが。 via

[動画] 年式が17年違う2台のカローラをぶつけてみた、という動画

ニュージーランド自動車協会(AA New Zealand)が公開した衝突実験の動画です。 1998年製のトヨタカローラと、2015年製のトヨタカローラ、同じブランドで17年の違いがある二台を、実験室でぶつけてみた結果を見せてくれます。2015年版はフロントとサイドにエアバックがついてます。 衝突は道で対向車線にはみ出したという想定の、オフセット前面衝突試験。その速度は64km/h 新しい方は、室内部分が潰れておらず、ドアも開けることができています。エアバッグが一番効いてるようですが、ダミー人形の映像を比べても、古いモデルの方では足の部分がまずい感じに見えます。 https://www.youtube.com/watch?v=zxDHuthGIS4 最近は10年以上の中古車でも調子よく走れたりするので、レンタカーを借りる時なども以前ほどは車の新しさにこだわらなくなっていたのですが、万一の事故の時のことを考えると新しい車の安全性の進化というのも無視できないようですね。 ニュージーランドでは自動車の平均的な古さは14年だそうで、古い車を大事に乗る人が多いんですね。「安全性は贅沢ではありません」という締めの言葉が印象的です。 via

ブログでチャット風の会話を表示するCSS

先日の記事「電話番号間違ってますよ」がどうしても信じてもらえない! 内で、チャットのやりとりを表現したかったので、フキダシ会話っぽく見える CSS を書きました。 WordPress の場合は、[外観]-[カスタマイズ]-[追加CSS]に貼りつけてください。特定のポストでだけ使いたい場合は .post-9067 とかを全部の前につけます。 アイコンの画像はこのCSSの中に URL を書き込んであります。別のアイコンにしたければそこを変えてください。 .akky_conv { padding-top: 1em; } .akky_conv li

Not Hotdog – 写したものがホットドッグかどうか判定してくれるiPhoneアプリ

iPhone 用の新作アプリ Not Hotdog は、iPhone を使うことで目の前の食べ物(物体?)がホットドッグかどうかを調べてくれます。 右の画像、ホットドッグのケースに乗ってますがホットドッグでは無いようですね。 判定結果はソーシャルメディアで共有することができます。実際に共有している人たちもいますね。 https://twitter.com/apblumenfeld/status/863966583269576704 https://twitter.com/wengjauod/status/863963726378151937 「なんだこれ?」と思う人も多いでしょうが、このアプリ、アメリカの起業ドラマ「シリコンバレー」シーズン4の中で出てくるアプリを実際にリリースしたもののようです。 https://twitter.com/eyekwasi/status/863955482674954241 https://itunes.apple.com/app/not-hotdog/id1212457521 via The

商用アプリ開発に関する PHP の利点と欠点

現在サイボウズ本社でいちばん使われているコンピュータ言語は、と訊かれれば、それは PHP という言語になるだろう。

PHP はそもそもウェブサイトを作るために開発された、目的のはっきりとした言語で、ウェブアプリケーションの世界では非常にユーザー数の多い言語である。PHP のエンジン部分を開発している Zend 社の調査では、インターネット上のウェブサイトの 20% 超は PHP で書かれているともいう。

また、PHP の言語としての文法は C 言語に似せて作られていて、C 言語風のスクリプト言語といえる。専門学校や大学などの授業で C 言語や C++/Java など C 言語に似た言語が使われることも多いため、比較的とっつきやすいとも言えるだろう。

そういった普及度からすると、PHP を多用することには、プログラマーが足りなくなったときに社外から人材を集めやすい、あるいは協力会社を探しやすい、という利点がある。

2年以上前から準備され、今回発売となったガルーン2 では、この PHP が大きな部分を占めている。それ以前は独自のスクリプト言語(Cybozu Labs 社長でもある畑の名前を冠した、Hata-Script である)を使っていた。これもまぁ、Office6 までのサイボウズ製品を見ていただければわかるように、軽量できびきび動く、いい言語ではあったのだが、やはり PHP のユーザベースの大きさというのは意味がある。

この変更では、内製も含めて様々なオプションが検討されたわけだが、サイボウズ製品の特性や技術者の確保のしやすさ、などいろいろな観点を総合し、PHP が選定された。

ただし、その選定の際には、満場一致ですぐに PHP を使うことに決まったわけでもない。(主に反対していたのは僕だが)

どんな言語も完璧ではありえない。PHP にも危惧されている問題点はあった。言語としての出来、や、インタプリタの安定度、リソースの消費量、処理の速度、利用できるライブラリの量や質、利用や配布に関する制約、などなど、について、問題があるかどうか、あるとしたらどう解決するか、解決法が現実的な対処であるか、といった事柄について多数の討論をおこなった。

そういった技術やライセンスの問題については一つずつ問題点をつぶしてきており、今のところ大きな問題点は残っていないと言ってもよさそうだ。僕自身は早い段階で CyDE2 のプロジェクトから離れており(==米国の子会社に帰った)、実際にそれらの改善を辛抱強くおこなってきたのは本社の開発部の面々である。

それでも残る問題は、一部の硬派プログラマーから、PHP は「初心者向けの言語」と思われていることにある。こればかりは、サイボウズの開発部ががんばるだけで解決する問題ではない。

まぁ、現在主流のバージョン 4、PHP4 では、言語としていいかげんなところや使いづらいところもたくさんあり、技術力のあるプログラマー達の多くが「一番好きな言語」とか「一番使いやすい言語」に選ぶ言語だ、とまでは言えないだろう。

「弘法筆を選ばず」というから、真にできるプログラマーならどんな言語であってもちゃんとした成果を残せるのかもしれない。しかし、実際問題として、そのとっつきやすさ、はじめやすさがかえって災いし、「PHP ができます」という人の中に「PHP *しか*できない人」も多い。

理想としては、どんな言語でもすばやくマスターでき、PHP インタプリタの挙動に疑問点があれば、PHP のソースまで遡って調査することも全然苦にならない、といった人がたくさん来てくれるといいんだろうな。ま、これは主に本社側の話だが。

サイボウズ・ラボでのこれからの開発は、必ずしもサイボウズ本社と同じ言語を使う必要はないため、たとえば PythonRuby のような言語を使ってもよいし、LispJSF/Java でもいい。それは入ってきた人が自分で先導して決めていってしまえばいいのだ。いまのところ、そのへんはまるっきり流動的だ。

むしろ、自分の好きな言語や環境について熱く語れて、まわりを引っ張って巻き込んでいけるような、そんな人であれば面白いし、僕もぜひその人からいろいろ学んでみたいものだ、と思う。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

成功する Web2.0 企業になるための 10 のステップ

成功する Web2.0 企業になるための 10 のステップ より。

  1. 利用者の問題をよく理解したうえで、最小単位から解決せよ
  2. 反応のよい、意見を言ってくれる利用者を獲得せよ
  3. 今すぐ公開せよ。明日公開せよ。毎日公開せよ
  4. データを配布しまくれ
  5. 利用者のデータを囲い込まないこと
  6. おどろくほど単純にせよ
  7. 無料でありつづけよ
  8. マーケティング費用は無駄
  9. 投資しすぎないこと
  10. どのサービスにも見るべき点がある

詳細は元エントリをどうぞ。いくつもの実サービスを例にあげて、成功したネットサービスに共通の要素を解説してくれている。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Google Talk 登場

Google の新サービスが水曜日に登場か で書いた、噂の Google 新コミュニケーションツール、やっぱりあったようだ。その名も Google Talk

ベータということだが、早速ダウンロードしてぶちこんでみた。Gmail のアカウントが必要ということ。入れるとほどなくログイン状態に。

Google Talk は gmail のアドレス帳と連動していて、検索窓に名前やメールアドレスを入れると過去に gmail でやりとりした相手がリストアップされる。相手が Google Talk を使っていなければ、使うための招待メールが送れる。

メールも IP 電話も、個人と個人を結ぶメッセージングツールという点では同じなので、gmail と共通アカウントにしてきたのはうなづける。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

ユーザ名簿とタグ(Folksonomy)機能

企業内のアプリケーションに関して、タグによる分類機能は助けとなるか? というブログ記事を見つけた。

サイボウズのグループウェアで言えば、たとえばユーザー名簿に「技能」のタグづけをできたとする。使われるだろうか?

全員が「私はこんなこと知ってますよ」「こんなことできますよ」というのを登録して、社内でわかる人を探せるようにする、というのは結構いろんな会社でやろうとするけれど、実際に大きく成功している、という話は聞かない。

原因のひとつは、そうやって質問や作業が依頼される人にとってのインセンティブ不足だと思われる。社内のいろんな人を助けても、自分の仕事をする時間が無くなるだけかもしれないし。

与えられたタスク以外の、そういった突発的な依頼への対応が、ちゃんと労働時間として評価されて、見合った報酬が得られれば、あるいはまわるのかもしれない。そして、そういうこまごました時間のやりとりを支援できるとしたら、それは IT の仕事なのだろう。

Experts Exchange みたいな Q&A システム(日本だったら はてな みたいな、と言うべきか)をイントラネットで運用する、というのもその一つの方法だと思う。誰が誰を助けた、という仕事の評価が、ポイントといった数値で見えてきて、その数値がちゃんと会社からの評価につながる(ここ重要。数値化しただけで何も起こらなければ、インセンティブが働かない)といいのかも。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Google の新サービスが水曜日に登場か

ニューヨークタイムズの記事によると、Google が新しい「コミュニケーションツール」を今週水曜日(日本だと木曜か)にリリースするとか。

このツールとは Google で長らく開発されているというメッセンジャーではないか、というのがこの記者の見方。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Google 的国際化と Yahoo 的国際化

Google 的国際化

最初から多国語対応した製品をつくる。
現地の事情にはあまりあわせない。
訳もいいかげんだったり、ところどころ英語のままだったりする
データが無い地域でも、とりあえず機能は公開(cf. Google Maps の世界地図)
とりあえず使い始められる

Yahoo 的国際化

一カ国版が熟成してから、コードを使って2ヶ国語目を作る
現地の事情にあわせた新機能を作りやすい
現地で現地人による開発なので、言葉は滑らか。完成度も高い
サービスがその国にこなければ何もできない

Share360 の失敗は、一つは Yahoo 的国際化にあったように思う。日本のコードをアメリカに持って行き、そこでアメリカ向けの英語版を別のチームで開発しようとした。

Yahoo ほどの体力や資金があれば、その手法でできたものは現地の事情に完全に適合した、よいものとなりうると思うが。

今回は、Garoon2 で採用した新フレームワーク CyDE2 のように、最初から国際化対応できる機能が日本にて開発されている。いわば Google 的な国際化の準備ができているという感じ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

akky's work blog