Map the Impact – アメリカ各地域の移民率や納税額、起業数を見られるインタラクティブ地図

ウェブサイト New American Economy (アメリカ新経済)の Map the Impact は、アメリカ合衆国の各州・各下院選挙区における移民の数や、移民がその地域の経済に与えている影響を記したインタラクティブな地図です。 たとえばシリコンバレー北側の地域14を選んだ状態がこちら。 Immigrants(移民)って、アメリカに住む人はほとんど移民じゃないの、という話もありますが、この地図においてはアメリカで生まれた人と、生まれた後でアメリカに来た人、という分類をしているようです。そして、移民の割合、移民が収めた納税額の合計、移民の経済消費規模、移民の起業家数、全区の中で移民の率が高い方から何位になるか、が表示されます。 シリコンバレー周辺のように、1/3から半分近くの人が海外生まれ、という地域もあれば、2-3%しか海外生まれがいない地域も中南部には大きく広がっています。 「アメリカに(行ったが|住んだが)こうだった」「差別に(あった|あわなかった)」という体験談一つとっても、行った州や地域によってその状況は様々でしょう。この Map the Impact の移民という切り口も、地域によって様々である政治指向や移民への姿勢を知るための一つの資料となるかと思います。 via Maps

ニューヨークタイムズ160+年分の一面を55秒で見せる動画

ニューヨーク、ブルックリンのデータ芸術家(data artist)ジョン・ベグリー氏によるたった55秒の動画は、1852年からの160年以上のニューヨーク・タイムズ紙の一面の変化を圧縮したもの。 5x9の45個並べられた一面が、猛スピードで切り替わっていきます。 最初は字ばかり、たまに図や絵が入るぐらいなのが、3分の1辺りから写真という飛び道具を得て、そこから長い間かけて写真の量も増え、やがて写真があるのが当たり前、となっていきます。 最後まで数秒のところで、カラー写真が登場。これもあっという間に毎日のこととなっていきます。 https://vimeo.com/204951759 via Technical.ly

友達のノートパソコンを消すイリュージョン

友達は本気でパソコンが盗まれたと思ってました。本当に慌ててた。 My friend truly thought someone stole her laptop. She was getting upset. https://www.reddit.com/r/funny/comments/5v7qlu/my_friend_truly_thought_someone_stole_her_laptop/ シンプルなイタズラですが、準備はたいへんそうですね。このテーブルは日常的に使ってるものだったのかもしれません。 via Tumblr 関係ないですが、redditのコメントも一年前から oembed

スマートフォン上の反射神経型リズムゲームを解かせる電子工作

Mihai Cosmin さんが作ったのは、iPhone 上のリズムゲームを解く専用ロボット。 遊ばせているゲームは、Don't step on the white block というスマートフォンゲームですね。 http://www.youtube.com/watch?v=3bnJvryfjkM スクロールしてくる白い部分を避けて、黒いところをタイミングを合わせてタッチすると点数になる、というよくあるリズムゲーム。 スマートフォン自身の耐久テスト・出荷テストや、ソフトウェアのテスト用にタップするロボットは既に存在していますが、それらは精度も高ければ価格も個人で買うようなものではないでしょう。 この動画中では、Arduinoとリレー、竹ひご、スポンジなど安価な材料だけで作られたロボットがゲームを遊んでいます。動画の後半では、ゲームスピードを300%,

Wikipediaを書き換えてコンサートのVIP席に「いとこ」として入り込む

マンチェスターで行われたバンド The Sherlocks のコンサートで、遅れて入ってよい場所が取れなかった10代の男性 Adam Boyd さんが、ウィキペディアを書き換えることでVIP席をゲットする、という事件が起こったようです。 本人がFacebookで戦果を自慢しています。 https://www.facebook.com/ad.boyd.7/posts/1372308422828844 So last night I went to see a

何が嫌いかで自分を語れよ! 嫌いで繋がる出会いアプリHater

2月8日にリリースされたiPhoneアプリ(Android版は開発中) Hater (=憎むもの)は、自分と似た相手を探すよくある出会い系マッチングサービスですが、(自称)世界初の嫌いで繋がる恋人探しサービスです。 2000個の項目の中から表示されるお題をLoveかHateでスワイプしていき、ユーザーの中から同じものを嫌う人を探して紹介してくれるということ。 (カーゴパンツは嫌い?) 2000個の項目には、たとえば、「ドナルド・トランプ氏」「グルテンフリー」「大麻」「冷蔵庫のものを直接食べる」「ソーシャルジャスティスウォリアー」「マンスプレイニング」など最近の新しいネット用語まで色々なものが揃えられいるようです。 好きなもの、興味のあるものを訊ねて似ている人を紹介する、というのはこの手のマッチングアプリでは常識的に備えている機能で、Hater はそこを逆張りして目立とうとしているところはあると思います。 しかし、New York Magazineによれば、社会心理学者Jennifer Bossonさんによる2006年の研究で、「初対面の人に会う時には、好きなものが同じ時より嫌いなものが同じ時のほうが相手との距離を近く感じる」というのもあるそうで、これが正しいとしたら共通の「嫌い」がある人と会えるというのも価値があるのかもしれません。 https://itunes.apple.com/jp/app/hater/id1183622232?mt=8 アプリを使ってみているYouTuberの動画 https://www.youtube.com/watch?v=Fq2gANk1oJk via New York

Bloglines にトラブル発生中?

Bloglines にログインしたら、自分の登録したフィードが全部消えてしまってるんだけど。。。。

と思ったらPlumber おじさんに切り替わっていた。データベースクラッシュだそうで。規模の大きなネットサービスはたいへんだなあ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

イベント + 地図 = 追っかけ支援サイト

EVMapper は、イベント名で検索するとイベントを地図上に表示してくれるサイト。

アクセスすると、サンプルとして エルビス・コステロの名前が入っているので、検索をかけると全米での彼のコンサート開催位置がわかる。自宅の近場のコンサートを探すもよし、全米おっかけツアーを組むもよし。

“Blog” で検索すると、 Blog 関係の催し物が出てきた。興味のあるアーチストや用語で検索してみると面白い。

各種イベント(コンサートやカンファレンスなど)情報を集積する EVDB.com と、Google Map API を組み合わせたもの。

EVDB のほうは、 meetup.com などからもイベント情報を収集しているようだし、API を公開して主催者にもイベント情報を登録することを奨励しているようだ。iCal や RSS も吐いている。

日本にもほしいねこういうイベント情報サイト。マイクロフォーマットで自動収集されるようになるのはまだまだ時間がかかりそうだし。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

regist という英語は無い

さて、サイボウズラボの立ち上げプレスリリースが出たこの瞬間、とりあえずこのブログを見に来る人も多いと思われる。そんなチャンスに、このブログを読んだ人、特に日本のソフトウェア技術者に一番訴えたいことってなんだろう? と考えた。

それは、日本人プログラマーだけが使う謎の動詞 registについてである。そんな単語は存在しないから、ちゃんと “register” を使おう。

出てくるのは日本語のサイトばっかりである。拡張子を”.jsp” や “.asp” にしても同様だが、とにかくこの「存在しない単語を使ったファイル名」のなんと多いことか。

register = 「登録する」 は、名詞でもあり動詞でもある単語だ。”-er” がついた単語は「○○する人」の意味のことが多いため、”er” をはずした “regist” が動詞だと勘違いしてのことだと思う。

これに比べれば、たまにスラッシュドット.jp や技術系のメーリングリストで話が出てくる、 warning や alt の正しい読み方なんて小さい問題だ。

この存在しない動詞 regist 、仕事でだけでも過去に3回見たことがある。そのうち一回は、”regist” を “register” に直すだけで1年半かかった。

あるプロジェクトに途中から入ったとき、外部への公開 API を読んでいたら、なんか違和感を感じた。登録用の関数の関数名 “regist” を辞書で確認してみると、そんな単語は無い。「登録」なら “register” だ。

天下の○○○が、間違った英語を API に含めて出してるのはまずいと思ったので、会議の際に議題にあげてみたのだが、どうも反応が薄い。「すでにその名前で呼び出している他のプログラムがあるので」とか、「関数名を変えてビルドすると全部再試験になるので」(そのプロジェクトには、自動ビルドとか自動テストという概念は無かった)とか、まあとにかくいろんな理由で、直さないという決定になったもんだ。

結局、regist を register に直せたのは、メジャーアップデートのタイミング、気づいてから一年半後だった。

ソフトウェア技術者として、英語は避けることができない要素だし、「名前重要」が身についているなら、常に書いている英単語が正しいかどうか、辞書でチェックすべきだろう。

今このエントリを読んで、「おお、そういわれると間違っていたかも」と思って自分の過去のソースをチェックしよう思ったなら、それが技術英語を身につけるための正しい態度だと思う。

正しい英語名をつけることに気を配っていると、その場その場では余計な時間が取られるような気がするだろうが、「英語で変数名や関数名をつける能力」は簡単に伸びるものなのだ。

帰国子女でもないし海外留学もしたことがない僕が、アメリカでアメリカ人に指示を出す仕事ができたのは、日本にいたときでもそういう細かい作業の積み重ねをしていたからであると思う。

とは言っても、辞書を引くのも適切な単語を調べるのもたいへんなことだ。アプリケーションやウェブサイトを使って、さっと簡単に調べるにはどうすればよいか、どんな道具を使っているかについては、次回に(いつか。すっかり忘れていた)述べたいと思う。

[2006-10-06 追記]

Googleのソースコード検索が出たので、“regist”を使っているソースを検索してみた。件数は3万件でるが、先のページをみても全14件しか出てこない(バグ?)。14件のコード中の署名などから、”regist”を使った人の国籍を推定してみたのが以下。

日本人 7人
不明 3人
フィンランド人 1人
スウェーデン人 1人
ドイツ人 1人
アメリカ人(カリフォルニアの大学、ということで英語ネイティブかどうかは不明) 1人

半数は日本人だった。圧倒的じゃないか。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

サイボウズラボのブログ開始

最初のエントリーということで、軽く自己紹介をさせていただく。

新しくできるサイボウズラボのプログラマー。2005年7月末まで、アメリカの子会社 Cybozu Corporation にて研究開発を担当。つまり、これを書いている時点ではまだアメリカ在住ということ。

得意技は英語での技術調査とビルド管理。一番好きな言語は Java。あと使えるというレベルではないが Ruby が気になってしょうがない。

Cybozu Corporation での「日本語製品の英語化、国際化」の経験についても、近いうちに書きたいと思っている。

以後お見知りおきを。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

3度目の父親育休から復帰しました。週3日勤務の社員ブロガーやってます