超大陸パンゲア上での日本の場所を特定できるサイト

イアン・ウェブスターさん(Ian Webster)の制作したAncient Earth globeは、太古からの地球の大陸移動をブラウザ上で閲覧できるというサイトです。 昔の大陸の地図に、今の国境の線が引かれていて、2億年前の大陸のどの部分が、今どの大陸や島になっているのか、というのを追うことができます。右上の検索ボックスにJapanなど地名を入れると、今その場所になっている当時の陸地の位置が表示されます。 # 学問的に今までわかっている範囲での予想、であることはもちろんですが キーボードの左右のカーソルキーで、年代を移動することができて、これで連続で切り替えていくと、大陸がどのようにわかれて、今のような大陸の配置になったのか、が見て取れます。 ウェグナーの指摘した海岸線の形の類似しているところの人には興味深い大陸移動説やパンゲアですが、現在の地名や国名から太古の昔の位置を見ることができると、世界のいろいろな場所の人にとっても興味を喚起することができるかもしれないですね。 via The

World Cup Calendar Blocker – ワールドカップの試合時間にフェイクの予定を入れるため(だけ)のサイト

World Cup Calendar Blockerは、サッカーの試合の予定時間に、適当に作られたそれっぽい用事を追加するためだけに用意されたウェブページです。 6月18日 19:00 イングランド対チュニジアの試合時間にあわせた「バザーでデイブの手伝い」というスケジュールを、ワンクリックで Apple, Google, Outlook, Yahoo

担当者を責める404ページ

emailcenter の 404 Not Found ページが英語圏の巨大掲示板 reddit で話題となっていました。 「この受け入れがたい失敗に関して、我が開発チームの誰かに罰が与えられるべきです」 というメッセージと共に、Lukeさん、Jamesさん、Martinさん、Chrisさんの4人の誰を責めるべきか選んでくれ、というボタンが出てきます。 誰か一人を選ぶと、 選んだ人に「おまえは解雇だ!」というメッセージと、うなだれた当人の写真に。選ばれなかった3人がいい顔してますね。 「彼は暇な時間がいっぱいできたから、クリンゴン語検定の勉強がはかどるね」と。ここのメッセージも選んだ人によって変わります。 # なお、このエラーページは responsive デザインで、ページ幅が少ないモバイル端末等では、このネタは表示されません。PC で見てください reddit のコメントで出てた、同じ種類の他の404ページも紹介します。 What Uni?

米ドミノピザ、くずれないピザのために道路の穴を直す事業を始める

Paving for Pizza (ピザのための舗装)は、ドミノピザがアメリカで始めたキャンペーン。 「道路の穴、ヒビ、凸凹などは、あなたがドミノピザを家に持ち帰る際にピザに修復不可能なダメージを与えることがあります。ピザの上のチーズが片方に寄ってしまったり、トッピングが落ちたり、ピザが裏返ってしまうことに、私たちは耐えられません。これらの悪路からピザを守るために、全国の街で舗装をお手伝いすることにしました。」 サイトのトップでは、路面の状態の4段階のひどさにあわせて、運ばれるピザがどのようなトラブルに合うかを、ボックス内カメラで撮影したものを見ることができます。 すでにプロジェクトは始まっていて、カリフォルニア州バーバンク、テキサス州バートンビル、デラウェア州ミルフォード、ジョージア州アセンズで、自治体と協力して道路を補修したそうです。 工事の車にドミノのロゴが。 直した個所にもロゴ。宣伝効果もあるのかな。ピザを運んでるドライバーからは見えないような気がするけども。 サイトから「自分の街も直しに来てくれ」と依頼を投げられるようになっています。この補修チームが直せる道路の量なんてたかが知れてると思いますが、本来自治体がやるべきだが予算が無かったりして荒れているところに、大企業が宣伝の形で手伝うという形、自社の宣伝をしつつ社会問題にも注目させるという意味ではいいキャンペーンなのではないでしょうか。 ピザのために道路を直す、という無理のある動機も、笑い話としてソーシャルで伝搬しやすいかもしれません。 via

ニュージーランドがない世界地図

blocks で公開されたスニペットMaps with New Zealand(ニュージーランドのある地図)は、ページの右下に常にニュージーランドを表示するというJavaScriptコードです。でもなんのために? ニュージーランドのない地図(Maps without New Zealand on them) という名前の reddit 掲示板があり、ここではニュージーランドを描き忘れている世界地図の事例を、様々な人が報告しています。 「日本で見た」というのもいろいろと出てきます。 日本だって端っこの島国なので、仲良く両方ないケースも。 毎日のように投稿があるのがすごいですね。毎日世界のどこかで、ニュージーランドを忘れた世界地図が見つかっている。それぐらい忘れられている(笑)。 この reddit

人が見ていると恥ずかしがってちゃんと動かないソート関数

Lynnさん(@chordbug)がツイッターで公開したデモがこちら。 https://twitter.com/chordbug/status/1005701513719754752 「見てる時だけちゃんと動くソート関数を書いてみた」 JavaScript で書かれた sort() という関数に配列を与えて呼び出しています。 カメラに正面から顔が映っている状態では正しくソートされた結果が返ってくるのに対して、横を向いたリ顔を隠したりした状態で呼んだ時には、結果は毎回異なる適当な順番になっています。 もう一つの動画もあって、こちらは逆に「見ていると緊張して正しくソートできない」関数のデモ https://twitter.com/chordbug/status/1005703638323429377 リプライでの質問に対して、Lynnさんはこのウェブページのソースコードを公開してくれています。 tracking.jsという人の顔を認識するライブラリのサンプルをベースに、顔が認識されている時のフラグを用意して、フラグがオンの時だけ正しくソートし、そうでない時はランダムに並べていることがわかります。 ブラウザのカメラ入力を許可し、JavaScriptコンソールで同じように sort()

SSE (Simple Sharing Extensions)発表 – 次世代 RSS となれるか?

via TechCrunch

SSE (Simple Sharing Extensions) とは、一方向の通知を実現する RSS に対して、最低限の拡張によって双方向の同期を実現するもの、ということらしい。

マイクロソフトの CTO 、Ray Ozzie が自身のブログでこの SSE 発表について解説している

このブログ記事によれば、SSE によって、家族間でスケジュールのアップデートを共有することができるようになるという。その際に、プライベートなスケジュール、共有スケジュール、公開されたスケジュールをそれぞれ適切な公開レベルのまま扱うことができる。スケジュールは一例で、アドレス帳の中の共有エントリなどについても同様に、個人アドレス帳アプリケーションの中から共有されているアドレスを更新すると、その更新が共有相手側にも伝えられてシンクロナイズするようなアプリが作れるという。

「あの」マイクロソフトが提案する仕様だが、ライセンスはクリエイティブ・コモンズ、具体的にはこれで、自由に使っても後でマイクロソフトから利用を禁止されたり利用料を請求されたりすることはなさそうなライセンス。

レイ・オジーは、RSS の持つ簡単さとオープンさが RSS を普及させたことを考慮した上で、SSE をできるだけ簡単な仕様に押さえたと書いている。実際に、ここ数週間で、マイクロソフトの複数の製品開発グループが、この SSE のプロトタイプ実装やデモを作成し、それらが相互に働き合うことを確認したそうだ。

また、RSS の父である Dave Winer にも協力を要請し、彼の要求で OPML のほうにもこの SSE を適用できるようにしたとのこと。デイブ自身のブログでも SSE について述べられている。

とりあえず彼らの売り口上を読んで、非常に気になっている。シンクロナイズ用のデータ仕様といえば、SyncML なんてのも前からあるわけだし、はたしてこの SSE のどこがすごい/簡単/普及しそうなのか、仕様書を読んでみるとしよう。

SSE 仕様書のドラフト(バージョン 0.9)はこちら

SSE に関する FAQ はこちら

# 最初みたときに思ったんだが、SSE といっても、Pentium III とかに載ってる、浮動小数点計算を早く処理するアレじゃないよ


追記: いちおう仕様書を読んだ。メモを末尾につける。ほんとに素の RSS を保ったままなので、この拡張情報を入れたとしてもこれまでと同じ RSS として問題なく動く(はず。いいかげんなパーザを使ってるところはダメかも)。その上で、RSS-SSE を解する複数のサイト間で、更新情報をシンクロナイズさせることができるということになりそうだ。

簡単とはいっても、扱う問題がこれ以上簡略化できないので、これをライブラリに落とすのは多少面倒そうだ。マイクロソフトは社内でいろいろ試しているから準備はできているわけだが、各スクリプト言語など向けのライブラリが揃って遊べるようになるのが普及への鍵かと。

カレンダーやアドレスの共有という点で、非公開にするための新たな仕組みがこの拡張の中に含まれているわけではない。RSS の認証については、これまで同様 RSS の下のレイヤで考えないといけない。


サイトA とサイトB が、お互いの SSE フィードを購読しあう。SSE フィードには、更新されたとか削除されたという拡張情報がつくため、各サイトでは相手サイトで行われた変更を取り込んで反映させることができる、ということ。 (仕様書 1.3)

SSE の拡張エレメント(2)

拡張がある場合のトップレベル要素 sx:sharing (2.1)。関連フィードを示す sx:related (2.2)。完全なフィードと更新情報だけのフィード(2.2.1)。外部を指す集約フィード(2.2.2)。更新を伝えるための sx:sync 要素(2.3)。更新時刻を時系列で保持する sx:history 要素(2.4)。更新情報 sx:update 要素(2.5)。

順序情報を気にしない更新と、順序を保つように動かなければならない更新がある (3.1, 3.2)

アイテムの新規生成(4.1)、更新(4.2)の流れ。複数サイトでの同時更新(4.3)と、どの更新を優先させるかのルール(4.4)。

オプション要素 sx:conflict による衝突の解決(オプション。 5)

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

ポールグラハムの Web2.0

暴れん坊ブロガー ポール・グラハムが Web2.0 について書いてきた。

ポールグラハムというのは、オンラインで書いたエッセイがハッカーと画家という本にもなっている。(たまには Amazon 以外のリンクでと思ったが、検索上位になかなか見つからない。競合他社はもっと SEO に力入れないといかんよなあ) 超辛口の Lisper だ。

彼による Web2.0 とは

  1. たまたま同じ時期に居合わせた Ajax
  2. 民主主義的な集合知
  3. ユーザーにひどい扱いをしない

の 3 つからなるもの。で結局のところ、つきつめればそれは Google がやっていることになる、と。

「del.icio.us や Flickr によるタギングの考えを推し進めて、リンクに使われたテキスト文を活用し、ユーザが他のサイトをどう評価しているかをグラフ理論を使って洗練していけば、ウェブ上の検索を改良することができますよ」、みたいな Web2.0 サービスを考えたなら、それは Google が前からやっていることだった、というオチ。

2004 年に開催された Web2.0 カンファレンスに、Geek などほとんど来てやしなかった(参加費が $2800 だもの)とか。このカンファレンス用に Tim O’Reilly がスーツを買ったとか。そんな話も面白い。あとは Google Maps の技術リーダーも他所から買われてきた人材だった、という情報へのポインタとか。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

CNET 検索サービスカンファレンスの海外レポート

CNET Japan Innovation Conference 2005 Autumn 次世代ウェブの検索サービスを探る (長い。。。)の報告がいろいろあがっているが、Search Engine Jounal も人を派遣してたようで、やたら気合の入った現地(東京)レポートがあがっている。

CNET Japan Search Conference Report

マイクロソフトのマーケティング戦略

日本におけるモバイル検索、ローカル検索

ヤフージャパン: ソーシャル検索メディア

アスクジーブス検索と Web 2.0

ブログセッション

グーグル・グローバル: オープンソース、API、ミッション

英語圏に日本の検索市場を紹介しようとしている記事自体が興味深いし、日本語での報告もたくさんあるため、比較して読むのも面白いだろう。特に参加した人からみれば、会場で語られていた内容がそのまま英訳されているわけだし。

# Blog Session のレポートで紹介されていた、ブログサービスとブログ検索によって “an extremely popular” な “Japanese portal”ってどこだと思う?
自分が普段触れていない言語圏で、どのサービスがどれぐらい有力か、現地の人にどれだけ知られて/使われているか、というのを把握するのもたいへんだろうなあ。そのポータルもがんばってるとは思うが、”extremely popular” ってことはないんじゃないかと思いつつ。。。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Google で購読ボタン/リンク

サイドバーに「Google で購読」リンクを追加


Google で購読リンクのジェネレータページはこちら

Google Personalized と Google Reader のいずれかに、指定したフィードを登録するためのボタンとなる。
画像を使わなければ、リンクだけになる。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

どっちの言語でショー

Web 2.0 Tournament で、ウェブ言語とかデータベースとかウェブサーバの比較記事へのリンク集みたいなものを作っている。

「Python と Ruby ってどっちを使うといいの」みたいな疑問が出てきたら、紹介されている各リンク先の記事を読んで、それぞれの強み弱みや比較のポイントがある程度見えてくるかもしれない。

比較記事が紹介されているのは、以下の対決。

ASP.Net vs PHP
PHP vs Python
PHP vs Ruby
Python vs Ruby
Python vs Ruby vs Perl
Ajax vs Flash
mySQL vs SQL Server
SQL Server vs Oracle
SQL Server vs Oracle vs mySQL
IIS vs Apache
Apache vs. Lighttpd
Web Server Cage Matches

「なぜ我々は PHP を捨てて Ruby に移行すべきなのか(例だよ例)」みたいな説得をする必要がある人は、手っ取り早くまとめがわかっていいのでは。

僕は各リンク先までは読んでないけど。比較が必要になったときに読めばいいや。

、、、といって結局読まないに一票。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

サイボウズ・ラボ入りたい、って言ってみるのもいいと思うよ

えー、上のヘッダ部分にも書いてあるが、サイボウズ・ラボではウェブエンジニアを募集中。ラボの華々しいデビューからはや3ヶ月。最近ちょっと応募数が落ち着いてきた。年の瀬が近いからなんだろうか。

詳細はここ

面接の時間も入れやすくなってるので、さまざまな手段でラボの誰かに連絡を入れていただければ。

単に様子を見に来てみたい人も歓迎。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

akky's work blog