絵文字でニュージーランドの観光地を検索する「#絵文字ジャーニー」

ニュージーランド航空のサイトで公開されたのが、絵文字で検索できる地図「絵文字ジャーニー」 検索ボックスには、日本語や英語のテキストではなく、列挙された中から絵文字を選んで入れます。たとえば「自転車 🚴」「ハンバーガー 🍔」「温泉 ♨️」を入れてみます。 すると、ニュージーランドの地図の上に、各絵文字でそのアクティビティができる観光地などが表示されます。 特定の絵文字をクリックすると、その場所の詳細が説明されます。地震がある国なので考えてみたら不思議ではないんですが、ニュージーランドって温泉いっぱいあるんですね。 https://twitter.com/FlyAirNZ/status/963929765609488384 via Maps

ファンタジー地図ジェネレーター

Fantasy Map Generatorは、架空世界の諸国地図を自動生成してくれるという JavaScript ライブラリです。デモページを開くと、リロードするたびに新しい大陸や諸島の地図が描かれます。 地形等は svg で生成されていて、拡大しても崩れたりしません。 デモ上でクリックすると、国・郡・町などを変更したり、表示のフォント・色を変えたりすることもできます。 地名は自動生成ではなく、namems.js に定義したものをランダムに出しているようです。 現在も開発中ということで、ソースコードはGitHubで公開されており、開発ブログでは海岸や河川の生成など、これまで作成したところの仕様や作り方などについても解説されてます。 昨年ご紹介した中世ファンタシーの城郭都市を生成するジェネレーターと併せて、TRPG

weepeople – 人のシルエットを表現したフォント

weepeople は、人の形をしたフォントセットです。 こんなかんじ。下は abcdeABCDE と書いて、この weepeople font を指定しています。(コピーして別の場所に貼りつけてみると確認できます) abcdeABCDE 利用例として、トランプ大統領が約束した雇用はどうなったか?というページが紹介されています。ここでは、雇用された人数を表すグラフのところで、このフォントを並べることで人数の多寡を示していますね。 アルファベットを並べるだけでグループや群衆を表現できたり、文字の装飾と同様に色やサイズを変えられるのは webページ上で使うには便利かもしれません。 ライセンスは Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 3.0 United States

雪玉の自動販売機

ミネアポリスの街中に現れた、雪玉を売る自販機。 https://www.instagram.com/p/BetVH8zBLx6/ https://www.instagram.com/p/BeyTPDBhLlW/ お値段は1ドル。 https://www.instagram.com/p/BeogHq2nm3D/ 一個ずつ丁寧に缶に詰められて、製造年月日も書かれてます。 https://www.instagram.com/p/Be0pWhmh3Ma/ こちらは工場でしょうか エスキモーに雪を売る、じゃないですが、寒いミネソタ州の冬に雪玉の需要があるとは思えません。だいたい、そのへんに雪積もってるんじゃないかと。 デジタル広告会社space150が仕掛けたものでした。 via Super

WordPressに喋らせる Amazon Polly プラグイン。読み上げ podcast 開設まで

Amazon 自身が音声合成サービス Amazon Polly のワードプレス用プラグイン Amazon Polly を公開したので、早速入れてみました。 インストールと設定 WordPress のプラグインディレクトリから選んでインストールすると、「設定」メニューに Amazon Polly が出てきます。 必要な権限を持たせたAWSのアカウントを用意して、以下の二つを設定。 AWS access key AWS

会社持ちの技術書・技術雑誌

できる技術者はよく勉強している。技術誌や書籍をたくさん読むし、月に数万円は技術本の購入にあてる、という人も多いだろう。

サイボウズ本社では、開発者陣のリクエストをベースに、雑誌や書籍を会社として積極的に購入している。むろん、会社の金であらたに雑誌を講読するからには、なぜそれが必要か、どんな役に立つか、は説明しなければならないが、だいたいの場合は希望が通るといってよい。

他社のエンジニアと話していると、とても名前の通った巨大企業であるにもかかわらず、会社のお金で雑誌や書籍を買うのは非常に面倒で、そのうえ上司や経理に嫌がられ、その結果として、なんでも自腹で買っている、という話を聞くことは多い。

技術書は、個人で何冊も買うには高いが、会社の人件費等に比べれば微々たるもの。書籍をちょっと参考にしたことで一日早く作業が終われば、コスト的にはおつりが来てあまりあるはず。

サイボウズラボでも、雑誌をどうしよう、という話に今なっているが、せっかくブログがあるのだから、どんな技術誌を購読すべきか、ということについてコメントで伺ってみたい。どんな雑誌がオフィスにあれば、あなたの仕事が楽になるだろうか? どんな雑誌をあなたの同僚が読んでくれれば、より理想的な開発に近づけるだろうか?

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

日本到着

日本へ戻ってきた。まだ真昼を経験してないけれど、夕方でも十分蒸し暑いなあ。

とりあえず携帯電話が必要なように思うが、会社名なども以前と変わっているし、携帯にもいろんな付加機能がついているようで、何をどう選んだものかよくわからない。基本料が安くて WWW にアクセスできて緊急時に pop server がチェックできればいいんだが。

早く住処も探して、全力で仕事できるようにしていこうと思う。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

それがサイボウズラボである必然性は?

景気が良かろうが悪かろうが、よい人材を獲得する必要性は変わらない。サイボウズラボでは、「日本でもトップクラスの技術者を集め、世界に挑戦する」ことを目標としているが、言うだけなら誰でもそんなことは言える。また、よい技術者を集めている会社もたくさんある。

では、あなたの技術力を高く評価してくれる会社が複数あったとして、なぜそこからサイボウズラボを選ぶべきなのか? 思うところを書いてみる。

現在の日本に、ソフトウェア製品で海外に打って出よう、という会社はどれぐらいあるだろうか?

僕が3年半前、できてまもない米国 Cybozu Corporation に転職したのも、ローカライズ(現地語にソフトウェアを移植すること)エンジニアのほとんどが、「英語から日本語」への翻訳を仕事にしている中で、「日本語から英語」という方向の開発が非常に珍しく、面白いと思ったからだ。

ソフトウェアでの「タイムマシン経営」というか、多くのパッケージソフトウェアはまず米国で普及し、その日本語版が半年から一年ほど遅れて出るのが普通だった。唯一ゲーム業界では日本発のソフトウェアがそれなりの地位を占めているが、PC 向け、ビジネス向けソフトウェアでは輸入品がほとんどを占める。

そんな逆風の中、米国に英語版を売りに行こう、という豪気さに感銘を受け、合流したものだ。

サイボウズ/サイボウズラボには、

– 会社に熱意がある。支えるだけの資金がある。
– 現役プログラマーでもある社長が、技術者中心の会社を作っていく。
– 日本で数少ない、世界に行く気のあるソフトウェアパッケージ会社である。

正直、できるプログラマーに取っては他の選択肢もたくさんある。技術で売っている会社としては、たとえば NaCl であったり、はてなであったりが存在する。(もちろん他にもあるだろう。上の二社は僕がすごいと思っている。特にこの会社がすごい、見習うべき、というのがあればぜひコメントで)

そういった技術指向の先輩会社からは学ぶところが多いし、チャンスがあればぜひ協同させていただきたい。ベイエリアにあるような、いろんな技術者が会社の枠を越えて勉強しあうような雰囲気を作ることができれば、と思う。まだ東京に居てすらいないのにこんなことを書くと偉そうだが。そして、それらの会社に興味があるような人には、ぜひサイボウズラボも検討対象としてみてほしいと思う。

ラボの問い合わせ用アドレスでは、どんどん質問を受け付けている。

僕は今米国支社の閉鎖手続き等で忙しく、ラボ開設の反響等を十分チェックできていないが、8月には東京に移る。興味があるし話を聞いてみたいが、いますぐ転職とか公式な面接とかはまだちょっと、という人がいたら、ぜひ秋元を指名して問い合わせアドレスから連絡してほしい。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

USB 経由での Windows 乗っ取り

eweek の記事より、USB ドライバ経由で Windows を乗っ取れる

USB ドライバをバッファオーバーフローさせることで、任意のプログラムを Windows に実行させることができる脆弱性が見つかった、というもの。まだマイクロソフトには報告が行っておらず、これが本当かどうかは確認されてないということだが。

USB メモリを挿しただけで破壊やデータ吸出しツールを送り込めるのであれば、外部からの訪問者や出入りの掃除業者などがちょっとした時間で PC を乗っ取ることができそうだ。スパイ映画みたいな話だが。

USB メモリによる企業情報持ち出しを防ぐために、USB ソケットを無効化するプログラムが開発された、というニュースを前に読んだ気がする。挿すだけで簡単に使える、という利便性が、管理側に新たな負担を強いているということなんだなあ。そして、その対策を事業にする人が出てくると。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Bloglines にトラブル発生中?

Bloglines にログインしたら、自分の登録したフィードが全部消えてしまってるんだけど。。。。

と思ったらPlumber おじさんに切り替わっていた。データベースクラッシュだそうで。規模の大きなネットサービスはたいへんだなあ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

イベント + 地図 = 追っかけ支援サイト

EVMapper は、イベント名で検索するとイベントを地図上に表示してくれるサイト。

アクセスすると、サンプルとして エルビス・コステロの名前が入っているので、検索をかけると全米での彼のコンサート開催位置がわかる。自宅の近場のコンサートを探すもよし、全米おっかけツアーを組むもよし。

“Blog” で検索すると、 Blog 関係の催し物が出てきた。興味のあるアーチストや用語で検索してみると面白い。

各種イベント(コンサートやカンファレンスなど)情報を集積する EVDB.com と、Google Map API を組み合わせたもの。

EVDB のほうは、 meetup.com などからもイベント情報を収集しているようだし、API を公開して主催者にもイベント情報を登録することを奨励しているようだ。iCal や RSS も吐いている。

日本にもほしいねこういうイベント情報サイト。マイクロフォーマットで自動収集されるようになるのはまだまだ時間がかかりそうだし。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

akky's work blog