Appleに「買った」映画を取り消されたユーザーの話が広まる

カナダのアンドレアス・G・ダ・シルバさん(@drandersgs)がツイッターでiTunesで購入した映画が消えた件についてのアップル社サポートとのやりとりを公開し、話題になっています。 サポートからの返答はツイートの中にスクリーンショットで埋め込まれているのですが、ダシルバさん本人の要約がついているのでそちらを紹介。実際のメールの文面はビジネスライクに(とても)丁寧なので、この要約内の言葉、特にAppleサポート側の言葉はダシルバさんの解釈であることは注意してください。(= Apple社は「そんなことは言ってない」と言うでしょう) ヘイApple、買った映画3本がiTunesライブラリから消えてしまったんだけれど。 はい。それらはもう観られなくなりました。ご購入ありがとうございました。うち2本はこちらでレンタル可能です! 待てよ… 何だって??/p> レンタルには興味ありません。映画を元に戻すか、返金してください。 あなたの気持ちは全く良くわかります… そりゃご丁寧に。でもね… ご存じのように、私たちはただの売り場に過ぎないんです。 売り場? ええ。お代はいただきましたが、何が売られたかについては責任を持ちません。そして、どんなものであれ、売り場で買ったものを所持し続けられるという保証はしていません。返金はしませんが。 なるほど… じゃあ、「購入」ボタンは意味がないのでは? 「Feelin Lucky?」とでも呼ぶべきでは あなたがハッピーでないのはわかります。レンタルチケットをさらに2枚差し上げましょう。 https://twitter.com/drandersgs/status/1039270646243414016 ダシルバさんは、「故郷のブラジルに居た時に聞いた、『店でステレオセットを買い、家に持ち帰って開けたら重い石が詰まってただけだった』という話と大差ないな」と続け、「埃をかぶったDVDプレイヤーを復活させるか」と締めています。 1万以上のリツイートがされ、同様の不満の声を上げる人も多いですが、「契約上確かにこれはそうなっている」とか「Google や Amazon でも似たようなもの」「映画や音楽をオンラインで『所有』できる、という考えが誤解なんだ」「『買う』ではなく『長期レンタル』ということだ」「映画を『ライセンス』しているが正しい」という指摘もありました。 # Amazon は2009年にユーザーの Kindle から買われた本を消したことで裁判まで行ってます。 Apple がコンテンツを買っている配給元が、カナダでの利用条件を変更したのが原因であり、実際Apple側に映画をキープさせる権利はなさそうです。ですが、一度は「売った」ものが使えなくなったのだから、返金は必要じゃないのかなあ。もし売り場の人が返せないとしても配給元が。 via

React.js – 「ブラックリスト」は人種差別?

「ブラックリスト」の利用は侮辱的である! The use of blacklist is offensive! #13604 という React のGitHub Issues におけるバグレポート。 報告者は、「人種差別的や、家父長的な背景のある用語を避けよう」という主張で、こちらのツイッターを引いています。 ブラックリスト → 否定リスト ホワイトリスト →

映画のワンシーンのような画像解析ごっこができるブラウザゲーム Enhance.computer

ENHANCE.COMPUTERは、ウェブブラウザで遊べるシンプルなゲーム。 Begin Investigationをクリックして調査を開始すると、ノイズが載った画像が右側に表示されます。 この画像のどこかに隠されたコードを、カウントダウンされる時間内に探し出すのがゲームの目的です。 コードを探すには、Zoom in/Zoom outで拡大縮小、Moveで上下左右に画像を動かし、「コードはここだ」と思ったらEnhance。ただ、この指示はボタンを押したりコマンドを入力したりではなく、画面(マイク)に向かって叫ぶことで行います。 こちらのツイートは、作者によるプレイイメージ。 https://twitter.com/nicolehe/status/1029721756049666048 元ネタは映画 多数の映画の中に、このような、誰へともなく指示すると画像から何かが見つかる、というシーケンスがあり、そのようなシーンをまとめた動画(Let's Enhance)もあります。主人公がEnhanceといえば、たいていの画像から手掛かりは見つかってしまいます。 https://www.youtube.com/watch?v=LhF_56SxrGk このENHANCE.COMPUTERを使うことで、こういった映画の主人公の行動を、自宅や会社でも再現できる、というわけですね。 via The Next

アメリカ50州の形をどれぐらい覚えているかクイズ

TIMEの記事で、尋ねられたアメリカの州の形をブラウザ上で書くクイズ、というのがありました。 「フロリダの形は?」と聞かれ、四角い枠の中にマウスで思い出した形を書きます。How Did I Do?(どうだったか?)ボタンを押すと、実際の形と重ねて表示し、A-Fでどれぐらい正確だったかを採点してくれます。 まあ、わからなかったら真四角を描いておけば、それなりに当たったりもするのがアメリカですけど。 予想した各州の形を集めた、マイ・アメリカ合衆国の地図をダウンロードすることもできます。こんな感じになりました。 日本地図ならもうちょっとマシになるかなあ via Maps

イギリスは「九九」じゃない。12×12までの掛け算を暗記する意味ってあるの?

小学校で習う「九九」、一桁同士の計算の結果表をそのまま暗記しておくことで、計算速度を早くする技術。説明するならそんな感じかなと思います。日本では9x9 まで覚えればいいことになってますが、この上限は国によって違うみたいですね。 イギリスや旧英植民地では、9x9 じゃなくて 12x12 までの掛け算表を小学生に覚えさせたりしているようです。「九九」的に言うなら「十二十二」ですね。イギリスの場合は9歳までに 12x12 までを覚えることとされているよう。また、インドでは 20x20 まで覚えさせられた、という話も見つかります。 掛け算の表を暗記すると、計算の時にどれだけ有利になるか Wolfram Alpha の12x12 の掛け算テーブルを覚える意味はあるの?というブログが、大きな数の掛け算の答えを暗記する教育に対して、数式を使った効果検証をしています。 ブログでは、掛け算の答えを暗記しておくことの利点を3つ挙げています。 日常の役に立つ (でも、12x12 を覚えて

Google Blog Search、手抜きじゃないみたい

Google のブログ検索がベータとして公開されて、いろいろなところで紹介されている。

Google はもともとすべての公開されているページをインデックスしてるんだから、対象をブログだけに絞った検索を作るのはそれほど難しくないはず。

ひょっとして、全検索からブログっぽい検索結果をフィルタしてるだけなんじゃないの? とか思って、普通の Google 検索で

サイボウズ inurl:blog OR trackback OR コメント

みたいな検索をしてみたが(かなりイイカゲンなオプションで申し訳ない。あくまで軽い実験なので)、Blog 検索で出てくる結果

Google Blog Search: サイボウズ

とはぜんぜん結果が違う。

やっぱりまじめにブログ検索専用のインデックスを作ってるのかなあ。

あと、検索結果の比較から気づくブログ検索の特徴は、

ブログ全体のタイトルと記事のタイトルを区別している

結果の青いリンクは記事のタイトル。下の緑のリンクはブログ全体のタイトルになっている。

普通の検索では、ページのタイトルをそのまま表示しているので、「ブログ名 – エントリのタイトル」のような結果が多いが、これを別々に把握している模様。

一ドメインから何件でも結果が出てくる。

普通の検索では、一サブドメインから最大 2 URL しか結果に出てこなかったのが、ドメインと無関係にいくらでも出てくる。

同じドメインで大量のユーザをホストしている、無料ブログサービスなどでは、何を書いてもなかなか Google で検索結果に出てこない、という不満があったと思うが、もしブログはブログ検索で探す、というのが定着すれば(ここ重要)、そういうユーザの不満は減るのかな。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

スクリプトの exe ファイル化ツールとそのマーケティング的意義

RubyScript2Exe という、Ruby スクリプトを Windows の .exe ファイルにするツールが出ていたのを見つけた。(Linux や MacOSX の実行ファイルにもできる)

この手のラッパーとしては、Java でも Exe4J, NativeJ, JexePack などいろいろある。JSmooth などは以前試したことがあるが、無料のわりに便利に使うことができたという印象がある。

この手のツールは、要するに、作成したアプリケーションと一緒に、アプリケーションを実行するためのインタプリタも一緒に配ってしまおう、というラッパー作成ツールだ。

たとえば、Ruby インタプリタや JRE などを zip ファイルとして同梱し、「任意の場所に展開して、○○.bat を実行してください」でも同じことは達成できるんだが、この「zip を展開し」とか「○○.bat を実行し」という手順の合間で、ぼろぼろとアプリを使ってくれる人は減っていく。

zip を展開したりバッチファイルを実行したりするぐらい、ソース持ってきてパッチを当てたり make を走らせたりするプログラマーという人種から見れば、ほとんど無きに等しい所作だが、アプリケーション、特に商用アプリケーションを作るのであれば、一般ユーザの視点に立って、アプリケーション起動までのステップ数をいかに減らすか設計していくことが重要だと思う。

簡単インストールに命をかけるサイボウズ製品も、あくまで .exe インストールやインストール後の自動起動にこだわっている。また、ウェブサーバがなければ同梱したウェブサーバを入れてしまうし、DBサーバについても、同梱(Garoon2)だったり内蔵(その他)だったりと、完結した「一つのアプリケーション」としか見えないように工夫を凝らしている。

JSmooth + Jetty + HSQLDB とか、 RubyScript2Exe + Lighttpd + SQLite とかをうまく組み合わせると、製品をより簡単に多くの人に届けることができるかもしれない。

# Ruby でかかれた DBMS ってあるんでしょうか? > Rubyist な方

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

アップルの動画配信サービス – iTunes 5 に隠された動画販売メニューから

iTunes Image Files Suggest Video Store で、iTunes 5 のバイナリを解析したところ、「ビデオを購入する」「ビデオをプレゼントする」「ビデオを追加する」というボタン名が、「保護された MPEG-4 ビデオファイル」と関連づいた状態で見つかったそうだ。

iTunes では 4.8 から動画再生機能が追加されているため、音楽に加えてビデオも販売するのではないか、という噂は流れていた。実際、音楽のおまけという形でフリーのビデオがいくつか提供されているらしい。

そして、音楽会社と音楽だけでなくミュージックビデオについての契約を進めているとの噂

また、iPod によっては、内蔵のチップ自体が動画再生機能を持っているという話も(iPod 用とは確定してないが動画再生機能のあるチップを購入という噂, 別の会社のチップ購入に関する噂)。

あわてて iPod nano の仕様を確認したら、iPod nano の液晶は小さい(1.5 inch)ながらもちゃんとカラー液晶だった。

ファームウェアのアップグレードにより、将来的に他のオーディオフォーマットにも対応可能

とも書いてあるし。(ここにあるのは「オーディオ」フォーマット、だけど)

以上から、

  • iTunes 5 のアップデートで動画購入メニューが on になる可能性
  • iTunes Music Store で動画が販売される可能性
  • 購入した動画が一部の iPod で見られるようなファームウェアのアップデータが出る可能性

が考えられるのではないか。それはつまり、iPod 向けの動画配信サービス開始、ということだ。

「iPodの仕組みを動画に応用できた者が勝つ!」と言ってる間に、もう動画配信は始まろうとしているのかもしれない。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Ruby Tシャツ

Rails の流行もあってなんだか勢いのある Ruby だが、RubyStuff という Ruby グッズのオンラインショップが、かなり挑戦的な Ruby Tシャツを売っているのを発見。

こんなんとか、
こんなんとか、
こんなんとか。

ま、面白くていいけど。

Java ファン(最近触ってないけど)としては、あえて Java 禁止シャツを着るというのも洒落てていいかもしらん。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Web 2.0 API リスト リターンズ

Web 2.0 API リスト で、Web 2.0 API というリスト を紹介したが、同種のものでカテゴリわけまでされているのが出てきたので紹介する。

The Wiki for Finding Web Service and Open APIs (ウェブサービスとオープン API を探すための Wiki) では、オープンなウェブサービスの API が 104個 (09/22/2005 時点)紹介されている。

各サービスについて、商用利用は大丈夫か、どんな制限があるか、利用条件へのリンク、お金がかかる場合の費用、といった情報も併記されている。

“Examples of sites using APIs” ということで、それらのオープン API を実際に使っているサイトの情報も併記されているため、各ウェブサービスの提供している機能がどんなものか、掴みやすいのではないだろうか。

カテゴリ別にわかれた中から、今回ブラウズして発見したのは urltrends 。URL を与えると、各検索エンジンでのバックリンク数などを教えてくれる SEO 向けサービスのようだ。これでサイトごとのデータを持ってきてリミックスすると、なにか面白い新サービスとか作れるかもしれない。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

マイクロソフトがグーグルに勝てない理由(2)

マイクロソフトが Google に勝てない理由 で、「ZDNet Japan にすぐ翻訳が出てくるだろうから中身の紹介は略」と書いたが、この Phil Wainewrite のブログは ZDNet Japan での翻訳の対象では無いようで、日本語訳が出てくる感じが無い。

その後も、この記事について言及する英語ブログは多かったので、元記事の内容を軽く紹介しておきたい。

Phil Wainewrite はこのブログで、「Google Desktop の新版や Google Talk は、(多くのアナリスト達が分析したような)デスクトップ市場への侵攻ではなく、インターネットにつながるデバイスの一つとして手を伸ばしているにすぎない」と主張する。

Google’s turf is the Internet. It’s not interested in devices that don’t connect to it — Microsoft is welcome to that market. It simply wants to extend its reach to any device that does go online.

Phil は、マイクロソフトの主戦場であるデスクトップが過去の市場となりつつあることを、5つの理由をあげて説明している。

マイクロソフト グーグル
リッチなデスクトップ体験を提供する リッチなインターネット体験を提供する
ユーザが2,3年ごとにパソコンを買い換えることにビジネスを依存している ユーザが毎日何か新機能が増えて無いか探検しにくることにビジネスを依存している
世界を「デスクトップ+インターネット」と見ている 世界を「インターネット+すべてのデバイス」と見ている
コンピュータを使って、個人が楽をできるようにする コンピュータを使って、皆と情報共有できるようにする
数年後に、まだ机で仕事をしてる人っているのかい?

Tim O’Reilly がこれを受けて書いたブログで、Tim は、Phil があげた中でも「2,3年置きの PC 買い替えに依存するマイクロソフト」という問題点について強く賛成している。

In the Web 2.0 era, software isn’t an artifact that someone buys, it’s a relationship between a customer and the provider of a service.

「Web 2.0 時代のソフトウェアは artifact (工芸品)ではなく、サービス提供者と利用者の間の関係性のことである。」と。

あるいは、彼自身が執筆中の Web 2.0 本での言い回しからいうと、「ユーザとのインタラクションを通して毎日でも変化していく、永遠のベータ版(the perpetual beta)である」と。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

akky's work blog