Aileen – 周囲のWiFiデバイスをカウントしてその場の人数を記録するツール

Aileen は、WiFi の電波から周囲にあるスマートフォンなどのデバイスを数え、記録するためのツールです。 WiFi がオンになっているデバイスのMACアドレスを使って、周囲にあるデバイスの数を記録し、時系列データなどをダッシュボードでまとめて表示します。(MACアドレスはハッシュ値のみ保存されます) Aileen は、利用者として NGO による人道的な活動を想定しているということ。たとえば、難民キャンプでの人の出入りや活動を見守る、といった使い方です。キャンプの中にいる難民の数の変化をより正確に計ることで、サービス提供側の人員計画などを立てやすくすることができるのだとか。 先月にはコードがオープンソースで公開されており、WiFi 情報を収集して利用するというセンシティブな目的に対し、正体不明の第三者のツールに頼らずに済むのが利点だということです。 また、難民キャンプなどでは常に安定したインターネット接続が使えるとは限りません。そのような利用シーンを考え、Aileen を動かすPC自体はインターネット接続が無くても動けるようになっています。複数台を設置してデータ収集している場合は、ネットに接続した時点で情報を送信するそうです。(ハッシュ化された個々のMACアドレスを送信するのではなく、集計した結果のみを送るそうです) 今月には、ギリシアのレスボス島にある実際の難民キャンプで、2セットが試験運用を開始しているそう。 難民といえども、今は普通にスマートフォンを持っているのだろうと思います。むしろ情報収集等のために無いと困るぐらいかもしれません。デバイスを持たない人もいますが、スマートフォンの存在から人数を計るというのは、人手を掛けずにすむ効率的な方法なのかもしれないですね。 日本に今難民キャンプはありませんが、プライバシーへの配慮がされていることや、オープンソースとして動作の仕組みが公開されていることから、NGO

ReplyASAP – 父が息子に作った、絶対返事させたい人向けメッセージアプリ

ReplyASAP は、スマートフォン向けの新しいメッセージアプリです。 このアプリを入れた状態で相手からメッセージが届くと、スマートフォンの画面がこんな状態になります。 読んだことを確認しない限り、他のアプリを起動中でも、音量をゼロにしていても、構わずに大音量が流れ、画面には相手からのメッセージが表示され続けます。 父が息子のために開発 ReplyASAP は、WhatsApp や LINE のような汎用的なメッセージアプリというよりは、家族間など近しい人の、ごく限られた状況で使われることを想定して作られています。 開発者はイギリスのニック・ハーバートさん(Nick Herbert)。彼は、息子のベンの中学校進学を機にスマートフォンを買い与えたのですが、息子に連絡を取ろうとしてもそれが気づかれないということが多々あったそうです。ベンはスマホでゲーム中かもしれないし、通知音を切っているかもしれない、さらに悪いことには、友達といる時に父親からの電話に出たくないのかもしれません。 しかし、どうしても連絡を取りたい時や、相手が必ずメッセージを読んだことを確認しておきたい時があります。そんな場合のために、とニックさんが開発したこの ReaplyASAP は、日常使いのメッセージアプリとは別に入れておく、緊急時のアプリというわけです。 アプリ詳細 Android 版がリリース済で、iPhone 向けは開発中とのこと。Android 版では、スマートフォンの設定がどうであっても音声を鳴らすことができるそうですが、iOS 版はそこまでの権限をアプリに与えることができないとかで、アプリがバックグラウンドで起動してないと強制的に音を出すことはできないそうです。 電話の電源を切っていれば、さすがに鳴らす方法はありませんが、この場合でも電源が入ったらすぐに通知が鳴り続けるそう。 送信者は、相手がメッセージを読んだかどうかや、相手の現在位置情報を知ることができます。これは相手が同じこの ReplyASAP

腕に巻く方式のフィットネストラッカーがトイレットペーパーの心拍数を検出

中国版ツイッターの Weibo ユーザーが「Xiaomi のフィットネスバンドがトイレットペーパーの心拍数を表示した!」という話が話題になっていたそうで、中国メディアの Abacus が実際に検証しています。 Xiaomi Mi Band 3 をトイレットペーパーに巻いたところ、 心拍数81と出てますね。 黄色いマグカップでも出る。 Apple ウォッチや Android Wear でも無生物の心拍数は表示されてしまうようで、シャオミのバンドだけが悪いわけではありません。 https://www.youtube.com/watch?v=wwhb3IFX_DM これらの心拍数チェッカーは、光を皮膚の表面に当てて、反射してきた光を解析することで脈拍数を調べているそうで、人の腕と同じように光を反射する物体については、間違って脈拍を計ってしまう、ということ。トイレットペーパーや黄色い陶器・バナナなどがそういう性質を持っているんですね。 via

Linuxのソースコードコメントからf*ckを消してhugにしようと提案するパッチが議論を巻き起こす

ヤルコ・サッキネンさん(Jarkko Sakkinen)がリナックスDRM開発者メーリングリストに提案した33行のパッチは、コメント中のfuckをhugに置き換えるというだけのもの。提案の変更箇所は以下となり、変更内容はたとえばこんな感じです。 In order to comply with the CoC, replace **** with a hug. Jarkko Sakkinen

NSFW画像検知APIの優劣比較

NSFW(Not safe for work = 職場閲覧不適)画像、わかりやすい言い方だとエロ画像ですが、画像を渡すとその画像がエロかどうか判定してくれる API というの、結構たくさんあるんですね。 なぜこの種のAPIに需要があるかというと、ユーザー投稿型のwebサービス運営において、広く見せられないような画像を投稿されることが運用の大きな障害となるからでしょうね。悪意のあるユーザーや考えなしのユーザーによって法に触れたりサービスのイメージが悪化するような画像を投稿され、さらにそのことがソーシャルメディアで喧伝されたりすれば、サイトの評判に関わります。 Facebook や twitter のような超大手なら、画像の判定もいくらでも内製できるでしょうが、そうでない小さなサービスでは、多少お金を払ってでも簡易に判定を外部に任せたいところでしょう。 …と、書いていたら、Tumblr が(おそらく Apple に

Ajax で WYSIWYG ウェブページ編集

今のところ IE でしか動かないが、またすごい Ajax アプリケーションが出てきた。inetWord がそれ。ウェブブラウザの上でうごくホームページビルダーのようなアプリケーションだ。

ページ全体はフレームで区切り、編集フレームの中を Ajax で操作させるわけだが、表も自由に作成できるし、画像には普通のクライアントアプリでおなじみの8方向のつまみが出て、拡大縮小やドラッグによる配置換えもできる。また、リンクやフォームの編集もできる。

アカウントを作れば作成したページを保存でき、他人と共有して共同編集をすることもできる。作ったページをそのままネット上の公開ページにすることもできるらしい。最初から用意されたサンプルテンプレートも豊富。

Wiki のような共同編集システムを、一般のユーザに使わせられるとすればこんな形なのかな。しかし、Ajax 流行りとはいえ、よくこんなもの作るなあ。やってることの複雑さを考えただけでげんなりしてしまう。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

ダン ギルモア氏出版記念講演 at Apple Store 銀座

9連休明けの最初の投稿は、Dan Gilmore 氏の来日講演について

銀座のアップルストアの 3F にて、今聴いているところ。Wireless が使えるようなのでリアルタイムでメモを残してみる。チェックしてないのでスペルがめちゃくちゃだと思うがご容赦。

– resigned SJ Mercury Jan, 2005
– now doing two things
– FT freelance column fortnightly
– journalism
– glassroots inc. status
– bayosphere site
– some other things

– former blog
lots of trolls
required valid e-mail address

not like ohmynews(korea), which involves professional team editors
bayosphere does not touch the posts to avoid us law
civil journalists have to sign a certain agreement

Q political activities permissions are different between US and
Japan, what can be applied described in We The Media for US

Q what is needed for blog becomes journalism

not all do not have to be.

Q what do you think about the potential of blog journalism?

great
could be equal to the mainstream journalism
bloggers will be able to file things which mas media can not find or take

Q will blog media overhelm magazines industry?

do not think so
most blogs’ value are for thier 15 close family and friends
magazines are very big industry supported by advertisement

Q what is going to happen on mainstream journalism by emerging individual journalism by blogs?
hope not diminishing
promlems is that their business models are under attack from new net services
newspaper depended on classified advertising
ebay, craigslist, judysbook(seattle), monster.com are erasing classifieds from newspapaer

Q are we able to have public journalism in Japan?
– better ask Japanese audience. raise your hand if you think yes.
(audience) not many raised for “yes”
why?
– press club closeness
DG- i do not have a press badge, but still I can write

Q what is the definition of journalism?
– it’s hazy. not clear to tell in short
– critics about existing news
– news, forming people
even writing about cerebrities
– jeff jervis(sp?)
children ballet news for small local community
this is journalism
– in wide, if you record something, that is journalism

Q will blog be profitable enough to feed journalists?
– i do not think that it would cover many.
– in the long run, some will earn, some not
– vast majority will not, but some may establish their authority by blog

Q how about lemming effect by people jumping to the wrong information?
– everyone feels confortable when reading something affirm you believe
– comments are challenges
– may make you feel angry

出版社の方による、本の宣伝
朝日新聞社から、We the Media の日本語訳「ブログ」が 8 月に出版された。
今回の訪日は宣伝もあるが、本人が日本の読者と話したいという強い要望によるもの

お開き。あとは場所を変えて懇親会へ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

夏休みなんで更新はお休み

3連休2連発ということで、真ん中に夏休みを入れて今日から9連休。(サイボウズには有給とは別に、日にちを自由に決められる3日間の夏休みがある)

ということで夏休み中は更新はお休み。好き放題やってるこのブログもいちおー企業ブログなんで、休みはあくまで休んでみよう。

# そのわりに土日もこのブログ更新してたりすることもあるが

休んでなかったら取り上げたであろうネタ。
第二回世界ブログマーケッター週間 (Global PR Blog Week 2.0)

ブログによる PR についてオンラインで行なわれる無料有志カンファレンス。

企業ブログ、社長ブログ、ブログマーケティングにかかわる人は見てみると面白いかも。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

JUnit4 の変更点

IBM developerWorks で、An early look at JUnit 4 で、JUnit の Java 5 対応版 JUnit 4 がどんな風になるかが紹介されていた。

  • テストメソッドはアノテーションにより判別されるため、テストクラスの継承や test* というメソッド名の制約は無くなる
  • setUp や tearDown もアノテーション。テストセット全体にかかる初期化や終了にもアノテーションが用意される
  • 例外のテストがアノテーションで指定できる
  • テストのコメントアウトができる(テストを飛ばしたことはちゃんと記録される)
  • テストのタイムアウトを指定できる
  • 配列を比べる assertion の追加

これらの変更を踏まえてテストクラスを書いてみると、これまでの JUnit テストケースに比べて格段に楽になってると思う。メソッドの名前付けについては必要とされなくてもこれまでのコンベンションを続けてもいいような気はするが。

現時点で開発中の JUnit 4 は CVS からチェックアウトして試すことができる。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

del.icio.us の populicio.us 遮断と Web2.0 リミックスの限界

del.icio.us でブックマークされた中から人気のある URL を抽出して見せてくれていた populicio.us がサービス終了した

Right now Del.icio.us doesn’t show all the bookmarked links in the homepage so there is no way I can generate real statistics.

ブックマークの統計データを作るために必要だったデータが部分的にしか取れないように、del.icio.us 側でアクセス遮断が始まったためらしい。

proxy かますとかも無くはないだろうけど、del.icio.us 側が遮断の意思を示した以上、いたちごっこになるとしてすっぱりサービス継続は断念したのだろうと思う。

Web 2.0 API リスト フォーエバー で紹介したマトリックスには両社とも存在しないが、タグ付きブックマーク情報のサイロである del.icio.us が、アグリゲータになろうとした populicio.us を快く思わず、アグリゲータの機能も自分で提供しようとした、という構図だ。

del.icio.us のメリットは、populicio.us を見ていたユーザが del.icio.us 自身の提供する人気ランキングを直接見に来てくれること。

デメリットは、populicio.us を通じて del.icio.us に親しんでいたユーザが他所のサービスに移る危険性や、今後 del.icio.us データをリミックスしてくれる(del.icio.us をサイロとした生態系を広げてくれる)新サービス登場の芽を摘んだことか。僕としては del.icio.us 自体の普及はまだまだだと思っているので、こちらの影響は良くはないように思うのだが。

横断検索サービスなどもそうだが、他サイトのデータに依存したサービス提供者は、対等な口を聞けるだけのユーザベースを確保する速度が重要なんだろう。(または、無視されるぐらい細々としたサービスとか)

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Web 2.0 API リスト フォーエバー

Web 2.0 API リスト リターンズで紹介した、Web2.0 に役立つウェブサービスリストだが、分野と機能ごとにわかれたマトリックス版が出てきた。

サイトの機能面な分類は以下のような感じ。

サイロ
オリジナルデータを保持しているがオープンにしていないサイト

ウェブサービス
機能やデータをオープンにしているサイト

サイロ集積者
複数のサイロからのデータを集積しているサイト

ウェブサービス集積者
複数のウェブサービスを集積しているサイト

サイトのカテゴリー、ジャンル分類については簡単に理解できると思う。

この表を使ってできることといえば、

  • 一覧から、次に狙うべきカテゴリーと機能を検討する
  • 日本版を作ってみる

といったところかな。日本版は面白そうだ。

# タイトルに深い意味はない。次に表(マトリックス)が出てくると知っていれば、2つ目は「リターンズ」じゃなくて「リローデッド」にしておくんだった。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

akky's work blog