シボレーが初の「シートベルトしないと出発できない」機能を実装。まずは10代ドライバーから

GM参加のシボレーが発表した Buckle to Drive は、シートベルトを締めないとシフトレバーが動かせなくなるという機能です。 [caption id=attachment_11022 align=alignnone width=1280](Photo by John F. Martin for Chevrolet)[/caption] シートベルトが締まっていないと、上のようなメッセージがダッシュボードに表示されて、シフトを動かすことができません。 この機能、2015年にシボレー

BlurPage ウェブページ上のセンシティブな情報にぼかしを掛けるブラウザ拡張

BlurPage は、ブラウザで表示されているウェブページの好きな個所をぼかすことができるツールです。Chrome と Firefox 用が提供されています。 ウェブフォームに入れたクレジットカード番号や、SNSでのプライベートなメッセージなど、ワンクリックで選ぶとボカシが掛かります。それだけといえばそれだけ。デモの動画があります。 https://www.youtube.com/watch?v=AX9dSWwhs8I 有料ツールで、Gumroad で $14.99 を払うと一生使えるそうです。Product Huntでは、「無料のツールでもできるんじゃない?」という突っ込みが入っています。スクリーンショットを取るツールでボカシを掛けられるものも多いですし、ひと手間と言えばひと手間で済む話ではあります。 でもまあ、たくさんスクリーンショットを撮り、その際にいろいろ隠さないといけないという仕事の人がいれば、$15

結婚式でのロボットカメラマン

Eva ロボットカメラマン

パーティーを巡回して、求めに応じて写真を撮ってくれるというロボットEva 。既に市販・貸出されているそうです。 本物の結婚式に初投入されたのが先月のことだそう。 [caption id=attachment_11019 align=alignnone width=1200] image credit:

絵文字のナンバープレートが登場 – オーストラリア

オーストラリア・クイーンズランド州で3月から、絵文字入りのナンバープレートが購入できるようになったそうです。 プレートの番号は「アルファベット3文字 + 数字2文字 + 絵文字1文字」という組み合わせのみとなっていて、絵文字も5種類の顔マーク(大笑い・ウインク・サングラス・ハート目・笑顔)だけの選択という制限はあります。 サイトで希望の組み合わせを入れてみて、それが実際に使えるかどうかはボタンを押してチェックする仕組みになっています。先着順で誰かが取っているという理由や、番号の組み合わせとして不可なものがあるのかもしれません。 ナンバープレートの利用方法の一つに、事故を起こして逃げた車を特定するというのがあると思いますが、絵文字を含めて一意になってるとすると、目撃者はちゃんとどの絵文字か見分けついたりするんでしょうかね? via

GrandType – キータイプの間隔データを機械学習させ、ユーザーを特定するプロジェクト

GradTypeは、英文を入力する際のキータイピングの癖を使って、今誰がタイプしているのかを特定しようという実験プロジェクトです。 まず、GitHub で認証した状態で、出てくる英文を入力することを繰り返します。すべて小文字で良く、正しい文字とスペースキーを打った時しか先へは進みません。打ち間違えたとしても間違えた文字は入らないのでそのまま続けます。 この時、サービスの裏側ではキーと次のキーが打たれる間の時間を記録し、RNNで学習させているそうです。 文章のバリエーションはそれほど多くありません。数十回入力した後で、ログアウトし、ユーザーとして認識していない状態で同じように英文をタイプすると、 RNNでより「似ている」と判定されたユーザー5名が表示されます。 多数のユーザーが試しているためか、なかなか当ててくれませんでした。(一回は自分のユーザー名が当てられたのを見ましたが、スクリーンショットを撮っていませんでした) 実用的にはスペルを打ち間違えたり直したりするデータを使った方が、より個人の特定はしやすいだろうと思いますが、研究としてはキーとキーの間隔時間だけでどこまでやれるかというのを見ているようです。 匿名で入力できる、と思われているようなサイトにおいても、個人の癖を収集して人物の同定を行うなんてことも、より簡単にできるようになっていくかもしれませんね。 Hacker News では、それへの対策として、キータイプの癖を攪乱するというツールも紹介されていました。匿名個人の特定ではなく、認証にタイピングの癖を使うといった研究もあるようです。 ソースコードが公開されています。 via Hacker

Web2.0 が直面する 10 の課題

10 Issues Facing Web 2.0 Today で、現状の Web2.0 (といわれるもの)についての 10 の課題をまとめている。

1. 行き過ぎた熱狂

Web2.0 を何でも解決する魔法のように喧伝する人々の存在が事態を悪化させうる

2. わかりやすい定義の欠落

これが Web2.0 だ、という簡潔な定義が無い

3. 古いポスターの子供達(? 意味不明)

今 Web2.0 としてもてはやされているサービスに、日常生活に必須の物や、多数の一般ユーザが使っているものは無い

4. 要常時接続

常時接続のインフラ普及に依存している

5. Web2.0 御用達技術としての Ajax

Ajax には限界があり、本質的な UI 改善はブラウザの進化で為すべき

6. 技術偏重主義

Web2.0 がどう動くかの仕組みに囚われすぎてはいけない

7. “Web2.0″という看板への、たちの悪い執着

Web2.0 であると語るのではなく、単に作れ

8. 作らずにブログする

Web2.0 が何か議論している暇があれば、何か作れ。Web2.0 支持なら Web2.0 サービスを、不支持なら Web2.0 よりすごいものを

9. 厳しい現実からの逃避

ビジネス性やオープン性に関する正しい判断が必要。成功とオープン性の同時追求は難しいのかもしれない

10. 軽量開発モデルへの適応

頻繁なリリースを行うための開発/リリース手法の追求

原文は非常に長い上に、それぞれのポイントを補強する各サービスや別ブログへのリンクが多い。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Perl monger 、サイボウズ・ラボへ入社

11月1日から、あの竹迫さんがラボに合流した。ラボに Perl 色がグッと注入された感じ。僕は Perl はダメ(いろんな意味で^^;)なんだが、これは期待。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

ユーザが期待するページデザイン (クリックされやすいネット広告 ^^;)

Examining User Expectations of the Location of Web Objects では、304 人への聞き取りを基に、ウェブページのどこに何があると期待されているか、を調べている。

ウェブサイトに置かれる(コンテンツ自身以外の)5つの要素は以下、

  1. サイト内へのリンク
  2. 他サイトへのリンク
  3. ホーム(トップ)に戻る
  4. サイト内検索
  5. 広告スペース

それぞれについて、サイト内へのリンクは左端にあると思われていることが多い、といった結果を、賛同者が多いと色が濃くなるグラフで表している。(各グラフはリンク先の記事を参照)

ページの最後には、すべての調査をまとめたグラフがあり、どこにどの要素を配置すれば、「よりユーザが意表をつかれない」デザインにできるかを考える参考にできる。これはウェブサイトを設計する際の重要な知見の一つと言えると思う。

トップへ戻るリンクが左上、というのは、わざわざ言われなくても今ではほとんどのサイトがそうしているだろう。ただ、ページ最下部の中央にも、同じくらい、トップへ戻るリンクを期待している人がいる、などといったこともわかる。

僕は、まったく別々に作られた様々なアプリが、一つ使えれば他も見よう見まねで使える、というのがブラウザベースのアプリケーションの大きな利点だと思っている。なので、こういった配置情報も、ユーザがウェブアプリを操作する際の違和感を軽減するための重要な要素だろう。

何か新しいウェブサービスを開始する際には、こういった典型例から外れないデザインが重要だと思う。

blog_20051104_ad.gif

一つ面白いのは、(5) の広告配置(Figure 5)。ユーザは、「このあたりには広告がよく置かれる」と思うエリアがあるわけで、そういう場所に置かれた広告は、より簡単に無視されやすい。広告があると思いにくい場所、そういう「意表をついた場所」に広告を置くことで、思わず広告を読ませたり、クリックさせたりできるのではないか、みたいな話も書かれていた。上がその図。白いあたりが「まさか広告だとは思わなかったよエリア」、ということに。ココ重要。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

日経コンピュータ2005/10/31号にて取材を受けた

日経コンピュータ 2005/10/31号、p.22 にて、サイボウズ・ラボの成果第一弾であるオープンソースライブラリCBL Partial Updater をご紹介いただいた。取材は、新技術用語である Ajax についてご説明させていただいたもの。

# 本文では「データベース検索用」となっているが、データベースは無関係で、PHP 用の Ajax 開発ライブラリだ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「オープンソースソフトウェアの作り方」がオンライン公開されている

Producing Open Source Software

副題: How to Run a Successful Free Software Project

名前の決め方からはじまり、ライセンスの選定、仕様の決め方、バージョン管理、ユーザからの意見の集め方、お金の集め方、メンバー間のコミュニケーションやプロジェクトの運営方法などを一通りまとめている。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

JavaOne Tokyo 行くよ!

JavaOne Tokyo 2005

もう4年間も仕事では Java 書いてないけど、サイボウズ・ラボの Java 擁護派としてもフル参加でいくよ。よろしく。

偶然、友人がスピーカーとして来日することもわかった。Sun の Roberto Chinnici (こんな人)で、有料セッション“JTSJ004-02 Next-Generation Web Services in the Java Platform” にて JAX-WS 2.0 の解説をするようなのでこれも聴講(直接セッション概要へのリンクが張れない。SEO 的には問題ありなサイトだなあ)。楽しみだ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

akky's work blog