「イラスト」タグアーカイブ

Homophones, Weakly – 同音異議の英単語をシンプルなイラストで比較紹介するサイト

Homophones, Weakly (同音異義語, 弱く)は、発音が同じ複数の英単語を並べて、その違いがわかるようにピクトグラム風のイラストで見せる、というブログです。

例えば、ate(食べた)とeight(8)。聴くと同じなのにまったく意味が違う単語ですが、2つ(時には3つ)のイラストは、デザイン的に似ていたり、関連がついていたりしてることが多いです。

こちらは、mantel(暖炉の前飾り)とmantle(地球内部の岩石層)。

whine(泣き言をいう)とwine(ワイン)。

2011年から毎週一本が投稿されていたようですが、更新は2016年でほぼ止まっていました。今回流れてきたのは、記事を集めた書籍が出るという案内がされたからのようです。

似たような英単語が二つあり、区別がついてなかったりとかスペルを逆に覚えていたりとかすることも多いと思いますが、こういうイラストと一緒に毎週見ていると、楽しんで知識が増えるかもしれないですね。

via Bored Panda

[雑学] 人は四角四面になる

personascuadradas

人は生まれつき四角なわけではなくて、教育によって四角になる、というイラスト。

英語の正方形・四角という単語 square には、スラングで「普通の人」「真面目な人」「つまらない人」という意味があります。このイラストが描かれたスペイン語でも同じ意味があるようです。また、日本語でも「四角四面の人」と言いますね。

“Be there, or be square” は、何か楽しい集まりに人を誘うときに使う決まり文句で、「来なさいよ、さもないとつまらない人(square)になるわよ」という意味になります。

be-there-be-square_logo

Wikipediaによると、” L7 “というのも square を表す略語なんだそうです。Lと7で両手で正方形を作るジェスチャーから来てるんだと。

L7_xv-wichitas-finest-for-my-dawgs

via El espíritu de los cínicos: Personas Cuadradas

[イラスト] スターウォーズが80年代の高校ドラマだったら?

これはうまい。
Star Wars 80s Highschool Re-Designは、映画スターウォーズがもし80年代アメリカの高校を舞台にしていたら、というDenis Medriさんの連作イラスト。
Highschoolstarwarslukeleia
あの特徴的な髪型がヘッドフォンに
Highschoolstarwarsc3pur2d2
人間にするにしても、Nerdy(オタクっぽく)なりますね
Highschoolstarwarshansolochewbakka

敵方も含め、このシリーズでもっとたくさんのイラストが描かれています

この路線で本当にハイスクール・ドラマにしても結構楽しめそう。タイトルはスクール・ウォーズ?(違う)

via If Star Wars Was a High School Movie | The Mary Sue via Geekologie