「インフルエンサー」タグアーカイブ

Pythonによる自動化の結果、ニューヨーク中でタダメシが食えるようになったエンジニアの話

いかにして私はPython/自動化/AI/インスタグラムを使いニューヨーク市で無料の食事をできるようになったか(How I Eat For Free in NYC Using Python, Automation, Artificial Intelligence, and Instagram)という記事が面白かったのでご紹介。

ニューヨーク在住のデータサイエンティスト、クリス・ブエッティさん(Chris Buetti)が明かした、3万フォロワー超の人気アカウントを育てた秘密。

データサイエンス/ソフトウェア開発の知識、自由な時間とインスタグラムの知識があれば再現可能だといいます。

Instagramを育てる

Pythonスクリプトで、毎日、一日に数回、ニューヨークに関する写真をInstagram に自動投稿させます。ブログ主によると、Instagram の「発見」ページに掲載してもらうにはこれが大事だそう。一日も欠かさず、何週間も続けることで掲載されやすくなるそうで、ほとんどの人力Instagramer はこれで競争から脱落してしまうということ。

人気が出そうな写真を機械学習で選ばせる

投稿内容の画像ですが、当初は、他のInstagramユーザーの新着投稿から画像をスクレイプし、オリジナルへのリンクをつけて投稿していたそうです。

ニューヨークの写真を投稿している50人のInstagramユーザーのページをスクレイプし、写真だけでなくキャプションやイイネの数も保存します。

キャプションから宣伝目的と思われる文章、「購入」とか「限定」といったものがあれば外し、再生回数やイイネの数が多いものをフィルタすることで、質の高い評判を呼んでいる写真だけを選び取らせます。

また、コメントが投稿できなくなっている投稿については、写真を取り込まないようにしたそうです。コメント欄が閉じられている投稿は、リスクが高いと判断してとのこと。

当初はルールベースでやっていたこのフィルタを、さらに機械学習に置き換え、自分で目視で良い/悪いのデータセットを作ったりの手間も掛け、結果として「より人気を得る写真」のみを転載するボットが完成したということ。

他人の写真勝手に再利用するのは問題なのでは、と思いますが、スクレイプ元にリンクをして「問題があれば言ってくれれば消します」と書いておくと、ほぼ苦情は来なかったそう。

また、最新版のボットでは、他のInstagrammer の写真をコピーするのは止めて、ロイヤリティーフリーの素材サイトをスクレイプした画像を投稿するように変更したそうで、今後は著作権侵害だと言われるリスクも減らしているよう。こちらは十分な独自のフォロワーを確保した後だからこそ可能なのかもしれませんが。

コメントやタグを機械学習で作らせる

写真に添えるコメントは、当初、どんな写真につけても通用しそうな文章のパターンをリスト化し、それをランダムで出していたそうです。

例として「ここどこか知ってる?」「ニューヨークで好きなバーをコメントして!」「死ぬまでニューヨークを楽しめ」みたいなコメントが出ています。

https://www.instagram.com/p/Bv7vVPiFuht/

次にクレジット。出典を示すことで画像を再利用したことへの苦情が減ると考えたのか、誰の写真かというのをコメントに書くことに気を配ったようです。まずは引用元のアカウントを書きますが、引用元のアカウントが撮影した写真とは限りません。そこで、引用元のコメントにあるクレジット情報を正規表現で抽出したり、写真にタグをつけたユーザー名を抽出したりすることで、可能性のあるユーザーを列挙しているようです。これも自動です。

写真をコピーされたことへの苦情どころか、「シェアしてくれてありがとう!」という反応すら来るようになったのだとか。

ハッシュタグは、一枚の写真に最大30個がつけられるそうです。知らなかった。そして、おそらく、良いタグをつけるほど広まるのにも有利なのでしょう。ということで、100個のタグ候補リストを作り、そこからランダムで30個を選びつけさせています。これも手動ユーザーにとっては面倒で徹底できないところでしょう。

また、公開後にはつけたタグとイイネの相関も調べて、人気がでそうなタグを探すということもしているとか。

成果を刈り取る

インスタグラムのダイレクトメッセージやメールで、「メインディッシュ無料にしてくれたらポジティブなレビューを投稿するよ」と提案すると、ほとんどのレストランが無料の食事やギフト券を確約してくれるそうです。多くのレストランではこういったプロモーションのための予算が取ってあり、あまりにうまくいったものだから友人や家族で手分けして食べに行ったりしたそうです。

現在は、レストランに売り込みして無料サービスを受け取るDMやメールを送るためのスクリプトも動かしているそうで、こちらも自動化達成されていますね。

さて、実際にどんな Instagram アカウントなのか気になると思いますが、@beautiful.newyorkcity がそれ。現在は3万人を越えたフォロワーがいるようですが、無料の食事にありつくにはこれぐらいで十分なのですね。

コメント欄はいつも同じような当たり障りのない事を、しかも何度も繰り返しているだけなのですが、多数のアカウントをフォローしている人は読んでないか、気にもしていないのかもしれません。「みんなが見てるよ。みんながイイネしてるよ」という状態が、さらに多くのイイネを呼び、それをプラットフォームが推薦することでさらに成長のスパイラルが加速していく、といったところでしょうか。

先週、『Instagramが「いいね!」数公開を中止を検討、群衆心理の抑制を狙う』という記事が出ていましたが、ソーシャルメディアのイイネ/Like の数は、今やこういった操作のターゲットになってしまっているのかもしれません。

via Eater

実験「インスタグラマーは作れる」 影響力のある人気アカウントが$300以下で

Mediakix が Instagram の人気アカウントを人工的にでっちあげるという面白い実験結果を公表しています。

今回彼らが作り上げたイイ感じの Instagram アカウントがこの二つ

ファッション・インスタグラマー

アレクサ・ラエさん(calibeachgirl310)は、「サンタモニカ在住でファッションとライフスタイルに関して影響力を持つ」という設定。

実際に載っている写真は、ローカルモデルを雇って一日で撮り上げたもの。

旅行インスタグラマー

アマンダ・スミスさん(calibeachgirl310)は、「旅行と写真に関して影響力を持ち、パリやヨセミテ、マウイ島など世界各地で撮った写真を投稿する」という設定。

こちらの写真は、後ろ姿で映った金髪女性をストックフォトサービスで集めたもの。

フォロワーの購入

一日も掛からずフェイクアカウントの見栄えを完成させたあとは、用意した写真を毎日小出しに投稿しながら、フォロワーを1000人あたり$3(330円)-$8(880円) で購入していきます。フォロワーを売っているサービスはいくつもありますが、安めのサービスは納期を守らなかったりと問題があり、最終的には$8(880円) /1000人程度の値段のサービスで落ち着いたということ。

一日に1000人で始めたのは、あまりに多すぎると運営に気づかれてアカウントを停止されてしまうことを恐れてだそうですが、やってみたところ一日15000人の増加でも大丈夫そうだ、という知見が得られたそうです。

2か月かけて、ファッションアカウントは5万人、旅行アカウントは3万人のフォロワーとなりました。

Surf's up

A post shared by Alexa Rae (@calibeachgirl310) on

いいねとコメントの購入

フォロワーが数千人を超えたあたりから、「いいね」と「コメント」の購入にも着手しています。コメントの価格は一個あたり12セント、いいねは1000個あたり$4(440円)-$9(990円) で買えたそうです。

安いコメント業者は写真の公開からコメントをつけるまでに24時間かかったそうで、価格が上がればより早く反応があるように見せられるんですね。

一枚の写真に対して、いいねが500-2500個、コメントが10-50個ぐらいつくようにしているそうです。

# コメント欄を良く見ると、たしかに何も言ってないような単純なコメントがいっぱい並んでるようにも見えます。が、本物のコメントでもそういうのばっかりの場所もありますからね…

インフルエンサープログラムへの参加

フォロワーが1万人を超えたあたりから、様々なインフルエンサープログラムに登録することができるようになるそうです。「影響力があるインスタグラマー」と認められることで、プログラムから各種ブランドの宣伝依頼が降ってくるようになります。

今回の実験アカウントでは、それぞれのアカウントで2社の有料宣伝依頼をゲットすることに成功した模様。ナショナルクライアントのアルコールや食料品に関するブランドで、支持に従って行動することで、金銭の報酬や商品の無料提供、あるいはその両方を受け取れることになったそう。食品が無料で貰えるのは、それを写真に撮ってアップロードしろということでしょうね。

現在この二つのアカウントのプロフィールには「フェイクの実験でした」と種明かしがされていて、引っかかってしまったナショナルブランドに関する投稿などもされていません。それらのブランドのインフルエンサーマーケティング担当者は肝が冷えたことでしょうね。

フォロワーやコメントの購入先については明らかにしていませんが、検索すると簡単に見つかるそうです。また、インフルエンサープログラムの運営が大手か中小かに関わらず、いろいろなブランドの提案が届いてしまったということ。大手なら厳しく偽物を排除できているのでは、とも言えなさそうですね。

via Bored Panda

「末期癌を自然食品で治した」豪ソーシャルメディア起業家の嘘がばれて炎上

オーストラリア出身のネット有名人でスマートフォンアプリ起業化でもあるベル・ギブソンさんが、「悪性癌から自然食品で生還した」という経歴がまったくの嘘だったことが判明し、多くの批難を浴びて炎上しています。

(from Instagram)
(from Instagram)

現在24歳のギブソン氏、2年前の2013年5月に「17-18歳だった2009年に極めて悪性の脳のガンで余命一カ月と診断されてから4年間、自然食品と代替セラピーを続けて病を克服した」という話をソーシャルメディアで発表してから最近までで、数百万人のフォロワーや20万人以上のインスタグラムのファンを獲得していたそうです。

the-whole-pantry-top

末期癌をも治してしまった彼女の食生活は、ソーシャルメディアで広がり、やがて本として出版されています。

彼女の本The Whole Pantry(完全な食糧庫)と同名のスマートフォンアプリは大ヒットとなり、最近発売されて話題のスマートウォッチ Apple Watch のオススメアプリにも採択されていました

(credit: Mac Rumors)
(credit: Mac Rumors)

重い病気からの生還とその後のソーシャルメディアでの派手な生活の矛盾がいろいろと報道された後、オーストラリアの週刊誌の独占インタビューで氏はついに癌の診断が嘘であったことを認めました。

The Whole PantryのAndroid アプリはまだ売られていて、レビューの評価も4.2ととても高いですが、iPhoneアプリの方はアプリストアから消えていますし、Apple Watchの方も無かったことにされているようです。

彼女の本を出しているオーストラリア・アメリカの出版社は共に販売停止と廃却を決定し、今月出る予定だった次の本もキャンセルされています。

寄付の約束が守られてないことから綻び

彼女の会社 The Whole Pantry は、アフリカに学校を建てるなどの募金活動をいくつか主催し、本やアプリの売上の一部も寄付することを謳っていたのですが、2013年、2014年に行なわれた寄付キャンペーンで集めたお金が、寄付対象として発表されていた5つの慈善団体のうち実に4団体に届いてないことが判明しています。

ギブソン氏はキャッシュフロー上の問題で寄付ができてないことや会計処理の改善を発表しましたが、同時に、フェイスブックページに寄せられた追求やネガティブなコメントを削除、それらを投じたユーザーをブロックしたことが却って人々の注意を呼び、友人たちからすらも疑われていた末期癌の病歴などの問題が掘り起こされてしまったようです。

ギブソン氏は先週のツイッターで、現在拠点にしているアメリカから、そして追求するメディアから逃げたという噂を否定しています。

この件、集めたフォロワーの数や、影響を与えた人の数を考えるとかなり大きなソーシャルメディア上の事件ではないかと思います。

本人が「末期癌だった」「食事で治った」と言ったというだけでこんなにも多くの人が信じてしまうのは驚きですし、ここまでの人気になるまでにメッキが剥がれなかったのもすごいですね。英語圏の話なのでわかりませんが、この人の容姿やテレビ等での話し方など、人を信じさせる力が秀でていたのかもしれません。

あるいは、信じたい人が信じたい話に群がってしまうソーシャルメディアの特性が、局所的に作り話を信じたがる人たちが大多数の輪を作り上げてしまい、冷静に突っ込みを入れる人を寄せ付けなかったりしたということもあるかもしれません。

[追記 2017-03-16]

消費者センターの起こした裁判の結果、有罪判決と罰金が与えられるそうです。

「自然療法でがん治癒」とうそ、ブロガーに有罪判決 豪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

[追記 2017-09-22]

2017/6月に罰金の額が1億円(90万9000ドル)と決まったようですが、彼女に支払い能力があるかは疑問視されています。

また、オーストラリアの法律事務所が、Instagram上の有名インスタグラマーに商品宣伝させることのリスクに関する講演に「ベル・ギブソン要素(The Bell Gibson Factor)」なるタイトルをつけていました。それだけ彼女のついた嘘の影響が大きかったということでしょうね。しかし罪を犯したとは言え個人名をこんな風に使って大丈夫なのかな。