「コミュニティ」タグアーカイブ

Drupalコミュニティが中心人物の一人をSM趣味を理由?に追放

Drupalコミュニティから広がって今議論となっている事件について、日本語の情報ではわかりにくいところがあったので調べてみました。

要点

PHP製のオープンソースCMS として人気のある Drupal のコミュニティが、長年のコントリビューター ラリー・ガーフィールド氏(Larry Garfield)をコミュニティから追放。背景に男尊女卑SF小説のファンコミュニティやSM愛好コミュニティへの参加があるということ。

個人の無関係な性嗜好でコミュニティから排除することに反発の声が上がっている。

登場人物・用語

ドリス・バイタルト氏(Dries Buytaert)

Drupalの設立者。

2016秋来日時の記事

個人ブログ

ラリー・ガーフィールド氏

ハンドル名Crell

バイタルト氏も突出した(prominent)と認めるDrupalコントリビューター。コミュニティ歴12年

Drupal 7のDBアーキテクト、Drupal 8 のwebサービスリーダー

Twitter @Crell

クラウス・プーラー氏 (Klaus Purer)

Drupalコミュニティメンバー。ガーフィールド氏が黒幕と見ている。

反地球シリーズ (Gorシリーズ)

ジョン・ノーマン氏による1966年から現在まで続くSF小説シリーズ。

エドガー・ライス・バローズの「火星シリーズ」に影響を受けた宇宙SFだが、特徴の一つとして男尊女卑的な価値観の強さが挙げられるということ。

今でこそ、SFやファンタジイやホラーの中で、かなり過激なセックス描写がある、なんてのも、それほど珍しくはなくなったけれども、このシリーズが出た当時は、「SFではなくSMだ」とか、かなーり本国アメリカで物議をかもしたそうだ。

手当たり次第の本棚

日本語への翻訳はシリーズの途中で止まっている。

ファンコミュニティでは、小説に影響を受けて「片手で拍手する」「”be well”という文で会話を切り上げる」などの奇癖があり、ガーフィールド氏もそれらを実践している。

Gorシリーズ公式サイト

1987年公開の映画 Gor – IMDb

時系列

2016/10頃 要登録のコミュニティ(登録者500万人)でガーフィールド氏が7年前に主人(D/)仲間の結婚式に寄せたコメントのスクリーンショットを誰かが外で流し始めた(ガーフィールド氏による推定)。

2016/10-11 複数のDrupalコミュニティメンバーから、Drupalのコミュニティ・ワーキング・グループ(CWG)にこの件での問い合わせが送られる。議題に上がるもCWG「問題なし」との結論。CWGはバイタルト氏へ報告。

11/24-27 プーラー氏、チェコのプラハで開催されたDrupalイベントIronCampでガーフィールド氏とこの件について(非好意的に)話す。

プーラー氏、前期のBDSMコミュニティサイトや同種の出会い系サイトに登録し、ガーフィールド氏の過去の投稿を探して記録し始める(ガーフィールド氏の推測)

1月 プーラー氏とガーフィールド氏、Google Hangoutで(非好意的な)会談。プーラー氏はDrupalコミュニティでの役職やリーダー的役割から降りることを要求。

2/24 バイタルト氏がガーフィールド氏に電話し、「プロジェクトの価値に反するところがある」という理由でDrupalプロジェクトを去るよう通告。(ガーフィールド氏は2/27のDrupalConに出ないことを期待してのことと推測)

2/27 メーガン・サニッキ氏(Megan Sanicki)から、「バイタルト氏との会話の結果、」DrupalCon イベントのスピーカーから外したとガーフィールド氏に伝える。

3/22 ガーフィールド氏がブログ記事「情報が多すぎる(TMI About me)」で公開反論。コミュニティが私生活の情報を基に自分を排除しようとしていると述べる。同時にSM愛好(主従関係の恋愛, hierarchical relationships)の趣味があり、BDSMのコミュニティとGor愛好家(Gorean)のコミュニティに所属し、特に規模の小さな後者で活発に活動していることも。

3/23 バイタルト氏がブログ記事を公開。「ガーフィールド氏の私生活を尊重して非公開で解決しようとしたが、本人が公開し議論もされているので」と。ガーフィールド氏がブログで述べた件が追放の原因ではない、決断のための証拠を広く公開することはないが、とも。

3/23 Drupalがコミュニティとしても声明を発表。こちらも「ガーフィールド氏の私生活や個人的な信条でカンファレンスから降ろしたわけではない」と述べています。
しかし判断の基となった秘密情報については、関係者を害するかもしれないので公開しない、と。

reddit の/drupalでの議論(400+コメント)

reddit の/phpでの議論(200+コメント)

3/23 Drupalコントリビューターの一人Mikkel Høgh氏(mikl)、Drupal Association への不信任をブログで表明

3/27 「Drupalイベントに昔『奴隷』を連れて来ていた」というreddit上での指摘にガーフィールド氏本人が回答しています。この自閉症の女性とは合意の上で主従関係にあり、家に住ませていた時期もあると。プログラミングに興味を示し、Drupalのパッチ書きも手伝ってくれたが内向的で自分ではコミットしなかった、とか、シカゴ周辺のカンファレンスにいくつか連れて行った、とか

また、ガーフィールド氏自身にもCWGがDrupalのボードメンバーに渡した「証拠」は共有されていて、そこにはバイタルト氏らがほのめかすような秘密の証拠は含まれていなかった、と。それら「証拠」とされる過去のネット上での書き込み等でも、実在の人物を傷つけたりするような行為はまったくない、と反論しています。

[追記 4/14]

4/9 バイタルト氏のブログ記事「Drupalコミュニティへの謝罪」。「BDSMなどのコミュニティに属する人が攻撃されたと感じていたら申し訳ない」と語り、今回の件はガーフィールド氏個人についてのことでしかない、と。

ガーフィールド氏の事件については特に新しい情報はありません。

4/10 同ブログの次の記事Drupalのガバナンスを進化させるための次の一歩で、1. バイタルト氏一人によって何かが決定されないようにすること、2. 「行動規範(Code of Conduct)」をもっと明瞭なものに直すこと、が宣言されました。このためにオンラインおよびオフラインでのミーティングを開催するとのことです。
ガーフィールド氏の事件については特に新しい情報はありません。

4/13 100人を超えるDrupalに関係する起業家・役員・コアコミッター、オープンソース開発者らが、サイト DrupalConfessions.org(Drupalの告白) を公開。バイタルト氏に対しての意見を述べています。寛容と非差別を求め、ガーフィールド氏の内心を問題とし、違法に収集した証拠を基に追放したことへの抗議集です。「前の二つのバイタルト氏のブログ記事で書かれた対策で問題が解決するとは感じられない」とも語っています。「バイタルト氏が協力しないならば、この中の相当数はDrupalコミュニティを永久に去ると考えてもらっていい」との言葉も。

(続報があれば追記します)

考察

バイタルト氏は、「ガーフィールド氏がブログで自己弁護したところではない何か他の問題を起こしている」ように書いていますね。しかし、証拠は被害者に迷惑が掛かるので一般公開できない、と。

しかし、一般公開しなくても第三者に検証などしてもらわないことには、何の証拠もなくガーフィールド氏を貶めようとしているだけと言われても仕方がないところもあります。

また、バイタルト氏は、Drupal コミュニティの方針としてGorの小説内の価値観を受け入れられない、などと述べているところもあり、フィクションの嗜好で他人を罰するという問題に陥っているようにも見えます。いろいろな趣味嗜好を持つ人もいるであろうプログラマー界隈でこれに反発する声が上がるのも仕方がないのではとも思います。

via Slashdot

ヒゲとヒゲ好きのためのコミュニティ Bristlr

Bristlr は、「髭のある人と髭をしごきたい人を結びつける」(Connecting those with beards to those who want to stroke beards)ネットのサービスです。

bristlr-top

イギリス、マンチェスターのフリーランス開発者ジョン・カーショーさん(28)が2014年10月に作った Bristlr は、そもそもネタサイトとして始まったということですが、ラジオやローカルTVなど多くのメディアで取り上げられたこともあり、開始から1年も経ってないのに世界100都市以上からの10万人の登録者を獲得してしまいました。

bristlr-on-media
(Bristlr上のメディア掲載事例の数々)

登録では「独身か既婚か?」や「探しているのは男性か女性か?」といった良くある分類を一切訊かず、「ヒゲが有るか無いか?」だけを尋ねるシンプルさ。

(credit: Bristlr and Shirlaine Forrest)
(credit: Bristlr and Shirlaine Forrest)

Bristlr 上でお互いが相手のことをお気に入りにいれたら、直接メッセージを送ることができます。出会い系としての利用も多いでしょうが、特に異性間の利用に限定しているわけではないということ。ヒゲ自慢やヒゲのお手入れについて語る仲間探しにも使われているのかもしれません。

Bristlr - Free dating for beard lovers

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, エンターテインメント
言語: EN
価格: 無料
バージョン: 2.0.0

開発者: John Kershaw
公開日: 2014年12月21日
評価(全バージョン): 評価なし
評価(現バージョン): 評価なし

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 0screenshot 1screenshot 2

via TheNextWeb

reddit が仕掛けた「例のボタン」

英語圏の巨大掲示板 reddit がエイプリルフールに始めたお遊びが、2週間経った今でもユーザーを巻き込み続けて、今では70万人を越える参加者となっています。

/r/thebutton というサブレディット(reddit でのカテゴリー・板)に設置されたボタン、ページを開くと60.00秒からカウントダウンが始まります。

the-button-reddit_001

redditユーザー一人につき1回しか押せないというこのボタン、世界の誰かがクリックすると60秒にリセットされてしまいます。ゲームのルールは、「自分が押した時点での残り時間が、自分の得点となる」、これだけです。

/r/thebutton 内のディスカッションでコメントを書き込むと、自分のスコアに応じてハンドル名の横に色のついた丸が表示されます。

the-button-grade

たったこれだけの事なんですが、42-51秒でのクリックで貰える青いマーク、32-41秒の緑マーク、そして31秒を切ったら貰える黄色マーク、を巡って大勢の掲示板ユーザーがボタンを押すタイミングを計っているようです。

カウンターを見ていると50秒とか、進んでも40秒とかでリセットされてしまうようで、黄色マークを取るためにはかなり長時間張り付いたり、人が少なめの時間帯に張り付いたりする必要がありそうです。

最近ボタンを押したユーザーの時間と獲得した色を記録するサイト(ソースコード)、なんていうのも作られていて、黄色を取るのも結構たいへんなのがわかります。

これまでに確認されているのは黄色までのようですが、おそらく20秒台、10秒台に成功すればオレンジや赤が貰えるのではないか、ということ。

4/1以前にredditにアカウントを作ったユーザーしか、このボタンは押せないということなので、redditを使ったことがなければ今からの参加はできないのですが、ちょっと前には2ちゃんねるの一部掲示板からredditへの移民騒動もありましたし、日本語ユーザーでもアカウントを持ってる人は増えているかと思います。

2週間もの間、数秒から数十秒で必ず次のユーザーがボタンを押してしまい途切れることがない、というのは reddit のような超巨大サービスだからこそできる仕掛けですね。ボタンを押したら時間が記録されるという「だけ」のお遊びなのですが、これだけ人がいると簡単な仕組みでもゲームとして成立し、競ったり語ったりが盛り上がってしまう、ということですね。

カウンターが0秒まで行ってしまったら何が起こるかも、まったく公表されていないのですが、いずれはやってくるユーザーも尽きて、あるいは飽きて、0に届く時が来るでしょう。ひょっとしたら起こるイベントはこれからredditの中の人が作ったりするのかもしれませんが。

via Vox

FlashChat – 同じ無線LANにつなげている人とつながる匿名メッセンジャー

近い距離にいるユーザー同士をつなげる匿名メッセンジャーというのは既にいくつかありますが、FlasshChat は同じWiFiスポットにつなげているユーザーという制限で接続相手を見つけてくれるスマートフォンアプリです(今のところAndroid版のみ)。

flashchat-cafe

同じカフェのWiFiにつなげている人同士でグループチャット、あるいは一対一のメッセージングが行えます。

ログイン不要、好きなニックネームで使えるため、匿名コミュニケーションが可能。

flashchat-leaving

そのWiFiから切断して去ると、自分のメッセージもすぐに消えるということで、非常に揮発性の高いコミュニケーションの場になりそうですね。

flashchat-places

想定している利用場所として上げられているのが、学校、オフィス、店舗、空港、球場など。

よほど多くのユーザーがいないと、適当に出かけた先で他のユーザーと出会うことなんて起こらないように思うので、これ自体はあまり伸びないんじゃないでしょうか。

既に知っている知人と、どこかで集まってチャットするという使い方もありますが、その時にはわざわざ別のチャットアプリをインストールせずに今あるものを使うでしょうし。サービスとしては「同じWiFiで」という切り口で何か別のアイデアが出ることもあるかもしれません。

既に多くのユーザーを持っているところ、たとえば匿名コミュニティやすぐに消えるコミュニケーションなどを補完的に持ちたがっているFacebookなんかが似たようなことをやると、うまくいく可能性もあるのかなとは思いますね。

via FlashChat: Easy, Fast, Local Anonymous Chat – TheNextWeb

LeftoverSwap – 食べ残しを人にあげるためのサービス

LeftoverSwap (食べ残し交換)は、名前のとおり、ご飯の食べ残しを希望者にあげる、というwebサービスです。

leftoverswap-top

スマートフォンのカメラで食べ残しを撮影し、それを食べたい他の利用者は手をあげ、引き取ったり食べに行ったりします。

サービスのターゲットは、あげる側は、残った食べ物を捨てることを嫌う人、でも同じ残り物をこのあと何日も食べるのは嫌だ、という人。

食べる側は、お腹が減ったけどお金がない人や、無駄なゴミを減らしたい人、地域の他の人と交流したい人など。

サイトによれば、

  • 作った食事の40%はゴミ箱に
  • 25%の人は隣近所の人の名前も知らない
  • 70%の人は太り気味(アメリカです)
  • 16%の人は健康的な生活に必要な食事に困っている
  • 99%の人はビーフ焼きそばのお代わりは要らない

といった問題のすべてが、このサービスによって解決するそうです。

中の人のTEDでのスピーチ。

BBCのレポート。

http://www.youtube.com/watch?v=3kJwD_fEBF4

サービスが始まっているかのように紹介されていますが、iPhoneアプリは開発中でまだ出ていないようです。そのあとAndroid版も作る予定だとか。

via Are You Gonna Eat That?: An App For Sharing Leftovers | Geekologie

街中の街灯、ポスト、電柱、バス停などに振られた番号を使って遊ぶ、イギリス・ブリストルの Hello Lamp Post プロジェクト

hello-lamp-post-city-overview

イギリス西部の大都市ブリストルで、ケータイのショートメッセージと都市全体を組み合わせた実験プロジェクト Hello Lamp Post (こんにちは電灯)が7月15日から始まりました。

街のいたるところには、電灯、ポスト、電柱、バス停、橋、配電盤、パーキングメーターなどの、市や公共サービスが管理する設備があります。これらの設備には、管理のためにユニークな番号が振ってあるということなのですが、一般市民がそんな番号のことを気にすることはまずないでしょう。

hello-lamp-post-postbox

このプロジェクトでは、街中のそれらの設備に対して、「何か一言」を残すことができます。実際には、プロジェクトの番号に対してSMSのメッセージを送ります。

ハロー 設備の名前 #設備のどこかにある管理番号

と送ることで、その設備との会話(!)が始まります。その郵便ポストが、「調子はどう?」とか「どこに住んでもいいと言われたら世界のどこに住みたい?」とか「あなたのことが見えないな。どこに立ってます?」とか「門限は何時意?」とか、ランダムな質問をSMSで返してきて、回答することで会話を続けられます。

SMSの向こうに人工無脳的なプログラムが居て、会話することでローカルな住人のメッセージを集めるわけですね。

hello-lamppost-how-to-play

同じ郵便ポストに対して以前に答えた人の回答が紹介されたりと、場所や設備を通じた他の住民とのインタラクションもあります。

サイトのトップページでは、実際に参加した住民との質問・回答のセットがランダムに表示されています。「他の質問(Fine me a new question)」、「他の回答(give me another answer)」をクリックすると、別の質問・回答を読むことができます。

こちらは、これまでに「語りかけられた」設備のランキング。電灯、郵便ポスト、バス停が人気のようです。

hello-lamppost-ranking

追加アプリ等不要で誰でも参加できる

アプリを作って配って、ということをすれば、もっと気の利いたゲームを展開することも可能なんだろうとは思いますが、この仕組みであればSMSが使える携帯電話を持っている人なら誰でも、すぐに参加することができますね。プロジェクトの存在と、SMSを送る電話番号については告知しないといけませんが。

街中に既にたくさんある、管理用の番号を使う、というのもアイデアで、昔流行したバーコードバトラー(食品のパッケージなどにたくさんついているバーコードを、ゲームのタネに流用した)を思い出しました。ゲームのセットアップにまったくコストが掛かりませんし、ブリストル市に限らず世界中の街で同様のゲームを開始することも簡単にできますね。

SMSの送受信については、APIでSMSへの応答がコントロールできるTwilioが利用されているようです。Twilioの利用料金は掛かりますが、市全域という広い場所で、市民全員を相手に動かすサービスとしては、たぶんかなり低予算でできているのではと。

単に人工無脳とチャットするだけでは面白さがいまひとつという気がするので、この仕組みの上にさらに面白くて中毒者が出るようなゲーム性を付加できれば、街起こし的な何かも作れるのではないかな、という気がします。

via Ushering in the age of the living city | DVICE