「サイコロ」タグアーカイブ

「ギャンブラーの誤謬」ダイスプログラム

「ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)」と呼ばれる言葉がある。コイン投げで表、表、表と連続して表が出ると、次は裏が出そうな気がする心理傾向である。実際は何回表が連続して出ようとも、次に表が出る確率は1/2である。なぜなら、コイン投げは、毎回独立事象(前回の結果と次のコイン投げは無関係)だからである。

ギャンブラーの誤謬 : カイジに学ぶ

現実のサイコロをまっとうにプログラムで再現すれば、乱数を使って毎回同じ確率で出るようになりますが、あえてギャンブラーが間違うような結果を出すサイコロを書くこともできます。Javascript で書かれたギャンブラーダイス

このダイスクラス、コンストラクタで与えた数字の面のサイコロとなります。6ならD6, 20ならD20。物理的な制約がないのでD7でもD13でも何でもできます。

このダイスでは、6面サイでたとえば1が出ると、次回は1が出にくくなります。何度も1が出れば、次に1が出る確率はどんどん下がっていきます。「これだけ1が続いたから、次は1は来ないだろう」というギャンブラーの思い込みが、本当に再現してしまうわけですね。

ボードゲームでこのようなダイスを用意するのは大変ですが、コンピューターゲームなら、こういった判定機を使うことで、プレイヤーがギャンブラーの誤謬のせいで「こんなはずはない」「騙されている気がする」と感じにくいようにすることもできるんでしょうね。実際やってるゲームがあるのかも。

via Hacker News
image credit: Flickr James Bowe

人もサイコロを振らない – 拍手や指パッチンで自動的に転がるダイス Boogie Dice

振らなくても振れる Boogie Dice は、音に反応して勝手に転がるというサイコロです。

「世界初の音駆動自己投擲型電動サイコロ」は、拍手でも、指パッチンでも、机ドンでも、もちろん普通に投げても、自ら振動して(たぶん)ランダムな目を出してくれます。

boogie-dice-inside

充電式で、3の目が充電端子になっています。

boogie-dice-charger

スマートフォンと連動させて、音や光り方を変えたりもできるそうです。

# これで好きな目が出せたりすると、サイコロとしては問題ですが

クラウドファンディングサイトの Kickstarter で募集中の段階なので、本当に口上通りの物が届くかは未確定ですが、CEO の Nimrod さんは万能Androidボタン Pressy のクラウドファンディング製品化で実績がある人ということ。期待はできそうです。

値段もサイコロ一個22ドル(2496円)、2個38ドル(4312円)と、ダイス好きな人なら買ってもいいかというところ。ダイスを振るための充電器フィールドとこのダイスを使ったカードゲームのセットでも38ドル(4312円)。

http://www.amazon.co.jp/dp/4880682330/