「サンタ」タグアーカイブ

サンタクロースに電話を掛けてもらう4つのサービス 2017版

以前、グーグル社が季節行事にあわせて公開していた、サンタから電話を掛けてもらうサービスというのを紹介したことがあります。2010年のことでした。

これが何年か前にサービス終了で消えてしまっていたのですが、クリスマスが近づくと紹介した記事のコメント欄などで「動きません」「使い方を教えてください」といった質問がたまに来ていました。「こんな電話が掛かってくるよ」というサンプル音声だけはグーグルのサーバに残ってるんですけどね

そんなわけで、「こどもがサンタから電話をもらう」ための他のサービスを紹介します。

ChristmasDialer

ChristmasDialer.com はその一つ。

サンタ(Santa)の他にクリスマスエルフ(Elf)を選ぶこともできます。あとは4種類の喋りのバリエーションを選び、”Send a free call now”(無料の呼び出し)ボタンを押すと、すぐに指定した電話番号にサンタからの電話が掛かってきます。

# 当然ながら英語です

電話番号はアメリカ国内のものしか入らないようです。Skype や Google Voice 等でアメリカの番号を持っていれば、スマートフォン等で受けることもできますが、日本で使うにはちょっと面倒かと。

PackageFromSanta

こちらはスマートフォンアプリベース。iPhone版とAndroid版があります。

アプリをインストールして利用開始すると、メールアドレスの登録とニュースレターの購読が要求されます。

無料コールが1回あり、それ以上の呼び出しをしたければ一回につき500円程度を支払うというのがアプリのビジネスモデルのようです。クリスマスの前後の日付にあわせた様々なメッセージ(プレゼントが遅れてごめんね、なんてのもあります)や、年中いつでも通用するメッセージ(夏のバケーション先からの電話とか)、誕生日に仕えるメッセージ、なども選ぶことができます。

メッセージを選んだら、子供の名前や年齢、今いる国(Japanも)を選び、今すぐかスケジュールをセットすると、あとはアプリに電話が掛かってきます(=電話が掛かってきてるかのように動きます)。

本当の電話を使っているわけではないので、世界のどこにいても動きます。

Personalized Call from Santa

カテゴリ: Entertainment
言語: EN
価格: 無料
バージョン: 4.3

開発者: PackageFromSanta.com
公開日: 2014年10月31日
評価(全バージョン):
(267人のレビュー)
評価(現バージョン):
(138人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4

A Call From Santa!なども、同様のスマートフォンアプリのようです。こちらは試していませんが。他にもいくつかあるようです。

DialMyCalls

DialMyCallsという、遠隔地で働く社員に一斉に電話を掛けて同じメッセージを伝えるのに使うようなサービスがありますが、ここもクリスマス毎にサンタからのコールバックを無料で提供しています

自社の通知など自由な音声を吹き込んでそれを送るサービスが元なので、有料プランを契約してサンタ以外のいろんな人から電話させたり、自分で日本語を喋るサンタのメッセージを吹き込み、それを掛けさせることも可能ですね。

ただし、サービスの提供先は米国とカナダのみ、となっています。

まとめ

北米の電話番号を持っていて電話が受けられるならどのサービスでも良いですが、そうでなければアプリ版の PackageFromSanta が簡単でしょう。

とはいっても、どれも英語のサービスなので、なんとなく雰囲気だけ楽しむ、ぐらいしかできなさそうではありますが。

サンタがあなたの子供に電話をかけてくれるグーグルの新サービスsendacallfromsanta

[更新 2017-12] グーグルのサービスはだいぶ前から止まっていたので、同様のことができるサービスを4つ調べて新しい記事にしました。こちらをどうぞ

サンタクロースに電話を掛けてもらう4つのサービス


グーグルの新サービスsendacallfromsanta.comは、サイト上でサンタからのメッセージを作成すると、サンタクロースが指定の電話に掛けてそれを喋ってくれるというものです。
Sendacallfromsantawhygooglevoice
サイト上から、あなたの名前、相手の名前、あなたと相手の関係(親子とか、叔父と姪とか友人とかルームメイトとか)や、いつからその相手を知っているか、相手の欲しがっているプレゼント、好きなお菓子(サンタにお出しする)、サンタが相手のことをなんと呼ぶか、などを選ぶと、数秒間でサンタからのメッセージが音声合成されて、サイト上で確認できます。
あとは、その音声をメールで送るか、ツイッターやフェイスブックで送るか、番号を指定して相手に電話で話させるか、を選ぶと、選んだ手段で相手にサンタからのメッセージが送られます。
選択肢の中に、「グーグルTVがほしい」とか、「サンタはあなたの家に寄る前にグーグルマップで場所を確認する」とか、グーグルのサービスがいくつか混ざっていてニヤリとします。
残念ながらメッセージは英語だけで、電話もアメリカ国内の番号のみですが、アメリカの番号で電話を受けてみたところ、実際に掛かってきました。
相手の名前ですが、日本名はうまく喋ってくれず、呼びかけのところは省略されてしまいました。名前のリストにある名前しか発音できないのでしょう。名前がアメリカによくある名前の場合は、ハローのあとに自分の名前を呼んでくれます。
一通り喋ったあと、「もしこの電話を受ける覚えがなくて、二度とこの番号から電話してほしくなければ2を押して」とサンタが言うので、最低一回は相手の許可なくこのメッセージを送れるということですね。相手を驚かせるためのサービスなんだから相手の許可を取ってからじゃ送れないし、かといってどの番号にでもサンタから掛けられてしまうというこの仕組み、日本ではちょっとやれないプロモーションかもなあと思いました。
サンタは最後に、きっちりグーグルボイスの宣伝もしました。
電話以外のメールやTwitterなら、日本にいても問題なくメッセージを送れます。ただ、サンタからの電話がいきなりかかってくるのが、メッセージを貰う側からは一番インパクトが大きいでしょうね。
サンプル音声も公開されているので、どんなメッセージが届くか聴いてみたいかたはどうぞ。
via Official Google Blog: Santa’s calling (from his Google Voice number)