「ネタ」タグアーカイブ

Anyprint – いろんな言語のprint命令がPythonで使えるライブラリ

ライブラリ anyprint をインポートするだけで、Python で以下のような出力文が書けるようになります。


printf("printf %d\n", 10);

fmt.Println("hello")

cout << "Hello, C++!" << endl;

Print["Hello from Mathematica!"]

console.log("yes");

io.write("lua land")

System.out.printf("java stuff\n");

System.Console.WriteLine("C# looks awkard");

Ada.Text_IO.Put_Line("Ada is cool")

IO.puts("elixir")

現在サポートされている他言語は、go, Java, VB .NET, C(とその類似言語), ActionScript, Ada, Amiga E, ASP, B, D, PureBasic, Clipper, C++, C#, Delphi, JavaScript, Lua, Mathematica, matlab, nim, Pascal, Pike, Elixir のようです。

Objective-C の NSLog, Ruby のp はプルリクエストが出ています。Closure風 と Rust風は Python の中では難しいと作者が答えていますが、誰か解決できる人がいたら挑戦してみてはどうでしょうか。

Pythonがメインの言語でない人でも、これを入れておけば自分の慣れた方法でprintできますね。

利用者からの推薦文が載ってますが、味わい深いです。

  • 「おかしいよあんた」
  • 「馬鹿馬鹿しいし役立たずだ」
  • 「僕の推薦文を追加してよ『なんて正確な推薦文たち』」
  • 「kragniz, おかしなPythonのメタモジュールばっかり公開するのはよせよ」

via Hacker News

Non Ad Block – 広告だけ表示してコンテンツを隠すブラウザ拡張

ウェブサイト上の広告を表示させないようにする、いわゆるアドブロック拡張はいくつも存在しています。

広く一般ユーザーに普及してるというほどでもないでしょうが、広告収入で運営しているウェブサイト・サービスの中にはこういったツールで広告を非表示にしているユーザーに警告したり、アドブロック拡張を入れてるユーザーを逆にブロックしたりしているところもあります。

Chrome拡張機能の Non Ad Block は、アドブロックの正反対をする拡張で、ウェブサイトから広告ではないものをすべて隠し、広告だけを残します。

通常表示がこんな風なサイトも、

拡張を入れればこんな風に

邪魔な本文に引っかからずに、純粋に広告だけを楽しむことができます。

ぼやかされた本文のリンクも、読めないだけでクリックは可能です。

ソースコード(現在配布中の v1.0.0.1 には、危険なコードは入っていないと思います。ブラウザ拡張の常で将来の更新では保証できませんが)では、ページ上のCSSクラス等をホワイトリストで探して見えるようにしているだけなので、いかにも広告というクラス・タグ名を使っていないサイトではうまく動かず、ページ全面がぼやけてしまうこともあるようです。

そういう意味では、日本語由来のクラス名を使っていたりもする日本のサイトでは、広告の部分がちゃんと引っかからずにあまり面白い結果にならないことも多いのが残念。

アドブロックとこのノンアドブロックの両方を入れてみたところ、みごとに何も読めなくなりました。当たり前か。

via Stupid Hackathon

自撮り棒もここまで来た – MacBookセルフィースティック

スマートフォンのカメラで自分の姿を撮るための自撮り棒(セルフィースティック)、外国人観光客が良く使っているので実際に使っていることを見る機会も増えています。

ニューヨークのMoisesさん (Art404)John YuyiさんTom Galleさんらによるアートグループが発表したのは、スマートフォンじゃなくてラップトップパソコン MacBook を使って自撮りできるようにした、マックブック自撮り棒です。

25

MacBook の重さを考えれば、両手持ちになりますね。

1

今はスマホのカメラもいい性能ですし、パソコンを使う利点って大きい画面ぐらいですかねえ。

6

現段階ではアート作品だということですが、もしパソコンでセルフィーを撮りたいという需要があれば、商品化されるかもしれないですね。

19

via Mashable

(all photos are from macbookselfiestick.com)

Megabite – 並んだ食材から福笑いのように顔を作るアルゴリズム

Megabite は、皿に盛った料理の写真をパーツとして、福笑いのように顔を作るアプリだそうです。

考えてみよう、食べ物もハッピーに見えるに越した事はない。あるランチの時、料理で遊んでるときにふと思ったんだ – このプロセスは自動化できるのでは? 解決すべきビッグな問題がここにあるじゃないか。Let’s face it, food is more fun when it looks happy. I was playing with my food one lunchtime, and I wondered to myself – would it be possible to automate this process? Solving the big problems right here.

megabite

このアプリは画像中の皿に乗った食べ物を個別に切り出し、それをより興味深く並べ替えます。

作者の解説するアプリの全行程は以下のようなもの。

  • 食べ物の写真の撮影とリサイズ、丸く切り出し
  • 輪郭の抽出、閉じてない(例: Cのような形の)輪郭の除去
  • 重複した輪郭や多重の輪郭(例: 目玉焼きの中の黄身)の除去
  • 抽出した要素を含む最小の長方形の決定
  • 要素の数に応じた3つの顔型のテンプレートからの選択
  • テンプレート中の要素の形に合わせて、どの食べ物をどこにはめるかの判定
  • 要素に最もフィットする方向に食べ物を回転
  • 食べ物をポップさせたりしながら、回転して最終形を表示する

動画でアプリが動く様子が見られます。

ツールはiPhoneアプリとして作成されていますが、iTunes Storeには見当たらないので一般公開してないか、申請中なのかもしれません。ソースコードがGitHubで公開されているので、自分でビルドすれば試せるかもしれません。

via Hacker News

平手打ちで起こしてくれる目覚まし時計を作ってみた人

シモーヌ・ギエーツさんの発明工作・slap(平手打ち)で起こしてくれる目覚まし時計です。

The Wake-up Machine VLOG - YouTube

物理的な攻撃を受ければ、単なるアラーム音などよりも起きられるような気はしますね。

動画では、回転部分に髪の毛が巻き取られてひどいことになったりもしていますが。

実用化に関しては、いかにして頬っぺたの場所を正しく叩けるかが鍵になりそうな気がします。

こちらは過去のギエーツさんの動画。

朝食を作ってくれるロボット

自動歯磨きマシン

via Tastefully Offensive

あなたに代わって意思決定してくれるwebサービス Yes Or No?

Yes Or No?は、重要な決断をあなたに代わって行い、アニメーションGIFで伝えてくれるという単機能に特化したウェブサービスです。作者は@neuling2kさんと@crtvhdさんの二人。

yesno.wtf-2

リロードするたびに、”Yes” または “No” の結果を得ることができます。

yesno.wtf-3

yesno.wtf-1

APIも提供されていて、Yes/No の結果と、それに合わせたGIF画像のパスを得ることができます。

すでに、APIを使ったツイッターアカウント@ynwtfが登場しています。@ynwtf に対して質問すると、Yes/No の決断を返してくれます。以下のように。

どうにも自分で決められない決断がある時に使ってみてはどうでしょうか。と無責任に言ってみる。

via Product Hunt