「パズル」タグアーカイブ

Magic Sudoku – iPhoneカメラで撮るだけの数独回答アプリ

Magic Sudokuは、iOS 11 の ARKit を使った、数独の答えを教えてくれるARアプリです。

iPhone のカメラを数独の問題に向けるだけで、画面内に一瞬で答えが出てきます。こちらがデモの様子(クリックで開きます)。複数の数独を解いて、全部画面中に表示されたままにできるんですね。

My boss made an augmented reality app that solves sudoku puzzles

数独の回答ツール(ソルバー)は昔からたくさんあるのですが、問題をパソコンやスマートフォン上で入力するのが面倒でした。画面上の問題をカメラで認識することで、この手間が大きく省かれたと言えます。

パズルを機械に解かせてどうすんだ、という話はありますが、人間が(ときには何時間も)うんうんうなってやっていたことを解決する事例、としては十分魅力的だと思いました。数独という、カメラで認識しやすい形の問題だからこそできたものですが、今いろいろな会社や工場で人が時間を掛けてやっている作業が、こんな風に簡単になったらすばらしいですね。

Magic Sudoku

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
言語: AR, NL, EN, FR, DE, JA, KO, PT, ZH, ES, ZH
価格: 120 (JPY)
バージョン: 1.8

開発者: Hatchlings, Inc.
公開日: 2017年9月19日
評価(全バージョン): 評価なし
評価(現バージョン):
(1人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4

via Product Hunt

3Dプリンタで作られた22×22ルービックキューブ、3度目の正直で完成

22×22のルービックキューブがついに完成した、という動画が作者の Coren さんによって公開されました。

22x22-rubiks-cube

2691個のパーツを一辺20センチのサイズに組み上げたこのルービックキューブ、 Prusa i3 という3Dプリンターでパーツを作成したそうです。製作期間は実に8か月。製作費は130英ポンド(22,000円(246万8180ドル)ぐらい)

22x22-rubiks-cube-size

サイズ比較。3×3、4×4、5×5 のキューブと並べられると巨大さがわかります。

角のパーツが他に比べて非常に大きくなっていますが、個数を増やせば増やすほど、コーナーのパーツを大きくしないと回転中に角から外れてしまうためだそうです。

Thingiverse では、このパーツの設計図が公開されていて、3Dプリンターとやる気があれば自分用を作ることもできます。

22x22-rubiks-cube-parts-data-download

この22面キューブ、昨年11月には2度目の組み立て失敗が報じられていました。

7ヶ月かけて完成した22x22x22巨大ルービックキューブのあ゛あああっとなる最期 : ギズモード・ジャパン

崩れずに組み上げるために、パーツの調整など多数の苦労があったんでしょうね。

via reddit

ターン制シューティングゲーム Mighty Tactical Shooter

シューティングゲームは好きだけど反射神経に自信がなくて、という人や、年を取って反射神経が追い付かなくなってきたという往年のシューターのための新プロジェクトが、Mighty Tactical Shooter。なんと、ターン制で遊べる、グラディウスのような横スクロール型のシューティングゲームです。

ゲーム画面内では、静止した状態で、敵の進行方向や敵が撃ってくる弾の軌道の予測なども表示される中、自機の次の移動方向や弾の発射方向を入力します。

mighty-tactica-shooter

時間を掛けて次のムーブを決めたら、ターンを進めて結果を見ます。結果やられていなければ、また新しい状況で次のターンのムーブを設計します。

mighty-tactical-shooter-1

自機の移動を決め、発射する武器を決め、武器の軌道を決め、と、ターンごとにすることはかなり多いです。

mighty-tactical-shooter-2

重力を変化させて敵の弾の軌道を変え、さらには敵の同士討ちまで誘えるような、ターン制の特徴を生かした武器などもあります。

Kickstarterで1万ポンドの支援を呼び掛けており、4割がた集まっています。完成したゲームを入手する最低寄付金額は10ポンド、早期申込みで8ポンド。

Unityベースで作られたプレ・アルファ・レベルのデモ版がすでに提供されていて、Windows/Macintosh/Linux で2面のサンプルを遊ぶことが可能です。

ちょっとだけプレイしてみたのですが、ものすごく面倒です。一面プレイするのにそうとう時間が掛かりそうだということはわかりました

via Technabob

過労死ゲーム – 死ぬことと見つけたり?

karoshigame-title

ゲームクリエイターJesse Venbruxさんの手による「過労死」をテーマした一連のパズルゲームKaroshigame、ありがちなパズルゲームに見えますが、プレイヤーの目的は障害を避けたりクリアすることではなく、なんと死ぬこと。

karoshi

壁の針山、重い金庫、ボタンで消える壁、ピストル、ジャンプ台、高圧電流、などいろいろな用意されたアイテムを活用して、なんとかして死ななければいけません。(どうしても死ねなくなったらRキーでやりなおし)

Windowsアプリ、Flash版(1,2版)、Android版(有料)にiOS版(有料)など、いろいろなプラットフォームで複数の過労死ゲームが公開されています。

YouTubeにはファンが作ったらしい攻略ビデオもいくつか公開されていますね。

死ぬのが目的のゲームに、「過労死」とか「サラリーマン」(和製英語です)などの用語を持ってきたあたり、作った人は日本通なのかもしれません。仕事のし過ぎで死ぬ事に名前がついているというのが外国人にとってインパクトが大きいという不名誉な背景もあるでしょうけど。

[アプリid:406650835] 指定されたアプリケーションが見つかりませんでした。削除されたのかもしれません Embed iPhone/iPad App

via Reddit

Untrusted – JavaScriptをいじって先へ進むRogueライクゲーム

ローグライクゲーム、というジャンルがあります。Rogue(ローグ)を代表とする自動的に生成される迷路・迷宮から脱出するというゲームで、日本で有名なものでも、ネットハック、トルネコの大冒険、チョコボの不思議なダンジョンなど多数あります。

Untrusted は、そのようなローグ風ゲームのバリエーションなのですが、JavaScriptのコードを操作することでパズル的な迷宮を解き、先へ進むというのが最大の特徴です。

untrusted-3

画面左の迷宮で、自分のキャラクター”@”を、階段”□”まで、カーソルキーを使って導かなければいけません。しかし、普通に上下左右に移動しただけでは、出口にたどり着くことはできなくなっています。

そこで、右側のコードに書かれた、迷宮を生成するJavaScriptのコードのうち、書き換えて良いという黒地の部分を変更し、Ctrl+5 で実行するとあら不思議、壁や出口の場所を書き換えてしまうことで、次の階へと進むことができるようになるというわけです。

いかだを使ったり鍵を探したりと、面ごとに違う趣向の障害が配置されています。

その階がどういうトラップなのか、どんな障害が設けられているかというヒントがJavaScriptのコメントとして書かれているので、解く際の参考になるでしょう。

untrusted-2

壁を描画している部分の位置を書き換えるとか、出口の場所を移動するとか、で解ける面もありますが、後の面ではそれらを防ぐようなバリデーション・コードが追加されたりして、同じ手は2度使えないようになっています。

UntrustedのソースコードはオープンソースとしてGitHub上で公開されています。ソースコードを見れば現在のダンジョンが何階あるかはわかってしまうのですが。

# HackerNewsで紹介されたせいで、現在ゲームはちょっと重かったり、正しく動かなかったりすることがあるようです。その場合は、footerにリンクのあるミラーサイトで遊んだり、オープンソースですから自分のところで動かしたりということもできます。

via HackerNews

ルーレットキューブ – ダイヤル+ルービックキューブ

このhttp://toys.brando.com/roulette-wheel-iq-cube_p01168c042d023.html” target=”_blank”>Roulette Wheel IQ Cube(ルーレット・ホイール・IQキューブ)、ルービックキューブのようですが、各面に色だけでなく1から12までの数字がついたダイヤルがついていて、その数字を順番に並べる必要もあります。面の色を合わせるだけのルービックキューブよりも、合わせるのが

roulette-wheel-iq-cube

roulette-wheel-iq-cube-2

roulette-wheel-iq-cube-3

ちなみに、ルービックキューブの大流行は1980-1981年だそうです。最初の流行を知ってる人は、もういい年なんですね。流行の後も、面が4×4のやつや5×5のやつ、面の形が三角形のや五角形のなど、いろんなバリエーションが出ましたが、どれも元のルービックキューブほどの人気は得られてないですね。このルーレットキューブは果たしてどうでしょうか?

via SMASH IT WITH A HAMMER: New Rubik's Cubes With Circular Spinning Dials | Geekologie