「パロディ」タグアーカイブ

1980年代のアマゾンがどんなサービスだったかを紹介する動画

「ワールドワイドウェブ(WWW)の不思議」という1980年代のテレビ番組で、当時の Amazon 社のサービスを紹介している動画が見つかったようです。

「パソコンで行けるデパート」であるアマゾンを使うのに必要なのは、モデムとインストールディスクだけ。

初回はお店のデータベースのダウンロードに、モデムをピーガーと言わせながら15分ほど掛かりますが、2度目からは1分以内に起動するそうです。

アマゾンのトップは、アドベンチャーゲーム風のエレベータ。買いたいもののカテゴリーを選ぶと、そのカテゴリーのページに移動できます。

各メニューのタイトルの一文字目がブリンクして、そのキーを押すと移動できる、というあたりのギミックも昔懐かしい感じ。商品の型番を手で入れないと見られないのは、マウスとリンクが当たり前の今の時代からみたらだいぶ不便そうです。

アマゾンといえばユーザーレビューは外せません。ちゃんとレビューを見ることもできます。ヤニー・ローレルさんはこのテレビが気に入らなかったようですね。

3:30 頃からは、アマゾンprime の紹介(あったんだ!)。送料無料やレンタルビデオ店で使えるクーポンの他に、音声応答サービス Alexa が紹介されています。

Alexa の番号に電話を掛けると、なんでも答えてくれるそうです。デモによると、掛け算の答えを訊いたり、今の大統領の名前を訊いたり(ロナルド・レーガン!)、モーニングコールを予約したり、テレビ番組がどのチャンネルでやってるかお訊いたり、音声でいろんな手伝いをしてくれるようです。

# Amazon の前身である Cadabra.com 社の創業は1994年、ウェブの登場は1991年です。念のため

via Laughing Squid

IDEA – イケアのマニュアル風にアルゴリズムを説明

IKEA の組み立て家具の説明書のような形式で、言葉を使わずにコンピューターの各種アルゴリズムを説明しようというサイト IDEA です。

もともとサンドル・フェケトさん(Sándor P. Fekete)が作っていたものに、セバスチャン・ムーアさん(Sebastian Morr)とセバスチャン・スティラーさん(Sebastian Stiller)が参加し、教師や学生、その他興味のある人が使えるように公開するようになったということです。

マージソート、クイックソート、ボゴソート、二分探索、平衡二分木、公開鍵暗号、一筆書き、グラフ探索、の8種類が、言葉を使わずに絵だけで説明されています。

元のアルゴリズムについて一度は学んでいないと、図だけで何のことかわからない、というものもあるとは思いますが、なんとか簡単に図でおさめようと努力された工夫が見て取れ、面白いものとなっています。

これらの図は、クリエイティブ・コモンズ4.0 by-nc-sa の条件の下で、改変したり配ったりして大丈夫だそうです。

via Kottke

書籍「エラーメッセージでググれ」「Stack Overflowからコピペ」

いつもの動物の写真の表紙なので、本当にオライリーが出してるのかと思いそうになりますが、ウェブに流れているパロディ表紙です。

“Googling the Error Message”(エラーメッセージをグーグル検索する)

出版社のところが “O RLY?”(Oh Really? 本当に?)となっています。

このツイートに対して、「こっちも忘れるなよ」と出されてるのがこちら

“Copying and Pasting from Stack Overflow”(スタック・オーバーフローからコピー&ペースト)

こちらの表紙は”O’Reilly”と書いてあってちょっとやりすぎ感がありますね。

エラーメッセージを検索するのはトラブルシューティングの基本中の基本だと思いますし、いろいろ調べてわからなかったら質問サイトで同じ問題に捕まっている人やそれへの回答を見つけるもの有用なのは間違いないので、パロディですが良いアドバイスですよね。

と思ったら、後者については表紙に触発されてタリク・アリさん(Tariq Ali, GitHub@tra38)が本文を書いちゃってます

そんなに長い電子書籍ではないですが、Stack Overflow などの質問サイトで回答されているコードを利用したい時のライセンスについて、著作権保護の対象外となる「コード片(snippets)」とCC-BY-SA 3.0で保護される「もっと大きなコード」について、この二つの間の境界は曖昧であることや、それぞれを製品等に組み込むとした時にどのようなライセンス上の問題が起こりうるか、安全側に倒したい際の手段(クリーンルーム手法)、などまでを解説しています。

Stack Overflow 上のコードが著作物とされるだけ長い場合でも、CC-BY-SA 3.0 から CC-BY-SA 4.0 への自動アップグレード経由で GPL 3.0 や Aertistic license として扱える、と書いてあり、そんなことになってたのか、と勉強になりました。

他にも、「オリジナルコードの作者への言及を消していい、あるいは消した方がいいのはどれぐらいコードを自分で書き変えた時か」とか「Stack Overflow に書いてあるコードをただ適当にコピーすることの危険性。複数の回答がある中で間違いや質の低いコードをいかに見分けるか」といった実践的なアドバイスがまとめられています。

プログラマーを動物に見立てた解説パネル

Jason Chuさんの作成した Software Engineer (学名ナルディウス・ギーキウス)の解説パネル

View post on imgur.com

プログラマーの職場のドアに貼られていたそうです。(クリックでオリジナルを表示)

nerdious-geekius

ソフトウェア・エンジニア

ナルディウス・ギーキウス

人目を避けるソフトウェア・エンジニアは夜行性の生き物で、午前中10-11時より前に机で見つかることはまれですが、頻繁に夜遅くまで観察されます。作業中に中断されることを嫌い、たそがれ時を好む傾向はトランス状態風のコーディングを中断されないための進化的適応であるとの学説があります。

驚くにはあたりませんが、「コードレビュー」と呼ばれる不定期の集まりを除けば、ソフトウェアエンジニアは孤独な生き物です。これらの集まりでは、エンジニアが穏やかにお互いの仕事を毛づくろいし、また分量を増やしてまわります。時折争いは生じますが、ほとんどの場合ケガをするようなことはなく、エンジニアは自分の机に後退しひきこもりを再開します。

主な生息地(地図)

エサ: ピザ、カフェイン飲料、ポテトチップス

保護状況: 密猟と首狩り(ヘッドハンティング)により絶滅の危機にある

まめ知識: ソフトウェアエンジニアは字下げのスタイルをめぐって残酷に殺しあうことで知られてきた。

データ・サイエンティストの解説パネルもある模様。

via reddit : ProgrammerHumor

[動画] 「新しいiPhoneは、シンプルに悪い」

新しいiPhone 7からイヤホン端子を取り去ったApple社に対する不満を持ってる人が多いようですが、アップルのCMを真似て、「なんでも改悪するアップル」と揶揄した動画 “The New iPhone is Just Worse”.が人気を集めています。

Appleのチーフデザイナー、ジョナサン・アイブ氏(風)のナレーションで始まるパロディCMは、

「ほとんどの会社では、製品をより『良く』することに尽くしています。しかしアップルは think different であることに誇りを持っています。iPhone 7では、そう、一見すると直観に反するような、実際反してるのですが、『悪く』しました」

iphone7-worse

あまり似てないティム・クックCEO 「すべては『シンプルさ』です。すべてはたった一つのポートを通ります。あなたはこう思うかもしれません『もし音楽を聴きながら充電したいと思ったときはどうするん… クソ!』」

「そう、Bluetoothイヤホンを買えばいいんだ。そう問題は解決した! そして普段iPhoneをイヤホンジャックで車につなげてたとしたら… フ**ク!」

iphone-tim-cook-parody

同じ哲学の基に作られた製品も紹介されます。

ipad-backs

iPadの背面を二つ張り合わせた iPad Backs や、今だに活用法が見つからない Apple Watch。

最後のほう、クック氏は「アイブ氏がランダムに機能を取り去っているような気がして怖いんだ」とひそひそ声で告白するのですが、「助けてスティーブ!」の祈りも通じなかったようで…

フロッピーディスクやプリンタポートなどを取り去ったAppleのデザインは後世に大きな影響を与えてますけどね。数年後には誰もイヤホン端子を使わなくなっている、ということもあるのかないのか。

[動画] アニメ野球(Anime Baseball)

YouTube上でスペシャルエフェクツを使った動画を公開する制作集団コリドール・デジタル(Corridor Digital)の新作は、アニメ的お約束を大量にぶち込んだ野球のお話。

anime-baseball-main-protagonist

9回裏1死、チーム一のバッターが打ち取られた後に打席の回ってきた冴えない主人公カービィー

anime-baseball-lightning

その時電流走る! 相手のサインを解読できれば…!

anime-baseball-bystanders

驚き役による解説はアニメの華ですね。

anime-baseball-cheat-ball

100マイルの球を投げる敵ピッチャーが、さらに「悪」と描かれたインチキ球にすり替えをするのですが、

anime-baseball-steal

それに気づいた一塁ランナーが謎の単独スチール! その狙いは?

3分ちょっとの動画に、これでもか、というぐらいの「あるある」が詰め込まれた短編となっています。

…なんで一塁ランナーはボール持ってたんでしょう?

via Ufunk.net