「フェイク」タグアーカイブ

実験「インスタグラマーは作れる」 影響力のある人気アカウントが$300以下で

Mediakix が Instagram の人気アカウントを人工的にでっちあげるという面白い実験結果を公表しています。

今回彼らが作り上げたイイ感じの Instagram アカウントがこの二つ

ファッション・インスタグラマー

アレクサ・ラエさん(calibeachgirl310)は、「サンタモニカ在住でファッションとライフスタイルに関して影響力を持つ」という設定。

実際に載っている写真は、ローカルモデルを雇って一日で撮り上げたもの。

旅行インスタグラマー

アマンダ・スミスさん(calibeachgirl310)は、「旅行と写真に関して影響力を持ち、パリやヨセミテ、マウイ島など世界各地で撮った写真を投稿する」という設定。

こちらの写真は、後ろ姿で映った金髪女性をストックフォトサービスで集めたもの。

フォロワーの購入

一日も掛からずフェイクアカウントの見栄えを完成させたあとは、用意した写真を毎日小出しに投稿しながら、フォロワーを1000人あたり$3(340円)-$8(908円) で購入していきます。フォロワーを売っているサービスはいくつもありますが、安めのサービスは納期を守らなかったりと問題があり、最終的には$8(908円) /1000人程度の値段のサービスで落ち着いたということ。

一日に1000人で始めたのは、あまりに多すぎると運営に気づかれてアカウントを停止されてしまうことを恐れてだそうですが、やってみたところ一日15000人の増加でも大丈夫そうだ、という知見が得られたそうです。

2か月かけて、ファッションアカウントは5万人、旅行アカウントは3万人のフォロワーとなりました。

Surf's up

A post shared by Alexa Rae (@calibeachgirl310) on

いいねとコメントの購入

フォロワーが数千人を超えたあたりから、「いいね」と「コメント」の購入にも着手しています。コメントの価格は一個あたり12セント、いいねは1000個あたり$4(454円)-$9(1021円) で買えたそうです。

安いコメント業者は写真の公開からコメントをつけるまでに24時間かかったそうで、価格が上がればより早く反応があるように見せられるんですね。

一枚の写真に対して、いいねが500-2500個、コメントが10-50個ぐらいつくようにしているそうです。

# コメント欄を良く見ると、たしかに何も言ってないような単純なコメントがいっぱい並んでるようにも見えます。が、本物のコメントでもそういうのばっかりの場所もありますからね…

インフルエンサープログラムへの参加

フォロワーが1万人を超えたあたりから、様々なインフルエンサープログラムに登録することができるようになるそうです。「影響力があるインスタグラマー」と認められることで、プログラムから各種ブランドの宣伝依頼が降ってくるようになります。

今回の実験アカウントでは、それぞれのアカウントで2社の有料宣伝依頼をゲットすることに成功した模様。ナショナルクライアントのアルコールや食料品に関するブランドで、支持に従って行動することで、金銭の報酬や商品の無料提供、あるいはその両方を受け取れることになったそう。食品が無料で貰えるのは、それを写真に撮ってアップロードしろということでしょうね。

現在この二つのアカウントのプロフィールには「フェイクの実験でした」と種明かしがされていて、引っかかってしまったナショナルブランドに関する投稿などもされていません。それらのブランドのインフルエンサーマーケティング担当者は肝が冷えたことでしょうね。

フォロワーやコメントの購入先については明らかにしていませんが、検索すると簡単に見つかるそうです。また、インフルエンサープログラムの運営が大手か中小かに関わらず、いろいろなブランドの提案が届いてしまったということ。大手なら厳しく偽物を排除できているのでは、とも言えなさそうですね。

via Bored Panda

バッキンガム宮殿から全裸男性が脱出しようとした動画、の怪しさ

イギリスのバッキンガム宮殿から全裸で逃げ出そうとした男性、という動画が少し広まり始めています。

バッキンガム宮殿前の騎兵交替を見ていた観光客が偶然気づいた、という風な作りの動画、宮殿の壁に細長くしたシーツを垂らし、裸の中年男性がバルコニーからスルスルと降りていくのですが、途中で落っこちていくというもの。

https://www.youtube.com/watch?v=NQTBepU7D0U

観光客の女性二人がスウェーデン語で話してるのは、「ねぇ! あの人裸よ! うわぁ… なんて馬鹿なのかしら。あなた撮ってる? 」という内容らしいです。

バルコニーのあたりはエドワード王子の寝室だそうで、宮殿の警備体制の問題や落ちた男性の無事、逃げようとした動機など疑問はつきないところですが、こんな動画が撮られているのに大手メディア等には何も関連ニュースが出てこないし、有名観光地なのに他の目撃情報がツイッター等にも無いことから、最初からこの動画を怪しむコメントもそれなりにあったようです。

あっという間に検証する人が現れて、全裸男性が逃げようとした部分の壁が本当のバッキンガム宮殿の壁とは色も微妙に異なり、柱のデザインや窓の桟の数なども本物とは異なることなどが指摘されています。

検証者Jon Rosling氏による本物と動画のバッキンガム宮殿比較
検証者Jon Rosling氏による本物と動画のバッキンガム宮殿比較

検証したのがグーグルストリートビューやFlickrの写真で、一歩も動かずに行われているのもネット時代っぽいです。

となると、バッキンガム宮殿前の動画に、どこか別のところで撮影した似たビルの映像を合成したものではないか、というのが一番ありそうなところ。

登場するスウェーデン人女性の素性を知る人などもコメントで登場し、投稿者のアカウントなどからも、動画の作成者まで特定されつつあるよう。

YouTube での再生回数はもう少しで100万回再生ぐらいというところ。

有名ユーチューバーの活躍で知られるように、動画提供者は動画の再生回数に応じて Google から広告料の分け前受け取ることができるのですが、以前は10回再生で1円(113ドル)ぐらい貰えたのが、最近はさらに少なくなっているのだとか。

YouTube にこんなお騒がせな動画を載せる動機があるとすればその辺りかなとも思うわけですが、そうだとすれば現状では数万円になるかどうかというところでしょう。

今はここまで本物っぽい偽動画が作れるのか、と感心してしまいますが、こんな動画が次々出てきたら何を信じてよいのかわからなくなりますし、今回のような早期の検証がいつも行われるとも限りません。

運営にとっても線引きは難しいのかもしれませんが、注目を集めるだけが目的の偽物には報酬が渡らないようにするなど対処してほしいですね。