「フェイスブック」タグアーカイブ

Ello – 新たなFacebook対抗ソーシャルネットワーク

Ello という新しいソーシャルネットワークサービスが招待者のみのベータ運用で始動しているのだとか。

今日あたりは、ツイッターやフェイスブック上の英語圏で「誰か Ello に招待してくれないか?」というメッセージが多数飛んでいるようです。

ello-beta-top

招待されてないので中には入れていませんが、マニフェストによれば、Ello は「広告主に支配されていないソーシャルネットワーク」を目指すもののようです。

「投稿・友達・フォローのすべてが追跡・記録され、広告主がそのデータを買い取るようなソーシャルネットワークでは、あなた自身が売買される商品なのです」というのは、Facebookなどについて良く言われるところです。

Ello は利用者が商品にならないネットワークを目指すということ。現在は広告が載っているフェイスブックやツイッターなども、最初は広告が無かったではないか(=人気が出たら広告載せるんでしょ?)という想定質問に対しては、広告が嫌いで Ello を始めたし、ユーザーページには大きく「アカウント削除」ボタンを置いてあるので、Ello の方向性が望ましくない方へ変わったと思ったらいつでも退会してほしい、と言っています。

では広告やデータ販売無しにどうやって運営するつもりなのか、ですが、有料での追加機能を販売することを検討しているようです。ユーザーに合わせたさまざまな異なる小さな機能を売ることで、大多数のユーザーが無料で使い続けられるようにしたいとのこと。

過去のFacebook対抗ソーシャルネットワーク

「フェイスブックの良くないところを解消した新しいソーシャルネットワーク」はいくつも出てきましたが、一番ニュースになったのは Diaspora でしょうか。ニューヨークの学生4人がクラウドファンディングで立ち上げた Diaspora は、利用者のプライバシーを尊重するという触れ込みで多くのニュースで取り上げられました。オープンソースベースで開発が続けられ、今はコミュニティ管理となっているようです。複数のDiaspora サーバを建てて、それを既存の Diaspora ネットワークにつなげる分散型です。

OneSocialWeb は、開発はアクティブではないが、続いてはいる模様。こちらも分散型のネットワークです。

Anybeat (旧 Altly )は匿名性を売りに立ち上げられましたが、CEO のdmitry Shapiro さんがGoogle の Google+ チームに移籍し、閉鎖。ドメインは別のスタートアップの予告サイトに転送されてしまっています。

プライバシー重視、広告無し、匿名性保証など、フェイスブックに対する不満から対抗サービスを作るというのは定期的にニュースになりますが、ここまで多くなったフェイスブック利用者にとって、既にそこに友人たちのネットワークが存在するという点を考えると、そのためだけに別の新しいネットワークに移るのはなかなか難しいでしょうね。プライバシーや匿名性などについても、それほど気にならないとか、仕方が無いと思っている利用者が実は多数派なのかもしれません。

さてこの Ello は伸びるのでしょうか。もしそれなりの人気を博すことがあったとしても、日本に入ってきた時には名前で困りそうだなあ。

Dacupid – フェイスブックの友達で「お見合いおばさん/お見合いおじさん」するアプリ

香港からのスマートフォンアプリDacupid (ダ・キューピッド)は、フェイスブックの友人から「この人とこの人は相性がいいのでは?」と思う二人をくっつけるためのサービスです。(iPhone / Android)

1. フェイスブックでログインしたユーザーは、

2. 自分の知り合いの中から「この二人は合うかも」という友人を選びます。(選んだ内容がフェイスブックに投稿されたりすることはないそうです)

dacupid

3. 選ばれた二人には招待状が送られ、それぞれがアプリをインストールすると、アプリ上で匿名で一対一のチャットができるようになります。(誰が推薦したかはそれぞれに伝えられます)

4. もし双方が相手のことを気に入ったら、アプリ上で名前と写真がチャット相手に公開されます

匿名でチャットして、うまく行きそうになければ正体をしらないまま切り上げられるのが利点なんでしょう。気はあったけど容姿が嫌、とかだとダメですが。

「うまくいく時だけ正体を明かしたい」というネット恋愛ツールのアイデアとしては、サービスに自分が好きな相手を登録し、お互いがお互いのことを登録した両思いの時だけお互いに通知される、というものが昔からありますね。今回のDacupidのアイデアは、恋愛する本人のアクションすら無しに、周囲のお節介な人が出会いの起点を作るという点で、さらに一歩踏み込んだものと言えるかもしれません。出会いを求める気も、恋愛する気もなかったかもしれない人たちを引き合わせるのですから。

いじめやからかい目的で使われる可能性もあるかなあというところがちょっと気になるところですが、草食化とか少子化が問題とされ、お見合い文化が今でも少しは残っている日本向けにチャンスがあるアイデアかもしれないなと思いました。一人のユーザーから2人ずつに招待が飛ぶわけで、もし流行しだした時のバイラルに広がる可能性は高そうです。

また、LinkedIn等のビジネスSNSでも、こういうお節介が機能として組み込まれているといい場合があるかもしれないですね。「この人とこの人が一緒に仕事したら良さそうじゃないか?」みたいなのを、メールやSNSにあるメッセージ機能でつなげまくる、いわゆるコネクターと呼ばれる人がスタートアップ界隈にはいますが、SNSの機能として存在すれば、そういうつながりの奨励がより多くなったりするのかもしれません。

[アプリid:449107729] 指定されたアプリケーションが見つかりませんでした。削除されたのかもしれません Embed iPhone/iPad App

via Hacker News

Facebookボードゲーム

Pat C. Klein さんがデザインした、モノポリーをベースにしたFacebookのボードゲームです。

facebook game

ボードのデザインは、ちゃんとフェイスブックのデザインや色を踏襲していますね。

facebook 3_905

土地のところは、イイネ、写真、イベント、コメント、友達申請といったFacebook内の用語が割り当てられています。

チャンスカードと募金カードは、LikeカードとStatusカードになっています。

facebook 1_905

「フェイスブックのようなソーシャルネットワークは、孤独感、落ち込み、不安感を助長する、というスタンフォード大の調査結果に対する一つの回答がこのボードゲームです。パソコンや電話越しにフェイスブック上でやりとりする代わりに、友達で集まって飲みながらこのゲームを遊んでみてはどうでしょう」

だそうです。

via Facebook – The Board Game | Ufunk.net

フェイスブックで霊界からのイイネ!が発生中?

ReadWriteWebのバーナード・メスラーさんの記事Why Are Dead People Liking Stuff On Facebook? (どうして死者がフェイスブック上でイイネを押すのか?)によると、既に亡くなっているはずの友人による、本人が好みそうにもないブランドページなどに「いいね!」を押したという通知がタイムラインに上がってくるという体験をしているユーザーがいるそうです。

先月、友人のブレンダン・オマリーさんがFacebookをなんとはなしに使っていたところ、友人のアレックス・ゴメスさんがクレジットカード会社のDiscoverにイイネをしているのを見て驚きました。アレックスさんがそういった大企業のことを嫌っていたからというのもありますが、何より彼は半年前に亡くなっていたからです。

今年3月26日か27日頃に亡くなっていたアレックスさんのイイネの日付は、11月1日でした。こちらがその証拠のスクリーンショット。

元々これは、メスラーさんが「Facebookで怪しい動作があったら画面を送ってほしい」と友人たちに呼びかけたことに対して来た返事だったのですが、これ以外にも、完全にリベラルな友人が(保守的な大統領候補の)ミット・ロムニー氏にイイネしたり、車を持ってない友人がスバルにイイネしたり、ベジタリアンがマクドナルドにイイネしたり、という情報が集まってきたということ。

そして、イイネした本人に確認してみても(亡くなった方は無理ですが)、誰も、そんなページのイイネを押した覚えはない、というのです。

フェイスブックに問い合わせた著者は、「アカウントが”memorialized”(記念されている)状態、つまり、誰かがフェイスブックに「この人はもう亡くなってますよ」と教えた場合に移行する状態、でなければ、死んだ人からのイイネは起こりえます」という回答を得たそうです。もし誰もフェイスブックに友人の死亡を伝えなければ、フェイスブックはその人がずっと生きているままだと考えるというわけです。

そうだとすれば、何ヶ月も前に押された「イイネ」が、友人のニュースフィードを流れ流れて、今のタイミングで通知されるということは、有り得なくはないということ。しかし、このアレックスさんと、もう一人同様に報告された既に亡くなった人から来た新着イイネが、とても本人が支持しそうにないブランド・会社へのイイネだったという謎の方は解けていません。

そのあたりは、フェイスブック側の回答では、「人々は間違ってイイネを押すこともありますよ、特にモバイル版など画面がせまい時などは」ということです。著者が集めてきた謎のイイネの事例のうち少なくとも一つは、本当に本人が押したものだ、と詳細な時刻まで添えて来たということ。

もともとこのメスラーさんが聞き取りを始めたのは、お金を払ってFacebookページを売り込むPromoteページの効果が予想より低いぞ、ということからだそうです。彼は、「もしそんな多くの間違いイイネが存在するとしたら、『利用者の好みを正確に集めているからフェイスブック上での広告は効果が高いのです』というそもそもの売り込みも、怪しくなってしまうのでは?」という疑問を投げかけています。

僕自身は、それほど熱心なユーザーでは無いからかもしれませんが、これまで友人が押さないようなイイネの通知を受けたり、死者のイイネを見かけたり、という経験はありません。ですので、この著者が言っている謎のイイネが、どれぐらいの頻度で起こっているのか、ちょっとわからないなあと思っています。この著者が頑張って呼びかけたから集まっただけという可能性もあるのかなと。

まあ、フェイスブックでの友人が何をイイネしているか、とか、その友人が本当にそのページをイイネしそうかどうか、というのをそれほど気をつけて見てなかったからかもしれませんが。上記のような体験をされた方はいますか?

フェイスブックの使い過ぎをブロックしてくれるChrome拡張Facebook Nanny

Facebook Nannyは、ナニー(子守)の名前が示すように、あなたのフェイスブックの利用度合いを見張って、フェイスブックにはまり過ぎないように見張ってくれるというChromeのブラウザ拡張です。

この拡張をインストールしたChromeブラウザでは、

  1. フェイスブックを開いた時、届いている通知1件につき1分間が与えられます。通知が無ければ15秒
  2. 上記の時間が過ぎたら、他の通知が来るまでフェイスブックはブロックされます。
  3. メッセージ・プロフィールにはアクセスできるので、新たにメッセージを送ったり、新規に近況を書いたりはできます。

要は、目的がはっきりしている作業はできるけれども、自分に充てたわけでもないタイムラインをなんとなく眺める、という作業はできなくなるということですね。

時間が経つとこのように、「Akky、仕事しないといけないんじゃないの?」というメッセージが出てブロックされます。

仕事に集中するためのよくある対策として、hostsファイルを書き換えて特定のドメインをブロック、というのがありますが、この拡張であれば、仕事の連絡とか自分宛の呼びかけにはちゃんと対処できますし、1つの要件を1分で済ませなきゃ、ということで集中力も上がったりするかもしれません。

# 他のブラウザを使ってでもFacebookにアクセスしちゃえば、効果ないですが。

自分を律することができればこんなもの要らない、という厳しい意見もあるでしょうけど、いろいろな機能があるwebサービスで、必要性や重要度の高い機能だけアクセスできるようにする仕組み、というのは、ものによってはサービス自体が搭載していてもいいのかもしれないな、などと思いました。

フェイスブックの友達をトランプに Personalised Facebook Playing Cards

Facebookfriendsplayingcard
オンラインギフトの通販サイトFirebox の新商品 Personalised Facebook Playing Cards は、あなたのソーシャルメディア上の友達のアイコンをトランプにしてくれるというもの。
Facebookでログインして、54人の友達を選ぶと、その友達のアイコンを使ってトランプを作ってくれます。
Fireboxfacebookfriendsselector
ジョーカーにはこの友達、といった指定もでき、カードには友達の名前も入ります。
お値段は11.99ポンド(1500円(16万8285ドル))。こんなカスタマイズされたトランプを作るのにこの値段は安いですね。Facebook のアイコンを再利用するというアイデアがあってこそという気がします。他にもソーシャルメディアの友人を使ったグッズは考えられそうですね。
via ChipChick