「ブラウザ」タグアーカイブ

Snakisms – ヘビゲームで哲学を表現

SNAKISMS は、古き良きテレビゲームの一つであるヘビゲームをベースに、様々な哲学論・主義(ism)をテーマとしたバリエーションをつけたブラウザゲームです。

最初に、どのイズムで遊ぶかを選ぶと、そのイズムを表現したヘビゲームが始まります。

メニューの種類は上から以下の通り

  • anthoropomorphism (擬人化) リンゴも動く
  • apocalypticism (黙示信仰) 突然の終わり
  • asceticism (修徳主義) 欲望は悪、食べないと点
  • capitalism (資本主義) リンゴだってタダじゃないんだ
  • casualism (偶然論) すべては偶然(?)
  • conservatism (保守主義) オリジナル
  • determinism (決定論) 未来はすべて決まっている
  • dualism (二元論) カーソルは蛇の体を操るが、蛇の心を操るのは心
  • existentialism (実存主義) Wikipedia見たけどわからない
  • holism (全体論) すべてが蛇と一緒に動く
  • idealism (観念論) ヘビゲームを遊んでいると思え
  • monism (一元論) ヘビが神
  • narcissism (自己中心主義) ゲーム終了で新タブが開く(?)
  • nihilism (虚無主義) 蛇もりんごも何もない。メニューに戻ることすらできない
  • optimism (楽観主義) 世界はりんごだらけ。食べても成長しないが
  • pessimism (厭世主義) 世界は閉じていて、りんごはどこか他所に
  • positivism (実証主義) 見えているものしか信じない
  • post-apocalypticism (終末後主義) 荒廃した世界
  • romanticism (ロマン主義) りんごを食べるたびになんか立派なことを言う
  • stoicism (禁欲主義) 壁で死なない(?)
  • utilitarianism (功利主義) トロッコ問題(5人助けるなら1人死ぬのは可)

Hacker NewsのコメントやWikipedia から、なんとなくそれぞれの主義がどういうものか、それが各ゲームのシステムにどう反映されているか、わかったようなわからないような。

via Hacker News

Google検索結果のアドレスを貼り付けると「一回前の検索ワード」が漏れる事がある

ジェレミー・ルービンさんがブログで、グーグル検索した結果を共有した際に一つ前に調べたキーワードが共有先に漏れる場合があると伝えています

再現手順はこんな感じ。

  1. ChromeやFirefoxブラウザのアドレスバーで「最初の検索」で検索
  2. 検索結果のページの検索ボックスで「次の検索」で検索
  3. アドレスバーのURLの中に、「最初の検索」と「次の検索」の両方が入っている

検索キーワードが日本語などの場合は、URL中の表示はエンコードされてそのままでは日本語として読めない場合がありますが、これは変換して戻そうと思えば簡単にできます。

google-search-leaks-previous-keywords

アドレスバーに、「最初の検索」が出ています。

google-search-leaks-previous-keywords-enlarged

簡単に確かめたいならアルファベットや数字だけで上記の再現手順を試してもいいでしょう。URLに出てきた一番目の検索ワードをそのまま目視できます。

このアドレスをメール等にコピー&ペーストして送ってしまうと、「2番目の検索」で検索した結果を送ったつもりが、「最初の検索」という文字列もURLの中に含めて送ってしまうということです。

Internet Explorer でも、アドオンでアドレスバーの検索エンジンをGoogleにすると同じことになりますね。デフォルトのBing検索ではBingに行くので当然再現しませんが。

問題点と影響

ルービン氏の場合は、友人から送られてきた検索結果のアドレスを見てこれに気づいたようですが、その時にURLに含まれていた前の検索ワードは、その友人が文章中に書いているとても一般的な単語だったということ。その友人は、そのとても基本的な単語の意味を調べないとその文章が書けなかったのかもしれない、とルービン氏は推測し、このように関係のない検索ワードが他人に漏れてしまうのは恥ずかしい場合もあるだろう、と述べています。

簡単な単語の意味を調べてたぐらいならまだしも、検索してるのが人に知られたらもっと恥ずかしいキーワードというのもあるでしょうね。

あまりひどいものはご紹介できないのですが、これは2chから見つけたもの

google-search-kindaichi

「金田一一」を検索した同じページで、続けて「金田一二三男」を検索し、それを掲示板に貼り付けたんですね。まあこのケースでは漏れたとしても害はありません。

これまでグーグル検索結果のページのURLを掲示板等に貼り付けたり、メールで他の人に送ったりした人は、もしわかるなら送ったURLに一つ前の検索ワードが含まれていないか、含まれていたとしたらバレて困るキーワードではないか、確認したほうがいいかもしれません。といっても、確認して困っても削除・撤回できない場合も多そうですけど。

完全ではないですが、たとえばGoogle検索で “www.google.co.jp/search?q=” を含めて検索すると、検索結果を貼り付けたページが見つかりますね。site: で限定すれば自分のブログを確認したりもできます。

検索結果を共有する機会、となると、ツイッターやFacebook の過去の書き込み、チャットサービスのログ、などもあるでしょう。

ルービン氏はこの問題についてグーグル社にも伝えたそうですが、「仕様です」「修正しません」という回答を受けたそうです。自分で気をつけないといけないようですね。

via Hacker News

英文を絵文字混じり文に変換する Chrome 拡張 Emoji Translate

GoogleのエンジニアMonicaさんによる、ブラウザ上で表示されているページの英文を絵文字に翻訳してくれるChrome拡張が Emoji Translate です。

emoji-translator

左がオリジナルのページで、右が Emoji Translate ボタンを押した後の表示。これは Windows のChromeなので、絵文字は白黒で表示できない絵文字が多数四角(いわゆる豆腐)になっていますが、Mac 版のChrome だとカラー表示されるでしょう。

emoji-translate-sample

絵文字で表せるような単語だけが変換されるのですが、絵文字に慣れている人なら、全部英語で書いてあるよりも絵文字交じりの英文の方が大意がわかったりするかもしれませんね。

7月17日がいつのまにやら「世界絵文字デー」になっていたようで(絵文字の意味や絵文字規格の動向を解説しているサイト Emojipedia の人が提唱したそうです)、英語メディアではここ数日絵文字関連の記事が多数出てきています。ほとんどの記事はまだ「エ-モ-ジというのは日本語で絵の文字という意味で…」みたいな書き出しですが、この勢いだと emoji という言葉は完全に英語化しそうですね。

via VentureBeat

ASCII Cam – カメラの画像をリアルタイムでASCII Artに変換するサービス

ASCII Cam は、ブラウザ上でwebカメラの入力をアスキーアートに変換するサービスです。

ascii-cam-top

Start cam を押すと、初回はカメラへのアクセスをしても良いかというのがブラウザから訊かれます。許可をするとウェブカムの映像がASCII文字だけで表示されます。

asciicam

ソースコードもGithubで公開されています。

Chromeブラウザはどれだ? ホーム画面を使った挑戦

友人にパソコンを直してもらったら、直したついでにホーム画面にイタズラされた、という話。

大量にChromeブラウザのアイコンがありますが、この中の一つだけが本当にChromeブラウザで、あとはクリックするとInternet Explorerが開くんだそうです。

via A friend returns a fixed computer with a terrifying challenge on the desktop background. | Chrome Game | Happy Place

ブラウザ戦争に搦め手から新規参入者現る。買い物ブラウザPerk

perk-logo

新しいwebブラウザPerkが登場しています。

ブラウザを使ったポイントシステム

Perkブラウザの特徴はというと、

perk-search-rewards

何かを検索するたびにポイントが溜まる

perk-shopping-rewards

何かを購入するたびにポイントが溜まる

perk-sharing-rewards

何かをソーシャルメディアでシェアするたびにポイントが溜まる

そして、ポイントが溜まったら、それらを現金、ギフト券、飛行機のマイル、特定団体への寄付、等の形に変えて受け取ることができる。ということです。

動画によるサービス説明はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=hx0_1cwJjwY

まあ、ものすごく斬新というわけではなくて、過去にもブラウザのツールバーや拡張の形で、ユーザーのオンラインショッピング行動を監視したり、指定のショップへ誘導したり、指定のショップでの購入に対してポイントやキャッシュバックを付与するという仕組みのサービスは多数有ったわけです。

でも、ブラウザ拡張やツールバーをインストールして使いこなせるようなユーザーには、むしろ、自分のネット閲覧情報が企業や店舗に筒抜けになる事に対して懐疑的な人が多いでしょう。そういうポイントプログラムから得られる利益と、自分のプライバシーを売り渡す不利益を比べたら、わざわざ参加することはないな、と判断できてしまうでしょうから「お得だからブラウザ拡張を入れてください!」みたいな呼びかけには乗らないことが多く、結果としてそれほど流行していないのだろうと思います。

しかし、「ブラウザをダウンロードしてインストールし、使う」、ということになれば、(それも高度すぎるというユーザーも居るでしょうけれど、)ツールバーやブラウザ拡張に比べれば、かなり敷居は低くなるでしょうね。ツールバーでもそういうのはありましたが、新規にパソコンを売る時に、プレインストールでPerkブラウザを入れて、デフォルトブラウザにする、といった手だってあります。

中身はChromeと同じ

このPerkブラウザ、彼らが一から開発したわけではなく、Chromeブラウザのオープンソース部分であるChromiumをベースとしたものだということです。速さや信頼性、ポイント獲得部分以外の使い勝手や機能はChromeと変わらないわけですね。

Chromeで新しいタブを開くと、よくアクセスするページやアプリ一覧などが表示されますが、Perkではここのところに、溜まっているポイントを確認できるPerkサービスのポータルが表示されるようです。

Pando Dailyの解説によれば、溜まったポイントが換金できるようになるには、90日間待つ必要があるそうです。この期間は、「とりあえず大きな買い物をしてポイントを受け取った後で、品物を返品をすることで代金も取り戻す」、といった悪意の利用者を防ぐために必要だということです。定期的な利用者で問題行動が無いとわかっている利用者については、将来的にこの期間を縮めるようなアイデアもあるということですが。

現在はWindowsとMscOSX向けのパソコン版だけが提供されていますが、スマートフォンやタブレット向けのPerkも検討中だとのこと。

Chromeとほぼ同じ、といっても、よほどのオンラインショップ・ヘビーユーザーでもなければ、わざわざ似たような別のブラウザを入れて使い分けるかなあという気もしますが、そういうユーザーのために、Chrome拡張でPerkの一部機能を提供する、ということも並行して行っているようです。

プライバシー

Perkのサイトでは、このPerkブラウザを使って買い物したらポイントがつく店舗の長い長いリストが載っています。アメリカの楽天もありますね。

perk-shops

おそらく、個別に契約しているわけではなく、他のアフィリエイトネットワークを使っているだけではないかと思いますが。オンライン購入の最大手アマゾンは対応していないようです。

たとえば、Firefoxブラウザのデフォルトのスタートページは、Google検索になっていて、Firefoxを作っているモジラ財団はグーグル社から多額の掲載の謝礼を受け取り、それを運営費に回しているわけです。

とは言っても、販売業者と手を組んで、自分のネットサーフィン活動をモニターし、店への誘導や買い物の提案までする(かもしれません。長い長い規約を読んでないので)ようなブラウザとなると、ポイントが貰えるからといって、どれぐらいの人が使おうとするのでしょうかね?

この手のサービスは、買い物するネットユーザーよりも、売る側の企業に対してのアピールが効くのではないかなと思います。自社のショッピングサイトに案内したり閲覧・購入を補助したりするようなツールバーを配っていたショッピングサイトも多いですが、売る側の夢がつまった企画なんでしょうね。ツールバーの時と同様、オープンソースのブラウザをベースにして、御社の顧客に独自ブラウザを配布しましょう、というような売込みが今後出てきたりするのかもしれません。

via Perk: A simple Web browser that rewards online shoppers