「ベッド」タグアーカイブ

Ori – 狭いリビングを用途ごとに変化させるハイテク移動家具

壁に沿って移動することで、一つの小さなスペースが寝室、ラウンジ、クローセット、作業机、ソファ(Queen版のみ)などに変化する、というコンセプトの家具が Ori です。

使わない時の家具を片付けておく、ということで、使う側を広く使うことができます。これだけの大きさのものを手で動かすのはたいへんそうですが、電動で動くので毎日でもできる、というわけ。

今風、ということでは、横についている操作パネル以外に、iPhoneやAndroid で動かしたり、Amazon Alexa への声の命令で動かしたりできるようになっているそうです。

僕は一時期、跳ね上げ式のベッドのある部屋に住んでいたことがあり、ベッドを片付けて部屋を広く使えて良かった記憶があります。

FAQによると、現在は北米の一部の都市に向けて、ディベロッパーだけに販売するフェーズということですが、東京の狭い住宅でこそ活きてきそうな家具ですね。

[追記 2019-06-07] IKEAがOri社と提携してこの家具をRognan という名前でロボット家具として販売するというリリースが出ました。

via The Verge

ベッド下から自動で液晶テレビが出てくる Auton Dream Machine

ベッドの下に大型液晶テレビを格納する機械、というのが市販されているんですね。Auton社のどの名も Dream Machine

22kg程度のテレビを扱える最小のモデルDM-50が$7595(83万5450円)。54kgまで支えられるDM-120が$10395(114万3450円)。テレビの方向を変えられる首振り機能がつくと、さらに3000ドル(33万円)ぐらい高くなるようです。

このAuton社、床からテレビがせり上がってくるUnder Floor Lifts も売っています。

テレビなんて壁に掛けておけばいいじゃないか、と思いますけど、使う時だけ自動で出てくるのも、こうやって動画を見るとクールですね。かなりお高いガジェットですが。

via The Awesomer

Smarttress – IoTマットレスで不審なベッドの利用をスマートフォン監視?

簡単に出会えるようになったこの時代に、不倫対策として新たなガジェットが登場しました。

# たぶん嘘製品です。たぶん…

スペインのマットレス会社Durmetga(実在するとしたらですが)が発表した Smarttress は、インターネット接続されたマットレスです。

smarttress-sensors

マットレスには超音波を発生するセンサーが24個埋め込まれており、ベッド上の各地点の沈み込みや衝撃力などを収集します。

smarttress-notified

その結果、自宅に置いた Smarttress が怪しい使い方(questionable way)をされたと判定された時、自分のスマートフォンアプリに通知が届くようになっています。

ネット接続ガジェットもここまできたか、と興味深いのですが、購入フォームがエラーになりますし、iPhone/Androidアプリもリンクはありますがリンク先にアプリが無いので、普通のマットレスのちょっと変わったプロモーションか、手の込んだジョークサイトである可能性が高いのではと思います。製作が4月1日に間に合わなかったのかな?

反響がすごければ本当に作ろうとかいうことになったりもするかもしれませんけど。

via The Local

[工作] 起きない子どもも必ず起こせるEjectベッドを作った親

ジェイミー ディクソン(Jamie Dixon)さん が作成したEject-a-bed は、ダンプカーの荷台のようにベッドを傾けて、寝ていられなくする強制目覚ましベッドです。

eject-a-bed-controller

eject-a-bed-tilt

ディクソンさんは、末っ子が朝なかなか起きられないので困っていましたが、子どもを怒るのではなく、ハッカー精神で対策を立てることにしました。

有名クラシファイドサイトのクレイグズリストの「売ります」コーナーに出されていた介護用のベッドを購入し、ガレージでこのベッドを元に改造を始めます。

娘のソノマさんと、オシロスコープなどを使ってこの介護ベッドの制御系を解明したら、Netduino を使ってネットから受け取ったコマンドをサーボモーターに流して、ベッドを動かすように接続し、コードを書きました。

あとは介護ベッドの可動部分を末っ子のベッドに移し替えます。最終的には、簡単なHTTPリクエストを送るだけで、家のどこからでもベッドを起動させることができるようになったそうです。冒頭の動画中でタブレットからベッドを動かせているのは、HTTPリクエストだけで動かせるからですね。

気持ちよく寝ている末っ子を、結構な高さから床に落としちゃってます。

[関連]

工作が苦手でもやすらぎ100を買うという手はありますね。

定刻起床装置 「やすらぎ100」 99,000円(900ドル) レビュー

via Channel 9