「ボストン」タグアーカイブ

全楽器がタイプライターの「ボストン・タイプライター交響楽団」

ボストン・タイプライター・オーケストラは、タイプライターを楽器として使うバンドです。

2004年に設立された、ということなので10年以上の歴史を持つことになります。メイン州を中心に、昨年は7回の演奏を行っているようです

6人の本メンバー、6人の名誉メンバーが属する楽団は、50-70年ぐらいの古さのタイプライターを楽器として使いますが、そのハードな使用のせいで2,3年で壊れてしまうのだとか。

ありがたいことに、公式サイトでは演奏の音声ファイルや動画などがたくさん公開されていて、無料で楽しめます。

タイプライターと普通の交響楽団の競演であれば、有名な「タイプライター」などもありますが、

タイプライター「だけ」で演奏というのは変わり種ではないでしょうか。

via Geekologie

女性だけを対象としたUberのような配車サービス – Chariot for Women

個人ドライバーの配車サービスUberのドライバーをしていたマイケル・ペレツさんが近く始めるという Chariot for Women は、Uber と全く同じように個人ドライバーを組織化してタクシーのように他のユーザーを載せるサービスですが、運転手も利用者もどちらも全員女性だけ、という点だけが違うサービスだそうです。

chariot-for-women-top

“Driven by women. Exclusively for women”(女性の運転。女性だけのために)というこのサービス、ペレツさん(この人自身は男性です)がUberで初めて、「呂律が回らずどこに行くのかもはっきりしない20代ぐらいの怖い客」を乗せた体験から、「女性のドライバーだったらもっと怖かったのでは」と考えたのが発端だそうです。

夜中にタクシーが必要になった女性が女性ドライバーの車に乗りたいとか、夜中に働きたい女性ドライバーが女性の客だけを乗せたいとか、アメリカの治安の悪い地域のことを想像すると、確かにそういう希望を持つ利用者は、運転手の方にも乗客の方にもいるのかもしれません。

あえてユーザー層を限定することで、Uberやその競合Lyftのような巨大なサービスが拾えないニッチを拾うというビジネスはあり得るでしょう。Chariot for Women はアメリカの多くのメディアで取り上げられ、4月19日に開始予定というサービスには、既に1000人以上の女性ドライバーの申し込みが届いているそうです。

chariot-for-women-app

ただし、ボストングローブ紙が指摘するには、特定の性の利用者を拒絶するようなサービスの設計は、差別として違法になる可能性が高いということです。

女性に積極的に広告を出して、女性の利用者ばかりになるように運営することは法に触れないにしても、男性が利用したいとしてきた時にそれを断ると、断られた男性と法的なトラブルになる可能性があるそうです。ましてやドライバー側は雇用の話になるので、男性は雇用しない、となるとこれは明らかに差別となるそうです。

なお、女性刑務所や空港セキュリティの職員など、接触がある場合には女性のみ雇用することは違法にならないそうです。女性専用フィットネスクラブについては裁判があり、その結果ボストンでは適法となったという事例もあるのだとか。

via USA Today