「メッセンジャー」タグアーカイブ

「露出で払おう」とした起業家へのプログラマの返答

フリーランスのプログラマー、ザック・ズンデルさん(Zach Zundel)が、とある仕事の依頼について共有したツイートが大きくバズっていました。

  • 君に作れそうかな?

  • ワオ、いいアイデアですね。ええ、作れますよ。バックエンドにサーバ、フロントエンドにウェブアプリケーションをそれぞれ必要になりそうです。そうしておけば、将来モバイル対応したい時にも必要なものは既にそこにあることになります。

  • バックエンドの開発は$300(3万4047円) 請求するでしょう。あなたの指定のサーバに配置できます。ウェブアプリの方も、シンプルなデザインでよければ同じだけ掛かりそうです。もっとアートっぽくしたければフロント側は外注に出すので$700(7万9443円) ですかね。

  • 支払いについては柔軟に対応しますが、普段は着手時に半分、完了時に残りの半分を貰っています。

  • おお、ハハ。成長の暁にストックオプションで行くことを考えてました。

  • それか、露出を得るためにただやってくれませんか? 君のことを紹介してあげられる相手をたくさん知ってますよ

  • 今回のは大きな仕事じゃないし、基本的には●●●して△△するだけでしょう。$600(6万8094円) はちょっと高すぎると思いませんか?

  • あなたは僕に40時間分の作業をさせようとしてるんです。僕の経験と技術セットで時給$15(1702円) で働くというのはバーゲンだと思いますよ あなたは突然どこかから現れて僕にアプリを作ってくれと連絡してきたわけだし、僕の「露出」は十分そうに思います。コードを書くことで僕は食ってるので、タダ働きはしないんです。

  • なんなら、機能については相談にのれますよ。もっとシンプルにしたバージョンをデモ用として開発し、それで出資を募るんです。でも、あなたが言ったような■■■をするには$600(6万8094円) 掛かりますね。

  • オーケー F**k you, 今後爆発的に成長するビジネスの基盤作りに君を参加させてあげようというのに。

  • ビジネスをちゃんと理解してる誰かを探して作ってもらうことにするよ。君は(いずれ)悲しくも失敗した時に、この機会を無視したことがたいへんな失敗だったということに気づくだろう

  • すいません。僕も食わないといけないんで! 幸運を祈りますよ

  • この会話は保存しておく。もし君が私のアイデアを盗んだりしたら訴えるからな!

  • くそったれ

一連の会話をツイッターで流し、大きく広まった後で行われた会話も公開されています。

  • なんてことだ? 私たちの会話をツイートしたのか? 私は同意してないぞ

  • プライバシーの侵害だ、いい弁護士を探した方がいいぞ

  • 能無しのオカマ

https://twitter.com/franklyrosalind/status/877457662195138560

現在、ザックさんのトップ固定ツイートは、

僕の提示したレートが低すぎた/低すぎるのはわかってます。今後の契約ではレートを上げていくので、それ(レートが低すぎる)をメンションで送ってくるのは止めてください

となっており、数万リツイートされたのを見た親切な人たちからのアドバイスが大量になって困っていることが伺えます。ザックさんは助けてあげようと十分安く提案してあげた可能性もありますね。それに対する返答はひどいものでしたが。

via Earthables

translated by @akky permitted by @franklyrosalind

ブログでチャット風の会話を表示するCSS

先日の記事「電話番号間違ってますよ」がどうしても信じてもらえない! 内で、チャットのやりとりを表現したかったので、フキダシ会話っぽく見える CSS を書きました。

WordPress の場合は、[外観]-[カスタマイズ]-[追加CSS]に貼りつけてください。特定のポストでだけ使いたい場合は .post-9067 とかを全部の前につけます。

アイコンの画像はこのCSSの中に URL を書き込んであります。別のアイコンにしたければそこを変えてください。


.akky_conv {
padding-top: 1em;
}
.akky_conv li {
display: flex;
flex-direction: row;
max-width: 95%;
}
.akky_conv li div {
width: 32px;
height: 32px;
box-shadow: 2px 2px 0px #aaa;
flex-shrink: 0;
flex-grow: 0;
z-index: 1;
}
.akky_conv li:not(.me) div {
background:url('/akky/wp-content/uploads/2017/04/user-alt-1_0.png') center no-repeat;
background-color: #fcf;
}
.akky_conv li.me {
justify-content: flex-end;
}
.akky_conv li.me div {
background:url('/akky/wp-content/uploads/2017/04/user-alt-2.png') center no-repeat;
background-color: #cff;
order: 2;

position: relative;
bottom: -3em;
}
.akky_conv li p {
background-color: #ddd;
margin: 1em;
padding: 1em;
position: relative;
text-align: center;
}
.akky_conv li.me p{
order: 1;
}
/* 吹き出し */
.akky_conv li p:before {
content: "";
display: block;
width: 0;
height: 0;
position: absolute;
}
.akky_conv li:not(.me) p:before {
border-right: 12px solid #ddd;
border-bottom: 12px solid transparent;
top: 0px;
left: -12px;
}
.akky_conv li.me p:before {
border-left: 12px solid #ddd;
border-top: 12px solid transparent;
bottom: 0px;
right: -12px;
}

会話の方はこんなかんじ。右の発言の人には、li 要素に me クラスをつけます。


<ul class="akky_conv">
<li>
<div></div>
<p>左の人の発言</p>
</li>
<li class="me">
<div></div>
<p>右の人の発言と思いねえ</p>
</li>
</ul>

その結果

  • 左の人の発言

  • 右の人の発言と思いねえ

WaitChatter チャットの待ち時間に外国語の単語を覚えさせるMITの研究

WaitChatter は、ネットのメッセージサービスで相手の返答が無いなどの待ち時間を活用して、英単語などを覚えようという実験と、そのツールです。

チャット画面で、[Alt]+J を押すか下の部分をクリックすると、

英語-スペイン語の単語の組が示されます。(スペイン語はデフォルトがそうだったので。フランス語に切り替えることもできます)

その単語を「知ってたか」「知らなかったか」尋ねられるので、どちらか答えます。いくつかの閲覧が終わると、こんどはクイズのモードになり、

スペイン語に対する英語、または英語に対するスペイン語、を答えさせられます。「知らなかった」と答えた単語に関して何度か正しい回答をすると、

「この単語を覚えました」というメッセージがでます。

Chrome拡張のボタンを押すと、上のようにこれまでの学習の経過を見ることができます。

Chrome拡張機能は、Googleトーク 内でWaitChatter を動かすようになっていて、Gmail 内のチャットが Google Hangout に切り替わってる人は、Googleトークに戻さないと試すことができません。

切り替えても、こんなメッセージが出てきてしまうのですけれど。

GoogleトークにChrome拡張という組み合わせ、メジャーでもないしもうすぐ使えなくなってしまうようですが、実験としては組み込み安かったチャットサービスなのでしょうね。今は、メッセージの送信時にサードパーティーのソフトウェアに入出力を扱わせてくれるメッセージサービスもあまりないかもしれませんが、研究の結果学習の効果がある、ということになれば、相手の返信を待つ間に細切れに学習や仕事をする、みたいなのが普及したりするのかもしれません。

MITのデモ動画では、WiFiの接続待ちやアプリのデータ読み込み待ち、メールの(自動応答で返事が来ることがわかっている時とかの)返事待ち、に、単語クイズを1問2問できる、ような例を出しています。

待ち時間のあるツールやアプリで何といっても有効なのは広告でしょうけど、広告を見せる代わりに勉強させるような機能をつけることで、既存のツールがちょっと違う差別化できるという場合もでるのかも。