「メッセージ」タグアーカイブ

「電話番号間違ってますよ」がどうしても信じてもらえない!

番号間違いがズレつづけていく(Wrong number gone wrong)。スマートフォンのメッセージアプリのスクリーンショットの形で英語で掲載されていたものです。おもしろかったので翻訳させてもらいました。

始まりは、娘を持つどこかのお母さんからのメッセージ。

  • 帰りに牛乳とランチを買ってきてくれるかしら

  • 電話番号をお間違えかと。私は既に家にいます。

  • ふざけてないでお店に戻ってくれない?

  • いいでしょう… でも… あなたの番号は間違ってるんです… お店には行きません。

  • ジェス、それを準備しないと、ブラッドとあなたを今夜の映画には連れていきませんよ。

  • 牛乳、ターキーにハム。

  • 牛乳とターキーは美味しそうですが、ハムは気持ち悪いな… 何の映画を見に行くの?

  • いつからハムが嫌いになったの? それはあなた次第でいいけど。確かあなたボスベイビーを観に行きたがってたでしょ?

  • ブラッドのご両親は帰りあなたを乗せてきてくれるの? それとも迎えに行く必要がある?

  • ええ… まあそこそこイケる、と言ってる人も知り合いに何人かいますよその映画… ハムはずっと嫌いですよ。あなたはなんだか私の話を聞いてないんじゃないかと思うんですけど。

  • そうですね。今晩迎えに来てくれるときに、ついでに店によってくださいな?

  • あなた変な子供ね。

  • そこまでわかってるというなら…

  • そういえば… もし誰かから間違いメッセージを貰ったら、知らない誰かのことを混乱させたりできるだろうなあなんて、よく夢見てたものです。

  • 今日がその日だったんですね…

  • OK?

  • その時のためにいろんなアイデアは持ってたんだけど、どれも大人向けのものなんですよね。

  • それでお店には行ったの?

  • まず水を飲んでみて、ああ、あなたはあなたの子供にメッセージしているんだなと少しずつ気づいてきた次第で。

  • あなたのお父さんは30分以内に家に戻ってランチするわよ。

  • 私はウィスコンシンに住む35歳の男です。誓って。あなたにもっとひどいイタズラで返すことだってできたけど、子供が絡んでることなので控えたんですよ。

  • 番号が間違ってます

  • ふざけるのは止めなさい。かわいくないわ。

  • これが私と妻です… あなたの夫はランチが無いことをひどく怒ると思いますよ。

  • ジェス、お父さんのために買い物に行ってきて。本気よ。今夜の映画もキャンセルするわよ

  • 1から10の数字から一つ選んでください

  • 誰これ? ブラッドの家族? これ以上続けるなら彼の両親に電話するわよ。

  • ああ、やめてください。あなたは電話番号を間違ってるんです。

  • 信じられないというなら、私に電話してください。妻や5歳の息子とだって話させますよ。もう一人の息子はまだ8か月なんでね。まだダーダーしか言えないんです。あなたは彼のダーダーじゃないし

  • 今彼の母親と電話で話したところ。映画は無し。今晩は他の姉妹の分のお手伝いも交替すること。

  • ねえ。私はとんでもなく真剣なんです… 電話番号が違うんです

  • ジェスにひどいことしないであげてください。彼女は今何が起こってるか、ほんとうに思いもよらないんですから。

  • 私のことが信じられないなら電話してください。

  • 本当に、このひどい会話は本来私には関係のないことで、今日たまたま休みで時間があって、携帯もフル充電だけど

  • あなたと遊ぶ時間はおしまい。数時間後に会いましょう。

  • 会えっこない。

  • あと… 今夜はブラッドの家に泊まってもいいかな…

  • CC(デート)はキャンセルです。もううんざり。

  • 私のクレジットカード(CC)をキャンセルしたりはしませんよ… それなしでどうやって生活しろっていうのさ?

  • (切れてる)怒ってる。お父さんはあなたが家にいないと言ってるから、店にいた方がいいわね。

  • 私は学校にいるはずじゃないの?

  • あなたどこにいるの?

  • ええ… あなたの言うとおりお店へ行って、ターキーと牛乳はゲットしましたよ。前にも言ったとおり、ハムは嫌いなんで買ってません。

  • パンも必要だったなってことで、今は妻が店へ向かってるところです。彼女に買ってきてもらいたいものありますか?

  • まさかまたドラッグやってるの? 家から追い出すわよ。間違っても妹に渡したりしないでね。

  • ははは。いや、2011年からこのかた、ドラッグはやってませんよ。

  • まあでもそれは、あなたの知ったこっちゃないですよね

  • 私はあなたの母親よ、何ひとつ面白くありません。あなた2011年には11歳だったのよジェス??? 今夜は長い長い話し合いになるわね。

  • 違います。私は2011年からドラッグは止めてて。ドラッグと飲酒がひどかったのは2000年と2001年のこと

  • あと参考までに… 一言申し添えておくと… ちょっと前からこの会話は本物じゃないんじゃないかと思ってて… 私の知ってる誰かが私のことからかってるのかなと… だからこの会話を続けてたというのもあって

  • (切れてる)と食べ物は届いてなかったわ。ファック

  • ろくでなしの嫌な奴。会社から家に帰ったら娘が寝てるのを見つけたわ。なるほど電話番号間違いね。夫は心(切れてる)

  • なんで私がろくでなし? 何度も何度も番号が違うって言ったし、私と妻の写真だって送ったでしょう

  • あなたの言い方は誠実に思えませんでした。あなたは私に電話することだってできたのに、子供っぽく振る舞った。

  • あなたみたいなやつと結婚する人がいるなんて信じられない。

  • 信じられないなら電話してください、って言いましたよ私は

  • 何度もね。どんな種類の親が、子供の電話番号を知らないって言うんです。私のせいじゃないし、間抜けはあなたでしょう

  • なんですって? 覚えてるけど打ち間違えて負け犬に送っちゃっただけよ!

  • なんてこった。すごい体験だな… これ絶対にネットにアップするよ

  • いいわよすれば? 素晴らしいわね。先週は母が亡くなって今日はこれ。エロ動画でも見た後にアップすればいいのよこの異常者

  • あなたみたいなタイプは絶対に変わらないわ。

  • 私は私自身のことは気に入ってますよ。なぜ変わらなきゃならないんだ

  • とにかくそうさせてもらうよ。これはネットで掘りあてた金鉱みたいなものだ

  • あなた自分の母親にもこんな調子なの?

  • うちの母は私の番号を知ってるよ…

  • そういえば… ブラッドとわたしはまだ今夜の映画に行けるの?

  • クソくらえ。

午前11時過ぎに始まったこの会話、午後3時過ぎまで掛かってやっと、「間違い番号だ」と相手に伝わったようです。

Japanese translation permitted by velakskin

icon credit: Defaulticon (under CC)

Toasteroid – 食パンの焼き色でメッセージや天気予報を受けられるトースター

Kickstarterで寄付募集中のプロジェクトToasteroidは、好きな模様でパンを焼けるトースターです。

toasteroid_breads

模様の焼けるトースターというだけなら、それほど新しいわけではないのですが、Toasteroid はインターネット連携の部分が売りのようです。

toasteroid-how-it-works

スマートフォンで焼き目の模様や焦げの強さを設定すると、次に焼いたときにその通りに焼きあがります。

toasteroid-weather

その日の天気予報を焼いたり

toasteroid-message

遠くに住んでいる友達や恋人に、メッセージを焼いたりすることができます。

実際のトースターが得られる寄付額は、サイズが小さめのミニバージョンで$65(7257円), 普通バージョンで$85(9489円)。市販のあかつきには普通バージョンの予定価格は$169(1万8868円) となるそうです。

# クラウドファンディングのプロジェクトなので、お金を払っても最終的に物ができないリスクはあります。

朝必ずパンを焼いて食べるなら、パンに通知メッセージが書かれるのは良い通知手段かもしれません。食べない日があると、通知が伝わるのが一日以上遅れてしまいますが。

via Digital Trends

なんでも自動化するエンジニアが残していったライフハック・スクリプト

ロシアの掲示板に出ていた、職場での小さなことをなんでも自動化していたハッカーの話が英語に翻訳され、Hacker News等で話題になっています。

xxx(ハンドル名): オーケー、ビルド担当エンジニアが転職で辞めちまった。本当にターミナルに住んでるようなやつだった。わかるだろ、Vimが大好きで、.dotファイルで図を描いて、Markdownでwikiに投稿するようなタイプさ… もし何か、そう何でも、90秒以上掛かるようなことがあったら、スクリプトで自動化しちゃうんだ。

xxx: そういうわけで我々はここにいて、彼の、そう、「遺産」を見てるところだ。

xxx: きっと気に入ると思うよ。

xxx: smack-my-bitch-up.sh(アバズレをしばく.sh) – 「遅くなる」というSMSを彼の妻(を指してるのは明らかだろう)に送る。文字列の配列からランダムに理由を選ぶ。cronジョブで動き、そのジョブは夜9時以降にSSHのセッションに彼がログインしていたら発動するんだ。

xxx: kumar-asshole.sh(ろくでなしクマー.sh) – “Kumar”氏(我々の顧客企業のデータベース管理者だ)からのメールを受信箱からスキャンする。「助けて」「問題」「すいませんが」といったキーワードを探し、もしそれらが見つかったら – 顧客サーバにSSHでログインし、運用サーバを直近のバックアップに巻き戻す。そして「大丈夫だ。次は気をつけてくれ」と返事をする。

xxx: hangover.sh(二日酔い.sh) – 特定の日(訳註: コードを見ると平日)にセットされたまた別のcronジョブ. 「気分が優れない/家から働くよ」のようなメールを自動で送る。定義済みの配列からランダムに「理由」を追加する。朝8時45分にサーバ上に有効なセッションがなければ起動するようになっている。

xxx: (優勝はこれだな) fuckingcoffee.sh(*ピー*コーヒー.sh) – きっかり17秒(!)待って、コーヒーマシンにSSHでセッションを開き(コーヒーマシン上でlinuxが走り、ネットに繋がってSSHDが走ってるなんて知らなかったよ)、なんか謎のデータを送る。何かのバイナリだ。どうも、それによってマシンが中サイズのハーフ・カフェ・ラテをカップに淹れるのにそこから24秒(!)かかるんだなこれが。淹れ終わるタイミングは、まさにヤツの机からマシンのところまで歩くのに掛かる時間だったんだよ。

xxx: なんてこった。俺もこのスクリプトを使うぞ。

WTFPLライセンス下での翻訳。(英語記事のリンクはshellスクリプトを指していますが、GitHubにあるファイルでは .sh は空で .rb に実体があるものもあるので、どちらがオリジナルかはわかりません)

shellやRubyで書かれているスクリプトがGitHubに公開されていて、すでにPython移植版を書いて上げているユーザーもいます。ここにいろんな同様のスクリプトが増えていくかもしれないですね。要ウォッチかもしれません。

[追記]

なるほど

そして HTCPCP (Hyper Text Coffee Pot Control Protocol) なんてプロトコルも。

ubiquitous coffee machine
(CC license: Evan Bench)

via Business Insider and Venture Beat

Whatsappメッセンジャーでサーバー管理

Karim Jedda さんがブログで公開したWhatsappでサーバー制御(Control your server using Whatsapp)。Facebook に買収された世界一ユーザーの多いメッセンジャーアプリ(日本でいうLINEみたいなもの) Whatsapp を使って、サーバーにコマンドを送り、結果を受け取れるようにしたそうです。

常時パソコンを持ち歩いているわけではないが、サーバに不具合が起こった時は対応しないといけない、そんな時にスマートフォンから対処できるよう、いつも使っている Whatsapp からサーバーにアクセスできるようにしたんだと。

whatsappcli-hello

サーバー側に持たせたアカウントに Whatsapp で hello と呼びかけると、使える機能を返しています。

whatsappcli-exec

用意された機能だけでなく任意のコマンドも実行できるので、やろうと思えば何でもできますね。

現在のところ認証機能やその他のセキュリティ関連機能は一切無し。

コメント欄の「iPhone や Android にもSSHクライアントアプリあるよ。それ使えば?」というツッコミが全てを表していますが… たぶん「やってみたかった」んでしょうね。

このツール whatsappcli はオープンソースで公開されています。

なお、Whatsapp を bot 等で使う件については、アクセス用のライブラリを公開した人が警告を受けて取り下げたりしているようで、利用規約違反です。

Whatsapp サービスを通るメッセージの秘匿性の問題もあります。コメント欄でも出ているように、Telegram など API も公開されていて(自称ですが)よりセキュアなサービスを使った方が良さそうですけどね。

via Hacker News

Goat Attack – ヤギの写真とダジャレを友達に送りつけるサービス

Goat Attack は、SMSで友達に山羊の写真+山羊を使った言葉遊びのメッセージを送りつけることができる有料サービスです。

goat-attack

サイト上から指定した電話番号に対して、”Stand Back! I goat this.” (下がれ、ここは俺に任せろ got と goat を掛けている) など、goat に絡んだダジャレメッセージと一緒に、ヤギの写真を送れます。

6通送るのに$0.79(88円) 、14通だと $1.19(133円) 。支払は PayPal です。

これで金取るの! と思いそうなところですが、LINEの有料スタンプを買って送る人がたくさん居るのですから、真のヤギ好きならこれぐらい安いものなのかもしれません。

仮想世界でヤギを動かせるGoat Simulatorが人気なのですから、ヤギメッセージにも一定の需要があるのかもしれませんね。

via Geekologie

FlashChat – 同じ無線LANにつなげている人とつながる匿名メッセンジャー

近い距離にいるユーザー同士をつなげる匿名メッセンジャーというのは既にいくつかありますが、FlasshChat は同じWiFiスポットにつなげているユーザーという制限で接続相手を見つけてくれるスマートフォンアプリです(今のところAndroid版のみ)。

flashchat-cafe

同じカフェのWiFiにつなげている人同士でグループチャット、あるいは一対一のメッセージングが行えます。

ログイン不要、好きなニックネームで使えるため、匿名コミュニケーションが可能。

flashchat-leaving

そのWiFiから切断して去ると、自分のメッセージもすぐに消えるということで、非常に揮発性の高いコミュニケーションの場になりそうですね。

flashchat-places

想定している利用場所として上げられているのが、学校、オフィス、店舗、空港、球場など。

よほど多くのユーザーがいないと、適当に出かけた先で他のユーザーと出会うことなんて起こらないように思うので、これ自体はあまり伸びないんじゃないでしょうか。

既に知っている知人と、どこかで集まってチャットするという使い方もありますが、その時にはわざわざ別のチャットアプリをインストールせずに今あるものを使うでしょうし。サービスとしては「同じWiFiで」という切り口で何か別のアイデアが出ることもあるかもしれません。

既に多くのユーザーを持っているところ、たとえば匿名コミュニティやすぐに消えるコミュニケーションなどを補完的に持ちたがっているFacebookなんかが似たようなことをやると、うまくいく可能性もあるのかなとは思いますね。

via FlashChat: Easy, Fast, Local Anonymous Chat – TheNextWeb