「メール」タグアーカイブ

Re:scam – 詐欺メールに騙されたフリをするAI自動応答サービス

ニュージーランドでオンライン上の安全を守る活動をしている NPO 団体ネットセーフがリリースした Re:scam は、いわゆる scam mail (ビジネス詐欺メール)を世界から無くそうという野心的なサービスです。

サービスの本体はメールの自動応答 bot で、送られてきたメールをコンピュータ(AI = 人工知能、と言っています)が解析し、適切な返信を生成して返します。では詐欺メール相手の「適切な返信」とは何でしょうか?

それは、ひたすらやりとりを長く続けて、詐欺者の時間的リソースを食いつぶす、というものです。人間のようにユーモアを交え、時には人間のように文章を間違い、ネットの向こう側の相手に「こいつはメールの内容を信じている。もうひと押しすれば騙されて送金してくるかも」と思わせ、やりとりを続けさせるということですね。

Re:scam のトップページは、分割され合成された、様々な性別・人種・年代の人のCG。相手に合わせてどんな人格も演じられる、というメールbot のイメージをうまく表していると思います。

こちらはサービスを紹介する動画

やりとりの実例

サイトの”Can you show me?”セクションから、実際のメールの応答例をいくつか見ることができます。

たとえば、「某国のファンドからあなたが受益者の送金があるのですが… 」という Banking Scam 。先方の理由から大金を受け取る資格があると言われ、しかしその大金を受け取るためには(なぜか)こちらから一定の手数料を先方の銀行に送らないといけない、というタイプの詐欺です。もちろん送ったらそこで連絡は途切れ、手数料は戻ってきません。

詐欺メール(長々と小難しい文章で): お金を受け取れるが、まず大急ぎでそのことを承認してほしい、という内容

botの応答

本当にこの手紙は私宛ですか? ずいぶん公式な内容ですが、私はこれまで相続人になったことはありません。大喜びする前に、本当にそれが私のことなのか確認したいです。

詐欺メール:

あなたが選ばれた相続人であることは間違いありません。あなたの同意が得られ次第、ファンドの送金部門がファンドのロックを解法し送金できます。

(住所、電話、年齢、職業などを別のメールアドレス – それっぽい組織名 – に送るよう指示)

手続きを進めるためには、直ちに必要な情報を彼らに送ってください

bot:

ありがとう。ぜひリクエストされた情報を送りたいと思います。ただ、間違って信頼できない人にメールを送るのが怖いので、あなたのアドレスから私を紹介する形にしてくれませんか?

詐欺メール:

このメールにリプライして情報を送ってくれれば、彼らに転送しますよ

bot:

わかりました。お金がこちらに届くまでにどれぐらいの時間掛かるんでしょう? リーダーズダイジェストの滞納がかなりの額あって、彼らが法的手段に出る前に払いたいのだけれど

詐欺メール:

送金には5営業日掛かるはずです。必要事項が揃わないと送金に着手できません。これらの情報が直ちに提供されることが重要です。

bot:

ありがとう。素晴らしい。営業日ってあなたの国の? それとも私の国の? あなたはどこのタイムゾーンにいますか?

詐欺メール:

必要事項を可能な限り早く送ってください。そうしないと送金は行われません。

他のサンプルも見てると、「住所? 最近引っ越したんだけど今の住所と前の住所どちら?」「**** Google翻訳でロシア語の挨拶を調べたんだけどあってる?」「画像を送りますっていうけど、.jpeg ですかそれとも .pdf? うちのパソコン pdf が開けなくなったんだよね」「送金したいけど本当にお金が無くて。ガソリンスタンドの給油券でもいいかな?」など、なかなか人間くさい応答を作るようです。

「添付ファイルにして送りました」と本文に書きつつ何も添付しない、などの技も使っていました。

使い方

自分のメールアプリで「詐欺メールが来た!」と思ったら、me@rescam.org に転送するだけ。他にすることはありません。後は、Re:scam が元の相手とメールのやりとりを、相手が諦めるまで何日でも、続けてくれます。

英語のサービスなので、日本で実際に使う機会はあまりないかもしれませんが。

こういったサービスがネットの向こう側にいる詐欺集団を疲弊させて、結果としてスパムメールの量や、それに騙される人たちの数が減るといいですね。

関連

迷惑な電話営業の相手をして、何分も無駄にさせる自動ロボット

via Digg

メールの返信をプログラムが「提案」する機能をグーグルが開発

本日、グーグルのリサーチブログで、メールの返答を勝手に考えてくれる機能 Smart Reply ができた、という発表がありました。smart reply = 賢い返答、ですね。

まだこの Smart Reply を試せるところは無いようですが、Gmailブログに出ているアニメーションGIFで、どんな感じの機能かが見て取れます。

(credit: Gmail Blog)
(credit: Gmail Blog)

「来月休暇を取ろうと思うんだけど、あなたの休暇予定は決まってるか? 決まってたら教えてほしい」という、社内での休暇取得を調整するメールに対して、アプリの下部に3種類の回答案が表示されます。

「まだ計画してません」「ちょうどあなたに送ったところです」「今それについて検討していたところです」の3つの案が表示され、このユーザーは3つめの案を選び、そこに続けて自分の言葉でメールを続けていきます。

今回ブログで報告しているグーグルの研究者Greg Corradoさんは、モバイルでメールの返事を書くことのたいへんさから、もしメールの内容が簡単な返答で済むようなものかどうか判定できて、ワンクリックで選べる雛形が出てきたらどうだろう、という同僚のアイデアを聞いて、挑戦してみようと思ったとのこと。

6月に発表された論文では、大量の既存の会話データを使い、しかし英語についての知識は内蔵していないプログラムによって、人生の意味について人間とチャットするプログラムを作っていますが、今回の成果はその研究の延長にあるということ。

このスマートリプライシステムでは、時系列データ(この場合は単語-単語のつながり)を扱うリカレントニューラルネットワーク(RNN)二組の一方で受け取ったメールをエンコードしていき、他方で可能な返答を予測していくそうですが、この時に伝わるベクトルが、「あなたは明日フリーですか?」という文章と「明日は都合の良い日ですか?」という文章でちゃんと似たものになるそうです。

また、3つの提案がどれも似たものになってしまう、というプロトタイプの問題点は、3つの回答の意味がそれぞれ離れたものになるように調整したのだとか。あと何にでも「愛してるよ」と返してしまう癖があって困った、みたいな話もあって興味深いです。感謝の気持ちを表すのにそういう言葉も多々含まれるからだろう、ということで、そのへんは出にくくなるように調整したのだとか。

今週後半には、AndroidiOS の Inbox アプリで、この Smart Reply が使えるようになるということです。残念ながら英語のみですが、アプリの対応版が出たらぜひ試してみたいところです。

こういう研究がさらに進んでいけば、提案から選ぶ、どころではなく、単純なものや定期的なものについては、プログラムが勝手に応答してしまうような未来も来るのかもしれないですね。

ミニマリスト用英文メール文例集 Canned Emails

Canned Emails(メールの缶詰) は、リンク内に例文を埋め込むことで、ワンクリックでよくあるメールを英文で送る準備ができる、というシンプルなウェブサイトです。

canned-emails

sends email(メールで送る)と view plaintext(テキストで見る)の切り替えはありますが、あとは謝罪・求職・恋人への別れ・返金・督促・延期・スパム送ってくんな! など15個のよくあるシチュエーションで使える英文メールが並んでいるだけ。

リンクに埋め込めるぐらいの長さでもあり、英文はどちらかといえばカジュアルです。具体的な内容に触れないように書かれていて、横着するならこのまま出してしまっても通じる場合もあるでしょう。

via Hacker News

自前のメールサーバーを使っていても多くのメールはGmailユーザーの友人経由でGoogleに捕捉されている、という話

自分の電子メールは自分のサーバで管理し、プライバシーを守りたいとしてきた ベンジャミン・ヒル(Benjamin Marko Hill)さんが、Gmailのサービスが開始した2004年からの10年間の自分のプライベート用メールアドレスのメールボックスを解析してみたところ、近年では1/3から半分近くのメールがGmailのサービスにも知られている、という結果が出たそうです。

ヒルさんは、ネットの検閲に反対するなどの活動で知られる電子フロンティア財団(EFF)のディレクターでもある友人のピーター・エカーズリーさんがGmailを使っていることを知って驚き、「Googleにすべてのメールデータを持たれていてもいいのか?」と尋ねたところ、エカーズリーさんが「友人が全員Gmailユーザーなら、結局自分のメールもGmailに把握されてしまっているから」と答えたことをきっかけに、自分の過去のメールがはたしてGmailを経由しているかどうかを調べる気になったということです。

メールボックス内のメールのFromやToを解析し可視化するPythonとRのコードは公開されています。

emails_gmail_over_time

毎週受け取ったメールの総数(赤)と、そのうちヘッダからGoogleのサーバーを経由していたとわかったメールの総数(青)をプロットしたものが上のグラフです。毎週の変動が多いですが、グレイでプロットされた移動平均を見ると、Googleに知られているメールの割合が年を追うごとに少しずつ増えて、最近では1/3のメールがGmailに絡んでいることがわかります。銀行やオンラインショップからの案内メール等はGmailから発信されていないことが多いだろうことを考えると、それ以外の普通のメールではGmailから発信されている割合はさらに高くなるのではということ。

また、自分が返答したメールについて、返答した元のメールの発信がGmailからであれば、返事もGmailを経由して返っていると仮定してカウントしたところ、今は半数ぐらいのメールはGmailのサーバに向けて送っている = 自分の返事したメールの半数はGoogleに読まれ得る、という数字が出たとのこと。ヒルさんがGmailを選んだのは彼の周囲でGmailユーザーが多いだろうと考えてのことで、HotmailやYahoo! Mailなど他のメールサービスでも同じような話はありますし、それらのどこからも見えていないメールの割合はだいぶ小さくなるのかもしれません。

メールがソーシャルなコミュニケーションのツールである限り、自分が自前のメールサーバーを建てたところで、友達がみんな大企業のメールサービスを使えば、自分のメールの多くも大企業の入手するところとなってしまうわけですね。以前ご紹介した、友達が多数ソーシャルネットワークに参加していると、参加していなくても自分の交友関係が把握され得る、という研究と通じるところがありますね。

自分も私用のメールではGmailを重用していますし、このような状況で手間を掛けて自前メールサーバーを構築・維持したいとも思わないので、これらの大手の業者が自分のメールの中身を万が一にも悪用しないことを期待するしかないですが。

via @HackerNews

[動画] スパムメール擬人化コメディ

迷惑メールが届く受信箱がもしもネットの外で起こっていたらこんなだろう、という短編動画The Inboxです。

「あなたは当選しました」スパム、

the-inbox-1

某国の秘密資金数億円を送るから最初に数万円振り込んでよ、の「ナイジェリア詐欺」、

the-inbox-2

なぜか父から送られてくる「このサイトいいよ。押してみな」メール、

the-inbox-3

一度開いてしまうと、消しても消しても出てくるポップアップ

the-inbox-4

などが擬人化されています。

すべてのスパムを撃退した、と思われたところに現れた美女、がどんな種類のスパムかは説明不要ですね。

the-inbox-5

結局、医者には、ありとあらゆるウィルスに罹っている、と診断されてしまうわけです。

via The Inbox – When spams invade you in real life | Ufunk.net

Chromeブラウザでユーガットメールしてくれる拡張 You’ve Got Gmail

[訂正] めぐり逢えたらとユーガットメールがごっちゃになってました。両方見たことあるのに。
ユーガットメール(You’ve Got Mail)は、パソコン通信時代のAOLメールがドラマ中の重要な道具だった、1998年のトム・ハンクスとメグ・ライアンのロマンチックコメディ映画です。

メールが届いた時にパソコンが出す”You’ve got Mail”の音は、当時AOLを使っていた多くのアメリカ人にとっては当時を思い出させる懐かしい音声で、 映画中でも頻繁に出てきます。

GoogleのChromeブラウザ拡張 You’ve got Gmail (メールじゃなくてGメール)は、そんなAOL Mail体験をモダンブラウザChrome上で再現するという、懐かし系の拡張機能です。
Youvegotgmail
インストールすると、右上にAOLのメールボックス風のアイコンが登場し、Gmailにログインしていると、新着メールが届くたびに”You’ve got Mail”と喋ってくれます。
新着が多すぎたり、音を出したくないときは、アイコンから”Mute”で無効にすることもできます。
以前ご紹介した、フェイスブックのタイムラインから赤ちゃんの写真を全部消してしまうUnbaby.meと同じ作者が開発したものだそうです。
via You've Got Mail – New Gmail Notifier with Sound