「ユニセックス」タグアーカイブ

[アメリカ] 男女性別不明なユニセックス・ネーム

データ処理に関するブログ FlowingData で紹介されていたのは、聞いただけでは女性か男性かわからない、どちらの性別でもつけられることがあるファーストネームの統計結果です。

most-unisex-names-in-us-history-chart

1930年以降のデータで男性にも女性にもつけられてきた名前が、もっともどっちつかずだった順番に第1位のジェシー(Jessie)から並べられています。青いのが男性の、赤いのが女性の子供にその命名がされた割合を示しています。白い丸は、その名前の男女比が最も均衡していた、一番半々に近かった年を表しているそうです。

日本でいうと、「かおる」とか「ひろみ」、「あきら」、「しのぶ」といった名前にあたるでしょうか。英語の中性的な名前がどれか、なんて考えたこともなかったので、リストを順番に見るだけでも面白いです。

上から、ジェシー、マリオン、ジャッキー、アルバ、オリー、ジョディー、クレオ、ケリー、フランキー、グァダループ、キャリー、トミー、エンジェル、ホリス、サミー、ジェイミー、クリス、ロビー、トレーシー、メリル、ノエル、レネ、ジョニー、アリエル、ジャン、デボン、クルズ、ミシェル、ゲール、ロビン、ドリアン、ケーシー、ダナ、キム、シャノン。

このような両性的な名前の人は、すべて合わせてもアメリカ人全体からみれば1%にも満たないということですが、聞いたことがあるような名前も含まれていますね。

日常的にアメリカ人と多く接したりしてなければ、日本人が持つこれらの名前に対する性別の印象は、歌手や映画俳優などの外国の有名人に影響されるのではないでしょうか。僕だったら、「ジャッキー」は男、「ジョディー」は女、「マリオン」は女、「フランキー」は男、と思い込んでしまいそうですが、それぞれ、かなりの割合で、その名前で反対の性の人が存在することがわかります。他に、エンジェルは男性の方が多いとか、女性のサミーが半数近くになってきているとかも、僕の感覚とは違っています。

アメリカ人たち自身の子供の命名についても有名人の影響というのは同じようにあり、その名前を持った有名人の活躍で、これらのユニセックスな名前が、ある時突然一方の性別に偏っていくことがグラフからもわかるようです。グラフ中にも特記されていますが、陸上選手のマリオン・ジョーンズのオリンピック金メダル獲得は女の子のマリオンを増やしたし、初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの登場は、男の子のジャッキーを増やしています。

24位のアリエル(Ariel)は、ディズニーの人魚姫から僕も女性の名前だと思い込んでいましたが、映画の公開までは男性の方がむしろ多く、映画から後に大きく女性の方に振れたのですね。40歳以上のアリエルさんは男性で、40歳以下のアリエルさんは女性が多い、ということのようです。