「不倫」タグアーカイブ

Smarttress – IoTマットレスで不審なベッドの利用をスマートフォン監視?

簡単に出会えるようになったこの時代に、不倫対策として新たなガジェットが登場しました。

# たぶん嘘製品です。たぶん…

スペインのマットレス会社Durmetga(実在するとしたらですが)が発表した Smarttress は、インターネット接続されたマットレスです。

smarttress-sensors

マットレスには超音波を発生するセンサーが24個埋め込まれており、ベッド上の各地点の沈み込みや衝撃力などを収集します。

smarttress-notified

その結果、自宅に置いた Smarttress が怪しい使い方(questionable way)をされたと判定された時、自分のスマートフォンアプリに通知が届くようになっています。

ネット接続ガジェットもここまできたか、と興味深いのですが、購入フォームがエラーになりますし、iPhone/Androidアプリもリンクはありますがリンク先にアプリが無いので、普通のマットレスのちょっと変わったプロモーションか、手の込んだジョークサイトである可能性が高いのではと思います。製作が4月1日に間に合わなかったのかな?

反響がすごければ本当に作ろうとかいうことになったりもするかもしれませんけど。

via The Local

不倫サイトの流出データからわかった、人気の高い「嘘の誕生日」

不倫希望者マッチングサービスAshley Madisonの利用者データ流出がニュースを賑わしています。世界中の3600万人ユーザーの登録データがBitTorrentなどのファイル共有で流れているということで、この興味深いビッグデータを使った解析や評論などもぽつぽつと登場しています。

米ワシントンポストが取り上げたのが、登録者の誕生日情報。こちらのツイッターのメッセージでも表の部分が共有されています。

左の赤い表が、流出ユーザーの誕生日の設定の多寡。横軸が月、縦軸が日の一年間で、色の濃いところほど、平均よりも多くのユーザーが誕生日と指定している日となります。

人がいつ生まれるかはおおむね平均化されているとすれば、ある一日を見たときにその日が誕生日の人は全体の1/365の割合でいるはず。しかし、一番集中している元旦1月1日は、利用者全体の実に12分の1が誕生日と指定していたそうです。

他に赤色の濃いところを見ていくと、月を1月にしたまま日だけを変更したケース、日を1日にしたまま月だけを変更したケースとして、表の左端と上端が濃くなっています。また、2月2日、3月3日… と、ゾロ目の誕生日も登録者が多いです。

他に多いのが記念日系。2月14日のバレンタインデー、4月20日の大麻の日、7月4日のアメリカ独立記念日、なども、覚えやすい嘘の日として愛用している人がいるようで、うっすらと濃くなっていますね。日本人だと何の記念日を使うかもわかると面白そうです。

右の青い表は生まれ年の分布ですが、こちらは実際に利用者が多い1980年代を中心に分布しているものの、末尾が0や5とキリの良い年が少し多かったりします。一番多い生まれ年は1978年だったそうですが、これはもしかしたら登録時のデフォルトだったのかもしれません。

ワシントンポストも、「この統計からネットユーザー一般が同じ傾向で嘘の誕生日を使うとは断言できない。なんとなれば、このデータは(妻や夫に対しての)嘘つきを集めたものだからだ」とまとめているので、嘘の誕生日を使っている人の率は多少一般より高いかもしれません。

ただ、僕もそうですが、明らかに正確な生年月日を必要としないだろうwebサービスから生年月日を問われた時に、本当のものではない生年月日を使う人はそれなりにいるのではないかと思います。

ネットのサービスで本当の誕生日を入れるものなのか?

誕生日というのは結構プライバシー的に重要なデータで、役所でも企業サービスでも本人確認の為に求めらることがそれなりにあります。本名と誕生日、電話番号などだけで本人確認としてしまうようなサービスだと、他人に誕生日を知られてしまっただけで自分に成りすまされてしまうということもあるでしょう。

今となっては、「誕生日を知ってるから本人」なんて運用は危険この上ないとは思いますが、ソーシャルネットワークの流行などから後、多くのネットサービスで当然のように誕生日を尋ねてくるようになりました。ソーシャル系のサービスではつながっている友人に対して機械的に友人の誕生日を通知し、交流を活性化させようとしたりもしているので、誕生日の祝い祝われが大事なユーザーは本当の誕生日を入れがちになるかもしれません。

via The Verge