「世界記録」タグアーカイブ

ルービックキューブを1秒ちょっとで解くロボット

動画で公開されています。

動画に出てきた数回の中では、1.019秒が最短。

機械で解く系の早解き競争も、だんだん力技な感じが強まってきましたね。コメント欄で指摘されていますが、この手のロボットで解くルービック・キューブは、速く回転できるように内側に潤滑剤を塗ったりしているそうです。

動画のタイトルにWorld’s Record とありますが、世界記録については申請中だと動画中で語っています。

ちなみに人間の記録は、昨年11月に動画が話題となったLucas Etterさんの4.9秒

3Dプリンタで作られた22×22ルービックキューブ、3度目の正直で完成

22×22のルービックキューブがついに完成した、という動画が作者の Coren さんによって公開されました。

22x22-rubiks-cube

2691個のパーツを一辺20センチのサイズに組み上げたこのルービックキューブ、 Prusa i3 という3Dプリンターでパーツを作成したそうです。製作期間は実に8か月。製作費は130英ポンド(22,000円(243万3640ドル)ぐらい)

22x22-rubiks-cube-size

サイズ比較。3×3、4×4、5×5 のキューブと並べられると巨大さがわかります。

角のパーツが他に比べて非常に大きくなっていますが、個数を増やせば増やすほど、コーナーのパーツを大きくしないと回転中に角から外れてしまうためだそうです。

Thingiverse では、このパーツの設計図が公開されていて、3Dプリンターとやる気があれば自分用を作ることもできます。

22x22-rubiks-cube-parts-data-download

この22面キューブ、昨年11月には2度目の組み立て失敗が報じられていました。

7ヶ月かけて完成した22x22x22巨大ルービックキューブのあ゛あああっとなる最期 : ギズモード・ジャパン

崩れずに組み上げるために、パーツの調整など多数の苦労があったんでしょうね。

via reddit

世界最長、一日46時間の誕生日を過ごした男性

ドイツ人のスヴェン・ハゲマイヤーさんが、世界最長の誕生日記録を更新したことがギネス・ワールドレコードの発表によりわかりました。

the-world-longest-birthday

ハゲマイヤーさんは、26歳の誕生日を46時間も過ごしたということ。これは、時差のあるところを移動しながら地球上で同じ日付に居続けることにより達成されています。

それまでの世界記録、1998年の35時間25分を大幅に超えたその移動日程は、

  • ニュージーランドのオークランドからオーストラリアのブリスベーンへ飛行
  • ブリスベーンから日付変更線を越えてアメリカのハワイへ飛行

というもの。意外に単純ですね。

1998年の記録は、インドからサンフランシスコへと、西へ西へ移動し続けて達成されたもののようですが、今回は日付変更線の付近だけの移動です。

46時間のうちの多くを、機内食を楽しみながら、機内でどうやって快適に過ごすかをいろいろ模索しながら飛行機内で過ごしたということで、世界記録でも貰えなければやってられない誕生日にも聞こえます。

船に乗って日付変更線の近くに居れば、49時間ぐらいは達成できそうな気も。