「世界」タグアーカイブ

国別の旅行危険リスクを可視化した世界地図 Travel Risk Map

保険会社International SOSが公開した旅行リスク地図(Travel Risk Map)

保険会社として多くの事件事故データを持っていて、それを使って判定しているのでしょうね。OpenStreetMap ベースの世界地図の上で、医療(medical)、治安(security)、道路の安全(road security)の三つのリスクの多寡を切り替えて表示できます。

国によっては州や地域でさらに細かくリスクが分類されていたりもします。

さて、旅行先としての日本の安全性はどう判定されているのか、と見てみると、

  • 医療: リスク低(low)
  • 治安: リスク低(low)
  • 道路の安全: リスクとても低(very low)

と、ありがたいことに世界でもトップレベルのリスクの低さであることがわかります。

ただし、治安の地図で見ると上には上がいて、low の下に insignificant (とるにたりない。統計的に有意でない)、というカテゴリーがあります。この insignificant の黄緑色で表示されているのは、以下のような国々

  • ノルウェー
  • フィンランド
  • デンマーク
  • スイス
  • スロベニア

他にルクセンブルク、リヒテンシュタイン、サンマリノ、アンドラ、モナコ、なんかもこの「超安全」カテゴリでしたが、これらの小国はまあ小さいから可能なところはあるかと思います。

地図を紹介しているMaps Maniaでは、各国の政府が自国の旅行者向けにこういったリスク情報を流している(例: 英国)ので、それとの併用を勧めています。

日本の場合は、外務省の公開している海外安全ホームページがそう。より詳細な情報に日本語でアクセスできるので、目的国がはっきりしている場合はこれでもいいのですが、興味的につらつら見るには、冒頭のインタラクティブな地図の方が直観的で楽しそうです。

日本のサイトでは日本の危険情報は載せませんから、「世界の国や周辺の国と比べて日本の安全性はどうなんだろう」という興味が沸いた時は、前掲の地図や諸外国の政府の情報が役に立つかもしれないですね。

via Maps Mania

SILENCE WAS GOLDEN – 世界中で金文字を持つ人の写真を撮らせるアートプロジェクト

SILENCE WAS GOLDENは、金色の大きなアルファベット風船を使って、世界のいろいろなところで単語を作らせた写真/動画を集めてまとめる、という韓国のアートプロジェクトです。

地図を見ると、日本の写真も一つあるようですね。

墨田区のようです。英単語は、映る人たちに周囲の環境や歴史に対する感情から決めてもらっているということなんですが、”cakey” は、「化粧が粉っぽい」といった意味の単語で、どういう感情なんだろうという気も。

ここまで、49か国187の都市での写真や動画が集まっているそうで、たくさん集まると単語を組み合わせて文章を作ったりとかもできるかもしれないですね。

Drone Guesser – ドローン映像から撮影地を当てるクイズサイト

Drone Guesser は、ドローンの映像を観て、それが世界のどこかを当てるというwebゲームです。

drone-guesser-top

“Play Now”をクリックすると、どこかのドローン映像がループで表示されます。「ここだ」と思う場所を、右下の地図上で指して、”Make Guess”で回答すると、本当の場所からの距離が表示されます。

回答を5問繰り返すと、合計の点数が表示され、また5問の本当の場所と、あなたが回答した場所が世界地図上で確認できます。

drone-guesser-results

映像に何かその土地に固有の建造物でも建っていればいいのですが、ただの岩肌や植生を見て場所を当てろ、というのはかなり難しいです。しかし、世界中で撮影されたドローンの映像はどれも美しく、カジュアルなゲームとしてはありですね。

Facebook/Google/Twitter アカウントでログインすると、名前つきで記録が残り、優秀な結果であればハイスコア一覧にも載ることができます。

via The Next Web

世界と日本の2015年YouTubeトップ10の傾向

グーグルが、2015年に最も観られた動画のランキングを発表しています。(世界日本)

ワシントンポストが、「普通のユーチューバーが公開して大ヒットした動画は10本中3本だけ」という記事を公開しています。

世界のトップトレンド10の内訳を見ると、7本は以下のように、プロが作った動画でした。

テレビ番組のオフィシャルな転載: 4本 (アメリカ3本、イギリス1本)
広告: 2本
公共広告: 1本

一般人が作って公開した動画は3本。

イギリスのドーバー警察が公開した、パトカーに乗ってる警官がテイラースウィフトのShake if Off を歌う様子に本物の歌をミックスした Dover Police DashCam Confessional (Shake it Off)

大きな風船にくるまれて、破裂した瞬間をスローモーション撮影した 6ft Man in 6ft Giant Water Balloon – 4K – The Slow Mo Guys

4歳児がSilentóのWatch Meに合わせてダンスする動画 Silento- Watch Me (Whip/Nae Nae)

これが10本中のトップではありますが。

初期の頃と違い、ここ数年のトップ10は、このようにテレビ発のものやプロが製作した動画が優勢な傾向のようです。素人動画3本についても、そのうちの2本は有名音楽を使ったものですね。

日本

ワシントンポストにならって、日本のトップ10についても分類すると、

吉本興業所属のユニットのダンス: 5本
動画ニュースサイト: 1本
いわゆるYouTuber: 4本 (2組)

ということでした。

アメリカではテレビのトークショーから面白い部分を公式がネットに公開していますが、これは日本ではあまりやっていないので、その分まだ個人製作のものが入ってくる感じでしょうか。

グローバルと日本の共通点としては、どちらも一番観られた動画がダンス動画だったところとなるでしょうか。

[動画] 世界中でハイファイブしてきた男性

仕事を辞め、1年ちょっとで36カ国を旅行してきたとある男性。ただ旅行しただけじゃなくて、世界のあらゆるところでカメラと手のひらタッチをしてきて、それを編集し一本の動画にしました。

hi-five-from-tanzania

カメラにタッチすると次の場所に切り替わっていきます。

この旅行のために3年間、働きながら貯金したそうです。動画ではすごく贅沢旅行にも見えますが、ヒッチハイク・カウチサーフィン・野宿など多用したということで、お金は空や海のアクティビティに突っ込んだみたいですね。

動画を見てると、トルコ以外にアジアの国が一切出てきてないので、high five the world(世界とハイ・ファイブ)はちょっと言い過ぎなんですけどね。次回はぜひアジアを回って続編を作ってほしいものです。

世界旅行とYouTubeビデオというと、同じ(変な)ダンスをしてつなぎあわせた Where the hell is Matt? のシリーズが有名ですね。

写真では、世界のあらゆるところで同じ女性に手を引かれていく構図の写真を撮り続けているMurad Osmannさんの作品 “Follow me”も有名です。

followme-top

まったく同じことをどこでも繰り返すというのも、ここまでやり続けるとたいへんだと思いますが、つきつめるとそれだけでも面白いコンテンツになるんですね。

各国の最も人気のあるビールをまとめた世界地図

Vinepair の調査・製作による世界地図は、世界のそれぞれの国で最もシェアの高い(=人気のある)ビールブランドを示したものです。

credit: vinepair.com
credit: vinepair.com

元々、アメリカでの上位20ビールを調べて発表したところ、「外国はどうなんだ?」という読者の反応があり、各国の資料をあたってまとめたそうです。それぞれの国の資料を探すのはたいへんだったことでしょう。

credit: vinepair.com
credit: vinepair.com

ギネス、ハイネケン、バドワイザー、サンミゲル、シンハ、タイガー、バーバーバーあたりは日本や現地で飲んだ記憶があります。一番売れてるのが一番おいしいわけでは決して無いでしょうけど、この地図を頼りに新しいブランドを飲んでみるのも一興かと。

国によってトップシェアの数値の年度はまちまちだそうで、もし最新では違うビールが一番人気ということであれば情報提供してください、とのこと。

via Infographic of the Day: A Map of The World's Most Popular Beers – The Daily What